りとるのひとりごと。
DiaryINDEXpast


2018年10月10日(水) 愛猫の異変

夜、仕事から帰ったら愛猫の顔が巨大化していた。

不審に思い触ってみると、明らかに右側が腫れている。

そうこうしているうち、猫は顔に違和感を感じたのか、
しきりに顔を洗う仕草をし始め、頰から何やら飛び出して来た。

触ってみると、膿の混じった血液だった。

強烈な異臭を放っている。

次第に膿混じりの出血が止まらなくなり、
拭いても追いつかないほど、ボトボトと垂れた。

猫の表情は薄目を開けてじっと耐えているようだった。

もちろん何も食べず、垂れ落ちた臭い膿を
ペロペロと舐めていた。

お腹の腫瘍が転移して自壊したのかと思い、
涙が溢れて止まらなかった。

翌日、猫の鳴き声で目が覚めた。

昨夜は鳴かなかったのにと思い見てみると、
顔の右側がえぐれていた。

モフモフの毛は血で固まり、痛々しい状態ではあったが、
昨夜よりずっと元気そうだった。

病院に連れて行くと、傷を見た先生が一言、
これは歯が原因ですね、と。

指で口を広げると、奥歯から出血していた。

どうやら感染症にかかっていたようだ。

ひとまず2週間効く抗生物質を注射して様子見となった。

帰宅すると餌をモリモリ食べた。

ちょっと安心した。

また1週間後に病院だ。


家でも職場でも辛いことばかりだなー。


りとる |MAILHomePage

My追加