天上天下唯我独尊

2018年07月16日(月) 明日から苦役

夏は嫌いだ。
暑くて辛いし、汗でベタベタして痒くなるから。
なのに明日から妹の所に行かなければならない。
予報によると、私が住んでいる所は明日、折角涼しくなるというのに。
実家の方がまだなんぼか涼しいので、また甥っ子を連れて実家に行こうかな……とも思ったが、甥っ子はこの連休、家族でうちの実家に滞在したらしいし、私も妹の所で済ませたい用事が幾つかあるので、妹宅に滞在せざるを得ない。
物凄く気が進まないけれど、意を決して行ってきます……あーあ、明日から10度ぐらい気温が下がればいいのに。



2018年05月26日(土) 3歳半ちょい

今月の子守り終了。
前回からゴールデンウィークを挟んだ事により、義弟と義弟の親がうまい事交代で見てくれたお蔭で、私はこの1箇月を自宅でゆっくり過ごす事が出来た。
ゆっくり休んだ後なので、甥っ子にも心の余裕を持って接せられる。
今回は妹の仕事が立て込んでいて、甥っ子を実家に連れて行って欲しいとの事だったので、妹宅での家事は一切やらずに済んだ。
まずは甥っ子を保育園で拾ったのだが、1箇月振りの再会にも拘らず、甥っ子はちゃんと私を認識出来た。
そればかりか、保育園の大部屋から出て2人きりになった途端、
「おばさま、こないだはごめんね」と。
何? 何かあったっけ?と訊き返すと、「あのね、でんわで、いつおかあさんにかわるのって」と。
前回の子守りで叩き合いに発展した時の事を謝って来たので驚いた。
私ゃそんな事すっかり忘れていたというのに、1箇月も前の事を自分から謝罪するとは。
こういう所は完全に義弟の血だな、と思った。私にも妹にも無い属性である。
さて甥っ子を回収したら、次は妹宅に寄って甥っ子の荷物を詰め、甥っ子と荷物を連れて、公共交通機関で実家へ。
トイレの無い乗り物だったので甥っ子のおしっこが心配だったが、甥っ子は飲み物を自粛してくれた。
普段はジュース等を殆ど飲ませない家庭のため、偶のお出かけで許されるポカリが大好きな甥っ子だが、今日乗るやつにはトイレ無いからね、途中でおしっこに行きたくなったら困るから少しずつ飲んでね、と言い聞かせたら本当に少ししか飲まなかった。
1年前には500mlをガブガブ飲み干して、到着前に「おしっこ」と言って泣きそうになっていたのに、聞き分けの良いお利口さんになったなあ。
用心のために空の2リットルペットボトルを持って来ようか迷ったが、この分なら帰りも持たずに済みそうである。
実家への道中、楽しそうに話していた。
「まも(仮名)ね、じいちゃんちいったら、おっきいブーブーにのるの」
てっきり父のセダンの事かと思いきや、乗って蹴り進む玩具の室内用甥っ子専用車の事であった。
ミニカーと区別して、大きい車という事らしい。

実家には、甥っ子の自転車があった。
私の幼馴染の子供が使っていたお下がりで、先の連休に里帰りした妹が整備に出しておいて、補助輪付きですぐに乗れるようになっていたが、これに付き合うのが大変。
じてんしゃのる!と言うので、家の周囲をぐるりと回ったが、一周しただけで腰が……車の往来に注意しながら、明後日の方向に行ってしまわぬように、中腰でサポートするのはきつ過ぎる。
甥っ子はもっと乗りたそうだったが、理由を付けて引き揚げた。
1日1回が限度である。

「これよんで」と自分で持って来るので、寝る前には毎晩絵本を読んだ。
最近のお気に入りは「11ぴきのねこ」。
ねこ達が最後に満腹になる場面で、「11ぴき みんな みんな たぬきのおなか」というところを、
「11ぴき みんな みんな ケンタおじさんのおなか」と、信楽焼の狸のような腹をしたうちの主人に置き換えて読んでいたところ、最終日の晩にとうとう、
「きょうは、『たぬきのおなか』っていってね」と釘を刺されてしまった。不満だったのか。
後で主人にその話をしたら、
「まもる(仮名)はちゃんとわかってるんだなあ、おじさんをディスらない良い子だ」
と感心していたが、甥っ子は甥っ子で、袋入りのじゅんさいを指して、
「ケンタおじさんのおなかみたい〜」と表現していたのだ。
「はち切れんばかりに中身が詰まった状態=おじさんのおなか」という事をちゃんと理解している様子。


☆おまけ☆
甥っ子が描いた私。
誰を描いてもこんな感じになるのだが。


 < 過去  INDEX  


春 紫苑 [MAIL]

My追加