武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事新しい日記


2006年08月31日(木) ドラマ「三国演義」

いろいろと出演の話が続きます。
今度は大陸のテレビドラマですが、この間の、やたら候補者名を挙げ散らしていた
ブルース・リーの伝記物よりは、しっかりした内容に見えます。
60回連続、撮影も1年近くかかるこのドラマに、主役ではないといえ、
出演できるかどうかは、「?」マークですが、一応内容を――。



近本紙が得た情報では、準備に3年をかけた、朱蘇進脚本、陳家林監督の
新版「三国演義」の脚本が既に完成を見、
まもなく広電総局の重大題材テレビドラマ室の審査に送られる。
審査通過後は、来年初めに撮影を開始し、年末前に完成の予定。
この連続ドラマは60回にも及び、1億人民元を投資、
中国マスコミ大学と香港の英皇娯楽グループ、
並びに内地の2つの実力ある映画テレビ会社が連合し、製作グループを形成する。
映画界の大スター、ジャッキー・チェンも出演するとのことだ。

新版「三国演義」の出演者の顔ぶれは内地、香港、台湾のスターを結集するもの。
目下、ニコラス・ツェー、房祖名、寇世漫帰亜蕾が既に確定しているが、
役柄はまだ正式発表待ちである。
姜文、陳宝国、金城武、セシリア・チャンに強力にオファー中。
役は、それぞれ順に、曹操、司馬懿(しばい)、呂布、貂蝉(ちょうせん)だ。
現在製作側は4人と踏み込んだ交渉の最中で、9月末には結果がわかる。


とのことですが、それぞれの役と、誰が候補か書かれている中から、
金城武をと言われている呂布の部分を抜き出します。



呂布:武功高く、愛を信じ、単純で無鉄砲

呂布の性格は年齢よりずっと幼い。
単純な性格で、利害を考えない。
彼は生涯に4人と父子関係を結んだが、彼と関わったものはみんな不運だと言う人もいる。
また、軽薄で狡猾な人間だと言う者もある。
しかし、新版の脚本では、彼はむしろ世事に疎い若者とされている。
原作では呂布の性格描写は少なく、他の登場人物ほど鮮明でない。
新版では、貂蝉との恋がクローズ・アップされる。
彼はドラマ全体で唯一、非常に美しい愛情を持つ男なのだ。
監督の陳家林は、「「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」、
呂布は非常に武術にすぐれ、かつ、あまたの英雄の中でも一番美しくあかぬけている、
また一番愛を信じる者でもある、と話している。
(以上、南方都市報、2006.8.30)


赤兎馬(せきとば)は呂布の愛馬。
呂布については、ウィキペディア参照。

呂布との縁は、既に「不夜城」にありましたね?



BBS  ネタバレDiary    Go! 0:15


2006年08月30日(水) 【傷城】記者会見(スー・チーの話)

昨日の記者会見から、金城武についてのスー・チーの言葉だけ
今日の各記事から抜き書き。
こういう場ですから社交辞令もあるでしょうが、
様子が垣間見られる話もあります。



城武との共演の話になると、スー・チーは彼は紳士だと大いに賞めた。
手を引いたりキスするシーンの前にはいつも、すみませんと言うのだ。
仕事に対しては大変まじめで、いつも広東語を練習している。
惚れましたか? との問いに、スー・チーは、
そんなことはない、みんなプロだから。
でも、彼は確かにいい男だし、いい俳優だと答えた。
(大公報)


城」の撮影は7月9日から一日も休みなく続けられ、
記者の出入りを拒んできた。
先日、あるマスコミが、金城武は撮影のプレッシャーが大きくて、
街中で1人で酒をあおっているという写真を載せ、
うつ病になっていると噂を書いた。

昨日メディア・アジアの陳女史は、その盗み撮りのときは
演技中だったのだと説明、こう語った。
「金城武はとてもいい状態にあります。
記者会見を欠席したのは、別のイベントがあるからです」

「傷城」は、スー・チーと金城武の初共演作で、ラブシーンが多い。
スー・チーは、金城武はいい人だと、こう述べた。
「彼はシーンが終わるたびにありがとうございましたと言うんです。
ラブシーンの後なんか、いつも謝るんですよ。
私の気持ちをすごく気にかけてくれます」
(海峡都市報)


ー・チーは笑って言う。
「金城武は私より広東語が上手だったのよ。
監督まで彼の方がうまいというものだから、私、すごくむっとして(笑)。
撮影のときは、2人とも全部広東語だから、
2人のシーンは、私たちの広東語勝負みたいになってます。
どちらが上手かは、映画を見ればわかると思うわ」
(華夏時報)


BBS  ネタバレDiary    Go!  9:45


2006年08月29日(火) 雑誌発売●記者会見●追記

掲載記事があるそうです。どちらも学研ですね。

Asian シネマ & テレビライフ Vol.6     (8月31日)

シネマ☆シネマ06   (9月2日発売)



「傷城」記者会見  21:15

今日の午後、ロケ現場の某病院内で、記者会見があり、
出演者ではトニー・レオン、スー・チー、シュー・ジンレイが出席。
金城武は当日は出番がないとのことで、欠席だったそうです。
詳しい内容は明日にでも出るかも。


追記

トニー・レオンの話によると、撮影は最終段階に入っており、
ほぼ毎日撮影が行なわれている。
が、監督の手配がよく、仕事は楽と。
スー・チーも、同意見。コミュニケーションもよく取れ、楽しく仕事ができているそうです。
(北京晨報 2006.8.30)


BBS  ネタバレDiary    Go!   8:45


2006年08月26日(土) ノミネート●長春映画祭結果●応援ブログ

8月23日に開幕した、
中国の第8回長春映画祭の審査委員会の記者会見が、
昨日(25日)9時にありました。
ノミネート・リストは以下の通り。

最優秀映画賞 「太行山上」「如果・愛」「静静的ロ麻ロ尼石」「早熟」「情人節」
最優秀監督賞 ピーター・チャン、霍建啓、イー・トンシン、万瑪才旦
最優秀主演女優賞 ジョウ・シュン、薛凱、チャオ・ウェイ、李心潔、劉佳
最優秀主演男優賞 金城武、アーロン・クォック、リュウ・イエ、陸毅、王悟福

委員長は、外野の雑音に煩わされることなく、
厳正な審査を行なっていると言っています。
授賞式は同じ日の夜、行なわれたようですが、
まだその結果は表に出てきていません。
(以上、中国広播網より)

また「如果・愛」は、「最も人々に人気のあった映画」賞に選ばれたそうです。
(jfdaily.comより)



授賞結果   19:00

実力者がそろい、最も注目を集めた主演男優賞は、
アーロン・クォックが獲得しました。
武が受賞できなかったのは残念ですが、
ノミネートにより、目に見える形で認められたことは、
やはりうれしいです。
主演女優賞はチャオ・ウェイ。

「如果・愛」は監督賞、撮影賞、人気映画賞を得て、
ピーター・チャンが授賞式に出席しています。
ニュースの時点では、作品賞の発表はまだだったようです。
(城市晩報による)


「ウィンター・ソング」応援ブログ

先日、ファンの反応を伝える応援BBSを立ち上げてくださった
RINさんの尽力で、今度はファンに映画関連の情報を伝えてくれる
応援ブログが開設されました。
ブログからは先のBBSにもリンクされていますので、
↓のアイコンはブログへのリンクに変更します。

ヘラルドの担当者さんがこの映画の上映を熱心に進めて下さっているそうで、
うれしい話です。
やっぱり、いろいろなことは、関わる「人」によって、
かなり違ってくるものなので。

ファンと協力して上映成功を、というのは、私たちにとっても
なかなかない経験です。
(「LOVERS」のとき、ファンサイト主さんに、働きかけは少しあったようですが)
それが成功すれば、今後もそのようなことがまたあるかもしれません。
うまく協力していけるといいですね。

映画のはっきりした上映期日がまだ発表になってなかったり、
知りたいことはいろいろあるでしょうが、
個々に配給会社に問い合わせても、言えることも言えないこともあるでしょう。
まして武の事務所にたずねるのは、筋も違います。

応援ブログとRINさんのブログでの趣旨を読む限り、
ファンに提供してよい情報はどんどん出して下さるということのようですので、
ブログに注目して、チェックをするようにしたらいいと思います。
この初めての試みが成功しますように。
ファンと組むとロクなことはない、とだけは言われたくないです。
RINさんもあまり根を詰めて、体壊しませんように。

しかし、今日は少々涼しいとはいえ、映画のあの凍るような寒さに近づくのは
まだまだ先のことですね……



BBS  ネタバレDiary    Go!  1:00


2006年08月23日(水) 刺馬

中影集団の社長、韓三平が、来年の中影集団の作品ラインナップを語った中に、
ジェット・リーとジャッキー・チュン共演、
「ライオンキング」のロブ・ミンコフ監督
「美猴王」(孫悟空ですかね?)があるという話から、
華商報が、噂されるジェット・リーの引退は当分ない、
という記事にしています。

韓三平の談話ではないと思いますが、ピーター・チャンの「刺馬」にも、
アンディ・ラウ、金城武と共演の可能性があるとも付け加えています。

「刺馬」については、先日、ピーター・チャンが大陸の横店で
ロケハンを行なったとのニュースがあり、アンディ・ラウと
ジェット・リーが出演するとありました(ここには武の名はなし)。→横店影視城情報
ピーター・チャンは以前から「刺馬」には金城武を、と言っていましたが、
確定情報ではないものの、今日の記事で、
初めて3人の名前がそろったことになります。

前の記事では撮影は今年11月〜来年2月。
今日の記事では「美猴王」は今年後半から来年前半の撮影のものの
1つとしてあげられ、その後、「刺馬」に出演の可能性とあるので、
時期の揺れはあるかもしれませんが、
「刺馬」が武の次回作と言っていいでしょうか。

ちなみに「美猴王」の他に韓三平があげている作品には、
ジョン・ウーの「赤壁の戦」、チェン・カイコーの「梅蘭芳」、
そして、あの李少紅の「青龍偃月刀」の名も入っています。


BBS  ネタバレDiary    Go!  7:20


2006年08月21日(月) ロケを追いかけるファン達

城武は近年、香港で活躍する時間が少ないが、
ファンが一途に慕うのはいつまでも変わらない。
今回、香港に滞在し、アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督の新作
「傷城」に出演、連日セントラル一帯でロケを行なっている。
ファンは、憧れのスターを見るために、仕事にさえ行かず、
3カ月休暇をとって毎日影のように付き従うばかりか、
彼を「老公(夫)」とまで呼ぶのである!

数日前、「傷城」は、金城武とトニー・レオンの2人が喫茶店で
狠免臭瓩鬚垢襯掘璽鵑鮖1討靴拭
この映画は大部分が屋外での撮影なので、連日数十人のファンが撮影についてくる。
なかで金城武のファンが一番多い。
彼は日本に長くおり、香港での仕事は非常に少ないから、
めったにない映画撮影に、ファンはぴったりとついて回るのである。
聞いた話では、わざわざ休暇をとって、アイドルの撮影を見に来る
ファンも少なくないそうだ。
ある女性ファンは、名前を明かしたがらないが、
職場に3ヶ月の休暇をもらって、
毎日アイドルのロケ地にやってきているというのだから、熱狂もすさまじい。

撮影のとき、1人の金城武ファンが、取り巻いている人垣の中で、こう言った。
「うちの人が撮影中なのよ、邪魔しないでよ!」
みんなひっくり返りそうになって笑った。
金城武がいつ、女房をもらったって? きっと本人すら知らないだろう。
ファンが自分を追いかけて、仕事まで休んだり、
自分を亭主と呼ぶなどの熱狂に対し、金城武は笑って答えず、
うなずいて、ファンの気持ちを理解していることを表していた。

撮影現場では、見かけはクールなトニー・レオンだが、
実はつきあいのよい人で、待ち時間にエキストラ達が腰掛けに掛けていると、
トニーがやってきて、傍らに立った。
1人のエキストラがさっと立って席を譲ろうとしたところ、
トニーはすぐその肩に軽く手をのせ、その必要はないと伝えた。
そして彼らと話をしては笑い、よく打ち解けていた。

周りで見ているファンは大変熱狂的だが、スタッフの方はかなり冷淡だ。
あるスタッフは、記者がカメラを構えているのをみると、
わざと邪魔をする。
その後、黒布で撮影をすっかり覆って見えなくしてしまった。
その心配りは念が入っていると言っていいだろう。
金城武とトニー・レオンは簡単なシーンの撮影で、
喫茶店で話をし、緊張した様子はうかがえなかった。

この映画はクランクインして、大分経っているのだが、
昨日(20日)見たところでは、監督は今でも神様を拝んでいる。
スタッフがわざわざ黒布で覆ってしまい、
その間トニーと金城武は喫茶店から一歩も出てこないので、
ファン達はガラスごしに、遠くからアイドルを激励するしかなかった。
(星島日報 2006.8.21)


BBS  ネタバレDiary    Go!  22:40


2006年08月19日(土) 京都映画祭●中秋晩会

京都のみなさん、朗報です!……って、
他の武ファンでない方のブログでお知らせくださっていたもので、
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
忘れないため、こちらでもご紹介させていただきます。m(_ _)m

第5回京都映画祭で「ウィンター・ソング」を特別上映するとのこと。
公式サイトはこちらです。
上映作品を見ると、なんでこの映画祭で――
という感じもなきにしもあらずですが、
ヘラルドさん、がんばっているのかな?
上映はオープニングの10月24日(火)。



中秋晩会   21:30

「傷城」は昨日も夜の撮影が行なわれ、今度は猛暑の中の疾走で、
武はやせ細ってしまうのではないかと心配です。
その前のスー・チーとの演技の写真が盗み撮りされ、新聞に出たことで、
アンドリュー・ラウ監督はかんかん。
ま、そうですよね〜。
なので、画像出てますが、興味のある方は自力で探してくださいね。

ところで、昨日から気になるニュース。
大陸の央視(中央電視台)主催で両岸三地の歌手達の出演する中秋晩会が、
今年はアモイで開かれるのですが、番組では金城武に出演を依頼、
どんなプログラムに出るかは未定だが、
登場が決まっていると書いているのです。
日は10月6日。

少し前、春の催しにも、ジョウ・シュンと「如果・愛」で出ると書かれていて、
信じられなかったのですが(第一、そりゃ、ジャッキーさんの歌だし)、
やはり、ガセ。
今回も、とても出そうにない催しですが、
ジェイ・チョウ、S.H.Eと共に、出演が「確定」していると、
繰り返すものだから、ちょっとだけ気になってます。
(18日の新聞晩報より)


BBS  ネタバレDiary    Go!  1:20


2006年08月18日(金) 「傷城」のポスターって…●スー・チーとのシーン撮影

7月の「傷城」記者会見の報道で、台湾のりんご日報が、
トニーが役が武より小さいとむくれている、という噂があるが、
会見の席でトニーは否定したし、
新しいポスターではトニーが前面、武がその後ろで、
明らかにトニーが第1主役だ――と、書いていました。

どちらが第1でもいいのですが(それは名前の順番だけの問題で、
内容としては2人ほぼ対等の主役ではないかと思いますし)、
第2弾のポスターって、何だろう? まだ出ていないはずだけど、と
そちらが不思議でした。

数日前、やっとその記事の実物を見ることができましたら、
ネットにはアップされていなかった「第2版のポスター」として
写真が出ていたのは、なんと、これでした!

これは、ファンの創作で、
作者がちゃんとネット上でそう言っているものですよ。
(新浪もこれ使ってましたね)

とすると、8月5日にご紹介の記事中の、

「ポスターの第1版では、彼(武)の写真がトニー・レオンのそれより大きく、
良い位置に置かれていて、
トニー・レオンが面白くなく思っていると言われている」


の、これも「え?」だった第1版のポスターって、
ひょっとして、こちら……???

記者のみなさん、ちょっとぉぉぉ――。



スー・チーとのシーン撮影  15:15

16日、初めて武とスー・チーの共演シーンが目撃されたようです。
ストーリーに重きを置いた作品ではないかと思うので、
これくらいはネタバレにはならないと思いますが、
白紙にしておきたい方は、以下、ご覧にならないでください。
長すぎるので、反転しませんので、ご注意を。

太陽報の写真を捜狐が見やすく並べています → こちら
星島日報は、キスシーンも撮影に成功 → こちら → そしてこちら



スー・チー、「傷城」の監督へのわいろ成功、
金城武とのキスは味わい尽きず


金城武とトニー・レオン主演の新作「傷城」は、クランク・インから、
マスコミが写真を撮ったのは2人の主演男優の出演部分だけで、
ヒロインのスー・チーとシュー・ジンレイはずっと姿を見せていなかった。
16日の夜、ついに撮影隊がセントラルで
スー・チーと金城武の共演を撮影中であるのが発見され、
しかも2人は通りで服を脱ぎ、激しいキスをするという芝居だった。

新作「傷城」は撮影の真っ最中。
金城武とトニー・レオンの2人の主演男優が、
セントラルのソーホー一帯を封鎖して大々的な操作シーンを撮影したのに続き、
16日の夕方6時過ぎ、金城武が再びソーホーに現れた。
初めて姿を見せるスー・チーも一緒だ。

2人は前後して女子刑務所近くの薄暗い路地に到着、
住居のように手直ししたある店の中で撮影を行なった。
これは劇中のスー・チーの家だという。
店舗を使っているので、たとえ人通りは少なくても、
スタッフは黒い布で店の外を囲み、芝居の内容が漏れないようにしていた。
アンドリュー・ラウ監督はまずスー・チーと金城武に撮影の細かい点を説明し、
また金城武にはどこまで歩いてきて、どうスー・チーを引き寄せるかを教えた。
その後、2人はすぶに街頭で激しいキスシーンを演じた。

突然、服を脱ぐ

スー・チーは16日はビール・ガールの制服を着ていたから
(ビールメーカーのキャンペーン・ガールのこと)、
その役なのに違いない。
足取り軽く歩いて家に帰ってきた彼女は、
家の外に城武が座っているのを見つけると、さっと顔色を変えた。
ひとしきりにらみあいの様子となり、
ストーリーではその前に2人の間にいさかいがあったように見える。

次に、スー・チーは、なんと憤然として制服を脱ぎ出し、
半袖のTシャツだけになると、今度は自分から金城武に近寄って
彼の上着を脱がせた。
その後すぐに、壁によりかかる。
彼に自分でやれと言っているかのようだ。
だが、金城武は地面から衣服を1つ1つ拾いあげただけで、
その後、2人は話をし、そして屋外での熱いキスとなった。

唇は固く合わさって

このキスシーンは大体4つのショットから成っており、
全部で数回の撮影を行なった。
金城武とスー・チーのキスは3回ぐらい、NGは決して多いとは言えない。
おそらく2人とも、キスシーンは経験豊かだからだろう。
撮影は、スー・チーが行動を起こす形で進んだ。
その間、2人は非常によく役になりきって、
監督が満足して「カット」の声をかけたが2人は離れず、
もう1度大声で「カット」と叫んで、ようやく唇を離した。

16日夜は猛暑だったうえ、冬服の衣裳を着ていたので、
2人とも、撮影が終わるたび汗をぬぐい、メイクを直さなければならない。
スー・チーは、記者会見のとき、監督に爐錣い蹐鯊って
金城武とのラブシーンを入れてもらうと、おおっぴらに言っていたが、
16日夜、キスシーンを終えた後は、上機嫌の満足の笑みをたたえていた。

キスシーンが終わると、撮影隊は建物の中に戻り、
屋内シーンを撮影した。
スタッフが慎重に黒い布で店の外を囲ってしまったので、
外側からは屋内が見えず、
あれだけ言われていた激しいベッドシーンなのかどうかはわからなかった。
(星島日報 2006.8.18)


スー・チー、金城武との路地でで全身汗まみれ

スー・チーと金城武が、一昨日の晩、裏通りで「傷城」の撮影を行なった。
スー・チーは厚い上着を着ているので、暑さに汗びっしょりだった。

金城武とスー・チーは、一昨日の夜、セントラルのある路地で
映画「傷城」の撮影を行なった。
この映画は政府の大々的な援助を得て、
狷淡的に甞垢鯢鎖しての撮影を行なっている。
だが、撮影開始以来いざこざの噂が絶えないので、
監督のアンドリュー・ラウは取材を厳禁し、
写真を撮ろうとするマスコミがいると、
スタッフがすぐさま黒い布を張って隠してしまう。

現場を見たところ、スー・チーは新作のためにかなりの犠牲を払っていた。
その晩の気温は30度にもなり、加えて出演者、スタッフ等20人以上がいて、
ロケの現場は死ぬほど暑いのだ。
長い髪をふわりとたらしたスー・チーは、
タンクトップとミニスカート姿ではあったが、
その上にふかふかの毛のコートをはおっているので、汗が背中を流れる。
出番が終わると、すぐにスタッフが汗を拭いてやっていた。
金城武も厚手のスーツを着込んでいる。

談笑するスー・チーと金城武

スー・チーは、以前、公の席で金城武をアジアで最もかっこいい男性と絶賛したが、
その晩、2人は芝居でも待ち時間でも、談笑し、よく呼吸が合っていた。
たびたびもめごとが伝えられたトニー・レオンがその日はいなかったので、
爍何佑り瓩魍擇靴瓩燭世蹐Α
(太陽報 2006.8.18)


東方日報は太陽報とほぼ同じ内容ですが、次のような付け加えも。

場を見ていると、スタッフも暑さに汗が背を伝うほどだったが、
金城武とスー・チーは冬の衣裳を着なくてはならなかった。
2人は時折、かすかに疲れの色を見せていたけれども、グチは一切言わず、
プロの態度を保っていた。


BBS  ネタバレDiary    Go!  3:00


2006年08月15日(火) 新浪網の「傷城」サイト

新浪網に「傷城」のページができていました。
(Kimikoさんからのお知らせ)
トップにファン制作の爛櫂好拭辞瓩凌淙舛鮖箸辰討い襪里蓮屐」ですが。
公開は今年12月、ともう書いてありますが、
先日はクリスマスのシーンを撮ったことだし、
目指していることは間違いないでしょう。

こちら


BBS  ネタバレDiary    Go!  0:30


2006年08月14日(月) 金紫荊奨●佳人曲

香港の第11回金紫荊奨が発表になりました。
「如果・愛」が、最優秀監督賞、最優秀主演女優賞はじめ、
ネット投票による「最も人気のある映画」賞と合わせて、最多の7つの賞を獲得。

これにも武はノミネートされなかったんですよね〜
ピーター・チャンとジョウ・シュンはあいにく出席できませんでしたが、
北京で仕事中のピーターさんは、長距離電話でこの知らせを聞き、
インタビューに答えて、こう言ったそうです。

「本当かい? とてもうれしい。
金城武にありがとうと言うよ。
彼がこの映画の要なんだからね。
彼もジョウ・シュンも今香港にいるということだから、
ぼくが帰るのを2、3日待ってもらって、一緒にお祝いの食事をするよ」

別の記事では、ちゃんとジョウ・シュンにもお礼を言っています。
(「金城武には特にお礼を言わなくちゃ。それにジョウ・シュンにもありがとうと)
以上中国新聞網から。(2006.8.14)


佳人曲 (22:50)

中国の女性古筝奏者ウー・ファンの、中国の名曲を集めたアルバムに
「LOVERS」の「佳人曲」がボーカル入りで収められていると、
どなたかのブログで教えていただきました。
(どこだかわからなくなってしまいました。金城ファンかどうかは?)
*「想一想」さんでした。

この曲、歌詞は古い中国の詩だけど、曲は梅林さんのオリジナルなんですよね?
他の名曲と一緒に収録されていてうれしい。

ここで試聴できました。


BBS  ネタバレDiary    Go!  12:50


2006年08月13日(日) 金城武のポジション

大麦香茶の康師傅を調べていたら、
中国研究のサイトで思いがけず金城武の名前にぶつかりました。
JAAのイメージキャラクターへの起用には異論もあったとか、
面白い話が読めます。

21世紀中国総研のサイトの「渡辺浩平の中国市場論」15へ。
康師傅については、その癸韻望椶靴い任后

*現在リンクが切られていますが、「金城武 ペギー葉山」で検索すると出てきます。(2006.12.10)

*「渡辺浩平の中国メディア論」のページの一番下、
「Market in Chinaをご覧になりたい方は…」のバナーから見られます。
第15号です。 (2010.5.9)




もうあちこちでアップして下さっていますが、
一昨日の試写会の入口のポスター、一応記念に。

AMUさんよりいただきました。大きくなります。


BBS  ネタバレDiary    Go!  12:30


2006年08月10日(木) ファン、武に会う(傷城ロケ)

ソーホーでの、街を2日間借り切っての撮影も無事に終わったようです。
猛暑の中、クリスマスの撮影!
革ジャンや厚い上着を着て!

野次馬も大勢いたようで、もちろん香港のファン達も。
その1人が、2日目、勇を鼓して武に話しかけたそうで、
報告してくれていました。


それによると、
武にサインを求めている人がいるのを見かけたので、
自分も財布の中に入れていた写真に
サインしてくださいと頼んだとのこと。
けれども、そのとき、ふつうのペンしか持っておらず、
武がうまく書けないけどと(きれいな広東語で)言ったので、
かまわない、「武」の字だけでもいいですと言って書いてもらったそうです。
そして、握手してくれますかとたずねると、
武はすぐ応じてくれ、にっこり笑いかけてくれた――
その手はとても温かく、笑顔は優しかったということです。

武に会って、まるで長いこと会っていなかった
昔からの友達に会ったような感じだったと。
広東語を聞いて、「失約」のころを思い出し、
とても懐かしかったとも言っています。

彼は本当に楽しそうで、スタッフともとてもいい関係のようでした。
ラウ監督とも言葉を交わしたそうですが、彼もいい人らしいです。
その日は下の通りに降りていくシーンを何度となく繰り返していましたが、
武の演技のせいではなく、照明の関係でやり直しが続いたとのこと。
武は本当にプロで感銘を受けたそうです。

DerrickのBBSで03小姐が「傷城」というタイトルで報告してくれています。
その20番のレスにあるURLのところで、武のサインを含む写真が見られます。



BBS  ネタバレDiary   8:45


2006年08月05日(土) 「ラストサムライ」●サンドラ・ン

金城武、トムにNOを

金城武は以前、「ラストサムライ」でのトム・クルーズとの共演を
「遠慮」したことがあるが、
ほとんど毎年金馬奨授賞式に出席し、
今年の金馬奨のイメージ・キャラクターには
最上の人選とみなされている。
ところが、強敵ジェイ・チョウが行く手に躍り出てきた。
2人の小天王のいずれが勝利を得るかは、一般投票で決まる。

今年の金馬奨は、11月26日、
台北のビッグ・エッグで授賞式が行なわれるが、
イメージ・キャラクターを立てようという話になっている。
インターネット投票で最高の恋人の第1位となった金城武は、
マスコミ公認のベスト候補だ。
だが、金馬奨を主催する映画基金会理事長であり、
金城武の事務所の社長の1人でもある邱復生がそれを阻み、
台湾発の小天王ジェイ・チョウ、それに言承旭、呉建豪らの
いい男たちを強く押して、一般投票で決めるべきと強力に主張しているのだ。

金城武の金馬奨における魅力は理由のないものでは決してない。
この数年、彼はたとえ出演作品が参戦していなくても、
必ず授賞式には帰ってきて出席し、ファンの歓声の大きさも最高だ。
が、今年はジョウ・シュンと共演した「如果・愛」が
エントリーされるはずであるので、
邱復生は、彼を授賞式に出席させるなら、
イメージ・キャラクターにはあまり適切ではないのではないかと、
公平に考えを述べるのである。

金城武は最近、香港で新作「傷城」に出演し、
トニー・レオンと共演中であるが、
ポスターの第1版では、彼の写真がトニー・レオンのそれより大きく、
良い位置に置かれていて、
トニー・レオンが面白くなく思っていると言われている。
金城武のことにはめったにかかわらない邱復生だが、
愛将のため、珍しく表に出てはっきりとこう説明した。
数日前、訪れた香港で2人に偶然会った折、
トニー・レオンに直接、金城武をよろしくと頼んだのである。
トニーは先輩らしく「大丈夫ですよ」と答え、
2人は大変うまくやっているという。

早い時期に、「恋する惑星」と「天使の涙」で
世界的に名を知られるようになった金城武だが、
世界進出にはずっと積極的ではないようで、
事務所の厚い保護のもとにいる。

邱復生は、こう明かした。
彼を使いたいというハリウッド映画は確かに多いが、
事務所であるフーロンは非常に厳密に選択を行ない、
トム・クルーズが金城武を「ラストサムライ」にと言ってきたのさえ、
彼には合わないと断ったと。

邱復生は、
俳優は世界に出て行く気概は持つべきだが、
長い目で見なければならず、焦ってはいけない、
金城武にはベストの時機にハリウッドに溶け込んでいってほしい
と考えているのである。
(聯合報 2006.8.5)


自由時報では、ある理由で出演がならなかったとし、
それは真田広之の役だったと言っています。




サンドラ・ン  22:10

ピーター・チャンのパートナー、サンドラ・ンは、8月3日が誕生日なので、
前日の彼女の番組に、友人達が声のお祝いメッセージを送ってきたそうです。
アンディ・ラウとか金城武とか、録音ですが、ちらっと聞けたという話が
DerrickのBBSで話題になっていました。

その音声をKIMIKOさんが送ってきてくれたので、
サンドラになった気持ちで聞きましょう。
初めに広東語で誕生日おめでとうといった後、北京語で話しています。
Happy Birthday!
(保存すればMediaPlayerでも聞けます)

また、これも↑のBBSでのファンの情報ですが、
サンドラが、最近よく武と食事に行くと話していたとか。
数日前は四季飯店でフランス料理を、前夜は日本料理を楽しんだそうです。
(8月初め4日の話?)
つまり、ピーターさんとも交流が続いているということですね。


BBS  ネタバレDiary   10:30


前の記事あさかぜ |MAIL

My追加