留学先での独り言

2001年11月30日(金) Alabama戦

当日実習先の高校においてバスケットボールの
トーナメントがあったため、アラバマ戦の中継
は半分程度しかみていない。良かったと思われる
前半に比べ、後半は悲惨だったかそれでもいくつか
コメントを。

点差は思ったとおり。負けはしたもののオフェンス
はシーズン当初に比べれば、改善されつつある。
特にランがある程度出るようになったのは大きい。
ゾーンアタックだけでなく、シンプルなトラップを
加えて相手が混乱している。それとQBケリーにある程度
走らせるようにしたのは正解。1バックでそれほど
力のあるラインがいないのに、カウンタープレーを
もっていなけば、ランとわかればみんなが一人のRBに
向かっていったから。それにしてもケリーは足が遅く
て彼がもう少し走れたらと思うことばかり。

ディフェンスはアラバマ戦やPSU戦でもわかるとおり、
平均以上のパスアタックは止まらない。DB得に両CBは
高校生に毛が生えた程度。NCAA一部のレベルに程遠い。
ディフェンスもFSまで入れたブリッツでサインが当たっ
ときに止まっているだけで、非常にあぶなっかしい。
タックルの下手さには閉口する。なのに国内トップ10
に評価されるのはなぜか?カンファレンスのレベルが
低いだけでしょう。

それでも再建期では健闘してるといっていいかも知れない。
TCUは幸い大したパスアタックを持っていないみたいだから
ランに集中できるからUSMとしてはやりやすいだろう。
TCUのDefも決して強くないからそこそこ点は取れるはず。
過密日程で選手のコンディショニングが心配だけど、4本vs
2本でUSMと見た。



2001年11月18日(日) もうすぐサンクスギビングデー

今週も部活に帯同もなく、宿題だけをすればいい比較的
楽な週末でした。それでも半分付き合いで金曜夜から
土曜の夜にかけて女子バスケ、フットボール、男子バスケ
の試合をはしごしあまり自由な時間があったという実感
もないです。

フットボールの試合ではお手伝いのためゲート入り口で
切符を切りながら場内案内係でした。主に2階のデッキ
への入り口で入ってきても家族づれが多く、どちら
かというと暇なはずなんだけど、当日ハーフタイムショー
のためにガールスカウトの集団が来て大変だった。警官
と一緒にバッグの中身の確認もしたけど、こんな田舎で
事件を起こしてどうなるんだろうか、そんなことありえ
ない、と思ってたのでかなりいい加減なチェックでした。

警官が「爆弾ないね、炭そ菌もないね」と客に話かけ
ていて(本人はきっとギャグのつもりだろう)お客を
笑わしていたが、何度も聞いたので愛想笑いも疲れた。
ちなみにお客さんの話は決まって「今日は持ってきて
ない」だった。ここまで一致したリプライがあるという
ことは実はテレビでこんな会話があったのだろうかと
疑ってします。

フットボールの試合だけど相手はTulaneで楽勝(59−6)
でした。スケジュールが立て込んでこともあり、後半は
ものすごく面子を落として体力温存に努めてた様子。試合
デビューの人間が多かったのでは。それでも彼らはオフなく
来週も試合があるため、大変だろうな。



2001年11月05日(月) Penn State戦所見

これを書いたのは実際の日付よりかなりあとだけど強烈
な印象が残っているので、内容はそれほど間違ってない
と思う。内容も帰ってからビデオで確認したし。

ペン州立戦は昨日の日記に書いたようにスコア以上の
差があった。Student Prinzに書いてあった書評は
全く的を得てなく、筆者のフットボールの知識を
疑わざるを得ない。今回は選手だけでなく、コーチング
スタッフも技量不足だったと言える。それは以下の3つの理由
による。

1.2Q、10−7で迎えたPenn StateのUSM陣20yds付近での
4th down and 2。前のシリーズで逆転に成功し、今回は
インターセプトからいい場所で攻撃の機会を得てるので
モメンタムが傾きつつある状態。Penn Stateはタイム
アウトをとり入念にプレーをチェック。信じるか信じない
かは読んでる人の勝手だけど、サイドラインにいたぼくは
FGファイクのプレーがくると確信した。結果はまさにその
通りのファイクからのホルダーのランでTD。定石すぎる
ほどのプレー選択だったけど、大穴を空けたUSMの守備を
見てる限り予想してたとは思えない。ここはFGを決められ
ても13−7で依然1TD差、むしろプレーを大いに注意する
場面だった。ディフェンシブコーディネータはどんな指示を
出したんだろうか?

2.17−7で迎えた2Q残り2分ちょっと残って移ってきたUSM
の攻撃。10点差とは言えまだまだ十分に追いつける得点差。
ディフェンスが止まっていないだけにここは時間を消費して
この得点差のままハーフタイムに入るべきだった。ところが
何を思ったか2回のパス失敗で時間を止め、1回のランを含め
消費した時間はわずか30秒ほど。1分半残して相手にパント
をけり、攻撃権を渡してしまった。あまりにも安易すぎる
プレー選択だったといえる。これはオフェンシブコーディ
ネーターのミスだろう。試合の流れを全く把握してなかった
と言われても仕方ない。

3.2Q終了間際のPenn Stateの最後のドライブ。自陣深く
から着実に時間をうまく使いながらドライブする。逆に
USMは見事なまでにドライブを許した。またこの間、2回
の反則でFGで終わるところをTDにしてしまった。そのうち
一つは選手の交代違反でフィールドに12人いてしまった。
これは後退を命じるディフェンシブコーディネータの
ミスで最後まで迷って策が講じ得なかった証拠である。
経験不足を指摘せざるをえない。また毎度のように言うが
#20の下手さはDivision Iの試合に出るレベルではない。
もう一つの反則は反則でしか相手をカバーできなかった
結果によるパスインターフェアランスである。

以上前半の24−7になった時点で試合は決まったように思う。
コーチ陣がうまく仕切っていれば13−7で折り返せた内容
だった。また下手な#20を常にサイドを変えてサインを
変えていればあれほどエースWRと一対一にならなくてすんだ
のに。もっとも逆サイドの#5も全くやられていたので結果は
それほど変わらなかったかもしれないが。

試合への準備の違いが明白だった一戦だった。一流校には
一流のコーチングスタッフが揃ってるんだと認めざるを
得ない。



2001年11月04日(日) Penn State戦

ペン州立戦から帰ってきました。
時間がないので簡単に報告。
選評はまた今度に。結果は完敗だけど。

すごかったこと3つ。

1つ目、うちのチーム、スタッフの飛行機は
チャーター便だった。なので飛行場もチェック
インなし、空港も横から入って直接歩いて飛行機に
乗った。しかも飛行機がプロペラ機じゃなくて
ボーイング727だった。

2つ目、スタジアムがでかかった。去年新設した
スタンドのため全米2位の10万を越すマンモススタジアム
となった。オーロラビジョンも両サイドのバックサイド
側にあり、画面もくっきり。

3つ目、そのスタジアムに本当に10万6千以上の人が
入った。下からの眺めはすごいにつきる。ブーイング
が起きると、ものすごい反響音だった。地響きを聞いて
いるようだった。

大学フットボールがいかに金のなる木かよくわかった。



2001年11月01日(木) Penn State

明日からPenn Stateとの試合のため遠征です。
といっても1泊2日だけどね。初めての遠征で
飛行機。変な事故に巻き込まれないことを期待
したいです。

さて用意をするかな。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
 < 過去  INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]