天上天下唯我独尊

2017年04月20日(木) クサクサ

年度の変わり目で、主人の転勤に伴い、引っ越しをした。
今回の引っ越しは、史上最悪であった。
田舎なので碌な物件が無く、入居先の物件が気に入らず、ものすごーくやる気になれなかった。従って、引っ越し当日は地獄の沙汰であった。
半月かかって漸く片付いて来たけれど、入居初日から既に、ここから退去したい気持ちで一杯である。
主人の職場の徒歩圏内だし、設備は多少古いものの、収納が多くて間取りも良い。
だが、匂いが。外の空気が何故かダイレクトに入って来るのだ。
高気密住宅ではないただのアパートなので、ある程度は仕方ないにしても、家に居ながら憂鬱な気分になるのは、辛くて仕方ない。
一番酷いのが煙草の匂いだ。恐らく階下の住民が、台所の換気扇下で吸っているのだろう、それが我が家に流れ込んで来るのだ。
最初は換気扇のせいかと思って、換気扇の外の排気口を塞いだが、効果は無かった。
空気の流れを辿ってみると、どうやら換気扇脇の小窓から入って来るらしい。
見てみると、窓枠のゴムパッキンが弱くなっている。
何とかしてくれと不動産屋に苦情を入れたが、現在返答待ち。反応の遅さに苛々する。
その間も毎朝毎晩、私は煙草の匂いにさらされるのだ。
嗚呼もうこんな所嫌。

煙草を吸うのは個人の自由だが、煙を吐き出すな。



2017年02月18日(土) そろそろ2歳半

2週間振りに会った甥っ子は、随分顔が大人びていた。
と感じたけれど、やはりまだまだ幼児。言葉がたどたどしくて面白い。
・おくすり→おすくり
・かぴかぴ(洟が乾いたさま)→ぱきぱき 等
・これなあに? なあしてんのー?
・(○○よ、と言われて)そっかー、○○かあー
語彙が増えて来たので、言葉が通じなくて癇癪を起こす事が以前よりも減った。
要求が通らなくて癇癪を起こすのは相変わらずだが。

髪が伸びて来たので、散髪に連れて行った。
そして泣く。暴れる力が強くなって、抑え付けるのが大変。
私も床屋さんも疲れて、虎刈りだけどまあいいよね……と妥協する事に。
なのに甥っ子は、床屋さんが貸してくれた車の玩具を握ったまま離さない。
仕方が無いので、じゃあ自分でお願いしなさいと言ったら、しゃくりあげながら「かしてください……」と。
甥っ子は泣き過ぎて、暫く声がガラガラであった。折角声が可愛い時期なのに勿体無い。

ビー玉を片手に隠して、「どっちだ?」とやってみせると大喜びする。興奮して涎が垂れていても気付かない位。
そして自分でも真似するが、鷲掴みにして両手に握るので、どっちも糞も無いという。

お店のワゴンを覗いたら、チョロQの模造品のような小さい玩具の車が9個セットでなんと300円で投げ売りされていたので、甥っ子に買ってやったところ、喜んで、
「あら〜、いいじゃなーい。あら〜」
と、頭の天辺から声を出していた。誰の真似だよ、それ……。
(後で主人に話したところ、一発で「お義母さんだな」と。なるほど、言われてみればそうかも。母の真似だったのか)

食事中に好きな番組(の録画)を観たがる。
きかんしゃトーマスだったり、ピタゴラスイッチだったり、アンパンマンだったり。
私に向かって「トーマス、トーマス!」と訴えていたので、
「じゃあ祖母ちゃんにお願いしてご覧。『トーマス見せて下さい』って」
と促すと、途端に消え入りそうな声で、
「ばあちゃん、トーマスみせてください……」
さっきと態度が全く違うので、これはと思い、
「お前それ、わかって演技してるんだよな?」
と言いながら顔を覗き込むと、甥っ子は俯いたまま、ニヤァと笑った……やっぱり!

実家のトイレではまだうんこ出来ていない。
妹のアパートでは何度か成功しており、自分のうんこを指差して
「みて〜、えすじふっくみたい〜」
と言うらしい。S字フックはお気に入りのアイテムだとか。
早く教えてくれるようになるといいなあ……ヒステリックになりながらうんこの始末するの、私だって嫌なんだよ。

そうだ、今回の一番の進歩。
私の事をちゃんと呼べるようになっていた。
今までは他の人が聞いたら「?」と思うものだったが、ちゃんと意味が通じる呼び方を出来るようになった。


 < 過去  INDEX  


春 紫苑 [MAIL]

My追加