武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事新しい日記


2011年03月26日(土) 台湾から

心は金額の多寡ではない、といっても、この金額には心を動かされます。
気持ちが有難い、って、このことですよね。

台湾の義捐金57億円に

mixiでも、反応が凄くて、
――貨幣価値の違いを考えると、信じられない額だ、
気持ちがうれしくて涙が出る、
いつか、この恩を返したい、
台湾のことをよく知らなかったが、好きになった。
今度旅行に行って、お金を落としてきたい、
今まで外国の災害に寄付をしたことがなかったが、これからはする、
お金が無駄にならなかったと思ってもらえるよう、ちゃんと復興したい。
etc., という声があふれています。
あまりに大きかった(そして今も続いている)災害、気づきもたくさんです。



  


2011年03月24日(木) 予告メール●「上映」開始!●台湾の記事(波蜜)

明日ですよ! と、金城武均衡首映會活動小組 [balancearth@gmail.com]から、
メールが送られてきました。
「直撃首映会」をクリックすると、あのサイトへ行きます。
今日(24日)10時ですね。

多分、登録した人に送られたんだと思います。

     




「上映」開始!  7:00

朝一番にお知らせいただいて、もう始まったのを見ることができました!
ありがとうございます。
10時というのは、抽選の時間なのね、多分。ほっ。

CM、メイキング、さわやかな壁紙 → GO! (金城武影音)

平面広告のカメラマンは、いつものあの方らしい?



台湾の記事(波蜜)   15:00

台湾の2紙の記事。

城武のCM出演は絶え間なく、先日はオーストラリアで今年3本目になるCMの撮影を行なった。
ロケ地はオーストラリア南部の同国第4の大塩湖、ゲァドナー湖だったので、
まずアデレードまで飛行機で12時間飛ばねばならず、
さらに車で8時間かかって、やっと現地到着ということになった。
たとえ金城武が「オタク」と言われてきて、家でネットをしているのが一番好きな人だとしても、
辺境のオーストラリア南部の内陸まで来れば、携帯は全然つながらない。
しかし、彼は文明を遠く離れた生活を楽しみ、夜、仕事が終わった後は、宿で星を眺めていた。

今回のCMロケ地は実に壮大な景色だが、
現場は強烈な日差しが降り注ぐ上に、白い塩田からの照り返しが加わり、
スタッフは、帽子、サングラス、長袖長ズボンと、全身、すっかり保護していた。
しかし、仕事熱心な金城武は、刺すような日光の下でもサングラスをせず演技をこなし、
みんなを感服させた。
聯合報 2011.3.24


3本目というのは、ビオテルム、アルマーニに続いてということでしょうかね。
もう1本はおなじみの「阿霞」さんのニュースコラムです。


霞は昨日、金城武のCM写真を手に入れましたよ。
長袖長ズボン姿で波蜜野菜果汁を手に、広がる青空の下に立つ姿を見ると、
美しい風景、いい男、目も心も楽しみます。
でも、女性ファンなら、彼がシャツの前をはだけて、
ジュースをその身にぶちまけてくれたらと、きっと思うはず。
もっと引きつけられるに決まってます。

彼は、ロケ地に行くために、まず飛行機に12時間乗り、
それから9時間車に乗って、やっとオーストラリア第4の塩湖、
ゲァルドナー湖にたどり着いたんです。
そこはネットもなく、電波も届かないようなところだけど、
でも、カンガルーや兎などの動物が、いたるところで見られるし、
夜になれば天の川が広がっている。
金城武は大自然の生活をとても楽しんだようだけど、
でもやっぱりゲーム機は持っていって暇つぶししたそうですよ。
阿霞は言いたいわね、そんな綺麗なところに行くのなら、ゲーム機は置いていきなさい.。
阿霞なら、旅に疲れた身を彼のそばに寄せて、
長い長い夜を過ごしたいと、心から思うわ。
台湾りんご日報 2011.3.24


   BBS   ネタバレDiary  0:40


2011年03月23日(水) 「被災地に尽力」●追記●台湾の飲料CM

またまたお知らせいただきました。
レコードチャイナに一報が。
謎のCMについても触れています。
ソースはどこだ?

→ レコードチャイナ



追記   15:35

ここでした! →中時電子報

(原文の)最初の段落はレコチャイの記事の通りでしたが、
2段落目がちょっとはしょってあり、我らにとっては細部こそ大事なので、
復元いたします。
(3段落目はCMロケ地というつながりだけで、関係ない話?)


城武主演、ピーター・チャン監督の新作「武侠」は昨年末にクランクアップしているが、
まだ公開予定日は聞いておらず、アフレコとプロモーションの連絡を待っている状態という。
が、最新の飲料CMが24日、ネットで公開される。
わざわざオーストラリアの、アデレードから車で8時間のところにある塩田で撮影をした。
見渡す限り白一色の美しい風景の中で、独特な雰囲気が醸し出されている。


オーストラリアなのか!

16:00(Wisteria Shadeさんからも、別にこの件でお知らせいただいてました!
ありがとうございます。これでよろしいでしょうか?)
(やだ、中時電子報が伝えた、って書いてあるの見落として探しまくってしまいました)



台湾の飲料CM  22:00

次々と皆様が情報を下さって、飛んで行っては読ませていただいております。感謝。

記事です。リンク先(記事末尾)へ飛んで、すてきな写真をご覧ください。



金城武、初の台湾飲料CMに
ファンは「野菜果汁もランクアップ!」と


久しくご無沙汰の国際スター、金城武は、先日、遥かオーストラリアで、
某有名飲料CMの撮影を行なった。
青空と白い雲に、かっこよく魅力的な顔立ち、
さらには「バランス、それは地球の真理、そしてあなたの体の道理」という文句が、
ネットユーザーの活発な論議を引き起こしている。

金城武が初めて台湾国内の飲料ブランドのイメージキャラクターを務める。
超「台湾風」飲料が、この国際的いい男とペアになっただけで、
ネットユーザーは、「飲料まで国際級にアップした!」と絶賛。
金城武はこのCM撮影のため、はるばるオーストラリアまで赴いているのだ。
ロケ地まで他に交通手段がないため、8時間の長い道のりを車を走らせ、
やっと、この天然原始の地、ゲァドナー湖(Lake Gairdner)へとたどりついたのであった。

彼は、できるだけ良いものを作りたいという気持ちが強く、
日を遮るものは何一つない中、真っ白い、強い陽光下の塩湖で2日間撮影を行なった。
汗は滝のごとく流れっぱなしだったが、国際スターの魅力は少しも変わらず、
スタッフたちは拍手喝采を送った。
この飲料CMは、金城武が中華民国100年の年に台湾のファンに贈る、
最高の嬉しい驚きである。
今日新聞網 2011.3.23


そうか、台湾土着メーカーのCM、ということで、話題なのね。
考えてみれば、昔はいざ知らず、台湾で人気だったCMといっても、エリクソンとか、ソニーとか、
三菱とか、ビオテルム……白蘭氏だってもとはヨーロッパの企業でしたしね。

飲料CMも多いけれど、日本や中国、リプトンとかだし。
でも、黒松は?
「バランス」という言葉で、飲料系?……という気はしてて珍しく勘が当たった形だけど、
今言っても遅いね。(^^ゞ

このメーカー、波蜜のHPは、ここ

おお! 写真はここですのね。



   BBS   ネタバレDiary   15:10


2011年03月21日(月) 玉郎電視1994年

留衣さんから預かったもう1冊の記事。
こちらは香港の雑誌です。



金城武、チベット密教を篤く信じる

金城武は20歳を出たばかりの若いアイドルスターだが、仏教に深く帰依している。
もちろん、仏教信者は芸能界で珍しくはない。
レオン・ライ、チンミー・ヤウは観音菩薩を信奉しているし、
例はいくらでも挙げることができるが、
金城武が帰依しているのはチベット密教なのだ。

外国人はチベット密教に関心が高い。
たとえばキアヌ・リーブスはチベットの宗教的リーダー、ダライ・ラマの門徒であり、
最近はシャロン・ストーンも入信した。
彼らは金城武の同門の弟子仲間と言うことができる。
金城武は、もし可能なら、一度チベットを訪れて、
この密教の聖地を見てみたいと気持ちを打ち明けた。

彼は仏教には縁があるようだ。
小さい頃から仏様に興味を持ち始め、仏像の表情を見るととても穏やかで、
自分まで心静かになるように感じていた。
成長すると、教典を読めるようになり、仏教への関心が高まった。
数年前、密教を信じる友人達と出会ったことから、チベット密教を信奉するようになった。

「なぜかはわからないけれど、教えを信じるようになってから、
自分も少し優しくなったような気がします。
物事に対してあまり執着しなくなり、変わったなと。
若いのにあまり悟ってしまうのはよくないと言う人もいますけれど、
でも、いろんなことにあまり執着心を持たず、どちらかというと淡白に、
楽しく日を送れる方が自分はいいと思うんです」

だが、芸能界は名利の世界であり、名利を追い求めない者はいない。
もしも、あらゆることに淡白になってしまったら、
どうやって闘志をかき立てられるだろう? この世界でどうやってやっていけるだろう?

彼は言う。
悟るというのは、名利を大したものではないと考え、わざわざ追い求めないということだと。
もし、名利を重視しすぎると、ちょっとした浮き沈みに心はすぐに乱されて、
心身に影響が出る。
甚だしきは、一度つまずいたら起き上がれず、自信をなくして、苦しむことになると。
それゆえ、名利に淡白でいるのはいいことだと考えているのである。
世の中は移ろうものであり、未来を見通せる者は誰もいない。
確かなことは何もない。
だが、仕事に対してはこれからも熱心に誠意を持って、こだわっていくつもりだ。

「悟りは消極的ということではなく、人生に積極的に対するということなんです。
なぜなら、名利の他にも、とても大事で有意義なことはあるからです」

そうではあっても、今の金城武は食べるために片時も休まず、一生懸命稼がねばならない。
一家の支出を彼が担っているからである。
家族に仮住まいでない、自分の家を買ってあげるために、武は努力して働かねばならない。
たとえ「名」のためではないとしても「利」のために。

チャーリー・ヤンが最近ニッキー・ウーと海洋公園でデートしているのを目撃され、
非常に親密そうな様子であったことから、2人は恋愛中だとの説が世間を騒がせている。
2人の恋愛説があまりに強力なので、
以前チャーリー・ヤンとの噂を立てられたことのある金城武でさえ、
その疑いをきれいさっぱり洗い流し、お相手仲間の1人にあげられずに済むようになった。

「前から言っていたんですよ、チャーリーを追いかけてなんかないって。
だって、芸能界の人との恋愛には興味がないですから。
ものすごく面倒なことが多いし、特に、いつもマスコミの記者に、
心のことでいろいろ質問されるのは、ものすごく煩わしいことですから」

芸能人が恋愛中にあれこれ聞かれることは、決して煩わしいこととは言えない。
逆に、幸せな心境にいるので、その喜びを人にも伝えたくなるのである。
一番まずいのは、不幸にしてその後別れたときであり、これは悲惨だ。
一日中、人に破局の原因を聞かれ続け、本当に辛いことになるからだ。
破局しただけで既に十分辛く、口にしたくもない、
すぐにでも忘れてしまいたいことなのに。
それでも芸能人は、無理に気持ちを奮い立たせ、無関係な他人に対し、
絶えず理由を説明し、その好奇心を満足させるのである。
心の傷口はそのたびに開かれる。気の毒なことだ。
金城武が芸能界の人間と恋愛はしたくないと言うのも、もっともである。

その上、彼は今、映画出演や北京語、広東語アルバムの制作に忙しく、
感情を育くむ時間など全くない。
それにお金もないと彼は言う。
「家族を養わなくちゃいけない。
お金を稼いで家を買って、家族に落ち着ける居場所を作ってあげなくちゃ。
だから、デートに回すお金はありません。
収入は、個人的な支出と衣料費以外は、全部お母さんに渡しています。
女の子を追いかけるのに使うお金なんかどこにあるの?」

好きだなと思えば付き合いたいけれど、女の子と遊ぶ時間はむしろ仕事に注いで、
自分の仕事をもっとレベルアップするほうがいいと金城武は思っているのだ。
それが今は一番有益で建設的なのだと彼は言った。
(玉郎電視1994年11月27日ー12月3日号)



香港で大人と子供たちが日本人を励ますために千羽鶴を折ってくれている映像や、
クロアチアの反政府デモが、日本大使館の前で黙とうしてくれている映像など、
ネットのあちこちで見ることができます。

オノ・ヨーコ「日本は初めて全世界がうらやむ国になる」
この言葉は、世界のたくさんの人々にあつい心をもらい、
自らも助けあって、復興を果たす、
という意味だと受け取りました。
(それにしても、彼女はもう78歳なんですね!)



   BBS   ネタバレDiary   11:15


2011年03月19日(土) 電子TV周刊1994●アルマーニ春夏@香港新聞●これは何? 2

一昨日、さわやかな姿を見せてくれた金城さん。
台湾在住のMihikaさんによると、台湾のテレビでこれが流れたようです。

相変わらず予断を許さない毎日ですが、危機感を持ちつつも、
気持ちはできるだけいつも通りに、いろんなものに触れてリフレッシュしていきたいと思います。

先日、留衣さんから訳を頼まれてお預かりした2冊の古い雑誌にある武記事、
大したことが書いてあるわけではないのですが、
何となく微笑ましく、また、当時の様子も少しわかって楽しいので、
みなさんにも紹介してあげてくださいとのことで、
まず、1本、アップします。



カバーストーリー
優しい歌声が長いこと聞こえてこない
金城武


タケシ――金城武は16歳のとき、所属事務所によって、
林子洋の「至少還有我在乎」のMTVに「送り込まれ」、主役を務めた。

「スカウト」され、スタートなる以前の彼は、
用がなければ家で日本の雑誌やビデオを見て過ごす男の子で、
なんら特別なところはなかった。
人々の注目を集める小天王となってから、生活は確かに大きく変わったが、
物静かで、気まま、ブルーになりやすい性格は今も変わらない。
「タケシはタケシなのだ」

彼は典型的天秤座の美少年で、天秤座の、
何でもハカリにかけて考える特質が極端に表れている。
例えば、食事をとるのに、「何を食べたらいいかな」と考え続け、
脳内には100以上の食べ物がフラッシュバックし、結局決められない。

「日台ハーフ」であることから、言語によるコミュニケーション面では
「人と違う」状況にある。
今は北京語を前よりすらすら喋れるようになったとはいえ、
やはりしょっちゅう人を「訳が分からない」状態にさせる
(彼のジョークを理解するなんて問題外だ)
その「解決」方法は、すなわち、彼と日本語で話すか、台湾語で翻訳してあげることだ。

知音求め難しと言われるが、金城武には2人、そうした「真の友」がいる。
1人は彼をわが子のように思い、音楽の道を開いてくれた陳昇(ボビー・チェン)
もう1人が、映画「恋する惑星」の監督ウォン・カーウァイである。
彼ら3人はTONE(気風)がぴったりで、スタイルも同じ、
互いに何を言いたいのか完璧に理解できるということだ。

その理解あって、金城武が「恋する惑星」で演じた若い刑事は、
映画を見たチャウ・シンチーに、
「ウォン・カーウァイは金城武に『命』を吹き込んだ」と賞賛され、
自分の作品に起用しようという気を起こさせたのである。

「報告班長掘廚台湾で好成績をあげたのと同様、
「恋する惑星」も香港の同時期の映画の中でトップの成績をあげた。
「恋する惑星」プレミアのとき、まな息子を励ますため、
ずっと日本で仕事をしていた金城武の父親は、
妻にわざわざ電話をかけてきてこう言った
――香港で落ち合おう! 一緒に武のために盛り上げてやろうじゃないか。

映画が連続して好成績を収めたことから、
続いて香港で公開される新作「香港犯罪ファイル」も注目を集めている。
「ワンダーガールズ2」で共演したアニタ・ムイ、マギー・チャン、ミシェール・ヨーの後、
「恋する惑星」のブリジット・リン、「香港犯罪ファイル」のアニタ・ユン、
そしてこれから公開の「狂乱情迷」(すごいタイトルだけど、「人魚伝説」だと思う)
クリスティ・チョンに至るまで、
金城武は多くのベテラン、新進の美女たちとの経験を重ねてきたと言ってよい。
確かに非常に羨むべき状況である。

しかし、彼は虚心を忘れず勉強を続け、新たな挑戦をどんどんすることで、
力をつけていこうとしている。
例えば、「香港犯罪ファイル」で精神科医を演じるため、
彼は本物の精神科医を訪ね、
仕草を観察し、心境を推測し、文字通り、医者を見に行ったのである。
(中国語では「医者を見る」という言葉が「医者に診てもらう」意)

サモ・ハン・キンポー、アンドリュー・ラウ、呉思遠、朱延平など、
多くの監督に気に入られ、既に出演契約はいっぱいだ。
ただし、本人もアルバム「温柔超人(優しいスーパーマン)」のあと、
「優しい」歌声をストップしてしまい、
「演技ばかりが目白押しのスーパーマン」状態になるのはまずいとわかっているので、
じりじりしているファンの期待に背かないようにするつもりだ。

したがって、9月末には、金城武は再び歌謡界の小天王として、
ファンの前に登場するだろう。
(孫頴妙・文 電子TV周刊1994年8月23日号)


台湾の雑誌です。



アルマーニ春夏@香港新聞  19:50

ブログ「ティーサロンへようこそ」さんで、星島日報のアルマーニ広告をアップしてくださってます。
渋さが増してますね……

こちら



これは何? 2  21:50

謎のCM(?)ですが、テレビではなく、ネットで「プレミア」があるようです。
Derrickのサイトでink!が教えてくれていました。(^^)/ →ここ

トップページはこちら

最初のフラッシュが終わった画面の右下のアドレスをクリックすると、劇場内に入れて、
真中の武をクリックすれば、携帯用の壁紙が2種類もらえます。

    


また、トップページ左上の「立即分享」をクリックすると、下の画面が出ます。

    


上が問題で、空欄に「均衡」と入力、
下の空欄をそれぞれHNとメールアドレスを入れて送信すると、
こんな場面になって、

    


ポップアップ内の「立即預約」をクリックすれば、
予約おめでとう、として、席番が○排○號(=○列○番)と表記されます。
2011年3月24日AM10:00(日本時間では11時)にiPadの抽選に参加でき、
金城武がネット上で待っていますとのこと。
同時にワーナーの映画チケットの抽選参加もあるそうです。
この映画は別に武と関係があるわけではない、一般的な観賞券なのかも。

で、この画面の右下にあるアドレスをクリックすると、
上と同じ、携帯壁紙に入れる画面となります。

この「プレミア」、上の申し込みをしないと見られないのか、
あるいは誰でも見られるのかはちょっとわかりません。
抽選申し込みは3月7日から3月23日23時59分まで。
抽選は4月1日。

24日に午前11時って、うーん、仕事中だよ〜。
この地震・津波でわが社も少なからぬ影響を受けていて、
また、原発事故やら停電やらで社員の安全も心配だし、毎朝、対策会議なんです〜
ご覧になれた方、ご報告お願いしますね。

で、この映像に映っている不思議な風景ですが、
ボリビアのウユニ塩原ではないかと、推察しているファンがいます。
確かに似ています。遠くに見える山らしきものの形も。
外国、とはここだったのか?!

あ、愛ちゃんがいち早く携帯画像がもらえることを教えてくださっていました!


   BBS   ネタバレDiary 11:15


2011年03月17日(木) これは何?

携帯に地震速報着信。直後にまた揺れました〜〜
千葉の方らしい。どんどん近くで揺れてきています。
と、思ったら、また着信音が……

こちらは嬉しいお知らせでした。m(_ _)m
You Tubenに上がった謎の映像。

   

金城さんの声ですね。
意味は漢字を見ればわかりますよね。
偶然だけど、なんだか、今にぴったりな言葉の気がする。
3月24日 台湾全土で放映開始

だと思う。つまり何かのCMじゃないかと。
いかにも外国で撮影、という感じがするし……

24日を待ちましょう。
ああ、そう言いながら、すごく遠い先の感じがする。
その日まで、無事に過ごせますように。


   BBS   ネタバレDiary   21:45


2011年03月14日(月) PRAY FOR JAPAN●アルマーニ継続

【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り [NAVER まとめ]



アルマーニ継続  23:50

お知らせいただきました。やっと新しい写真が出ましたね。
今年も引き続きキャラクターを務めるということで、大変めでたい。

こちらに写真があります。
添えられた文章を――

エンポリオ・アルマーニ×金城武

今日、中国人が世界的ファッションブランドのCMキャラクターを務めることは、
それほど目新しいことではなくなっている。
が、深い印象を与え、いつまでも世界のファッションに
「本当にふさわしい」という感じを与える中国人男性スターとなると、
今なお彼が第一人者なのだ……彼とは金城武である。

今年の春夏シーズン、金城武はエンポリオ・アルマーニの新しい紳士服シリーズのために、
大変風格あるCM写真を撮影した。
この最新広告の撮影はニューヨークで行われ、
著名なファッションカメラマンであるマリオ・ソレンティが担当、
アジアの旅行シーズンに、香港のみならず、
中国、台湾、シンガポール、マレーシアの各大都市でも見ることが出きる。

若い時の一目見て電気に打たれるような迫力は姿を潜めたかもしれない、
だが、金城武は金城武である。成熟した彼の魅力はさらに増している。


   BBS   ネタバレDiary  12:50


2011年03月13日(日) 地震…金城さんは?

朝から地震のニュースを追いかけたり、会社との打ち合わせにネットは忙しく、
金城さんの安否確認までは至っておりませんでしたが、
Wisteria Shadeさんから、台湾りんご日報の記事を教えていただきました。
大丈夫とは思っても、あー、ちょっと安心しました。
ありがとうございます。

ニュースはここ
外出しますので、とりあえず、金城さんの部分だけ。


く東京に在住のスター金城武は、CM撮影のため日本を離れたばかりだったので、
震災をまぬかれた。
マネジャーのヤオ・イージュンは、金城武の東京の住まいは無事であり、
現在は仕事中、何本かのCMをアジアで撮影中であり、
東京に戻る時期は未定と明らかにした。
(台湾りんご日報 2011.3/13)


動画ニュースの最後に「為日本祈福」と字幕が出ました。
ちょっと涙が出ました。



   BBS   ネタバレDiary  11:30


2011年03月11日(金) 「冒険王」上映

シネマート六本木で開催される「香港電影天堂SPECIAL」で、
「冒険王」上映追加が決まったと、ブログ「ぐうの日常」さんでお知らせしてくれていました。
これは国際版なのかな?
公式サイトでラインナップを見たら、ジミー・ウォングの「片腕ドラゴン」も
上映あるとか。


久しぶりの雑誌記事、「大都会」、今頃入手。
後ろに英語訳があるのは珍しいです。
中国語と英語とでは、細部が結構違いますね。


   BBS   ネタバレDiary  8:20


2011年03月05日(土) 二十歳の誕生日に(雑誌から)●追記

今日の赤壁戦記さんのブログで、ネットにあったある雑誌の1ページが紹介されていました。
「ライジング・スター」という、おそらく連載コーナーになってるのだと思うのですが、
仰向けに寝転んだ写真のある記事です。
文章を読んでみたところ、ちょっと面白かったので、訳させていただきました。
台湾の雑誌ではないかと思います。



「ファン」のことがわからない

アイドルという(金城武は「自分がアイドルとはやっぱり思えない! 
でも実力派か? これも違うよね」と言っているが)、今の身分について、
常に大勢の女の子に追いかけ回されている若者はこう語る。
最初は本当にわからなかった――どうして「ファン」ってああなんだろう?、と。
そしていつも耐えられなかった。

20歳の誕生日を迎え、事務所が彼のために誕生日ファンイベントを企画してくれた。
が、彼は本当はとてもいやだった。
「休みをとってはいけないの?!」「自分で誕生日を過ごしちゃいけないの?!」
しかし、いかんともしがたく、ここは誕生日を仕事と割り切るほかなかった。

その日、ケーキにナイフを入れたところ、
なんと、中から父親が筆で文字を書いた掛軸が出てきたのである。
事務所のはからいだった。
そこには「誕生日おめでとう」と書かれていた。
またたくまに、彼の眼は涙で曇った。

ありがとう、お父さん、ありがとう、事務所の人、
ありがとう、自分の誕生日を祝うため、集まってくれた、ファンと呼ばれる人たち。
「今ぼくが手にしているこれら全てが、ほとんどの20歳の人には
決して手にできるものじゃないと、わかったんです。
すごく恵まれているんだと感じて……」

だから、今の彼のスタンスは、「自分で自分を洗脳する」、これである。
「アイドル」であることの良い面を考える。
例えば、社会的な活動に参加できるとか、
あるいはファンの子たちにこう言えるとか――「一所懸命勉強してね!」
「ずばり言っちゃうんですよ、例えば、土曜日の午後のファンの集いでこう言う。
『ここで何してるの? すぐ遊びに行きなよ! 
ほんと、若い時は大事にして、遊んだり勉強したりしなきゃ……
なんであろうと、一所懸命やることだよ』って」

金城武の父がハンサムかどうかは知らない。が、想像するのは、きっと楽しい。
あまり勉強が好きでなかった金城武だが、
小学校は日本人学校に、高校はアメリカンスクールに通っている。
その理由は、ほかでもない、父親が、子どもが幾つもの言語を話せるようになるよう考えて、
そう決めたからだ。
「お父さんの教育方針は、何であれ、やるときはちゃんとやる、
たとえ乞食であっても、ということなんです」
(――はぁ、そんないくつも言葉の喋れる乞食がいるかしら?)
父は自分が芸能界に入るのに反対しなかった、と金城武は言う。
ただ、疲労がたまるのを心配している。
また、息子の出演した映画は見に行くし、
やはりウォン・カーウァイが大好きだと、彼は言った。


お父さんが小さな赤い掛軸に書いた文字は、当時の雑誌の写真によると、こうでした。

「武 祝二十歳
健康 忍耐 努力
(日付……多分。小さくて不確か) 父 節」

二十歳の写真集なら、きっとはっきり見えますね。
では、ついでに、左端の小さな文字の部分も。


城武によれば、「天使の涙」に出ていた時、ウォン・カーウァイがくれた脚本は、
いつも、こんなふうに書かれていたという。
例えば、ミシェール・リーとレオン・ライの会話の間に1行、
「モウ入る」と挿入されている。
「それだけ。あとは何にも書いてない!」
彼は笑ってぼやく。
監督は彼に即興で自由に力を発揮するよう求め、彼もそれをうまくやれることを証明した。

「天使の涙」での役は、凶暴さをむき出しにするが、同時に常に繊細で透明な部分を持っており、
どんな人間か、つかみにくい。
この男は本当に何も知らないのか?
それとも、全てを知っていて、だから何も知らないように見えるのか?
そして、本物の、スクリーンの外の金城武も、似たような特質を備えているのだろうか?
金城武は、実に探求に値する人間であり、彼自身、様々なことに対して強い探究心がある。
この2点が、彼の芸能人生を豊かにしているのは疑いない。


追記 3.6.9:45

掛軸の文字のわかる写真を赤壁戦記さんからいただきました。 m(_ _)m
誕生日の日付でした!(西暦で書いてありました)




一九九三年十月十一日 ですね。


   BBS   ネタバレDiary  21:30


前の記事あさかぜ |MAIL

My追加