白馬鹿日記

2017年02月21日(火) McClelland・Caramel Rush

というワケで開缶。
先日受けた特定健診の結果を聞いてまいりました。コレステロールちょい高め。これは前と同じでありますので問題はありません。よね?腎臓が少々疲れ気味。何ですかねこれは。それでもごく少々なので様子見という事で無罪。前立腺も大腸も問題無し。うむうむ。全て順調じゃあ。と思ったら胃だけ再検査になってしまいました。まあ胃もたれはあるし時々苦しいし前は酷かった時期もあったし。と言うワケで潔く再検査を受ける事にいたしました。来週、総合病院へ行って問診を受けてから内視鏡という事になるのかどうかという辺りなのでありますがまさか手前がンなモノを飲むハメになるとは思っておりませんでしたよ。嫌だなあ。嫌だけど何かアカンのだったらアカン部分の正体を見ておくのも一興ですからね。変化の無いヒキコモリ生活のスパイスにもなりますし。とは言えンな話のタネのために進んで飲みたいモノではありません。やっぱり苦しいみたいですからねえ。口から変な管を出したまま涙とヨダレと鼻汁にまみれて悶絶するんだろうなあ。チビったりしたらどうするんでしょうかねえ。胃液を吐きつつ泣きながら濡れたパンツで帰って来るのかしらんワシは。うへぇ。面倒な事ですわ。

などと問診を受ける前からビビっている今日この頃であります。ええそりゃビビってますとも。恐怖とか苦痛への耐性が低いのでありますよワシは。未知の蛮行に怯えながら上の空で仕事をしつつ無暗にパイプを吹かしたりいたします。ストレス解消でありますな。何も知らん馬鹿医者がパイプ止めろとかぬかしやがったらその場で席を立って帰って来ますよワシは。などと妄想は膨らむ一方でありますし例外無く悪い方に膨らむ事になっておりますのでこうなるのも仕方がありません。更なる気分転換をと新しい缶を開ける事にいたしました。モノはCaramel Rushであります。キャラメル系の着香は割と好きだったりいたしますので楽しみにしていた一品であります。プルトップを引いて出て来たのはやや粗めのコース・カットでありました。黒が9割茶が1割くらいでありましょうか。軽くベタつく手触りの葉っぱからは確かにキャラメルの香りが。良い香りでありますな。気持ち軽めにボウルに詰めます。ベタっとした着香はあんまりぎゅうぎゅう詰めると空気が通らなくなりますからね。まあワシの詰め方がイカンのかも知れませんが。

点火一発。湿っぽい割に素直に火が点きました。火持ちの良い事も後で判明いたしますが今はまだンな事は知りません。中々濃い口のキャラメルであります。味自体が濃ゆいのでは無くコクがあるというかディープというか。言ってる本人も良く分かりませんがこってりとした風味なのでありますよ。ならそう書け馬鹿ッ!最初のひとボウルを再点火無しで吸えてしまったくらい素直に燃えますが燃え過ぎるという事もありません。実に扱い易い葉っぱであります。吸い口は軽め。ライトといたします。タバコ感はほとんどありませんし味の変化も無いと言って良いくらいでありますがキャラメル風味が中々に美味しいので最後まで飽きずにいただけます。着香特にキャラメル好きな方は是非と言いたいところでありますが国内で買うと2500円とかするんですよねえこれ。ちょと高いよなあ。ワシが貧乏だからそう思うだけなのかなあ。あんまり高いと気軽に楽しめませんからねえ。値段を気にしながら吸っていたのではかえってストレスが溜まって胃を悪くして仕舞には内視鏡を飲んでチビリながら泣く事に。あああああそっちへ行くな馬鹿ッ!

タブレットのバッテリーの減りが目に見えて速くなってまいりました。寒いせいかしらん。ンなワケは無いですな去年の冬はそうでも無かったし。初代ミーモでありますれば流石にヘタって来たのでありましょう。フツーだと新しいのに買い替えとなるのでありましょうが、ごくたまに読書用に持ち歩く事があるにしろ実質的には今やねこあつめ専用機と化しているワケでありまして新しいのを買う程には差し迫った需要があるワケでもありません。バッテリーを入れ替えてみましょうかね。どうせもう保証とか関係無いし。もう少し様子を見てやっぱりダメそうだったらそうする事にいたしましょうか。全然無いのも少々寂しいですからね。



2017年02月15日(水) Peterson・Old Dublin

というワケで開缶。
相変わらずの客先の反応の悪さに悩まされつつ働く毎日であります。仕方が無いので次の作業に手を付けはじめ、そちらが思ったより早く終わりそうなのでそのまた次の作業をはじめたらこれはとてつもなく時間が掛かりそうな予感がして来てえらいモノを受けちまったと思ったら一気にやる気を失ってしまいました。失うのは簡単であります出すのは大変ですけど。気力が溜まるまでは大した作業も出来ないと判断し新しい缶を開けて一服する事に。やる気の無い時はあまり働かん方が良いのでありますよテキトーな仕事して後で2度手間になりますから。こういう時の為に割り箸を袋に入れるとか紙袋の穴にプラスチックの取っ手を差し込むとかそういうアルバイトを見つけておいた方が良いのかも知れませんワシの場合。やる気の出具合から判断するとそちらが本業になってしまいそうな気もいたしますが。

すっかりダラけつつプシュの儀を執り行います。モノはOld Dublinでありましてターキッシュの利いたラタキア系という事で買ってみた一品でありました。PetersonとかDunhillは安くてええですな。それでもアメリカに比べると7割方高いんですけどね。州にも拠るのでしょうが安く売っているところがあるのですから安い方に目が行くのは仕方がありません。わざわざ高いところで買って高いと文句を言っていたら馬鹿であります。なので嫌煙派の皆様も日本より高いところと比べて日本はタバコが安いとか言うのは止めた方がええですよ。高いところと比べりゃ安いに決まってますからね。タバコを吸わないと頭が悪くなると思われてしまいますですよ。まあいいけど。

蓋を開けて出て来たのは茶黒半々くらいのリボンカットでありました。香りはあんまり強くありませんな。でもオリエント系のコクのありそうな良い香りがしております。ラタキア+ターキッシュでオリエント系と書きましたが香り的には半々くらいでありましょうか。6:4くらいかな。ラタキアの香りの方が分かり易いですからね。塊を解してボウルに詰めます。点火一発。あまり細かい分類は意味が無いと思ってはいますがバルカン系と呼びたい感じでありましょうか。ターキッシュがけっこう利いておりますねウワサ通りに。レビューサイトでは965に似ていると書いている方もいらっしゃいますがワシは965の方が甘みもラタキアも強い気がいたします。こちらはややドライな味わいでありますよワシ的には。ちょと甘めの飲み物と合わせたい気分であります。吸い口は程好いくらい。ミディアム・ライト+といたします。ビールはエビスよりスーパードライだぜ、というタイプの方にオススメかと。喩えになっておらんかな。まあでもそういうドライな味わいのラタキア系の様であります。美味しいけどもうちょと甘い方がワシ的には好みかな、みたいな。素人が贅沢を言う様になったモンだ。

金正男氏が暗殺された模様であります。北の民主化が大幅に遠くなった様でありますな。今の坊やの代替になりうる数少ない人のひとり、しかもかなりマシになりそうな方だっただけに非常に残念であります。まあ坊やの被害妄想だけなら残念で済むのでありましょうが何かコトをはじめるに当たってクーデターの芽を摘んでおこうという算段だとしたら今後の動向が気になるワケでありまして。ミサイルも景気良く打ちまくってますからねえ。突然陸地を狙ったりしないと良いのでありますけどねえ。安定した北の代表として今度は堂々とディズニーランドに遊びに来て欲しかった気もいたしますがそれも叶わぬ事となってしまいました。惜しい人を亡くしたモノであります。1分間黙祷。



2017年02月10日(金) Cult・Blood Red Moon

というワケで開缶。
昨日も今日も雪がちらついた三浦半島であります。寒い寒過ぎるッ!軽く風邪などを引きはじめておりますが忙しいので休んでもいられません。んでまた忙しい時に限って割り込み仕事しかも苦手な天才技術者様絡みのお仕事でありまして作業内容自体はチョロいのでありますが交渉に気疲れしてしまったという。何で仕様を聞くのに何度もお願いせにゃならんのかしら。仕様が分からんといくらワシでもプログラムは組めないのでありますがどうもそういう根本的なところからご理解をいただけていない様子なのであります。しかも聞くたびに小出しにしてくるし。二度手間三度手間当たり前。天才様に拠れば前と一緒なのだそうでありますが前と一緒なのはUSBクラスくらいのモノでありましてそもそもホントに前と一緒なら新しく作る必要はねえだろという。そのクラスだってデスクリプタに手を入れにゃならんかったし。PCで言えば発注書にウィンドウズのプログラムを作ってくださいと書いてあるだけ、みたいな状態なのでありますがそれを不思議とも可笑しいとも思わん辺りが天才の天才たる所以なのでありましょう。天才の紙一重を突き破ってアッチ側へ行っちゃった人と思って我慢するしかありません。やれやれ。

と言うワケで本日の愚痴でありました。世の中、思い込みだけで生きている人が少なく無いという事は6年前の東北の地震で学んだ事だったのではありますがこう身近にいられてはたまりません。ワシとは関わり合いの無い範囲で暮らしていただきたいモノであります。そう思って避けてるから身近に誰もおらんのかなあ。そうかも知れないなあ。まあ鬱陶しいよりはその方がいいですからね。ひとりでゆっくりパイプでも燻らせておりますよワシは。今日は何をいただきましょうかね。と思ったら着香が切れてしまっていたので新しいのを開ける事にいたしました。モノはBRMであります。FBではかなり高評価好評価な一品であります。プシュっと蓋をコジって出て来たのはやや大きめのコース・カットでありました。ブラキャベが7割くらいでありましょうか。けっこう黒っぽいです。その香りは。うっ。ええと。ちょと人工的と言わざるを得ない甘酸っぱい香りでありまして。大丈夫かなワシ。少々心配な香りでありますよ。ものすごく良い香りとはちょと言い難いのでありますが。

気を取り直してボウルに詰めます。湿り気は程好いくらい。軽く揉んでしっかり詰め込みます。点火一発。うひゃあ。ティン・ノート通りの香りでありますな。ワシ的にはどちらかというと強めの香りでありまして甘酸っぱくも果汁0%のジュースがぶ飲み、みたいな。味もどちらかといえば濃いめであります。ええ甘いです。ものすごく、では無いですけどね。甘めです。吸い口は軽め。ライト+といたします。後半、やや着香が落ち着いてきてからの方がワシ的には楽しめるかな、みたいな。けっこう吹かしてしまいましたがジュースも湧かず吸い易いブレンドの様ではありますが味的にはもうひとつワシ好みでは無い様な。まあまだ最初のひとボウルですし、もしかしたらこういう味のチェリーがこの世には存在していてワシが知らんだけなのかも知れませんからね。と言うワケで評価を急いではイケマセンが第一印象は何かちょと違うぞという感じでありました。もう少し精進してみますですハイ。

ご近所の農家からまたいただきモノをしてしまいました。リアルおもらい君と化しているワケでありますがお返しったってねえ。菓子とか買って持って行くのも何か白々しい感が否めませんし故郷でもあれば帰省のお土産ですとかそういう手もあるのでしょうけど故郷とか無いですからねえ。何かワシで役に立てる事とか無いかしらん。と思って悩んではいるのでありますが何も思いつかない馬鹿中年の冬であります。困ったモンだ。



2017年02月07日(火) Dunhill・Dark Flake

というワケで開缶。
週明けから忙しい毎日であります。仕事があるのは有り難い事なのでありますけどね。何でいつも急ぎとか時間が無いとかまあ同じでありますがそういう状況なのでありましょうか。日本人働き過ぎとか言いますけどエンドユーザーがせっかちで不寛容という現状を何とかしていただかない事には定時だの残業減らしだのは到底実現不可能だと思うのでありますが。でもどうやって何とかしたらええんじゃろ。えっそんなに掛かりますかとか言われたら安倍さんに言いつけるぞと言い返しても良いとかそういう法律を作るしか無さそうな気がいたします。

更に困った事に急がされている割に質問とかしてもレスポンスが悪いという。プロジェクト名を決めるのに何日掛かるのかしらん。客先の担当もワシの監視だけしているワケでは無いでしょうから3分で寄越せとは言いませんけどねえ。せめて翌日にはご回答いただきたいモノであります。テキトーに作って後で変えても良いんですけど面倒臭いじゃん。面倒臭いのは嫌いなのでありますよワシは。

忙しがりつつコーヒーをゴリゴリと挽いたりパイプにタバコを詰めたりいたします。人として必要な時間であります。詰めたタバコは新しく開けたDark Flakeであります。やや湿り気味の濃いめの色をした柔らかいフレイクでありましてその香りはペリクが入ってると言われりゃそんな気もするという熟成されたバージニアの香りであります。どっかで嗅いだ覚えがあるなあこれ。何だっけ。何かに似てるぞ。フレイクを折って畳んでグリグリっと軽く揉んでボウルにポン。点火一発。二発。マッチ1本では点きませんでした。をを思い出した。この味はSG系ですな。BBFとかSJFとかその辺を思い出す味と香りでありますよ。あまりDunhillっぽくありませんがじゃあ何がDunhillっぽいんだと言われても困ります。SJFをもうちょと取っ付き易くした感じでありましょうか。何だよ取っ付き易い味って。まあ色々分かりませんがペリク感はやや控えめでミルキーな熟成バージニアの柔らかい甘みとコクが主体でありますね。SGより甘味がはっきりしてるかな。これは美味しいです。火が消え易いところも似ておりますがこれはワシの未熟故かも知れません。吸い口は丁度良いか気持ち強め。ミディアム・ライト+といたします。これ、日本でも売ってくれませんかねえ。美味いっすよ。バージニア好きな方には是非ともお試しいただきたい一品であります。



2017年01月31日(火) STG・Sir Walter Raleigh

というワケで開封。
確定申告は出来るところまで完了。続きは通帳記入をしないと出来ないワケでありますがンなモノはオンラインに変えろと言われてしまいそうでありますな。変えたいんですけどねえ。キャッシュカードが無いとダメらしいんですよねえ。で、カードを作るには一度銀行へ行かにゃならんそうでありまして今すぐと言うワケには行かないのであります。面倒な事でありますがワシにはどうしようもありません。やれやれ。

一段落したので少し休もうかと思ったら客先から電話。前に作った単純な動画の録画アプリで遅延が生じるとか。この手順でやれば絶対に出ると言われた通りにやりましたが全然出ないんですよねこれがウチでは。だからよぉ、USB2.0でフルHDの画像を転送しながらMP4エンコしつつプレビュー表示とかノートじゃ無理だって言ってんじゃん。しかもビットレートけっこう高いし。デスクトップにすりゃ解決でありますよウチの足掛け4年前のPCでも動くんだから。などと言うワケにもまいりませんので時計の動く様をかれこれ1時間以上眺めておりましたがさすがに退屈であります。一服しましょうかね。

バーレイが切れておりますので新しいのを開ける事に。モノはSWRであります。これ、前は日本でも売ってましたよねえ。確か池袋の東武で見た覚えが。いつか買おうと思っているうちに消えてしまいましたので個人輸入した品であります。バーレイのみの葉組にアニスの着香が。げっ。アニスは嫌いなんですけどねワシは。大丈夫かな。CRとか難儀しましたからね。捨てちゃおうかと思いましたが貧乏なのでそうも行きませんし。先にレビューサイトを見れば良かったわん。ワンワンキャンキャンと怯えて鳴きつつパウチを開きます。出て来たのは茶色一色の金魚の餌カットでありました。割と細かいです。恐る恐るニオイを嗅ぐと。ふむ。アニスっぽく無いですな。仄かな酸味を含んだ甘い香りでありまして大変に良い香りと言って良いかと。しかし油断は出来ませんので着香用のパイプに詰める事にいたします。パラパラっと落とし込んで軽く押さえて詰め込み完了。点火一発。湿り気は程好い感じであります。

吸い味もアニスっぽくは無いですな。パウチ・ノート同様で甘酸っぱいシトラス系みたいな。それも柚子とか金柑とかコクのあるヤツ。ワシ的にはストレートでは無く微着香のカテゴリーに入りそうでありますよ。後半はバーレイっぽさも出て来て中々に良い味わいでありますがとても軽いので吹かし過ぎてボウルが暖かくなるという素人技を繰り出してしまいました。吸い口はライトといたします。悪く無い気がするんですけどねえ。消えたって事は売れなかったんですかねえ。考えてみると日本で買えるアメリカンなバーレイってH&Hだけですもんねえ。違いましたっけ。これとCHはあったら買いますよワシは。でもそういうヤツは少数派なのでありましょうね売って無いって事は。実に残念な事でありますがどうせ輸入しても値段は変わらんでしょうからまあいいか。円がもうちょと高くなってくれたら輸入の方が安くなるかも知れませんし。と言うワケでバーレイ系のローテーションに入りそうな塩梅であります。美味しいですハイ。気に入りましたですよ。


 < 過去  もくじ  


うるま [MAIL]

My追加