留学先での独り言

2003年05月31日(土) USM baseball at NCAA regional

昨日の試合負けたので、うちの野球部は朝11時から試合。
今日こそチケットが手に入らないかと早めに行ったら
見事手に入りました。5ドル払ったけど。

で試合観ました。いやぁ、ハティスバーグにこんなに
野球ファンがいたんですね。今日も朝からスタンドは
満員、しかもUSMへのサポートを意味する黄色いTシャツ
を来た人ばかり。いやぁ驚いた。

で試合だけど、楽勝もいいところ。1回ノーアウトで
6点ぐらい入れて相手先発投手を引きずり降ろし、その後
も毎回のように走者を出し、投げては投手が危なげなく
完封。観ていて安心だったけど、でも5ドル払って見る
試合ではなかったな、力の差がありすぎた。逆に目の前
の席で相手チームを応援している年配の方がいたけど、
最初から肩を落としっぱなしで可哀想だった。わざわざ
ケンタッキーから来たのにね。

で2試合目は見なかったけど、またもや打線爆発で勝った
みたい。明日2試合やって2試合とも勝てばregional
突破、来週のSuper Regionalに行けるらしい。是非と
も明日勝って行ってもらいたいものだ。bidで勝てば
またここでやれるみたいだし。

ちなみに今日はたくさん日焼けして今肌がひりひりして
ます。明日行くのなら日焼け止め、日よけタオルは必須
だ。



2003年05月30日(金) 田舎で車がない1ヶ月の生活

車をぶつけられから1ヶ月以上が経ちました。いろいろと
交渉(というか文句)しても言葉の壁、そして相手の会社
ぐるみの隠蔽工作にはまり車をなかなか修理させることが
出来ませんでした。結局自腹で直す決意をしたのが先週の
金曜日。そのときの電話ではパーツを注文してから直す
ので1週間ほどかかる、つまり今日あたりに直るという
話しでした。

で今日の午後になって状況を聞くため電話。いつもの
おじさんが出る。

「先週日産の緑のピックアップの修理をお願いしたもの
ですが。」

「あぁ、わかるよ。」

「あの、修理今日仕上がるはずだったかと思うのですが、
どうですか?」

「えぇーとね、パーツの取り替え終わって今へこんだ所
直してる所。これが今日終わるから来週の月曜日にペイント
してその日の夕方4時か5時ぐらいに終わるかな。」

「わかりました。終わったら電話ください。」

「了解。」

やっぱり言った日には直ってなかった。ま、1日遅れなら
許すか。ここはミシシッピだし。

ただ車の使わない生活は今まで以上に生活を質素にする
ことが判明した。5月の1週目、2週目に遠征続きだった
こともあるけど、家賃、光熱費を除く1ヶ月の出費は
100ドル以下でした。100ドル切るのは久しぶり。



2003年05月29日(木) 遠方より青年来る

本題に入る前にGAのお話しを少し。大どんでん返しが
起きる予感がします。今日はこのくらいしか言えないですが、
事情を少しでも知ってる皆さんは「えっ?」と言うことに
なる可能性大。

さて本題ですが、今日の昼間わざわざ遠くからキャンパスを
訪れた青年(仮にK君としましょう。)とお話ししました。
まだどこに行くかはわからないが、アスレティックトレーナー
に興味があり、もしかしたらUSMのプログラムにも出願する
かもとのこと。今回の訪問の目的は出願に必要な履修科目の
確認(w/program director)と、キャンパス見学でした。

ぼくは彼と10時から会い、一般生徒では通常なかなか見られ
ない体育会施設を案内しました。ウェイトルームから始まって
トレーニングルーム、コーチのオフィス、ペインセンター、
コロシアム、そして野球場の施設とすべて回りました。
(歩きまわしてご免ね。)で締めはやっぱりここでしょ、と
思いコモンズで食事。最後多少図書館に寄って、その後運良く
僕の友達に校内で会えてグレハンの駅まで車で一緒に送って
もらい、2時半、彼は帰っていきました。

日本語だとめちゃくちゃ話してしまい、彼に感想を聞くのを
ほとんど忘れていましたが、あれでよかったかなぁと今少し
考えています。少しでも人助け出来ているといいのですが。



2003年05月28日(水) 嫌な夢を見たけど

今日、昼間はNATABOCのテスト勉強して、夜は友人とテニス
をした。さしあたりこのぐらいしか書くことがない。テレビ
ではルイジアナのバトンルージュで起きた殺人犯が大きく
とりあげている。そうそうそういえば図書館で読んだ朝日新聞
国際版で卓球の愛ちゃんが勝ち進んでいると書いてありまし
たがその後はどうなったのでしょうか?

さて今回は昨日見た夢の話し。なぜかぼくが参議院議員に
当選して、議員になるにあたってその講習を受けているシーン
をでした。そもそもこんな講習があるかどうかかなり怪しい
のですが。でなぜか講習のコーディネータが予備校時代の
友達(ちなみにそいつは今医者です)。最初はいろいろと
教えてくれたのに、講習中講義が余りにもつまらなくて
思いっきり寝ていたら(夢なのにその中で眠くなっていた)
あとでみんなの前で彼に名指しで怒られるというものでした。
全く訳がわからない。目覚めが悪かったのは言うまでもあり
ません。

議員さんというのはあういうつまらない会議の毎日なんで
すかねぇ。内容は全く覚えてませんが、少し同情してしまい
ました。



2003年05月27日(火) えっ、家賃そんなに高いの?

GA探しについてはほぼ決まっているが、それでも数%の確立
で行き先を変えるかもというのが今日現在の状況である。
ここに来てある大学から積極的に勧誘を受け、GAのことは
もとよりその担当者が積極的に大学院側にも働きかけて入学
も大丈夫なようにしてくれている。

金銭的な条件には大いに問題あるものの、自分の将来を考えた
場合絶対にこっちのがよさそう。場所もそこは都会でないけ
れど近くに大都会があるし。

さてさてどうなることでしょう。

で一応そこに行く場合を考えて、ネットでアパートを探して
みた。そして絶句。うそ、これじゃ東京と同じじゃん。
びっくりした。多少間取りが大きいものの家賃は東京と全く
変わらなかった。月400or500ドル程度の物件を見慣れて
しまったぼくに、限りなく4桁に近い物件はえらく高く感じる。

ぼくはすっかり田舎もんなんだぁ、と思ってしまった。
これじゃ南部の人間は都会に出られないねぇ。



2003年05月26日(月) 大小2つのニュース

今日の午後、いつも通りにペインセンタ−に行く。2日何も
やっていなかったので、少し重めの運動をする。今日は
よく身体を動かした。

その後さっさと帰ろうした時、入り口の大きなTVモニタに
目が行ってしまった。NCAA Division Iのソフトボールの
決勝がやっていたのだ。家でESPNが見られないのでここ
でしばらく見ることに。

UCLAとUCバークレーだった。5回から見たがともに0-0。
連投のはずなのに、どちらも投手がよく投げていた。
で結果はというと延長9回、UCLAが1−0で勝利。この
虎の子の一点はCalの3塁手のエラー(記録はヒットに
なっていたけど。)だった。ちなみにこの3塁手19番の子
は友人いわく「かわいい」ということで注目していたが、
なるほどかわいい。CalのHPのロースターのところでは
なんかちーままみたいな写真が載っていたが、TVでみる
彼女はとてもきれいだった。

何はともあれ2003年のソフトボールのシーズンはこれで
すべて終わった。関係者の皆様お疲れ様でした。

そして家に帰ってテレビをつけると、またちょっとした
ニュースが。ミシシッピのCantonという街にある日産
の工場が明日から可動するらしい。人口12,000程度しか
いない町に4000人強の雇用を生み出すのだから、その
工場への期待は大きいだろう。それにしてもこの町の
平均年収は約$24,000だって。これもすごいな。なのに
日産は時給$20ドル程度出すそうだ。みんなこの工場で
に期待し、働きたいと思うのも仕方ない。

おまけでUSMが野球でRegionalトーナメントのホスト校
になり、このおかげでホテルの予約、飲食収入など増加、
経済の活性化になるというニュースがあった。なんか
こんな地元ネタニュースを聞いていると、この町の経済
レベルはSim Cityと同じだなと思ってしまう。



2003年05月25日(日) 久しぶりに球を打つ

なんだか最近かなりだれた生活を送っている。一応6月にまた
テストを1科目だけとはいえ受けなおすのに、あまり勉強する
気分にならない。思えばこんなにのんびりとした生活をする
のはいつ振りだろうなぁ、トレーナーってひたすら時間を
拘束されるやくざな家業だなぁ、なんて考えてばかりいる。

そんなこと考えながら勉強とは関係なく、自分のHPにまた
一つコーナーを新設してしまった。最近日記しか更新して
なかったし、何しろ代わり映えのないHPは折角訪問して
下さる方に失礼かなと思って作って見ました。

自分のHPはただ友達や家族に近況報告をしただけでなく、
HPを開設したおかげでこれ経由で同業の友達も増えたし、
また今後ATを目指したい、という希望に満ち溢れた方から
もちらほらメイルをもらえるようなりました。で今後もこの
ような方々に自分のサイトを見てもらって参考にしてもらえ
るよう、卒業した直後にUSMのAT programを見直し、まと
めて書き記すのも悪くないかと。今までもHPでいろいろと
書いてきたけど、今回はその集大成にしようと思ってます。
今後他の大学に行ったら立場が変わるから、今までとは
違ったHPを創ろうと考えています。

さて、それが終わると珍しく友達から電話が。「ゴルフの
練習しよう。」いやぁ、なんともうれしい話。今週末は
ペインセンターも休みで、身体を動かせるところがない。
足もないから遠出も出来ない。そんな中でこんなお誘い。
二つ返事でOKした。

でTimbertonの打ちっぱなしへ。球を打つのはほぼ半年ぶり。
アメリカに来てこんなにゴルフと離れるとは考えもしなかった。
なので非常にうれしかった。しかし、球がまっすぐ飛ばない、
というかまともにクラブに当たらなかった。しかもクラブは
重く感じるし、身体も回っていない気がした。

えらく気分が悪い。俺は1カゴ打って嫌になっていると、
一緒にいったヨハンも疲れた様子。感想を聞くと全く同じ
ことを感じていた。なので2人はわずか1カゴ打って退散。

ちょっと夏の間に練習してコースに出ようと誓った二人であった。



2003年05月24日(土) 日焼け

今日は友達が自分のアパートにあるプールに遊びに来た。
一応名目上、居住者専用のプールなので、自分は付き添い
でプールサイドで本を読むことにしていた。

このアパートのプールはまぁきれいな方で、手入れも
しっかりしている。ただプールだけでなく、テーブルや
イス、そして横に寝そべれて傾きの角度を変えられる
プールサイド用のベッドもある。

行くと何人もの人が横になって日焼けをしていた。見晴
らしは悪くない。プールにもぷかぷか浮いている人がいた。

自分は横のテーブルで本を読んでいようと思ったが、暑く
結局は上着をしばらく脱いだりした。それでもこまめに
Tシャツを着たり着なかったりしたので、日焼けは大丈夫
かと思っていた。

しかし今、しっかりと肌がひりひりしているのを感じる。
首筋から肩にかけて、そして太もものあたり。しっかり
焼けたらしかった。

シャワー浴びて、ローションでもつけるか。



2003年05月23日(金) GA探しの行方

5月も終盤に入り、GA探しはいよいよ最終局面に入ってきた。
NATAのJob listingを見ても、日に日に減るばかりでこれ
から新しくいいポジションが空く可能性は極めて少ない、
と思っていたら意外とひょっこり出てきたりして正直とま
どっている。

というのは一つの大学から最後のオファー(それでも公の
ものではないが)が来て、これに返事をしないと他の人間
に出すという。もし自分がアメリカ人なら「ごめんなさい。
まだ他を探したいです。」と言えただろうが、I-20が切れて
見つからなければ2ヵ月後に強制帰国のはめになる1留学生に
とって、このオファーを蹴るほど現在に余裕はなく、結果的
に「受け入れる方向でいます。」という返事をしてしまった。

それでも確かに公の文書で催促が来ていないので、まだまだ
蹴ることは出来る。しかしそれは(先生に対し)余り気持ち
のいいものではないし、さらにあらためて大学を探すのに
かける時間、お金、ストレスを考えると、ここに行く方が
賢明だ、と自分に言い聞かせ、気持ちを98%固めていた所
だった。

ところが今日、GA探しを担当するある大学のスタッフから
メイルが来た。「あれからいかがですか?質問があったら
何でもして下さい。」と。別に入れてくれるという保証は
ないが、それでもすでにレジュメを送り、気に入ってくれた
のか大学院に入学に関しても積極的に働きかけてくれる、
といった申し出をしてくれてたのだった。(ちなみに彼は
僕がそこで志望する学科ですでにPh.Dを持っていて、担当
教官になれるとのことだった。)

正直に言うと、場所的にも、大学的にも、学科そしてGAの
仕事的にもそっちのが今決めようとしている所よりはるか
に興味がある。問題はそこの大学は私立で、GAの待遇が
余り良くなく、お金が将来明らかに足りないことだ。

もう決めたことなんだから、とただ断ればいいのだが、
その大学院だけは唯一自分が昔いた専攻に近く、医学と
化学にまたがる非常に興味深い学科の門を開いてくれて
いて、ただ断るのはもったいない気がして仕方がない。

気が多いねぇ、と言われそうだがそうなんだから仕方ない。
危険を冒しても応募するか、それとも今までの考え通り
折角オファーをくれた大学に行くか。また迷い始めて
しまった。



2003年05月22日(木) USM Baseball

今年はうちの大学の場合、野球が当たり年のようだ。

まずカンファレンスで初めて優勝した。いろんな
ランキングがあるが、最高で全米15位となっている。
冷静に考えて、カンファレンストップで15位というの
は寂しい限りだが。で今ニューオリンズのTulaneで
行われているC-USAトーナメントでも順調に勝っている。
ここ南部ではフットボールほどではないと言っても、
野球はNational Pastimeというぐらいだからやはり
人気がある。現在ニューオリンズに行って彼らを応援
してる市民も多いことだろう。

学校の体育会のサイトを見ると、もしかしたらこの後
のNCAA regionalとsuper regionalのホスト校になる
かも知れないという。それはそれはすごいなぁ、市への
収入も期待出来るし、と最初思ったが、はてまて俺ら
学生トレーナーに火の粉が舞ってくるのでは?と思って
しまった。ほとんどの学生は家に帰っている。すると
ここハティスバーグに残っていて夏セメの取らない
ぼくは、、、召集されるでしょう。もちろん賃金なしの
ボランティアとして。。。とほほ。

ま、いいことは仕方ないか。College World Series
まで行ってくれると全米放送だけにそこまでたどり
ついてほしいなぁ。



2003年05月21日(水) お金が返ってきた

こっちでは収入が0でも個人個人が確定申告をしなくては
いけない。1年目は0なので、ぼくはさぼってしまったが
2年目以降、返ってくるお金があるのがわかっているので
面倒くさいと思いながらきちんとやった。

そしてそのお金が今日返ってきた。元々は自分のお金な
のに、ただ払いすぎただけなのに、非常にうれしい。昨日
は3月、4月花粉症の治療のために使った薬代も、保険に
よって全額が返って来た。薬代高ーい、という愚痴の日記
も書いたが、よく効いたし、ましてお金が返ってきたの
なら全く問題なし。

ま、これも高い健康保険を強制的に払っているから、これ
でもまだ元とっているとは思えないけど。

日本では当たり前のことがここでは全くその通りに物事
が動かないので、こんな小さなことでも喜べる自分である。

よかった。



2003年05月20日(火) 落ち込んでいる時は

事故の話しといいGAの話しといい最近明るい話題が
なく、また休み中はいつものように人と話す機会が
少なくなるので、沈みがち。なのでこんな時は音楽
を聞こうと思った。

家にあるCDは3枚ぐらいしかないので、こんな時こそ
インターネットを使う。ダウンロード、ダウンロード。
ふと昔から引っかかっていた曲を思い出した。それは
中学校の卒業の時に使われたあの曲。今更何故そんな
のを思いついたかわからないが。のちに音楽鑑賞の
授業でブラームスの交響曲の一つというのがわかった
が、どれだか忘れてしまっていた。

仕方ない片っ端から探すことに。

ブラームスの交響曲と言ってもいっぱいあるはず。
ダウンロードして、聞いて、ダウンロードして
聞いて。いったいどのくらいかかるかなぁ、時間が
なければこんなことできないなぁ、と思っていたら
意外と簡単に見つかった。

それは交響曲の1番、第4楽章の一部だった。通の人なら
すぐわかるかと思うが、有名な部分で、なんだちゃらい
なといわれても反論できないんだけど。でも久ぶりに
聞いたが、懐かしく、それより感動すら覚えてしまった。
勇気づけられたし。で結局この第4楽章ばかりをいろんな
ところからダウンロードして、聞き比べてみた。うーん、
みんないろんな解釈をして、演奏してる。なかなか面白
かった。

何がクラシックだ、けっ、と思う人がいるかも知れない
がその通り。ぼくはクラシックには全くの度素人で、
このような有名な物しか知らない。好きな作曲家も
ベートーベンとガーシュインだし。でも年をとるとこんな
のもいいかなと思えてくるようになるから、不思議な
もんです。



2003年05月19日(月) ミシシッピで交通事故に遭う 最終章

今日ようやく相手側の保険会社の担当が捕まえた。事情を
説明するも、「accident report」とで双方の言い分が
違うから支払えない、というのが解答。ま、第3者である
彼からすれば、そのレポートしか判断材料がないのだから
そうだわな、と思う。俺が彼の立場だったら、同じことを
言っただろう。

するとここで友人が「奴(当事者)にもう一度直接話す」
と言って電話をかけた。家にかけると奥さんが出たらしく、
メッセージを伝えるとその後、折り返し電話をかけてきた。
友人の焦点は「彼が3つのwritten documentをもらって
くるように言ったかどうか?」だった。奴は間違いなく
そういい、最初に電話番号と奴の名前を俺に渡した。しか
し電話の向こうで奴ははっきりとこういった。「No」あき
れて言葉も出なかった。まず彼の保険会社を呼ぼうとしても
彼が嫌がり、その代わりに修理代を出すといったから、そ
の示談に乗ったのだ。それをあとで上司に相談して、誰も
見ていないのなら逃れられると判断したのか、全面的に
容疑を否定することにし、警察に虚偽の報告をした。結果
保険会社は判断材料を失い、彼の思い通りになった。

前にも書いたが、彼に情けをみせ、示談にのったのが誤り
の最初であった。警察を呼ぶべきだった。もしくは示談に
乗った時点で、彼に一筆かかせてサインをしてもらう
べきだった。

奴に常識もプライドもへったくれもない。自分さえよけれ
ばそれでいいのだ。他人を構う余裕なんて全くない。アメ
リカ人は(ミシシッピ人)はここまで人間として醜い。
しかし悲しいかなこれが彼らのやり方であり、ここで生活
していく以上自分もこの流儀の中でやっていかなければい
けないのだ。今回、この点で自分は人が良すぎた。日本
での美徳(と思いたい)はここでは馬鹿のお人よしなのだ。
高い授業料を払うことに納得は出来ないが、それでも今後
の糧としなくてはいけない。

それともう一つ、感じたことがあった。今まで英語は
授業を学び、物事を理解するただの手段と思っていた。
そのため英語、英語会話がどうこうと大騒ぎする人たちを
横目に、そんなのどうでもいいことじゃん、と思っていた。
しかし今回それ以外の動機が見つかった。

「ここで生活する上で自分とその利益を守るため。」

暴言なのは承知の上で書けば、道徳と教養のない連中に
対抗し、世界の田舎もんに美徳と常識を教えるためには、
彼らが理解できるコミュニケーションの手段を自分が
身に付ける必要があること。

こう思わなければやってられない。



2003年05月18日(日) マトリックス2

マトリックス2といっても、自分が見たわけではない。
もちろん劇場では公開されているが、映画館までいく
足がない。まさに地団駄を踏んでいる状態です。

では何故この話題かというと、インターネットラジオ
なるいうものをはじめて聞いてみて、日本のどこかの
放送局にあわせたら、ナインティナインの片割れが
試写会で見たそうです。内容がばれない程度に話しを
してましたが、やっぱり面白そう。もっとも彼いわく
やっぱり内容を考えるとわからなくことが多く、難解
とは言ってましたが。

足が復活し次第、観に行ってこようかと思っています。
しかしインターネットラジオも便利ですね。録画され
たもの(確かニッポン放送のものでした。)とは言え、
アメリカでマトリックス2が公開されていることに
触れていたので、ここ数日の話しだと思います。NFL
の試合にしたって、USMの試合だってほぼリアルタイム
で実況中継されますし、便利になったものです。なの
に電話回線でつながなくてはいけない現状は悲しすぎる。
早くこっちでもDSLが普及するといいんだけど。



2003年05月17日(土) ホームページ更新

今日久しぶりに自分のホームページの内容を更新しました。
前々からやろうとしていたことをついに実践。これで
ようやく工事中のページがなくなりました。時間がない
といいつつ、最近毎日日記は更新してるし、それなりに
ホームページも更新してるし、「まだ余裕があるんじゃ
ない?」と言われれば否定の余地がありません。

ただ自分の心の中で、ここハティスバーグを去ることを
100%決意しました。題名である「No payne, No gain」
はここのジムの名前をもじったので、次の大学院では
違うタイトルにしようかと思っています。かといって
始めから作り直すのも大変なので、どうしようかなぁ
と思案中ですがね。

次はどうな内容にしようかと、今からちょっと考えて
います。ま、結局は普段の行動を存在証明のごとく
書いていくだけかと思いますが。それでも今までとは
違った経験が出来るかと思うので、読んでいただける
方は楽しみにして下さい。

それはそうと、ホームページ作りたーいといいながら
何ヶ月もたっている輩がいるが、まだなのかな?



2003年05月16日(金) アメリカで交通事故に遭う その後

車をぶつけられてのは4月26日で、かれこれ20日がたった。
相変わらず車なしの生活を強いられ、非常に不便な毎日だ。

わかったことは、ぼくの保険会社はすでにこの件について
下りたこと。理由はぼくのかけている保険がliabilityのみ
で、相手側にダメージがないことから保険会社として支払い
義務はなく、関与する必要がないとの判断から。ま、そう
言えばそうだけど、日本の保険会社だったらどちらが何対
何で、どれだけ事故の責任を負うってところまでやって
くれるのに。

で今は彼らのアドバイスどおり、個人で相手側の保険会社
にクレームを申し立て、修理代を負担してもらうように
電話を入れている。しかしここ3日連絡を入れても担当者は
不在で、メッセージを残しても折り返しがない。アメリカ人
の友達に全面的にヘルプしてもらっているが、これには
彼もあきれていた。

さらにびっくりしたことが。警察に事故証明をもらって
いたが簡略式で、事故の供述がそこになかったので、あらた
めてそれが書いてある事故証明を警察に行ってもらいに
いった。コピーに5ドルとられたのにびっくりしたが、
さらにびっくりしたのは僕がサインしたときにはなかった
相手側の供述が加筆されていたこと。相手は当日の供述の際、
あの場にいなかったのに、さらに都合のいいように書き加え
られていた。警察はいつ付け加えたのか。少なくとも僕の
目の前ではそんなこと書いてなかった。やはりここは
何でもありのミシシッピなんだと実感。

で気になる修理代だが、1200ドルといわれた。たかーい。
前と横のボディーを直す必要があるらしい。折角きれいに
乗っていたのに、下手くその馬鹿アメリカ人のせいで
こんなはめに。でぶつけた奴が払わないなんて絶対におかしい。

でもこれがアメリカなんだろうか、とやるせなさが押し寄せ
る毎日である。



2003年05月15日(木) 今日の一日

今日もぶつけられた保険会社から電話がかかってくるのを
待っていたがかかってこなかった。忙しいのか無視してい
るのか。修理代の見積もりは1200ドルと出た。これは
払ってもらわないといかん。

昼間は車の件でサポートをしてくれてる友達のオフィスで
のんびりすごし(彼はGAなのでオフィスを持っている。)
その後はペインセンターで汗を流した。

そして残り少ないハティス同期のちぐさの家にお邪魔し、
ご飯をご馳走になった。てんぷらだったけどおいしいこと、
おいしいこと。折角運動したのに、しっかり食べてしまった。

で今家に帰宅して、ちょっとのんびり。いい加減、明日は
またGAの応募をする。ほぼ行き先は決定しているのもの、
相手が正式オファーを出すまで、そして自分の気がすむまで
出願することにした。内定って言ったって、これまで何度も
あの話しはなかったことに、って言われたことがあるから。

念には念を、ってところかな。そういえば、ゴルフしたい
けど、一緒にしてくれる人もいなければ、連れて行って
(車がないため)くれる人もいない。悲しいぃ。



2003年05月14日(水) 悩みは続く

昨日からのGA探しの件、いまだに結論がでない。いろんな
人と話して結論を出そうかと思ったが、かえって迷いが
生じてしまっている。

自分が将来どうしたいのかははっきりしているが、今まで
長い時間を費やしてやってきたことと縁が遠くなるのも
かなりつらい。

今どっちにも転がりかねない状況だ。

自分が学校を選ばなくても、もう少し合法的にアメリカに
滞在できるのなら、ここまで悩む必要はなかったのに。



2003年05月13日(火) 将来への葛藤

今悩みに悩んでいる。安全にある大学からのアカデミックGAの
オファーを受けるか、それとも断って始めからGA探しをやり
直すか。

問題はこうだ。そのオファーを受けると少なくとも2年間は
トレーナーとしての仕事をしない。またお金がちょっと
足りなくなるのもわかっている。

一方、他を探すとなるとまた一定の時間と忍耐、そして
お金が必要となる。面倒くさいし、ストレスにもなる。

あぁどうしよう。困ったよー。



2003年05月12日(月) アメリカで大根はDaikon

今日は朝からGA探しのために奔走した。トレーニングルーム
に行ってまた推薦状のお願い。コネがないかを聞いてみたり
した。

その後留学生のオフィスに行き、卒業のためここを去ること
を伝える文書を書く。I-20の切れる日を確認したかったが
誰もわからず、挙句の果てに「あなたが持っているでしょ?
きっと裏に書いてあるわよ」といわれる始末。おい、おまえ
の所が発行しているものだろ、そんなもんもわからないのか、
と思うももうこことはおさらばなので、紳士的に「じゃ確認
してみます」とその場を去る。

その後友人にウォールマートに連れて行ってもらった。車
が使えない今、本当に買出しだ。そこにいってうろうろ
してると、ダイコンが目に入った。普段は気にも留めない
けど、今日のは形がよく小さいけどダイコンの形をしていた。
ご飯も炊いたので、大根おろしでの食べるかと思って、高い
けど買ってみた。家での夕食が楽しみだった。

で家に帰ってダイコンを下ろし、醤油で食べてみた。

「うっ、苦い」

そう期待していたような甘いダイコンではなかった。やっぱり
Daikonなのである。発音は似ていてもものは非なるものだった。
味噌汁に入れるか、それともどうしようかな、と食べ終わった
あと必死に考えてみた。



2003年05月11日(日) 残念なこと

実は昨日ヒューストンから帰ってきた後、ソフトボール部
が集まってパーティをやってるいるというので、ちょっと
だけそれに参加した。そこでびっくりしたのは喫煙率が
高いこと。女の子がたばこを吸うことに関して特別に
びっくりすることはないが、2,3人を除き全員が吸って
いたことにはびっくりした。先進国の中で日本が特別喫煙率
が高いというデータをよく耳にするが、あれは絶対間違って
いると思う。アメリカの学生も男女を問わず日本人学生以上
によくタバコを吸う。噛みタバコを入れたら、その数は絶対
に日本人の喫煙率を上回るはずだ。アメリカ人は体裁だけ
気にして本当に感じが悪い。

さて残念なことの報告。一番有力と思っていた某大学の
GAのポジションがとれませんでした。今日郵便局行ったら
その手紙が入っててがっくりしました。実はうちのソフト
ボール部のヘッドコーチがその大学のヘッドコーチと
いい友達だというので、月曜日にうちのヘッドコーチから
そのコーチに電話してもらい、その大学のヘッドトレーナー
にプッシュしてもらえるようお願いしたのだが、それも泡
となり、今日慌ててうちのヘッドコーチにキャンセルの
お願いの電話を入れるはめになった。

これでまた1からGA探しをすることになりました。はぁ、
どうなることやら。最近本当にいいことない。



2003年05月10日(土) 家族のサポート

カンファレンストーナメントを終え、先ほどヒューストン
から帰宅した。これでしばらく長いバス旅とお別れと思う
とほっとする分、ちょっと寂しい気もする。

トーナメントは今回ヒューストン大学で行われた。つまり
ホスト校はヒューストン大学。地元なんだからそのチーム
の試合に一番の観客が入ってもよさそうなものだが、現実
は違った。

うちの大学の試合が一番よく入った。何故なら選手の半分
近くはテキサス、主にヒューストン出身だから。そのほか
にもアリゾナやメリーランドからも選手の両親、親類がかけ
つけていた。遠征のはずなのに、まるでHomeの試合のよう
だった。

平日の真昼間に両親が当たり前のように揃うのは何故?と
いう気持ちは相変わらず感じてしまうものの、彼らの声援は
試合の雰囲気作りに大いに貢献していた。普段以上に打てた
のは多分に彼らの応援もあるだろう。いい大人が恥ずかし
がることなく声や音を出し、審判のひどいジャッジには
ものすごいブーイングと、野次を飛ばしていた。みんなが
試合の進行に一喜一憂していた。

こんなに子供の部活に真剣になれるアメリカ人の家族愛も
悪くないかなぁと初めて感じずにはいられなかった。



2003年05月09日(金) 負け、シーズン終了、そして卒業

C-USAトーナメント2日目、前日負けているためもううち
は後がない。そんな中でうちの大学のソフトボール部は
シーズン1番の試合をした。

確かにエラーはあった。ミスも少なからずあった。
それでもシーズンの最後の最後で、しかし僕の印象として
はシーズンで初めて、選手達は必死でヘッドコーチが強く
いう「戦う」姿勢を見せてくれた。

投手の出来はよくなかった。先行され追いついても突き放
され、いつものまた負けかムードが漂いつつあった。しかし
選手は決してあきらめず、勝とうする決意が感じられた。

結果的に1試合目に勝ったが、2試合目は最終回ツーアウト
から逆転サヨナラをくらった。この時点で長かったシーズン
が終了、4年生は卒業となった。自分自身もUSMソフトボール
部の学生トレーナーとしての1年の仕事が終わった。

決していいシーズンではなかったけれど、いい終わり方を
した。フラストレーションがたまるばかりの1年だったが、
最後にいいものをみせてもらった。勝手ながら卒業式に
出なかった分、試合で祝ってもらった気分になった。

来年こそいいシーズンを送ることを期待したい。



2003年05月08日(木) トーナメント1回戦

は、結果から報告すると負けました。あやうくコールド負け
しそうな1−8。打てず守れずでお粗末な試合でした。かなり
の力の差があったように思います。

それなのに、この相手(ルイビル)がNO.1シードとあたった
ら逆に10−2で6回コールド負け。うちだったら、、、もっと
点が入って早く勝負が決まっていたように思う。

こりゃ明日負けて、土曜日を待たずにハティスバーグに
お戻りかな。

P.S. ホテルからのインターネットが有料かつ、なかなか
時間がとれないため短い日記になっていますが、ご了承下さい。



2003年05月07日(水) GA決定、と思いきや

今日某ある大学から非公式ながらGraduate Asshistantship
の採用通知を受けました。正直に喜ぼうと思ったら、あれ
ちょっと話が違う。full tuition waiverと思ったら学外
の費用は外れるもののIn-state分は払えと。何それ、聞いて
ないよと思い、明日あさってに時間があるときに質問の
メールを出すことにする。

このままではお金が足りないのでこの学校にはいけない。
最悪今から他の大学を探すことになるのかと思うと、また
かなりがっくりきてしまった。

ある学校ではこのポジション募集しまーすっていうから
募集したのに、やっぱり予算がないのでやめまーす、という
メールももらったし、何かGA探しに運がないなぁと今日思う
このごろ。日頃の行いが悪いのか?



2003年05月06日(火) メキシカンへの笑えないジョーク

ここ1年で何度目になるかわからないぐらい来たヒューストン
にまた来た。何度も同じ道を通り、同じ風景をみているので
もうすでに新鮮味はない。いささか変わってもよさそうな
ものだが、日本の大きな都市とは違い変化には乏しい。

そんな中ヒューストンにつくと気づくことがあった。どこも
かしこも工事中なのだ。特にダウンタウン、ホテル周りが
ひどい。いくはずのホテル(今回はHyatt Regency)は
すぐ見つかるも、工事中だらけでどうやったらたどり着ける
か非常にわかりづらい。バスだけに細い道はいけないし。

こんなときに別に意図はなく、近くにいた人間に「なんで
ヒューストンは工事ばっかりなんだ?」という質問をした。
するとメキシコ系アメリカ人のBくんが、あまり大きな声では
笑えないジョークを返してくれた。

「ヒューストンはメキシカンが多くて、工事をしてないと
彼らの職がなくなって治安が悪くなるから」

うーん、確かに工事をしているのはメキシカンばかりだ。
しかも工事のやり方はどこか原始的で、いつ終わるかも
わからないし、仕事振りも誉められるようなものではなく
のんびりだ。

的を得ている、でも俺の口からは言えない。



2003年05月05日(月) USMで最後のテスト

今日は朝からお洗濯。また火曜日からソフトボール部と一緒
にカンファレンスのトーナメントに行くため、先週着た服
をまた用意しなくてはいけない。(注:試合ではチームと
して用意された同じ服を、例えトレーナーといえども着るの
が習慣なのです。また部活単位でスポンサー契約しているの
で、公式戦はすべてその会社の製品を身に付ける必要がある
のです。)

その後、トレーニングルームへ。テスト週間でも選手がケア
に来るので、1日3時間ずつ割り当てられていかなくてはいけ
ないのがつらいところ。まだシーズン中のチームもあるしね。

午後は髪の毛を切りにタートルクリークへ。実は自分の車で
行こうとしたけど、調子が悪いことが判明。エンジンではな
く、タイヤとボディーの部分なんだけど、曲がろうとすると
それらが接触して、タイヤがパンクしてしまう恐れがある。
実際修理の際はレッカーしてもらわないとだめだろう。非常
に困った話しだ。で友人にお願いして、車で連れて行って
もらった。2ヶ月ぐらい時間がなくて切っていなかったので
これでようやくすっきり。

その後は6時半からの試験勉強に集中。遠征中から少しずつ
勉強カードを作って勉強してたので、それほどあせらずに
すんだ。実際準備万端で、テストもばっちしだった。

思えばこれがUSMで最後のテストになった。考えてみると
非常にあっけなかった。でも考えてみればここまで来るの
は長かったかなぁ。



2003年05月04日(日) レギュラーシーズン終了

今日でもってソフトボールのレギュラーシーズンは終了した。
結果は27勝28敗の負け越し。カンファレンス内でも12勝12敗
の全くの五分、シーズンが始まる前に誰がこんな成績を予想
したであろうか、というぐらい正直ひどいものである。

理由は簡単で、シーズン前からシーズン全般に渡って正直
チームは全くよくならなかった。最後の最後までサインの
見落としが多いし、バントの成功率も3割以下だ。打つ方、
そして守る方は全くでもってお粗末で、本当に彼らが中学、
高校でソフトボールを経験し、奨学金をあげてまで大学で
プレーさせる価値があるのか、非常に疑問に思う。見ている
方にとってはストレスがたまるばかりの試合ばかりだった。

コーチは最後まで選手を叱咤激励していたが、明らかに
コーチングが足りない。うちの選手は技術的なものだけでなく、
戦術的な理解にも乏しい。コーチがいくら笛吹けど、選手は
踊らずといった感がある。彼らはうなづいているだけで、理解
してないのだ。わかっていても表面的で、すぐ忘れてしまう
のだ。でミスするとピーピーなくからやってられない。

ただこんなチームでも最後のカンファレンスのトーナメント
に出場することが出来た。ただし、上位2チームと下位4チーム
の実力差は歴然で、ほとんど結果は見えてるだろう。行くだけ
無駄な気がするが、個人的に友人に会えることになったので
それだけがうれしい。

長かったシーズンも(恐らく)あと1週間となった。



2003年05月03日(土) アメリカ南部で地震?

試合の内容は、、、寒かったけど両方とって晴れて
トーナメント出場確保。1年通じて打てなかったけど
これは相手が強かったのではなく、うちが打てないの
だとあらためて実感。ミスはするは工夫はしないは、
これでトーナメントに出れるのだから、おれもこの
カンファレンスならコーチになれるんじゃないか、と
本気で思ってしまう。

さて滞在先、しかもいいホテルでは家にいるとき以上に
多チャンネルが見れる。普段見れないESPNやDiscovery
channelが見れるのは感動的だ。こんな時に限って
マリナーズの試合が観れたりして、本当にラッキーと
思いきや、今日のイチローはお休みデーだった。なんだよ、
がっかり。

しかし、面白いこと発見。なんとカルフォルニアではなく
アラバマやジョージア州の北部でなんと地震があったらしい。
これって非常に珍しいんじゃない?詳しく聞かなかったけど
マグネチュード4.9ぐらいだったはず。大きな地震とは思えな
かったけど、地震を知らないアメリカ人にはびっくりしたはず。
誰かから感想聞けないかなぁ。



2003年05月02日(金) バーミンハムへ

今日からレギュラーシーズン最後の遠征のため、アラバマ州
のバーミンハムへ。バーミンハムは何度も通ったことがある
けど、滞在は初めて。さすがにアラバマ州の州都であるだけ
に、街自体は大きい。街並も思ったよりきれいだった。

今回泊まったところは前回に引き続き、ウインダムホテル。
古い格式あるホテルだけど、部屋自体は広いこと、広いこと。
ただお決まりのローカルコールが1回1ドルは止めて欲しい。

UAB(アラバマ大学バーミンハム校)のグランドは公営の
グランドで、正直大学の施設としてはお粗末だった。もちろん
日本であれだけの公営施設があるところはそうそうないんだ
ろうけど、アメリカの大学施設を見慣れてしまうと、そう
言わざるを得ない。そもそもトレーニングルームがグランド
から1マイル以上離れているのは問題でしょ。

とにかく今日は試合会場外の公営グランドで軽く汗を流し、
明日に備えた。夜はBBQのレストランに行き、おいしい
サンドイッチを食べた。そういえば、遠征に行くたびに
学校のお金だからと思ってつい食べ過ぎてしまうなぁ。



2003年05月01日(木) お寿司大会

元ハティスバーグにいたころあるのなら、恐らくみんなが
知っているだろうはるちゃんと、今日はご飯を一緒に食べた。
というのは2人は2000年1月に同時にUSMに入学し、今度の
5月9日に卒業で日本でいう同期なのだ。

今週の結果試合次第なんだけど、来週は卒業式も出ずに
ヒューストンでソフトボールの試合に行く予定。はるちゃん
はこの後すぐ帰国(正確には彼女の第2の故郷、メキシコに
滞在するが。)するので恐らく会うのは今日で最後になる
のだ。

で最後に卒業祝いを兼ねてご飯、ということだったんだけど
気を利かせてはるちゃんがお寿司を作ってきてくれた。
感謝、感謝です。ネタはウォールマートで買えるものばかり
だったけど、おいしかった。こういうネタでやればいいのか
と勉強にもなった。

たくさん食べさせてもらった。ごちそうさまぁ。

ちなみに明日から今週末はアラバマのバーミンハムです。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]