解放区

2019年04月21日(日)



最近はずっとこの曲が頭の中で鳴り響いて止まらない。



2017年08月28日(月) 赤目四十八滝心中未遂

これはまた凄い小説を読んでしまった。こんな小説を書いてみたいと心の底から願う。



2016年12月11日(日) 悲しくてやりきれない



今回初めて知ったけど、コトリンゴさん凄く良いわ。あと、この曲も素晴らしい。



原曲も好き。加藤和彦はホンマに素晴らしいと思う。北山修との出会いも必然だったのだろうな。しかし、彼らは時代に合わず、出てくるのが早すぎたと思う。

両方共にiTunesで曲を購入しました。出勤中などに聴こうと思う。






三線がよく合うね。わし、死ぬときにこの曲聴きながら死にたいわ。




2015年03月17日(火) おばあちゃん。

本日12時過ぎに、祖母は逝った。あまりにあっけない死だった。今葬儀屋の一室で、祖母と二人きりの部屋でこれを書いている。

以下は以前に書いた文章。書いたまま放置していた。途中になるが、今日のこの日にここに書き記しておこうと思う。

ちなみにこの後、祖母は施設から病院に再度移り、本日大往生を果たした。



「ところでお祖母様ですが、お好きな音楽やご趣味などはありましたか?」
とてめえは聞かれた。暫く考えたが全く出て来ない。出てこないのは祖母のことを知らないからではなく、知ってるから出てこないのだ。

「いや、好きな音楽も趣味もなかったです」
と、てめえは絞り出すように答えた。てめえに質問してきた看護婦さんは、少し納得の行かないような視線を返してきた。


祖母が病院から施設に移った。そんなわけで、今後は「治療」ではなく、残された人生をどう過ごすかということに主眼が置かれることになる。

施設に移るにあたり、事前に事務サイドとの面談と、移った日に設定された看護サイドとの面談があった。加えて入所後には医師との面談もある。全て同日にしていただけると助かるのだが、なかなかそういうわけにはいかないのは同業者として痛いほどわかる。でも、なんとかしてほしいとは思う。

事務との面談は事務的に終始し、ひたすら書類にてめえの名前を書いてサインをし、印鑑を押し続けた。

看護との面談は入所当日に行われた。治療施設ではないので病院とは違って病状についての質問はほとんどない。むしろ、今後どう過ごしていくのかの話に終始した。そして上記の話につながるわけだ。

そんなわけで、祖母の人生を振り返ってみる。


彼女は京都市北区紫野で生まれたらしい。らしいというのは、戸籍を見て知った以上の情報がないからだ。どこで生まれてどのように育ったのか。本人から聞いたことはないし、今回てめえの父にも聞いたが全く知らなかった。

てめえが知っているのは、昔の京福電鉄で勤務していたところからである。駅で働く祖母に、近くのアパートに住んでいた祖父が惚れて一緒になったところからの話を知っている。祖父の住むアパートから見える駅の駅員として働く祖母に、祖父は猛烈にアタックしたらしい。その思いが通じ、祖母が20歳、祖父が30歳の時に一緒になったらしい。

ただし、この国際結婚に祖母の家族は大反対した。結果として、祖父を選んだ祖母は家族との縁が切れる。

その後、祖父と二人で屋台のラーメン屋を始める。屋台を引くのは午後9時から売り切れるまでで、だいたい午前3時くらいまで屋台を引いていた。それから後片付けをして、家に帰って寝るのはもう夜も明けた頃だった。そこから子供二人の朝の支度を行い、子供を送り出してから眠る。昼過ぎには起きだして、夜の屋台の仕込みを始める。

そんな人生を送ってきたので、親戚付き合いは全くないどころか友人も一人もいなかった。祖母にあったのは夫と二人の子供だけだった。趣味もなかった。あえて言うなら、祖父そのものが祖母の楽しみだった、としか言いようがない。


祖父は若いころ、たいそうもてたようだ。180cmくらいの長身に甘いマスクがあり、ユーモアのセンスもある人だった。今回実家を売り飛ばすにあたり昔の写真をたくさん発掘したが、若くてギラギラしている祖父は、女性に好かれただろうなと思う。

そんな祖父と、祖母はいつも一緒だった。家族に捨てられ友人もいなかった祖母。でも、祖父と一緒にいるだけできっと幸せだったのだろうと思う。

てめえは祖父母が屋台を引退したころ、てめえが小学生の頃から母が家を追い出されてしばらく経った中学3年の頃までと、高校3年で実家に帰った時から大学に入学するまで祖父母と同居した。母が追い出されたあとは、祖母がてめえの弁当を毎日作ってくれた。でかい弁当箱には大きなおにぎりがきっちり6つと、卵焼きと鯖の塩焼き。プラス一品がいつもの弁当の中身だった。卵焼きも鯖の塩焼きもがっつり塩が効いていて、具もなくただ海苔で巻かれただけのおにぎりががっつりとすすんだ。

祖父が母を追い出した日のことは多分死ぬまで忘れないだろう。いつもにこにこと祖父にただ追従していた祖母は、この日だけは祖父に激しく反対した。祖母が祖父に反したのは、てめえはこの日しか知らない。




ここまで書いた。もう疲れた。続きはまた気が向いた時に書くかもしれない。



2015年02月19日(木) 狐の嫁入り。

1356 TOPIXベア2倍ETF 5940円×160株 950400円

を追加購入。これでこのETFは200万近く突っ込んだぜ。ワイルドだろ。なんかチキンレースになりつつあるようにも見えるかもしれないが、これ以上は突っ込まないす。まあ見ててや。

朝日印刷はちょっと買いすぎたと思い直し、2223円で200株売った。1937円のプラスだったがこれは誤差範囲やな。まあ昼飯代が浮いたと思うわ。残り300株は持続する。


今日は朝からお日様の光が燦々と降り注ぐにもかかわらず、じめじめと雨が降り続けるという、なんとも不思議な一日だった。ほんの僅かな時間だけそのような光景が見られることはまま経験するが、一日中というのは全く経験がない。

自宅で洗濯した衣類を持って、祖母の病室に行くとなぜか母と主治医がおり、主治医は困惑する母に一生懸命に病状説明をしていた。患者の息子の、離婚した元嫁に懸命に病状説明する医師というなかなかシュールな状況で、てめえはそれを横目で見ながらまるで何もないかのように衣類を整理してロッカーに入れた。

中略。

ベッドに寝ている祖母と母とてめえ。祖母はこの頃、ほとんど目を覚まさなくなった。呼びかけても反応はない。

「もう、急変しても救命措置はせんほうがええと思うてんねん」
と、てめえは言った。

「それがええ。私の時もそうしてや」
と母も言った。


 < 過去  INDEX  


い・よんひー [MAIL]

My追加