白馬鹿日記

2019年02月09日(土) 運転免許更新

というワケで面倒だけど仕方無いですな。
行ったのは木曜日でありました。仕事も小康状態でありますれば平日にまいります。尤も再来週納品のハズなのにまだ仕様が固まってない部分があったりするので小康というよりは手が付けられん状態なのでありますが。それに週末だと免許センターまで行かないとイカンらしいです。神奈川は二俣川だそうでありますがンな遠隔地まではとても行っていられません。まあ遠隔地に住んでるのはワシの方でありますけどね。朝起きしてさっさと行ってさっさと済ませるべくバスで横須賀へ。9時過ぎに横須賀警察署に出頭いたしました。

意味も無く怯えつつ免許の更新に来ましたと言うとまずは収入印紙を買え駐車場の奥の交通安全協会で売っておる買ったら戻って来いとの仰せ。何で受付の脇で売らんのですかね。実に不便かつ不親切。とは言えこの辺の事情は既に散々論じられている事でありますれば突っ込みはいたしません。触らぬ神に祟り無しであります。広い駐車場を横切り私こそがこの世で最も退屈していますという顔つきのオバサマから印紙を購入。協会への入会のお誘いを頂戴いたしましたがお気持ちだけ頂く事にして遠慮させていただきました。貧乏底辺プログラマのワシにその様な余裕はありません。講習用のパンフレットを受け取り戻って1番に行けとのご指導をいただきました。

署内に戻り1番の機械で暗証番号を2つ入力いたします。実に厳重でありますが何に使うのでありますかねこれ。何かトラブった時でありましょうか。と思ってググってみたら免許証に埋め込まれたICチップの読み取りに必要なのだそうであります。へ〜。番号を打ち込んで出て来た紙に日付名前等を記入し受付へ。住所変更等が無い事を口頭で確認して視力検査を受けたら写真撮影。写真は写り具合を確認させてくれるのかと思ったらそういう事は無い様であります。馬鹿面に写ってたらどうするんですかね。責任取っていただけるのでありましょうか。まあ元々が馬鹿面だから無理と言われてしまえばそれまでではありますが。

ここまでの所要時間が15分少々。大変スムーズと言って良いです。講習がはじまるまで10分程待ってから講習室へ。ビデオ半分お話半分の計30分でありましたがビデオは横浜の方が面白かったです。帰れって言われたけど最後まで観ちゃったもの。こういう所は結構大事だと思いますので更なる精進を期待したいところであります。5年に1度くらいは法令と安全意識を更新しておくのもやはり必要な事でありますれば手法的にまだ改善の余地があるのではという事であります。最近増えている自転車についての話とかも無かったですしね。安全な自転車の抜き方などという話を是非とも盛り込んでいただきたいな、と。てか必要なら30分にこだわらなくても良いんじゃないですかね別に。5年に1度だけなんだし。興味を引く話なら少々長くてもちゃんと聞くと思うですよ。

免許を受け取って無事放免。全部で1時間丁度でありました。うむ素晴らしい。ちなみに有効期限は平成36年でありました。明らかに来ない年を書くくらいなら西暦の方が良い気もいたしますけどね。などと思いつつ駅周辺で雑用を済ませてからバスで帰宅。バスを乗り継ぐという大変にローカルな帰宅となったワケでありますが直通便が少ないんだから乗り継ぎ料金とかにしてくれたら良いのに。それともしてくれてるんですかね。時々SUICAから引かれてる料金が少ない事がある気はしているのですがその辺のサービスの詳細というモノを全然知らんかったりいたします。もっと宣伝すりゃいいのに。それとも知らんのはワシだけなのかしらん。

兼高かおるさんが亡くなられたそうであります。とは言ってももう1ヶ月ほど前でありますれば今更何をこの馬鹿はと言われてしまいそうではありますが本当に馬鹿なので仕方がありません。大変に素敵な方でありまして、亡くなってしまわれた今でもワシ的には最もカッコイイ日本人女性のひとりでいらっしゃいます。惜しい事ではありますが御年90という事でありますれば天寿を全うされたと思いたいところではあります。R.I.P.1分間黙祷。



2019年02月03日(日) Robert McConnell・Early Bird

というワケで開缶。
穏やかな週末でありました。今日の午後からは少々吹いてますけどね。凍える様な風ではありません。温暖化万歳。尤もアメリカでは寒波で夏の南極より寒いらしく家の中で卵が凍ったと言ってたかと思うとオーストラリアでは50℃を超える気温で道路に置いたフライパンで目玉焼きが作れたとかかなりの滅茶苦茶状態でありますれば喜んでばかりいるワケにも行かない様ではあります。とは言ってもワシにできる事はあんまり無いのでありますよね、仕方が無いのでいつも通りに買い出しに行ったりいたします。昨日はバイク本日は自転車でありましたがやっぱり冬の自転車用の服を何か考えないとイカンですな。ユニクロのウィンドテックだと汗だくになるですよ。汗かいても冷えないから気持ち悪いのを我慢すりゃ寒くは無いのでありますがどちらかと言えば気持ち悪く無い方がより良いワケでありまして。ゴアですか。ゴアしか無いですかねやっぱり。高いんですよねゴアテックスは。やはり貧乏人には我慢が似合うのかも知れませんですな。やれやれ。

帰ってお風呂に入ってから一服いたします。モノは昨日買って来たEarly Birdであります。EMPのクローンと言う事でありますが今のところこのシリーズは気持ちは分かるけど似てないというのが正直な感想でありますればそういう期待は持たない方が良いのかも知れません。割と好きなんですよねEMP。似てると良いんですけどね。

などと思いつつ開缶。出て来たのは本家より太めのリボンカットでありました。ラタキアの薫香に混ざる仄かな酸味を思わせる香りはターキッシュ由来でありましょうか。ターキッシュはあまり湿らさない方が良いと思っているワシ的にはやや湿り過ぎの感がありますので少し乾燥させてみます。指先に軽くゴワゴワ感を感じるくらいになるのを待ってからボウルへ。点火一発。ターキッシュがちょと舌に当たりますな。本家よりはラタキアがハッキリしつつ甘みが控え目でやはり方向性は理解しつつも違うモノの様であります。当たり前と言えば当たり前ですが。ワシの未熟さもあるのではありますが気楽に吸える本家に比べると火加減に気を使ってやる必要がありそうな。火を大きくし過ぎるとターキッシュの刺激が出てきてしまったりする様であります。吸い口は程好いミディアム・ライト。ううむ。ワシの好み的にはもうちょと甘みとスムーズさが欲しいかなあ。後半は少し落ち着いて来るのでありますけどね。前半が特に。まあまだふたボウルしか吸っておりませんので慣れればまた違う事を言い出すかも知れませんが今のところは求めているモノでは無かった感が強かったりもいたします。ドライでラタキアの強過ぎないイングリッシュ系がお好きな方には良いのかも知れません。



2019年01月27日(日) どうしたんスかね韓国

というワケでニイタカヤマに登山中だったりして。
何やらお隣が勇ましい言動を繰り返しております。物証も出さずに騒ぎ立てるのは毎度の事でもありますが今回は安全保障と言うデリケートな問題でありますればいつもとはやや違う感が。まあワシは親韓でも嫌韓でもありませんで割とどーでもええ的な立ち位置なのでありますが隣国という位置関係は否応無いワケでありますれば事が事だけに気にしないワケにもまいりません。
状況的にはどう考えても向こうに非があるワケでありまして今なら済まんミスだったで終わらせられたタイミングを無視しつつここまでコジらせても得るモノは何も無いという事は向こうも重々承知でありましょう。という事はつまり何も得る気は無いのでありましょうね。にも拘わらず何でこういう事を続けるのかと言えばこれはもうウリらは左の方へ行くから仲間意識とか持たない様にという宣言であり引き返す退路を断つべく橋を打ち崩す文大統領の槌の音と思えてしまうワケであります。

じゃあそのまま赤化統一して北と一緒に日本に攻めて来るかと言うとまあそれは無理でありましょう。北主導の統一なんぞ受け入れられんというマトモかつフツーの韓国人も少なからずいらっしゃるでしょうし。となると国内が分裂して政情不安になり悪くすると内乱に近い状態になったりも。徴兵制のある国でありますればアバレる方法は皆様ご存知でいらっしゃいましょうから盛り上がったところに何か火種を放り込んだらそういう事もあるかも知れません。在韓米軍の縮小やら撤退やらというウワサもあったりする中で軍を二分しての騒擾となると北に援助を求めるという事も不可能ではありませんしこれまたウワサでは38度線も随分と通り抜け易くなっているとか。また日米の介入を躊躇させる手段の一部と考えると辺野古で韓国の活動家があからさまに動き回っているという話も辻褄の合う事に思えてしまいます。抵抗勢力を駆逐しつつ進駐した軍がそのまま駐留というのは左の国々の常套手段でもありますれば丸っきりの夢物語とも言えない気がしてしまうのでありますよ。これが遠く離れた国の話でしたらポップコーン片手に見物と嘯いていれば良いのでありますがお隣となるとトバッチリもあったりしそうでありますからね。

などと退屈な三文小説の様な妄想をしてしまうくらい不安定な状態なワケでありますがこちらにできる事はほとんど無いという辺りも落ち着かない要因であったりいたします。南北問題は当事者的には内政問題でありましょうし。とりあえずは防御を固めつつ有事の退去手段を準備し韓国内のマトモな人たちに大量のロウソクでも送り届けるくらいでありましょうか。文大統領の支持率が低下中という話が数少ない鎮静手段のひとつの様な気がしますので。なお騒いでいるのは左の方々とアサハカな追従者達だけでありましょうからフツーの旅行者とか在日の人たちに八つ当たりなどというハズカシい振舞いはなさらない様にお願いしたいモノであります。川崎辺りの焼き肉屋のおっちゃんがレーダーのスイッチを入れたワケではありません。また日本の対応が手緩いというご意見もある様ではありますがここで日本と韓国がケンカしても喜ぶのは北と中国とロシアくらいのモノでありましょう。忍び難きを忍ぶ時であります。外交・防衛に関しては安倍さんの手腕は中々のモノでありますれば考えあっての事と思って良いのでは無いかと。ってのは甘いかしらん?



2019年01月20日(日) Samuel Gawith・Balkan Flake

というワケで開缶。
この時期にしては寒さ控え目の週末であります。風の無かった昨日は自転車で逗子へ買い出しに。何か忘れ物をした様な気がしつつもそのままOKストアに到着するとワイヤーロックを忘れていた事が判明いたしました。くそっ。だからと言ってそのまま帰るのも癪でありますればヘルメットをタイヤに巻き付けただけで店内へ。今回はそれでも無事でありましたがこれは運が良かっただけだと思わなければイケマセン。サドル・ポストに付けっ放しにできるヤツを買わにゃイカンですな。少々チョロくても鍵無しよりはマシでありましょう。何か探さんと。

少々遠回りをして逗子海岸沿いを走ってから帰路へ。天気のせいか普段より自転車が多い気がいたしました。ロードの皆様にスパスパと抜かれまくりましたがまあこれは仕方がありません。何しろこっちは平坦な直線道路をゆっくり走ってるだけで息を切らして半死半生の有様ですからね。自動車の皆様にもスパスパ抜いていただきたいのでありますが抜くタイミングを計りあぐねて後ろにぴったりくっつく馬鹿がけっこういたりもいたします。ンな見通しばっちりの直線で対向車もいないのに何で抜けねえんだよ下手糞が。てか怖いのでありますよぴったり付けられると。こっちは抜いてもらおうと道路の端に寄っているのでありますが道路の端というのは空き缶やら排水口やらマンホールの蓋やらがあって大変に凸凹しているワケであります。軽い自転車はそんなモンでもハンドルを取られてしまいますしタイヤが撥ねてコケたりしたらそういう下手糞がちゃんと避けられるのかいなと思ってしまうワケで。と言うワケで自転車や歩行者に気を使ってもらわんと空いてる道も走れないヤツに免許を出すのは止めてみては如何でありましょうか公安委員会の皆様。

打って変わって本日は強風。バイクで買い出しに行っただけで後は部屋でのんびりといたします。物干しに繁茂する島唐辛子の剪定などをやるばかりであります。てかこれ、本州じゃ冬は越さないというウワサを聞いたりもしていたのでありますが今の勢いだとちゃんと越してしまいそうでありますよ。根元の辺りなどは草というよりは木でありましてもっとでっかいプランターに植え替えてやらんと可哀想かなあと思いつつも置く場所が無いという。貧乏人の家に育つと植物まで惨めな思いをするハメになるのでありますね気の毒に。などと思いつつ根元付近から生えていた細い茎を片っ端から叩き切って暖かい時期に備えつつ洗濯物を干す場所を確保したりいたします。大分すっきりした感じではありますが今は葉っぱが少ないからなあ。夏にはまた凄い事になるんだろうなあ。

などと無駄な心配をしつつ一服いたします。モノはBalkan Flakeでありまして先日開けたFVF同様いつ買ったのかあまり記憶に無い在庫棚からの出土品であります。開缶の儀を経て出て来たのはFVFそっくりのぶ厚くて真っ黒く湿ったフレイク。ブルームが出ているところも同じであります。ラタキアの薫香が漂いますが意外と大人し目であります。葉組はバージニアとラタキアだけだそうでありまして何でそれがBalkanなのじゃという疑問も浮かんだりはいたしますがワシの思い違いかしらん。ターキッシュが効いてるイメージがあるのでありますがまあ作った側がBalkanだと言うのでしたら文句はありませんです。しっかりと解して乾燥タイム。と思いましたが待つのが面倒臭いのでキッチンペーパーに乗せてラップを掛けずに500Wの電子レンジで10秒チン。粗熱を取れば完了であります。乱暴ではありますが程好く乾いてくれるのでありますよ。レンジにニオイが付くのでご家族はお気に召さないと思いますが。尚やり過ぎると完全にミイラと化しますのでその辺は要注意であります。

早速ボウルへ。点火一発。やはりラタキアは大人し目であります。柔らかい薫香と甘みが大変に心地よい風味となっておりますよ。ラタキア系ですが確かにEnglishでは無いなという気がする味であります。シンプルと言えばシンプルでありますけどね。味も香りも舌触りも角の無いまろやかで上品なタバコであります。上品過ぎて物足りない感もあったりいたしますがこれは吸うタイミングを選べば良い事でありましょう。吸い口は程好いか気持ち軽めのミディアム・ライト−。スムーズだから軽めに感じてしまっている部分もあるかも知れません。ワシ的には1日の最後のひとボウルに良さそうな気がいたします。美味しいです。



2019年01月17日(木) Cornell & Diehl・Super Balkan

というワケで開封。
1月末納期のハズの作業がまだはじまっておりません。客先で仕様が固まっていないらしく今日になってまた作業工数の問い合わせなどが来たりしております。そんなに予算キビシいのに何で打ち合わせに呼んだりしたのでありましょうか。タダでやりますと言うとでも思ったのでありますかね。困ったモノでありますがこれだけ予定が変わっても納期は変わらなかったりするのが益々困るワケでありまして末端下請零細作業員の長時間労働が無くならないのはこの辺に一因があるのでは無いかと思うのでありますが如何でありましょうか厚労省及び中小企業庁の皆様。とは言っても役所や現行の法律でどうこうできるモノでは無いから変わらないのでありましょうけどね。と言うワケで是非とも次の働き方改革では馬鹿に発注させたらイカンという法律を作っていただきたいモノであります。

などと思いつつ猫の餌遣りなどをいたします。自称地域猫でありまして。自称はしてませんかね。まあ我が家とお隣さんの地域の猫でありますれば些少の拡大解釈はありつつも地域猫とさせていただきます。去年生まれたヤツが一人前サイズまでもう少しだけど中身はまだ子供という大変に可愛い時期なのでありますがこヤツがちょと目を離した隙にベッドの下に潜り込むという大変に面倒な状況を巻き起こしやがったワケであります。自慢じゃないけどベッドの下なんてところは年に2回、電気毛布を敷く時と片付ける時くらいしか掃除しないワケでありまして。狭いのでありますよとっても。なので馬鹿猫も潜り込んだら立ち上がる事もできずに這い回るばかり。猫ルンバと化して積もった埃を体中で掻き集めた挙句に家じゅうを駆け回って撒き散らかしやがったワケであります。買ったばかりの掃除機大活躍の巻でありましたが暇な日で良かったと思うしかありませんですな。やれやれ。階段に柵でもつけましょうかね・・・

予定外の掃除に疲れたのでコーヒーを淹れつつ一服する事にいたします。じゃれつく馬鹿猫を踏み潰さない様に気を付けつつ選んだのはSuper Balkanであります。バーレイ強めのラタキア系という事で先日やや苦手かもと思ったEpiphanyに近い葉組でありますがこちらはターキッシュ入りという事で違う傾向である事を願うばかりであります。

開封して出て来たのは極フツーのリボン・カットであります。ラタキアがそこそこ効いていそうな良い香り。程好いかやや乾き気味くらいでありますのでそのままボウルへ。点火一発。むう。美味いこれは美味い最初から美味い。脂こってり旨味たっぷりのウィンナーみたいな味と香りでありましてワシ的には夏だったら少々クドいと感じてしまうかも知れませんが寒いこの時期にはぴったりであります。ターキッシュ由来なのでありますかねこのコクは。コーヒーともとても良く合いますが空腹時には少し濃過ぎるかも。それくらい濃い味わいであります。20年前だったらストレートのバーボンに丁度良いと書いていた事でありましょう。吸い口はミディアム・ライト+。レビュー・サイトでも22レビューで★が3と4だけという高評価になっておりますがそれも納得の味わいであります。いやこりゃ美味えわ。冬のローテーション入り決定でありますよ。


 < 過去  もくじ  


うるま [MAIL]

My追加