留学先での独り言

2001年07月31日(火) お寿司

ここに来たことある方はもちろん知っているかと思う
けど、Hattiesburgはニューオリンズから北へ車で
2時間弱、人口5万ぐらいの小さな都市です。ぼくが
来た1年半前には日本食レストランなんて一軒もなかった
のに、今では2軒開店しています。

寿司好きだ」と言ってくれるアメリカ人の友達は意外と
多いです。しかしながらこれはぼくが日本人のため、
お世辞、もしくは外交辞令の意味合いが深いと思ってます。

ところがこの間、こいつはきっと本当に寿司が好きなんで
はないか、ということがありました。今トレーニングルーム
では新しいシーズンに向けて、いろいろと書類の整理を
しているのですが、その中にプレス向けの資料があります。
プレス発表する際にはこの資料が公開されるわけですが、
その中で好きな食べ物として、「Sushi」と大きく書いて
あったのです。

彼ももうすぐこの学校に入学し、トレーニングルームや
どこかで会う機会があるかと思います。そのとき、どんな
ネタが好きか聞いてみて、彼が本当に寿司が好きかどうか
確かめてみようかと思います。



2001年07月30日(月) ばか大家

ぼけが入った元大家のばばぁが来た。すでに出て行った
住人の鍵を返せという。たまたま家にいたからいいが
いなかったらどうするつもりだろうか。また合鍵を
使って進入するのだろうか。何で事前に一言電話一本
いれてくることを教えてくれないんだろう。そのくせ
出ていく時は前もっていっても、前日に電話入れないと
来ないんだから。

その後、自分がアパートを出て行くことで話すも
とんちんかんなことばかり。挙句の果てに「言ってること
がわからない」と逃げる始末。言われてることが本当だ
から逃げるんだろうが、あほ。ついにキレた。こんなに
キレたのは渡米以来初めてだろう。正しい英語かどうか
なんか関係ない。この際大声でまくしたてた。

あと1週間でここから出れるとなるとせいせいする。
お金をけちると、こういうところで損をするのだと実感
させられた。

それにしてもあのばばぁむかつく。



2001年07月29日(日) 日本の社会主義的資本主義

参院選で自民が大勝したらしい。個人的にはもう少し
野党ががんばって、拮抗した国会運営を希望したが、
小泉さん人気がそうさせなかったらしい。改革に一番
協力しないのは自民党なのにねぇ。

さて、インターネットのニュースによると、桝添要一氏が
大橋巨泉氏に向かって「日本にいないくせに日本のことが
わかるか」と言ったらしく、それに対し巨泉は「インター
ネットでいくらでも情報が入る」と反論したそうな。

この話は個人的な観点からすると、巨泉氏に軍配があがる
と思う。もっともインターネットだけが情報源ではないが。

巨泉氏がいう、海外にいるからこそ日本がどういう状況にあり、
周りからどうみられているか、客観的に判断できるように
思う。今回の桝添氏の発言が本意なら、彼の国際政治学者と
いう肩書きはかなり怪しいとみる。時代錯誤も甚だしい。
所詮自民党から出る人間はそんなものかとも思えなくもないが。

Sociologyの教科書で日本は常にアメリカの対極的な資本主義
であると紹介されているのを日本にいる人は知っているだろう
か。まだまだ根強い終身雇用、年功序列、個人より組織、そして
みんなが中流意識をもちたがる異様な国民性。共産党というと
毛嫌いする人が多いのに、求めるのは非常に社会主義的な発想。

えらそうなことを言うつもりはないが、日本はもう少し世界から
の見られ方を気にしたほうがいい。そうすれば、いかに自分らが
隔離された島国に住む、世界の田舎ものであるかわかるはずだ。



2001年07月28日(土) 信用できない大家

今日は2階に住んでいた日本人の人たちがアパートを
出る日だった。彼らが出ることは大家の口から聞いた
ので、その日付とともに認識していることは間違い
なかった。

それで約束の6時。来ない。30分経過。来ない。
結局彼らは出発するはめに。

その後8時過ぎまで外にいたが結局来なかった。
何も連絡もなかった。

一体何を考えているんだろうか。全く信用がならない。
アメリカの南部人みんながこうだと思いたくないが、
えてしてこういうことは多い。ましてや大家はぼくらに
対してビジネスライクな付き合いをすべきであるのにも
関わらずである。

あらためて南部人は信用してはならないと心に誓った。
ぼくがここを出る日の前には何度も確認の電話を入れよう。



2001年07月27日(金) SeniorがRedshirt

今朝、インターネットでカレッジフットボール関連の記事
を読んでいると、ふとうちの大学のRBの記事を見つけた。
結論からいうと4年生にも関わらず、病気を治すために
今年はredshirtになるという。

練習中でも声をかけてくれ、トレーニングルームでもよく
話をするし、彼がどんな人間かぼくは知っている。彼は
1年のときにFreshman All American、2年でも1000yds
以上走り、All conference USAと順調に選手生活をすご
してきた。それが去年、怪我そして病気でシーズンを
ほとんど棒に振り、今年に期するものは大きかったに
違いない。それを証明するかのようにプレシーズンの評価
として彼はAll conference USAに選ばれていた。それが
この現実である。

思えば数日前、珍しく部屋の扉を閉め、彼とヘッドトレーナー、
そしてコーチが長く話していた。今思えば、そこでこの判断を
してたんだろう。普段明るい彼もがっくりしたに違いない。
しかし部屋から出てきた彼にはそんなそぶりもなく、こんな
結果を知る由もなかった。

今年完全に病気を治し、来年こそ彼が思う存分走る姿を楽しみ
にしたい。これから1年という期間は彼にとってとてつもなく
長いと思うが、出来る限りのサポートをしていきたいと思う。



2001年07月26日(木) アメリカ人は家でも靴をはいたまま?

今日用があって、アメリカ人の友達の家に
行った。いつもどおり彼らの家では靴であがる。
ただいつも確認することは、今まで考えていたことは
ちょっと違ってたなぁと。

日本にいるとき、欧米の人は家の中でも靴を履き、
寝るためにベッドに入るところまで履いているという
幻想をいだいていた。これはあきらかな間違いである。
彼らもリラックスしたければ靴や靴下を脱ぐ。ただ
みんなが靴で上がっているところでも平気で裸足や
靴下で歩く(トイレでも平気)。日本人の感覚でいう汚い
ところも平気なのだ。つまり日常足の裏は彼らにとって常
に汚いものなので、家で土足で歩こうが、裸足で歩こうが
一向に気にしないものなのだ。

テーピングを巻いたり、足の怪我の評価の練習のために
アメリカ人とペアを組み、彼らの足に遭遇するが、靴下
といい、足といい本当に汚い。総じて臭さもきつい。
ちょっといいなと思っていた女の子のクラスメートの
足で怪我の評価の練習をしたことがあるが、彼女の足も
例外でなかった。かなり幻滅したのは言うまでもない。



2001年07月25日(水) OPEC石油減産

CNNのインターネット版のニュースでOPECが9月に
石油減産を決めたという。今年に入って3度目だ。

アメリカにいて車を持つと、ガスの値段には非常に
敏感になる。一時期異常にあがったものの、最近は
落ち着いてきてよかったと思っていただけに、「えっ
また」という気持ちがしなくもない。ブッシュ大統領
もOPEC側には早速牽制を入れた模様。

でも石油輸出国側にすれば頼みの綱がこれしかなく、
この価格が崩壊すれば、国の経済が崩壊するだけに
必死なのかなとも思う。お互いが主張する適性価格が
平行線をたどるだけに、きっといつまでもこのいたち
ごっこは続くんだろうな。



2001年07月24日(火) ファイル整理

夏学期も終わりに近づき、テスト勉強のため自主練
も今週は2回に減った。そうすると今まで疲れがや
痛みを訴えてトレーニングルームに来ていた連中が
急激に減った。練習がないだけで、そんなに状況が
改善するのだろうかと不思議に思ったりする。

そのため今日はほとんど治療、リハビリをせず、
秋のシーズンに向けても書類整理をした。自分が
大学でフットボールをやっていたときは、保険証の
コピーを渡して、簡単な健康診断を病院でやったが、
こっちは書類の数が多い。両親の参加承諾書や怪我
の危険の同意書、医療履歴、保険の内容、などなど。
すべては契約、そして最悪の時の裁判に備えるらしい。

なんともアメリカらしいなあと思ったが、それとも
日本の状況がずさんなのか。



2001年07月23日(月) テスト

あと2週間足らずで夏学期が終わる。今回は2科目しか
とらなかったので非常に楽なセミスターになった。
多少英語に慣れたのと、それ以上に自分はもともと理系
出身だから今回見たいな高校の数学と物理の出来そこない
の科目はえらく簡単に思える。ただ日本の大学がこの科目
を日本語でやったしたら、400番台のクラスにはならない
だろう。それとも学校のレベルが低いからこうなるのかな。

日本の数学教育のレベルの高さを思い知らされる毎日です。



2001年07月22日(日) David おめでとう

Duvalが全英オープンで勝ち、無冠の帝王を
返上した。1ファンとしてぼくもうれしい。
メジャーでは勝てそうで勝てなかっただけに
彼も喜びはひとしおだろう。それにしてもトップ
にいても最後まで攻める姿勢はすごかった。

ちなみに彼の奥さんはうらやましいぐらいに
きれい。きっと彼女も喜んでいることだろう。

で今日のぼくのゴルフは最悪だった。





2001年07月21日(土) 南部らしい気候

今日は土曜日、全英オープンをみるのもそこそこに
ゴルフにでかけた。僕の場合、もちろんゴルフも
うまくなりたいが、それ以上にゴルフバッグしょって
長距離歩くことで体力を維持できればなぁという
気持ちもある。また単にお金の節約というのが本音か
もしれないけど、歩いてゴルフすると競技ゴルフを
しているみたいで、うまく見られるという役得もある。

しかし歩きが今日は裏目に出そうになった。初めてから
僅か3ホールたたないうちに、サンダーストームがやって
きたのだ。あっちに雲が黒いなぁ、こりゃもしかしたら
一雨降るかなぁとは思ったけど、あまりにも急にやって
きて判断の時期が遅れてしまった。クラブハウスから
避難しろのサイレンがなる。やべっ、と思いそこに戻ろう
とするも3番のグリーンはそこから一番遠い。かなり近く
でごろごろ雷の音が聞こえ始めた。また小雨ながらも風
はかなり強くなってきた。こりゃまずいかも、と不安が
よぎる。全く打たないでただコースを戻るのは、えらく
遠くて時間がかかる気がする。歩いても歩いても、まだ
2番グリーンだった。クラブここにおいて、走ろうかな
とすら思ったそのとき、隣のホールから黒人のおじさん
が進路を変えてこっちに来てくれ、「乗りなさい」と
言ってくれた。助かった。話を聞くとJacksonから休暇
で来ているという。乗ったとたんに雨は強さを増し、
クラブハウスについたときは雷が近くでなっていた。
このダンディーなおじさんに本当に感謝、感謝。

お約束のごとく、雨は30分ほどで小降りになり帰宅する
ことが出来た。今年は去年より涼しいせいかこんな夕立
を忘れかけていたが、やっぱりここは南部。あるものは
あるらしい。真っ青だった空が突然真っ黒になるからね。
まるで映画の1シーンを観てるようといえば聞こえいい
けど、ゴルフ場では気をつけましょう。



2001年07月20日(金) 定期貯金の満期日

今年頭にしばらく使わないお金を定期に預けておいた。
6ヶ月だけだけど、金利が年4%越えてるっていうし、
checkingで眠らせておくよりはいいだろうって思って。
そして昨日でいよいよ満期となり、今日銀行に行って
checkingに振り替えてもらった。それで利子みたんだ
けど、本当に2%ついててびっくり。日本の銀行の利子
なんていくら入れても今ほとんどつかないので、その
金額にびっくりしてしまった。ほとんど1ヶ月のお小遣い
分に匹敵する。

でもアメリカでも今さんざん利下げしてるか、次回しても
ここまではいかないんだろうなぁ、たぶん。それでも
日本より数倍ましなんだけど。



2001年07月19日(木) おランチ

今日はヘッドトレーナーにランチをおごってもらった。
こっちとしては夏の間お金をもらって働いているので
例え朝早く起きる必要があっても当然と思っていた。
ところがご苦労さんとのことなので、折角のお誘い
を断る理由はないので、ありがたくついていった。

レストランに入るも、こっちに来て満足にレストラン
に行ったことがないので何を注文していいかわからない。
メニューを読んでもなんだかよくわからない。結局無難
なところでサンドイッチを頼んでしまった。もっとも
面白いもの(たぶん貝類)が入っていておいしかったけど。

気がつくと、去年の1月よりこっちに来てHattiesburgで
行ったことあるレストランってペキンガーデンとチャイナ
バッフェが数回、あとさくらが一回ぐらいしかない。
ファーストフードも数えるほど。あぁ、なんて貧乏暮らし
なんだろうとあらためて痛感した。



2001年07月18日(水) 学費の値上げ

今日秋学期の学費のお知らせが来た。うわさには
聞いていたまたあがってる。しかもあがり方が
半端じゃない。思わず「げっ」と思ってしまった。

学費から生活費、滞在費をすべて貯金から出している
ので、元出はかわらないだけに少しの値上げでもきつい。
学費は削りようのないところのなので、なおさらだ。
こんなんであと2年、ここにいられるのかなぁ。

それにしてもアメリカ、もしくはこの州はなんでこんな
に値上げをするのだろうか。物価上昇率以上の値上げ、
しかもほぼ毎セミスターあがってる。昨日の発表で
経済も停滞の兆しが強く、アメリカ人だって今までみたい
に景気よくお金は出せないだろうに、一体どうなってる
んだろう。

家賃もそうだったけど、根拠を明らかにせず値上げする
のがアメリカのやり方に思えるけど、そんなんでみんな
納得してるのかな。少なくとも企業だったらもっと経営
努力すると思うんだけどな。


この怒りどっかにぶつけたい。



2001年07月17日(火) Athletic Dept.

8月の2週目から、いよいよフットボール部の
本格的な練習が始まる。学生トレーナーも
ボランティアとはいえ、暗に参加が義務付け
られている。学校が始まるまでの2週間は午前、
午後の2部練で、選手もさることながらトレーナー
も大変らしい。

ところが多少の特典があった。まず、住むところ
(寮)の提供。さらに朝昼晩とご飯がつくらしい。
7月末に今のアパートを出る羽目になり、新しい
アパートは8月15日からしか入れないぼくにとって
まさに渡りに船。使わない手はない。

こう考えるとAthletic Dept.はやっぱり金がある
なぁと感じてしまう。2週間分の部屋代とご飯を
もってくれるんだからね。アメリカのスポーツ
=ビジネスという図式はやっぱり本当だ。



2001年07月15日(日) アメリカでの日本人選手

今日はずいぶんとテレビで日本人をみた。

まずはゴルフ。丸山がプレーオフの末初めてPGA
で勝った。昨日から2位だったし、ずいぶんと
テレビに映っていた。日本でも今日最初の18番は
放映されてるのかな?2打目は大スライスで観客
スタンドへ。寄せはまずまずながらも、入れれば
ウイニングパットを大ショート。テレビの解説では
絶対にショートではいけません、と言われてた矢先
だった。残りの2 feetもやっとこさ入れた感じ。
プロで日本で何度も勝っていても、こっちで勝つと
なるとやっぱりしびれるんだと実感。プレーオフは
ティーショットから優位にたち、楽に出来たはず
だけどね。ちなみにキャディーさんは恐らくアメリカ人
だと思うけど、日本語をしゃべっていたのがブラウン
管から聞こえた。

そして夜はマリナーズ対ダイヤモンドバックスの全米
中継でイチロー。ぼくにとって初めて生中継のイチロー
だった。(こっちは西海岸じゃないから、シアトルの
試合はあまり見れない。)でも5タコ。やっぱり疲れて
一休みなんだろうね。



2001年07月14日(土) 大家

夕食を作っていると外でがさごそ音がする。何だろ
と思うと、外で新しくここの大家になったおじさんが
一生懸命玄関の電灯を直してる。

ここを出たいと電話で連絡するも、留守電。念のため
と思い手紙を書き、さらに書き留めで送るも連絡なし。
新しい大家とは連絡できないんじゃないか、という不安
すら抱き始めたときの出来事だった。

ぼくが引っ越すこと、出る日を8月4日にして欲しいこと
を口頭で確認。彼も理解していた。でもさ、連絡しろよ。
じゃなくても俺が譲歩しなけりゃ、25ドルぼってるんだよ。
すまんの一言もいえないのか。

別に彼だけでなく、草刈り、家賃回収、工事はなんの通知
なく来る。しかも勝手に人の家のドアを開け、どかどか
靴で上がりこみ、たまに電気や戸を閉め忘れて帰っていく。
その割に自分が都合の悪いことはとぼけ、いいことはぎゃー
ぎゃー言う。アメリカの南部人とは絶対にビジネスしたく
ないなぁとつくづく痛感させられる。



2001年07月13日(金) Gator行方不明

ゲーターが行方不明。

これを読んでもゲーターって何と思う人がほとんどかと
思うが、ゲーターとは大きさはトラクターくらいで、
ディーゼルエンジンの車のこと。普段は大量の水や
クーラーボックスなど、手で運べないものをうしろの
荷台に乗っけて、トレーニングルームからフットボール
の練習場に運ぶ。

それが昨日の朝から見当たらない。当初だれかが使って
戻し忘れただけかと思ったが、今日になっても戻らず、
また誰が使ったかも不明。盗難とさえ、言われてる。

乗ってった人、早く返して下さい。盗んで使おうと
してる人、神様はあなたを見てますよ。



2001年07月12日(木) 家のまわりの猫

前のへ家主から頼まれて、えさを与えている猫
が4月に子供を産んだ。4匹のうち2匹が生き残った。
親が黒猫なのに、片方が白で、もう片方が黒。さらに
親は目が黒いのに、2匹とも目は青い。いったいこの
子達の父親はどんな猫なんだろうか。

その子猫たちも普通のキャットフードを食べるように
なった。最初はかわいいと思いつつも、えさを与える
ときしかよってこず、そのかわいさは全盛期の1割ぐらい
に。来たる引越しのあとはえさを自分で調達し、完全な
野良猫になってもらわないといかんでしょ、これは。

ちなみに1匹はオスかと思ったら2匹ともメスだった。
Jakeって名前変えなきゃ。



2001年07月11日(水) リハビリで感じたこと

5月にむこうずねを骨折したフットボール選手の
リハビリを今日も手伝った。彼は練習でもそうだが
リハビリでもまじめで、きっとつまらないリハビリ
をきちんと手を抜かずにこなす。この骨折は回復まで
6ヶ月と言われていたが、まだ2ヶ月もたたないのに
彼はもう松葉杖をはずし自力で歩き、ジョギングすら
始めようとしている。

ふと日本でこんな怪我をしたらどれだけ回復に時間が
かかるんだろうと思った。とりあえず完全に休まされ
て、そのあと病院で多額のお金を払ってリハビリ。
選手としての復帰はかなりかかるんだろうなぁ。
これだけスタッフが揃ってリハビリのプログラムの作成
実行をし、しかも本人も一生懸命やればこれだけ成果が
あがるんだとあらためて痛感した。

それに比べるとぼくの大学時代の部活の環境って劣悪
だったよなぁ。こっちの高校以下だろうね。



2001年07月10日(火) イチロー

今日はメジャーリーグのオールスターの日。去年こっちに
来たときはあまり野球は見なかったのに、今年はイチロー
のせいで、ずいぶんと結果を気にするようになった。

アメリカ人の友人にここの時間で何時に始まるのと聞くと
だれもよくわからない。たぶん7時か8時ごろ、でもシアトル
時間だからもっと遅いかもという。

そこで日本人の友人に聞くと、シアトル時間だからこっち
だと夜遅くになるとのこと。なるほど火曜日だし、観客も
夕方より夜じゃなきゃ球場にいけないよな、と勝手に想像
した。しかーしこれが間違いだった。

夜9時すぎに帰り、テレビをつける。あれ、やってるぞ。
しかも回は6回。これって去年のを本番前に流してるのかな
と勝手に解釈したが、少し観れば間違いなく今年というの
がわかる。それでは、イチローは?あれ、いないぞ?どこ
行った?仕方なくインターネットで探すと、なんだもう
下がっている。あぁ、また生中継で見れなかった。

アメリカに滞在しているというのに、生中継のイチローを
観たことがない。いつもESPNの夜のスポーツセンターで
確認するのみ。日本にいる人の方がよっぽど観てるだろう
なぁ。



2001年07月09日(月) テスト

今日はBiomechanicsのテストがあった。内容は高校のとき
の物理の焼き直しみたいで簡単。きっと成績もいいでしょう。

それにしても面白いことに、こっちの学生は絶対見直しを
しない。今日のテストは簡単で、ぼくは一番に提出を目指し
もの自分なりにものすごいスピードでやったが、実現しな
かった。もちろん英語を読むスピードの差はあるけど、それ
にしてもありえないスピードでテストを仕上げ提出していく
アメ人。はや押しクイズと間違えてるんじゃないかとすら
思う。その割に早くだした人間はあんまり点数がよくない
んだよね。

アメリカ人に限らず、ラテン人も見直しをする習慣がない
ように思える。見直しの文化はアジアだけのものなのだろうか。



2001年07月08日(日) ピアノ

最近弾いてないなぁと思い、昨日久しぶりにmusic dept.
の建物に行き、ピアノを弾いた。夜中11時だというのに
建物のかぎが閉まっておらず、入りたい放題。こんな
時間に練習する学生のためなのか、ただただルーズなのか
は不明。また空調はかけっぱなしで、異常に寒い。

今日はグランドピアノが空いていた。ラッキーと思い、
椅子に座って弾きだすも、指が動かない。つりそうに
なる。やっぱりたまには練習しようと反省する。でも
こんなときに、悲しいかな指を骨折してリハビリしている
選手のことを思い出し、こんなエクササイズを取り入れた
ら彼もきっとリハビリが楽しいんじゃないかと、思ったり
した。



2001年07月07日(土) 結婚のはなし

土曜日の今日は、いつも通りゴルフに出かけた。
一人でプレーしようと思うと、後ろから一人の
アメ人がカートで追っかけてきて、一緒にやろうと
声をかけられた。別に断るすべはない。一緒にやること
になる。

ゴルフ自体はまぁ、同じぐらいの実力でいいペースで
出来た。久しぶりに緊張感があったラウンドだった。

回っている間にいろんな話をしたが、彼は今年の夏卒業
で、卒業式の次の日にGFと結婚するという。GFはまだ
夏以降も学生だ。彼もまだ定職を見つけてない。ひとごと
ながらそんなんで大丈夫なのかと考える。

アメリカの大学の現状として、結婚してても大学に通って
いることは非常に多い。両方とも学生というのも珍しくない。
もちろん子供だっている。バイトはするにしてもどうやって
家計をまかなっているか非常に不思議だ。アメリカがそれほど
生活しやすいところなのか、それともただ単にサポートする
人がいるだけなのか。恐らく標準的日本人結婚観を持つぼくに
とっては非常に興味深い。誰か教えて。



2001年07月06日(金) あっつい日

Hattiesburgに来て2年目の夏になるが、どうも今年は
去年より涼しい気がしていた。去年みたいな、外に出た
瞬間「むー。」という耐えがたい湿気もないし、気温も
100Fを超えた日はまだないはずである。去年ゆうじくん
とゴルフしていたときは、ゴルフ場の気温計で何度も
100F越えを確認していた。

しかし、今日はその去年の夏を再現するかのように
暑かった。一度部屋に入ると外に出たくない。外に出れ
ばすくに汗がでる。授業すら行くのもかったるいぐらい
だった。

さらに悪いことに、ぼくが所属するHPRのビルのエアコン
がこんな日に限って故障してた。やっとの思い出教室に
行ったのに、全然涼しくない。先生も含めて、今日の
クラスはみな集中力に欠けてたのはいうまでもない。



2001年07月05日(木) シンスプリント

最近は部活の人たちの朝連のために朝5時に起き、5時半には
トレーニングルームに行って水、氷、救急道具をそろえて6時
に練習に備えてる。最初はかったるかったけど、意外と早起き
もしてみるもんだなぁ、というのが最近の感想。しかもメニュー
が軽い月、木曜は選手と一緒に走ってる。こんなにまじめに
走るのも8年ぶりぐらいだけど、悪くない。身体のキレをとり
戻して、秋のタッチフットボール大会では去年以上にがんばれる
ようにしたい。

さてこんななか、久しぶりにちゃんと運動しているためか、シン
スプリントの症状が出てきた。特にジャンプメニューのとき
軽い痛みを向うずねの辺りに感じる。年なのかなぁ。この程度の
運動でこの症状が出るのは本当に情けない。。。



2001年07月04日(水) 独立記念日

今日はアメリカは独立記念日でお休み。去年と同じように
道路にたくさんの国旗が立っていた。一本ぐらいもらい
たいなぁと思う一方、だれがあんな旗立てるのだろうと
不思議に思ってた。それが今日友達の話により解決。

あの旗は朝早くに刑務所の模範囚が立てるんだそうです。
そういえばHattiesburgにもjailあったもんね。前の
夜には一本もなく、また次の日にも跡形なくなくなって
いるので誰がまめにこんなことしてるんだろうと思いきや
囚人の奉仕活動と聞いて納得。きっと朝早く起きて旗立て
させられて、きっとやってられないなぁと思っている人も
いるだろうけど、出所かかっていたら我慢できるか。



2001年07月03日(火) アパート探し

今日は早速アパートを探しに行った。一人用で300ドル前後で
ないかなぁと。現実は厳しかった。時期が悪いのかも知れない
けど、学校から徒歩圏内はあきらめないといけないようだ。

もっとも今よりあと○ドル多く出せばこれだけ広いところに
すめるんだ、ということはわかったのは収穫。そして何だかんだ
言ってHattiesburgの物価が安いことには変わりない。

2週間後ぐらいにちょうどいい物件に遭遇するといいなぁ。

ちなみに学校のWest 4th or 7th st.あたりで探してます。
わかる人にはわかるでしょ。コロシアムの裏の道路。学校には
遠くなるけどゴルフ場には近くなる。



2001年07月02日(月) 家賃の値上げ

昨日の話になるけど、いきなり知らない人が家に来て話しを
したいという。何かと思うと、今度このアパートの大家は
ぼくになったので、よろしくとのこと。あぁ、あの使えない
ボケばばあから変わったのかと思ってると、いきなり家賃を
10%値上げするからよろしく、あと契約書ここにあるから
サインしろと言う。きていきなり何抜かしてるんだと、急に
腹が立ったので、今までの不満はすべて話し、さらにサインは
契約書を読んでからにする、また出て行くかどうかも検討したい
ので猶予をくれと伝えた。

アパートの貸し借りに関していえば、日本にいるときもアメリカ
に来てからも貸主側のビジネスセンスのなさに閉口してばかり
だ。ここでは素人経営なので、ある程度仕方ないところもある
だろうが、日本の時はれっきとした委託された管理会社が運営して
いて、ちゃんとその道の営業を語る人間が対応していたはずだった。
それなのに当たり前のように契約書読む前にサインしろという。
そしたらその説明すると言う。人を馬鹿にするにもほどがある。

これは一例かも知れないが大抵の日本人というのはつくづく
のんびりした人種であるように思う。いざというときの危機管理が
全くない。今回の場合、たかが契約書の話で最悪損をするだけで
いいかも知れないが、しかしそれで本当にいいのだろうか?
ここに来て約1年半、実社会での営業の経験をしたことは
やっぱり自分にプラスであったということを再確認することが多い。
もっともアメリカ人にはなめられたくないという思いが強いのも
事実であるが。

今回はなんかまじめすぎてすみません。でも結構ムッているので。



2001年07月01日(日) 独り言はじめ

今日から思いついた日に独り言を残すことにした。
あえて日記としないのは、絶対毎日書くはずないから。
でもたまにでも思いついたことを書けば、Hattiesburg
での自分の生活をみんなが垣間見ることが出来るので、
それはそれでいいんじゃないかぁって思ったんだ。

さて今日は全米シニアオープンの最終日で、残念ながら
青木は結局2位だった。不思議に思ったのは彼ってあれほど
周りを楽しませるプレーヤーだったっけ?ということ。
年取ってからおちゃめになったのか、それともアメリカ
でのリップサービスか。謎。


よろしければクリックして投票下さい↓


My追加

にほんブログ村 海外生活ブログへ
   INDEX  未来 >
Shuidri [MAIL] [HOMEPAGE]