白馬鹿日記

2017年05月23日(火) CPUファン購入

というワケで結構違うモンですな。
真夏の様だった週末に比べるとやや涼しい昨日でありましたがこれから暫くは暑くなり続ける事が決まっております。多分。少々くたびれてKP41などが頻出する様になったメイン機をはじめ常時稼働が当たり前のPCたちを労わるべく掃除を敢行いたしました。敢行とはオオゲサなと思われるかも知れませんがタワーが4台ありますからねえ。作業をはじめるには多少の勇気と決断力が必要なのであります。グラボとCPUファンを外し筐体のファンは面倒臭いから付けたまま掃除いたしましたがそれでも大分、綺麗になりました。ファイルサーバーと化しているWin10機、クライアントの都合でまだ残してあるXP機という順番で起動。これを変えてしまうとネットワークコンピュータに表示されなかったりしやがる場合があるのであります。どんな仕掛けじゃ馬鹿たれ。Linux機は後回しにしてメイン機のスイッチを入れると電源からカチカチっという音を発してそのまま沈黙。BIOSまで行かなかったり。うおぉピンチ。一瞬、パニックを起こしましたがこういう時は基本に帰ってとりあえずCMOSクリアと電池交換をいたします。するとこれだけで一発起動。ああ良かった。心臓に悪いですよ全く。

CPUファンを付け直したので温度をチェックいたします。XP良し。ファイルサーバー良し。メイン機81℃何じゃこりゃ。BOINCを動かしているとは言えこれは少々高過ぎであります。グリスの塗り方がイカンかったかな。電源を落としてファンを再度付け直すと75℃まで下がりましたがこれでもまだ高いよなあ。ファンを替えると下がるのかなあ。リテールしか使った事が無いのでありますよねワシは。試しに安いのを買ってみようかしらん。などと思いつつググってみると3000円くらいでも評判の良いモノがある様でありましたので深夜にヨドバシに発注いたしました。他より少し高かったのでありますが送料とポイントを加味すればそうでも無いかな、と。配達予定は明日ってもう今日ですよ?大丈夫なのかしらんヨドバシも日本郵便も。CPUが冷える分、人間が熱射病で倒れるなんてのは嫌ですよワシは。

と、ここまでは昨日の話でありました。本日はファンの到着を待ちつつ軽くお仕事など。ええ胃癌でも働きますよ金ねえし。働かなくていいんだよと言った国会議員がいたそうでありますが遊んで暮らさせてくれるのかしらん。だったら大歓迎でありますけどね。それが出来ねえなら大きな口を利くな馬鹿。などと怒るよりは呆れながら仕事をしていたら15時前にホントに到着いたしました。すげえなあ。買いに行くより速い感じですよ田舎者的に。さっさと仕事を終わらせファンの交換に掛かります。昨日に引き続き床にしゃがんでの作業でありまして少々腰が痛かったりいたします。こういう時はでっかい机が欲しいなあと思うのでありますが残念ながらでっかい机を置けるでっかい部屋がありません。腰痛に耐えつつグリスを塗ったりするしか無いのであります。スイッチを入れてCore Tempを起動し数字を眺めます。ほう、ちゃんと下がってますな。

ちなみに買ったのはサイズの白虎というファンでありましてどちらかと言うと小型と言って良いモデルの様であります。高さが13cm重さは実測で464g。ちなみにリテールは231gでありましたので丁度倍くらいでありますがンな重いモノをマザボにぶら下げて大丈夫なんですかね。大丈夫と思うしかありませんけどね。なおCPUは4770、室温26℃の状態で温度(最高)の変化はBOINC実行中でリテール75℃→白虎66℃、試しにビデオのエンコをしてみるとリテール82℃→白虎69℃でありました。CPU使用率95%以上の状態がずっと続いてもほとんど上がらんというのは中々に偉い気がいたします。こんなに違うならもっと早く入れてやれば良かったですな。効果丸見えであります。良い買い物が出来た様でありますよ。これで真夏も安心でありましょう。多分。



2017年05月20日(土) Villiger・English Export

というワケで開封。
いよいよ夏。もうほとんど夏。というワケで本日は今年初の日焼けに行ってまいりました。陽射しは充分に強いながら風が程好く涼しいのでいくらでも横になっていられます。ちょと寝ちゃったし。気持ち良かったですよとっても。明らかに焼けたという程の色はまだついておりませんが一度にいっぱい焼くとすぐに脱皮してしまう体質でありますれば軽いところからはじめた方が良いのでありましょう。まだまだ先は長いですからね。9月末頃になるともう終わりかいとか言い出すハズではありますが。

帰宅して外の水道で足を洗っていると近所の農家の方が来訪。良かったら食べてくださいと言われて渡された袋には大量のソラマメが。済みませんですねえいつもいつも。恐縮しつつも有り難く頂戴いたします。お返しを一度もして無いワシには恐縮するくらいの事しか出来ませんです。申し訳無い。土下座をしながら莢を割り調理の準備をいたします。去年はフツーに茹でてもやや茹で過ぎだったので今年は少し短めに2分弱といたしましたがもう少し短くても良かったかな、と。何でこんなにすぐに柔らかくなるのかしらん。新鮮だからですかね。関係あるのかな。それでも出来上がりは味が濃く甘みがありクセが少ないという文句無しのお味でありました。三浦の野菜は美味いぞ。もっと食え。以上、CMでありました。

日焼けで失った水分を補給しつつソラマメを貪り食います。晩飯食えるのかな。お腹がいっぱいになったところで何か一服、と選んだのはVilligerのEnglish Exportでありました。Tropicalが中々に美味しかったので買ってみた一品であります。パウチを開けて出て来た茶黒半々くらいの少々荒っぽいリボン・カットからは鼻にツンと来る酢の香りが。何じゃこりゃ。何でこういうニオイになる。McClellandなどはケチャップ臭で有名でありますがこちらは果実系のお酢のニオイでありまして全くの別物であります。大丈夫かね。パイプにニオイが付かないだろうね。やや不安を覚えつつもしっかりとボウルに詰めます。気持ち乾燥気味でありますかね。まあでも開けたばかりなのでこういうモノなのでありましょう。点火一発。はあ。こういう事ですか。

どういう事かと申しますと果物系の極々弱い着香がなされている様でありましてお酢のニオイはそこから来ているのかな、と。パウチ・ノートはかなりはっきりしておりましたが火を点けて漂う香りは非常に控えめなモノであります。ラタキアも決して強くはありませんでベースのVa/Burにバックグラウンドと言うには少々多めのラタキアを加えて最後にごく軽くフルーツ系の香りをひと吹き、という感じでありましょうか。吸い口はやや軽め。ミディアム・ライト−といたします。少々煙に粗さを感じたりもいたしましたがこれはワシの吸い方がイカンせいかも知れません。ワシ的には食事の後の一服には少々弱いですかね。ラタキアが強くありませんので夏の日中の常喫用とかですかね。全体的に悪くはありませんがもうひとつ半端感が否めないというのが正直な感想でありました。ベースのバージニアかバーレイがもう少し味わい深ければ良いのでありますが1.5ozで$3.79ではそういうワケにもまいりません。あっさり系のラタキア控えめブレンドをお探しの方は試してみても良いかも知れませんです。ワシ的にはリピートは無いかなと早くも思ってしまったり。夜用に何か濃いめのヤツをもうひとつ開けようかしらん・・・



2017年05月18日(木) 最後の検査

というワケで@病院。
長かった検査期間も漸く終わりであります。と言っても途中はずっとピロリ菌退治後の胃の回復待ちだったワケでありまして何をするワケでも無かったのではありましたが。でもやっぱりねえ、あんまり長いとちょと来ますよ心と言うか気持ちと言うかそういう方面に。だったらとりあえず開けてみてダメだったら切る大丈夫だったらそのまま閉じてあらためて内視鏡手術、などというワケには当然行きませんので平常心を心掛けつつひたすら待った日々でありました。それも今日で終わりじゃあ。などとハシャぐ気力も湧いてこない早起きをして病院へ向かいます。眠いですがその分お腹が空いているのを忘れられるというメリットもあったりいたします。普段は朝飯なんぞ食おうとも思わんのでありますけどね。食うなと言われると食いたくなるのでありますよ毎度の事ながら。

再来受付を済ませ消化器内科の処置室へ。まずはピロリ菌の検査であります。実は結果を聞かなかったのでありますが追加の薬が出なかったから大丈夫だったのでありましょう。それとも時間が掛かるのかしらん。まあいいや。次は内視鏡検査室へ向かいます。横須賀と違ったのは喉の麻酔がスプレー式で、これが結構効きが鋭い感じがいたしました。息をしにくく感じるレベル。あと消泡剤の量が倍くらい多かったかな。まずいけど頑張って全部飲んで下さいと言われましたが実はワシはあんまり嫌いではありませんですあの味は。てか美味いよ。ものすごく薄いカルピスって感じでありますかね。貧乏人には懐かしい味であります。お腹が空いてるからそう思うのかも知れませんけど。喉の麻酔の後、横になって血圧と脈と点滴のラインを入れた辺りでドクター登場。最早ワシの主治医と呼んでも良いのでありましょうかね。若い方ですが完全な信頼を置いておりますよワシは。マウスピースを咥えてもまだ鎮静剤が効いて来ないので今日は効きが鈍いのかねえなどと思った次の瞬間には「起きられますか」と声を掛けられておりました。時計を見ると30分近く経っていましたです。実に奇妙な感覚でありますがうげえぇぇぇぇを経験するより数段マシなのは言うまでもありません。1時間ほど横になり更に点滴が全部終わるまでソファで休みます。鈍いどころか効きまくり。その後、ものすごい美人の女医さんに術式の説明を聞き入院の予約をして本日は終了。ちなみに手術は内視鏡で行うが病理検査の結果次第ではあらためて開腹手術になるというモノでありましてまあいきなり全摘出を覚悟していた身からするとかなり良い流れとなりました。くそっ。こんな事なら家じゅうの脂モノを全部食ってしまうなどという馬鹿行為をするのでは無かったわい。太りまくってますからね胃癌患者のくせに。

なお入院は6月末。これまた先でありますがそれだけ状態が安定しているという事なのでありましょう。内視鏡の写真は素人のワシが見ても綺麗になっていましたし。ボチボチと入院の用意をすべく帰路Paseosに寄ってパジャマを購入。フリースの冬モノはいっぱい持っているのでありますが春秋モノは一枚も無いのであります。いつも通りに裸で寝るワケにはイカンのですよねえと言ったら入院説明の女性スタッフが吹き出しておりましたのでやはり買わねばなりません。レンタルもあるそうですけどね。1枚くらいはあってもいいかな、と。万が一の脱出用にとなるべくパジャマに見えないヤツを選んで購入し、更に100均でプラスチックのコップなども入手。割れないヤツをと言われたモンで。後は家にあるモノで何とかなるんじゃ無いのかしらん。ポケットWiFiのレンタルは数が非常に少ないので何か手配した方が良いとの事でありやはり携帯を買わにゃダメな様であります。なるべく出費は避けたいんですけどねえ。6月になってからで良いかな。

帰宅して本日最初の一服をいたします。モノはDNRでありまして大分前に開けたヤツを貧乏臭くちびちびと吸っているのであります。やっぱ美味いですな。開けた直後は少しケチャップ臭かったのでありますが今はそれも消えて甘みも気のせいか増した様な。とりあえずいきなり胃が無くなるという事は無い、という安堵感と共に満喫いたしました。今のワシに必要な平常心を実に手軽に与えてくれるツールであります。多分ですけどね、ドクターもその辺を承知の上でパイプなら吸ってても良いと言ってくれたのでは無いかと。そういう理論的かつ合理的な考え方はワシの最も好むところでありますればその辺も今のドクターに絶対の信頼を置いている理由だったりするワケであります。パイプ?タバコだったら何本分?何でもいいから換算しなさいよ。えっ10本?10本くらいなら止めちゃえば?などという三段跳び論法をかまされるとこいつは医者として以前に人としてアホなのでは無いかと思ってしまうワケでありましてそういう人とは信頼関係と言うモノは中々築く事が出来ません。良いドクターに出会えた事じゃと感謝する次第であります。



2017年05月09日(火) Comoy's・Cask No.12

というワケで開缶。
昨日は病院。内視鏡手術だったらこっちでやりますと言われて送り込まれた横浜の病院に初登院。病院は登院とは言わんのか。しかしまだ通ってるワケではありませんので通院とも言えんよなあ、などと悩む時間がたっぷりあるくらい遠い遠い病院であります。初診受付を済ませてカードを作って受け取ったファイルを手にあちこちウロウロというパターンは横須賀のそれと基本的に変わりはありませんが、でっかくて綺麗でちょびっとオシャレな雰囲気ではありました。と思ったのは血をたっぷり抜かれた1階と診察を受けた2階だけでありましてレントゲンと心電図を取りに上がった4階は匂いといい雰囲気といいちゃんと病院しておりました。中身がしっかりしてりゃ雰囲気はどうでもええんですけどねワシは。

大きいし患者数も多かったのでありますがその割に待ち時間は短かったです。うむ感心感心。と思ったら最後の会計で30分以上待たされたのでありましたがあれは何だったのでありましょうか。もしかしてあんまりお金を取りたく無いのかしらん、支払いは遠慮してさっさと帰った方が良いのかなあなどと思ってしまいましたよ。でもあれだけの人数がいながら精算機が8台くらいしか無いってのも変な話でありますよやっぱり。

久しぶりに都会に出たので色々と用事を済ませます。まずは銀行。固定資産税とバイクの軽自動車税を支払います。固定資産税は去年と変わらず。てかワシ去年口座引き落としの手続きをした気がするのでありますけどねえ。勘違いかなあ。まあいいや。軽自動車税は昨年より高い6000円。去年は4000円でありましたので2000円アップと言うと大した事が無い感じでありますが考えてみると50%アップでありまして何じゃこりゃ。バイク乗りを馬鹿にしておるとしか思えない暴挙でありますが来年の今頃までには大型バイクの置ける駐輪場が50%ほど増えているという事でしたらまあ我慢もいたしましょう。停められなきゃ乗れないし乗れないのに税金だけ上げるなどという事はいくら何でも無いモノと思いたいところではありますが無理だよなあ絶対。声の小さいところから取れば良いという人を見下した態度を数字で表すと50%アップ、という事なのでありましょう。やれやれ。誰が言い出しやがったのでありますかね。ハッキリしていただきたいですよ間違って投票したくないですからねそういうヤツには。

税率アップに怒りつつ横浜の街を歩きます。目指すは野毛のさいとうたばこ店。久しぶりでありますがお店に入るとパイプタバコが数えるくらいしか置いて無かったり。どうしちゃったんですかね。とりあえず最後のS&Gの缶を購入しお話を伺うと「だって種類は多いし注文したのに取りに来ない人はいるし在庫多すぎ効率悪すぎ利益薄すぎでもうやってられないわよ」とワシが怒られてしまいました。申し訳ありません。ワシが初めてラタキア系タバコを買ったお店がこうなってしまうのは哀しい事ではありますが商売的に仕方が無いと言われると釣具屋で痛い目に遭ったワシとしては返す言葉もありませんです。すっかりしょげ返ったまま日ノ出町まで歩き京急で帰宅いたします。怒ったりしょげたりと忙しい外出でありました。

帰るなりコーヒーを淹れてひと息つきます。何か甘いヤツをと思いCask No.12を開ける事にいたしました。100gなのでタイミングを見ないと開けられないのでありますが次の検査が18日という事なのでまあ大丈夫だろうと。えっ。癌患者がタバコ吸って良いのかって?良いんですよドクターにもパイプなら吹かすだけだからまあいいかと言われてますし。あれダメこれダメと言われてストレス掛かる方がよっぽど非健康的なのであります。カレー粉の様な缶を開けると中がアルミで封印してあって益々カレー粉っぽいですが出て来た葉っぱからは甘い香りがしております。当たり前ですな。あまり強くはありませんがバニラ系の良い香りでありますよ。しっかりとボウルに詰めて点火いたします。うむ。火を点けても着香は控えめでありますな。コクのあるバニラ風味でありますが少々物足りない感も。タバコ感も弱めながらありまして吸い口はライト+といたします。微着香という事で楽しむには良いブレンドの様でありますがちょと疲れた時には弱いかも知れませんですね。普段使いに良さそうな感じがしておりますです。



2017年05月04日(木) Savinelli・Brunello Flake

というワケで開缶。
昨日はマリーナ。共同オーナーのU氏に言われて初めて知ったのでありましたが今年は船検の年でありますのでそれに向けての整備をしてまいりました。半年以上放置していたので汚れは酷かったですが問題はあまり無し。バッテリーも元気でしたし。マスト灯が点かないのと魚探のスイッチが入らないくらい。充分、問題ありますな。テスターを持って行かなかったので少々悩みましたがマスト灯はマイナス配線の断線の様でありましてこれは未使用のマイナス端子に繋ぎ直して修理完了。魚探はどうもスイッチに使用している導電ゴムの劣化の様でありましたがU氏に任せてしまいました。ワシはあまり先の予定が立てられない身でありますれば。持って帰ったは良いけど来週にでも即入院とか言われたら何も出来ませんからね。最悪の場合はゴムの部分にアルミ箔を貼って下さいと言っておきましたがまあ後で直せば良いでしょう。後は火せんの使用期限が切れていたのでこれは買うしかありません。3年おきの検査で賞味期限が5年という実にイヤラシい設定になっておりますれば検査の度に何かを買わにゃイカン仕掛けになっているワケであります。JCIの陰謀じゃあ。はよ規制撤廃を。とは言えそうでもしないと全然買い替えないヤツとか出てくるのでありましょうからね。ワシらもそうなりそうですし。願わくばもうちょと安くして貰えると有り難いのでありますがダメですかそうですか。ちぇっ。

本日は昨日の疲れを癒すべく家でのんびりいたします。何か美味しいヤツで一服を、と選んだのはBrunelloでありました。缶を開けるのは久しぶりであります。貧乏なのでバルクばかりなのでありますよ。四角い缶は爪を掛けて引っ張ると開いてしまいますのであまり開缶の快感がありません。出て来たのはしっかりした明るめの色のフレイクでありました。何かシトラス系の香りがいたしますよ。レビューサイトに拠ると無着香のハズでありますればタバコ由来の香りなのでありましょう。折り畳んでぐりぐりっと軽く揉んでそのままボウルへ。じっくり炙って点火。うむ。美味い。

火を点けてもやはりシトラス系の香りがいたします。それに見合った甘みもありましてこれはターキッシュなのでありましょうか。バージニアなのでありましょうか。バージニアはゴールデン系の若い味と香りがいたしますのでここまで甘くは無さそうな気も。そこにトーストの様なバーレイの香りが少し混ざってこれが中々のバランスであります。吸い口は程好いミディアム・ライト。燃えるのがゆっくりなのに火が消えにくいので大変に扱い易いブレンドであります。別に乾燥してたワケでは無いのでありますけどね。ものすごく味が濃いとか深いというワケではありませんが充分に美味しいと言えるブレンドでは無いかと。お値段も100gで$16とお手頃でありますればローテーションに入れても良いかなと早くも思ったりしております。Va/Bur系をお探しの方は一度お試しになってみては如何でしょうか。物足りんという方はいるかも知れませんが不味くて吸えんという方はまずいないのでは無いかと思います。安心してオススメ出来る一品でありますよ。

そう言えば昨日は帰宅すると目の前に巨大なムカデがいやがりまして大変に慌てた次第でありました。フツーの殺虫剤が効かんのでありますかねあいつらには。掛けても効果が無さそうだったので凍殺系のヤツに持ち替えて事無きを得たのでありましたが凍殺系がもう無くなりそうだから買っておきませんと。やっぱりムカデは怖いですよ。ゴキも嫌ですがゴキはまあ気持ち悪いだけでありますからね。更にシャワーを浴びて部屋に戻ると今度はヤモリが。ヤモリはむしろ好きなので居ていただいても良いのでありますが間違って潰してしまったりするとショックなのでこれは捕まえて外にリリース。しかし、どっから入って来やがったんですかね。ああいう大きさの生き物が入り放題という状況だと雨漏りくらいしても仕方が無いのかな、みたいな。関係無いかしらん。まあそれを言ったら手のひら大のアシダカ君とかも入りまくりなワケでありますれば構造的に侵入出来てしまう様になっているのかも知れません。やれやれ。困ったモンだ。


 < 過去  もくじ  


うるま [MAIL]

My追加