武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事新しい日記


2004年05月31日(月) 「歌舞中国」サイトに武CM

5月27日の項に登場したCMディレクター彭文淳のドキュメンタリー映画
「歌舞中国」の素敵なサイトがあります。。(KIMIKOさん情報)
映画が白黒なのに合わせて、これも白黒。
トップページにメニューが出てきますが、その「導演」をClickすると、
監督の紹介があり、彼がこれまでに手がけた優れたCMも見られるようになっています。

真ん中あたりでチカチカしている「広告作品欣賞」という文字をクリックすると、
12のCMが現われ、その中に、エリクソンの心のコミュニケーション編と、
三菱ニューギャランの3本のCMがありました。
これもクリックで小窓が現われ、放映を開始します。

エリクソンのは、前にCF図書館にあった、放映されたものより長い
「完全版」でした。
白蘭氏も確かこの監督さんですよね?

ローディングに少し時間がかかるかもしれませんが、
待っていれば各ページ、出てきます。
→ トップページ


投票所

BBS  1;50


2004年05月29日(土) 「Lovers 十面埋伏」撮影を語る(少しだけ)

「anan」で登場の時は、映画のこと、話してくれてるのかな?
大きな経験だったと思う、この撮影の話、
彼の口からもっと聞いてみたいです。
これは結構詳しく説明を載せている映画サイトにあった武の言葉。
(台湾のサイトだと思うが、なぜにアンディが先? 写真は!?)
下の写真は英文サイトから(すみません、どちらか忘れました)。

めて時代劇に出演の金城武、
その上国際的に名声の高い監督との出会いとあって、当然緊張した。
彼は率直にこう話している。

「中国大陸の監督とは初めての仕事で、それにあんなに有名な人で、
撮影が始まるとすぐ、自分がうまくできていないのではないかと少し心配になった。
物語の中の愛憎はすごく濃厚で、自分はそんな経験を積んでもいないし、
技術もないし、年齢的にもああいう演じ方は普通していないので、不安でした。

だから、1つ1つ勉強しながらやりました。
監督やその他のスタッフと討論し、他の人に聞きました。
これで良かった? セリフは間違えてない? 
昔の人はこんなふうなしゃべり方だった? と。

でも、いつも監督はこう言いました。『問題ない。ちゃんとやれている』
それに監督も演技が上手なので、やってみせてもらえた。
現場で毎回お手本を見るのは、その場で映画を見ているみたいでした。
話を聞くと、どうするべきかわかるんです。監督の助けは非常に大きかったですね。
自分自身、演技面で大分進歩したと感じています」
(in-movie)




せっかくがんばったセリフ。
でも、武本人にとっては、決して無駄にはなっていないと思います。
そして、もしも以前出た、やけに詳しい吹き替え話が本当であったとすれば、
声の似た声優たちを選び、まず、録音した本人のセリフをよく聞いてもらい、
その感じを生かしてあてさせた――と、ありました。(記憶では)
セリフについては、本編を実際見ないと何とも言えないから、
私の中では、この問題はお預け。


投票所

BBS  21:30


2004年05月28日(金) 「Lovers 十面埋伏」の武評は?●二重まぶた●北京プレミアの舞台

「Lovers 十面埋伏」の武評は? 1:00

カンヌ映画祭での報道は、日本は問題外として、
中国語圏でも、金城武についての言及が少なかったと感じているのは
私だけではないと思います。
まあ、香港紙は出発よりずっと前からアンディ一色で、
主役じゃないとプロデューサーも本人も言明しているのに、
主演男優賞を狙うなどと書きたてていたぐらいですから、
アンディの演技が褒められたとか、タランティーノがファンだとか、
そういうことばかり。

大陸紙はチャン・ツーイー(監督はここでは別にして)がいかに海外に知られており、
今回また名声をあげたか。
頼みの台湾紙も、中国映画ということもあるだろうし、
台湾映画が参加できなかったというので意気あがらないということもあるし、
しかしそれをのぞいてもアンディ報道の方が多かった。
というより、1番知りたいスクリーンでの武を報道してくれたところはない!
いや、1紙だけありまして、中国時報の張士達記者。
この人はプレミアの日に、外国の映画関係者が武に即刻接触していたと
報じてくれた人でもあります。
きちんと言及したのは、知る限りただ1人。それもこんなに賞賛していて。
つくづく、今回は全体に偏った報道だったなあという印象です。
で、もちろんご紹介しておきたいと思うわけです。
他の部分は既報のものとだぶりますので、この一節だけ。

城武は17日の深夜、「十面埋伏」のために初めてカンヌにやってきた。
「十面埋伏」は、金城武が映画界に入って以来最も大きく飛躍した作品だ。
中国時代衣装姿の美しさ、馬にむちあて疾駆するりりしい姿は人を魅惑する。
百発百中の弓の技も迫力ある。
奔放な遊び人気質から愛情深さへと感情が変化するさまは、
ますます見る者に愛おしさを覚えさせ、
他の2人の主役であるアンディ・ラウとチャン・ツーイーの輝きを
ほとんど奪ってしまわんばかりだ。
(中国時報 2004.5.19)

英文のものでは、これくらいですかね。

Kaneshiro cuts a dashing figure as the easygoing Jin and fills the role with proper physical presence.
(Variety via Yahoo! News)



二重まぶた   9:00

またか〜な整形話ですが、いつもより詳しく説明しているので、一応。

金城武、二重まぶた整形を否定

ハンサムな金城武は、最近「十面埋伏」で時代衣装姿を披露、
多くのファンが、彼は昔の侠客が非常に似合っていると思った。
が、ひそひそとこう言う者もある。
「金城武は二重まぶたの整形をしたんじゃない? 
目が大きくなっただけじゃなくて、鼻もまっすぐになったし……」
金城武本人はこの話を聞いて大笑いし、マネージャーは彼に代わって厳かに否定した。

アイドル路線を歩んでいた四小天王時代の金城武は、奥二重の眼が印象的で、
マンガ「シティーハンター」から抜け出してきた
孟波(香港でマッポー、冴羽獠のこと)のようだと思っている人はとても多い。
いつのころか、金城武の眼は二重になり、
映画の中でクールににらみつける目はいっそう大きく、ドキッとさせるものになった。

マネージャーのヤウ・イージュンによると、
「金城武の性格では整形なんてありえない、写真を撮られることさえ嫌いなんですから」
金城武の奥二重が二重に変わった主な原因は、
年齢を重ねてまぶたの張りが前より緩んだからだろうと、ヤウ・イージュンは言う。
昔、金城武はふざけんぼうで、よくまぶたをいじくって二重にしては、スタッフをびっくりさせていた。
だが、夜間の撮影で疲れたり、徹夜したときには、
自然に二重になってしまっていた。
ヤウ・イージュンがよく覚えているのは、
香港で「天使の涙」の撮影が朝の5時までかかったとき、
金城武が一重に戻そうとしてもどうしてもできなかったことだ。

実際、小さな整形をしている大スターは非常に多い。
ジェッキー・チェンやチャウ・シンチーなどはデビューのときに二重にしている。
しかし金城武はスター扱いされるのがあまり好きでない上に、人に見られるのを嫌う。
これが、マネジャーが、彼の性格では美容整形などしないと話す理由である。
日本の雑誌「CREA」の最新号のインタビューで、
彼は自分を「俳優とは言えない」とまで言っている。
自分はまだ勉強中だと謙虚に考えているからなのだ。
(民生報 2004.05.28)

まぶたをひねってふざけているのは、たしかに、テレビで見た記憶がある……



北京プレミアの舞台 14:00

こんなになるらしい。


投票所

BBS   


2004年05月27日(木) 恥ずかしがりの金城武と3枚の@@@&ダニエル・チャン●香港に新しい「Lovers 十面埋伏」の垂れ幕

彭文淳監督内幕をばらす
金城武は超はずかしがりや
  2:25

大スターの金城武が、実は超級の恥ずかしがりやなのか?
金城武と何本もCMを撮っており、
最近監督した記録映画「歌舞中国」でヒットを飛ばした彭文淳が、
金城武はCMの撮影時になんと3枚もパンツを穿いていたと暴露した。
ずっと金城武の保護係をしてきたマネージャーのヤウ・イージュンも、
珍しく爐Δ舛了勠瓩砲燭畭をついてこう言っている。
「こんなに長いこと演技をしてきているのに、
ベッドシーンとなると、すぐどうにもしようがなくなってしまうんですよ」

チャン・イーモウの「十面埋伏」はカンヌで人々の目を奪い、
金城武とチャン・ツーイーのベッドシーンは映画ファンの話題の焦点となった。
金城武はカンヌでのインタビューの際、恥ずかしかった本音を語った。
チャン・ツーイーとのラブシーンのたびに、
チャン大監督にやってみせてくれと頼んだというのだ!

金城武と携帯のCMをいくつも撮った監督彭文淳は、
「ラーメン機」(エリクソンT18)のCMの撮影時のことを明かした。
金城武が下着のパンツのままで登場し、ズボンを穿きながら、床に転がるシーンがあった。
それで、一番外側に見えるグレーのトランクスを入れて、
彼は3枚のパンツをはいたのだという。「見えて」しまうのを恐れて。

ゆっくり熱くなるタイプの金城武は、彭文淳やスタッフとはよく知り合った間柄だが、
恥ずかしがりは生まれつきのもので、変えるのは難しい。
マネージャーのヤウ・イージュンはこう言っている。
「彼は子どものころから恥ずかしがりで、写真が嫌い。
誰かに見られているとすぐかちかちになってしまう」
ジジ・リョンと「君のいた永遠」を撮り、山本未来と「不夜城」で、
そしてチャン・ツーイーと「十面埋伏」で共演したが、
ヤウ・イージュンによれば、脚本にベッドシーンがあれば、
彼とよくよく話し合っておかなければならない。
「彼はベッドシーンはやらないのではないんです。が、
気まずさや恥ずかしさを克服しなくてはならないから、
どんな動きをするか、1つ1つあらかじめはっきり説明しておいたほうがいい。
彼は他人からいやらしいと言われるのが心配なんです」

金城武になら、Hなことを言われたってかまわないという者がいくら多くても、
生真面目な彼は、うまい汁を吸おうなどとは思わない。
ラブシーンで、監督のカットの声がかかるや、ただちにさっとよけて、
爐任るだけすばやく現場から逃げ出す疂式で、相手役の懐から離れていくのである。
ベッドシーンがこのようなら、ファンに一緒に写真を撮らせてと頼まれた時は、
彼の手足はお行儀よく、よく見えるところにおかれている。
ある大スターは、親しみやすいやり方で、ファンと肩を組んだり、腰を抱いてやったりするが、
こういうことは金城武の場合、まず起こらないといっていいほどだ。
たとえ、女性アシスタントとカメラに収まるときでも、やっぱり眉をひそめて目配せし、
「笑いをとる」ことで、親しみやすさの代わりにする。
では、マネージャーとなら? ヤウ・イージュンは少し考えて答えた。
「この長い間に、彼が写真を一緒に撮るとき、私の肩に手をやったことは1度もないですね」

彭文淳監督は、優れた技術を用いて真実をカメラに写し撮るのに長けている。
「歌舞中国」では、彼は主演者を浦東の88階の高層ビルの屋上に連れて行き、
そこで空をバックにダンスをさせた。
これがビルのオーナーを震え上がらせたので、
二度と軽々しく撮影に貸すことはないだろう。

金城武が恥ずかしがりなため、彭文淳は子豚などの動物を連れてきて、
彼の気を楽にさせたことがある。
おかしかったのは、携帯CMの最後のシーンで子豚が手で持ち上げられ、
びっくりしてなんとおしっこをしてしまったことである。
全身におしっこをひっかけられた金城武は笑うだけで、少しも子豚をおこらなかった。
(民生報 2004.5.26)

ラブシーンを監督にやってみせてと言ったのは、毎回ってことに変わってますね。
新聞記事をご紹介していますけど、こう書いてあったというだけで、けっこう脚色や誤解はあります。
昨日のインタビューでは、記者はドラマでの武を評価していないように見えたけど、
武自身がそう言ったかどうかはわかりません。
記者の主観だと私には思えるんですが。

私は金城武の演技について、何らかの「評価」というものはしません。
ただ楽しむだけです。
けれど、確かに、個人的印象でいえば、
「ラベンダー」「リターナー」「向左走、向右走」は
新しいものを見せてもらったという衝撃度はない。
良くないという意味ではありませんが。
でも、ドラマである「ゴールデンボウル」(そして「二千年の恋」のたくさんの場面でも)では、
ずっと驚きっぱなしでした。
次々と、私の予想を越えた、見たこともない豊かなものを、底なしに見せてくれ、
なんとすごい俳優だろうと、楽しみながら感服していました。
ここ数年、彼は逆にドラマでこそ、いい仕事をしてきたのじゃないかという気さえします。

さて、話変わって、香港のダニエル・チャンの話題が
大陸の新聞晨報に(元ネタは香港紙かも)出ていたのですが、その中の一部分――、

「ダニエル・チャンは、日本のマンガの中の人物にイメージがよく似ているから、
日本で映画テレビの仕事はしやすいはずだ。
ダニエル・チャンは、確かに、これからの自分の道の1つだと思う、
今、自分に合った脚本と監督をあたっているところだ、と言う。
好きな俳優の話になったとき、彼は金城武を素晴らしいと思っており、
関係方面が、2人が新作で共演できるよう、
積極的に間を取り持っているところだと率直に語った」
(2004.5.26)

――ということです。



香港に新しい「Lovers 十面埋伏」の垂れ幕が 8:55

レインボーママさんのお連れ合いが香港で撮ってきてくださいました。m(_ _)m
Clickして、行ってみてください。




投票所

BBS   


2004年05月25日(火) カンヌでの金城武インタビュー(北京青年報)

カンヌで行なわれた金城武のインタビュー。
インタビュアーは、チャン・イーモウとも古い知り合いで、
一緒にカンヌに行った北京青年報の記者だと思います。

金城武独占インタビュー
チャン・ツーイーとの濃厚なラブシーンは多すぎ


金城武は大変不思議な俳優である。
彼は絶対に美形であり、多くの人のアイドルだが、
彼をいわゆるアイドルスターの列に入れる者はない。
彼は女性に大人気だが、彼を眼のかたきにして嫌っている
男の話は聞いたことがない。
それどころかたくさんの男性ファンに支持されている。

彼はCMで見出され、朱延平のコメディーの主役を務めた。
そのころは、俳優として使われていたとは言えない。
ウォン・カーウァイと出会い、「恋する惑星」に出演すると、
その名を覚えてもらえるようになった。
そして、パトリック・ヤウが彼を本物の演技派俳優にした。
「パラダイス!」は無数の人を感動させたのである。
リー・チーガイの「不夜城」に至って、
金城武のまばゆい光は全アジアに届くようになる。
惜しいことに彼はその後、日本のドラマスターとなり、
人気は衰えないものの、演技の方は停滞した。
かくして、チャン・イーモウの「十面埋伏」は、
金城武を復活させることができるであろうか?

自身を語る

「ぼくは違う役柄を演じたいと思っています。
『十面埋伏』の撮影中、この役を通して自分は変わることができるだろうかと、
ずっと考えていました。
でも、演じるときには、意識的に変えようとしていたわけではありません。
すべて、チャン・イーモウの指導の通りにやりました。
撮影のたび、彼がこうと言えば、すべてその通りに演じたんです。

この映画はぼくにとって初めての正統派といえるアクション映画でしたから、
難度の高いアクションはとても難しかったです。
これまで訓練を受けていないので、大体毎日怪我をしていたし、
落馬することにも慣れてしまいましたよ」

金城武のこの話から、彼もまた自分の演技を忘れられることを
よしとしていなかったのがうかがえる。
彼自身、ドラマから脱皮することを望んでいたのである。
そのため、彼は自分に言い聞かせた。
チャン・イーモウのもとで真剣に演技することでしか、
観客に生まれ変わった金城武を見せることはできないのだと。

監督を語る

「十面埋伏」で、金城武はチャン・ツーイーと
多くの激しいラブシーンを演じている。
それで、記者は「なかなかおいしかったね」とからかった。
これを聞いて、彼も笑い出し、手を振って言った。
「ほんとのところ、濃厚なラブシーンのときはプレッシャーが大きくて。
どうしてこんなにラブシーンが多いんだって思ったぐらいですよ。
恥ずかしかった。
でも、自分でこう繰り返して――すべてチャン・イーモウの言う通りに、
彼がこうしろと言ったらそうするんだと。
それでもあるとき、彼に冗談で、自分でお手本を見せてくださいよと言ったんです。
そうしたら、チャン・イーモウは顔を真っ赤にしちゃった。
はにかみやなんです。彼のこと、大好きです」

金城武は、チャン・イーモウには敬服していると何度も言った。
『十面埋伏』の撮影が始まる前、彼は自分が
チャン・イーモウのめがねにかなうなどとは、思ったこともなかった。
チャン・イーモウがオファーしてきたときは、聞き間違いかと思った。
後で本当に彼と仕事ができるのだとわかって、何度も感嘆してため息をついた。
「本当にびっくりしてしまったんです。神様にひいきされてるんですよね!
ね、チャン・イーモウは、ぼくが前には思いもつかなかったことを
体験させてくれるんですよ。
頭の回転がすごく速い。とても敬服しています」

「今、香港や台湾の芸能人はみんな日本に進出しています。
ぼくの日本での仕事はずっと順調でした。
日本語を勉強しなくてよかったから。
父が日本人で、子どものころから日本人学校に通っていたので、
日本で仕事することは当たり前のことでもあったんです。

なぜ、ずっと順調で来られたのか、自分でもわかりません。
思うんですけど、ぼくは実際何の努力もしていないのに、今、ここまで来られた。
どんな映画に出て有名になろうとか考えられなかったのに、
何人ものすぐれた監督がぼくに声をかけてくれた。
そして今度も、チャン・イーモウのような大監督がぼくにオファーをくれるなんて、
全くわからなくて、すごく驚いたんです。
香港で仕事をするようになってから、
アイドル俳優になった後は、ずっと順調でした。
これは神様がぼくのことをひいきしてくれてるのかもしれないと思うんです」

インタビューメモ

金城武を取材中、絶えずだれかが彼にサインとツーショットを求めてきた。
その中には外国人記者もいた。
金城武は自分のことを、非常に幸運な人間だと言うが、
彼が順調にこられた理由は、
彼が目上の言うことをよく聞く人間だということに、
関係があるかもしれないと思う。
質問中、わからないことにぶつかると、
彼はたいていその2つのきらきらした目で私をじっと見て、
それからマネージャーの方を見て助けを求める。
マネージャーがうなずくと、彼はまたその質問にどう答えようかと
考え続けるのだった。(青年報特派員 張海穎 カンヌ発) 
(青年報 2004.5.24)


投票所

BBS   9:35


2004年05月23日(日) カンヌ小ネタ



カンヌ騒動も一段落。
こぼれたエピソードを少し拾って――

城武は「十面埋伏」チームの内で、一番早くカンヌに到着した。
この作品を重視しているのがわかる。
アンディほど大勢のファンがホテルの前で待ち構えて出迎えるということはないが、
アジアのマスコミの合同取材のときには牋貳嵜裕き瓩世辰拭
少なからぬ女性記者が、取材に駆けつけながら
質問のチャンスをほったらかしにして、シャッターを切り続けていた。
このきれいな中日ハーフの男をカメラに収め、パソコンの壁紙にするのだろう。
金城武も非常に協力的で、スタッフがさえぎろうとするのを見て、
「かまいませんよ、撮らせてあげて」と何度も言っていた。
インタビューがすむや、今度はサインと彼とのツーショットを求める者もいた。
(新京報 2004.5.20)

スタンディング・オベーション、20分、ちゃんと計った!と言う
大陸の新聞から、そのときの様子。↓

映が終わると、真っ暗な劇場に一変して燦爛たる灯光が輝いた。
観衆は総立ちになり、雷鳴のような拍手が20分あまりも続いた。
私はずっと携帯に表示した時計を見ながら、
心ではひそかに歓声を送りつつ、時間を計っていた。

観客がチャン・イーモウ、チャン・ツーイー、アンディ・ラウ、金城武の名を
大声で呼び続けていたとき、
私はチャン・ツーイーが泣いているのがはっきり見えた。
初めてカンヌの赤じゅうたんを踏んだ金城武とアンディ・ラウの2人は、
異国でのこのような場面に驚いて呆然としていた。
2人は自分達の気持ちをどう表現したらよいかわからず、
ただその場に立ったまま、周りを取り囲んだ観客席に向かって
何度もお辞儀をしていた。
(青年時報 2004.5.21)

日本語の質問をされたときのこと。
おどけた顔をしてるアンディさんもおかしかった。
これも大陸新聞。↓

城武さんはウォン・カーウァイ監督とチャン・イーモウ監督の
お2人と仕事をなさっていますが、どこが違うと思いますか?」
1人の日本人記者の質問が、記者会見の司会者をおろおろさせた。
「十面埋伏」チームが頼んでいた通訳は英語、フランス語、中国語に精通していたが、
この日本語での質問だけは、会場の記者たちに通訳できなかった。
その結果、金城武が臨時のゲスト通訳になるはめになった。
彼は何度も口を開きかけては閉じを繰り返したが、
それはどの言葉でこの質問に答えたらよいか、わからなかったからだ。

初めてカンヌに登場した香港の大スターアンディ・ラウの、
錦の中国服のいでたちは人の目を喜ばせたが、
欧米の記者たちはこの中国語圏のスーパースターのことをほとんど知らなかった。
暇なのを幸い、アンディは少しも機嫌を損ねることなく、
席に着いたままおかしなポーズをとっては、
会場の香港の記者に写真を撮らせてやっていた。
(新京報 2004.5.21)


投票所

BBS   15:40


2004年05月22日(土) 「Lovers 十面埋伏」監督と俳優達へのインタビュー(毎日新報)と、吹き替えについて

写、そして公式上映があった後の報道は、ネタバレ前提ですから、
こちらは地雷踏みまくり。
それでも、外国語で読んで日本語に直さなかった文章は、
なぜか忘れやすいので、
できるだけ記憶から薄れるままにさせています。

プレミアの翌日、大陸の毎日新報記者が、監督と主演4人に
単独インタビューした記事がありました。
映画を見てから読むと面白い記事だと思いますが、
なかから例の、声の吹き替えについての監督自身の言葉、
そして武への質問と回答の部分だけ抜き出してみました。

ところで、記者会見で日本語で質問された件、ご近所で、
台湾のニュースで放映されたものを見せていただきましたが、
「何語で話したらよいか」に至るまでの経過がおかしくてしょうがなかったです。
当惑した武と通訳、大会のスタッフ(多分)の様子が爆笑を誘います。

このことが、今日あちらの新聞でも報道されていましたが、
中に、武がどうしたらよいか迷って、口を開きかけては黙るのを繰り返し、
結局北京語で話したのを、大陸のある新聞が、
金城武は長く日本にいても、日本語の程度は水準まで行っていない、
と誤解して書いていたのがありました。
他の新聞はちゃんと理解していたよ、毎日新報さん、ということですが、
この記事は大丈夫ですよね。

華仔(アンディ)と城武、映画では声を失う

新報 映画では、金城武とアンディ・ラウは
自分でアフレコをしていませんが、それはどんな判断からですか?

チャン・イーモウ 「グリーン・デスティニー」で、
チョウ・ユンファとミシェール・ヨーは普通話(北京語)を上手に話すため、
3ヶ月特訓をしました。しかし、結果はよくなかった。
言葉というのは、短時間でマスターできるものではないからです。
「グリーン・デスティニー」を見ていて、少なからぬ観客が笑ってしまい、
映画に入り込むことができませんでした。
私は自分の映画がそういうふうになってほしくない。
私は2人の声を、ただ全部削除したのでなく、いいところは残しました。
実は、「英雄」でもこのやり方をしています。

金城武が最も惹かれたのはチャン・イーモウ

新報 ウクライナの撮影で怪我をしたと聞きましたが。

金城武 はい、そうです。「十面埋伏」はぼくにとって初めての武侠映画で、
初めての時代劇でもありました。
アクションシーンで小さな怪我をするのは避けられません。

新報 撮影が非常に大変なこの映画の、
あなたはどこに惹かれてやることにしたのですか。

金城武 一番引かれたのは、チャン・イーモウにです。
ぼくは彼の映画がずっと好きでした。
特に「あの子をさがして」のような真実味のある作品が。
彼から「十面埋伏」へのオファーがあったのは、
ぼくがまだ「向左走、向右走」を撮っていたときのことでした。
そのことを聞いて、すごく心配でした。
なぜかというと、映画の背景が唐代で、俳優はセリフもアクションも、
当時の特徴を出してやらなければならないからです。
実際、ぼくはそれがつかみきれなかったことが時々ありました。

新報 チャン・ツーイーとの共演は楽しく出来ましたか。

金城武 彼女は非常に努力家の俳優です。
ぼくはシーンが終われば、やっと終わった、とほっとしてしまいます。
でも、彼女は違う。いつも監督に、もう1度やらせてほしいと頼むんです。
ほとんどいつも、自分の演技に満足しない。実はすごくいいのに。

新報 ラストの激しいラブシーンですが、
チャン・ツーイーはちっとも気まずくなんかなかったと言いましたが、
あなたは?
(チャン・ツーイーは、「撮影に入る前に、みんなで十分準備して、
動きの1つ1つを相談するから、スムーズにできて、1回でOKだった」
と答えている)

金城武 ぼくは、ちょっとありましたよ。
あのとき、まだああいう感覚が理解できていなかったんです。
で、また監督に助けを求めたら、監督はこう言いました。
「今回は、助けてやれないな」(笑)って。
(毎日新報 2004.5.21)


き替えについてですが、今の時点での私の気持ちは
「仕方ない」です。
初めて、吹き替えだというニュースを読んだときは、ショックでしたよ。
ちょっと心配していたから。
それが二転、三転して、やはり吹き替えだということに落ち着いた今、
理屈の上ではその必要性はわかるので、受け入れるしかないと思ってます。

「グリーン・デスティニー」の件は、読んだことがあります。
それから「向左走、向右走」でも、ジジ・リョンが北京語版のアフレコを
自分自身でやって、特に大陸ではすごく評判が悪かった。
中国の古い詩を読むシーンがあるのですけど、笑ってしまうんだそうです。
台湾でも、おかしいと言われてました。

ジジの発音なんかは、私にはわかりませんが、
大陸と台湾の発音が違うのは、私にですら歴然としているので、
同じ北京語なのに――といっても、実はそう簡単ではない。
ことに時代劇ですから、違和感はかなり出てくるのでは?
日本語の場合で考えれば、監督の判断も理解しやすいのではないでしょうか。

じゃあ、中国人向けと、それ以外のと作ればいいといっても、
それも簡単ではないと思う。
だって、香港人のアンディと武の北京語にも差があるはず。
台湾では武はOKだが、アンディは違和感が残るかもしれない。
すると武は元の声で、アンディは吹き替えということになる。
香港では、2人とも自分の声。
これだけで3つの版が必要になってしまいます。

中国語圏でないところは香港と同じにすればよいかというと、
中国人は世界中に散らばっています。
中国語映画が欧米で公開されたとして、普通はお得意さんは
華僑の人たちじゃないでしょうか。
そうなると、どう使い分けていいのか。
費用のことを考えなくても、相当複雑な事態になりそうです。

それにまた、声が違ったら演技に価値がないとなったら、
日本人が中国映画に出演することも不可になってしまう。

残念ですよ〜、とっても! 望みを持っていたし。
だけど、「仕方がない」。
ここは、監督が、言葉の問題は承知しながら、それでも武を望んでくれた、
そして、大陸の記者たちにはなまりが残っていると文句を言われながら、
少しでも本人たちに近づけるよう、声を部分的にでも残してくれたことに
感謝しようと思うんです。


投票所

BBS   2:00


2004年05月21日(金) 「Lovers 十面埋伏」プレミアの夜

クライマックスは過ぎましたが、ニュースの方は、
なお次々と上がってきています。
プレミアについては、時間がないので、とりあえず短い中国時報のものを。
それにアンディが良かったとか、タランティーノがパーティーで
アンディにこう言ったとかのアンディについての記事が多く、
武の細かい情報がすごく少ないのです。
アンディももちろん良かったのでしょうが、パーティーでの出来事は
中国の報道陣は入れなかったので、アンディサイドの広報も上手なのかな。
香港のマスコミは前からアンディ重視ですし。
なので、武のことがもう少し書いてあるこの記事にしました。

初めてカンヌのレッド・カーペットを踏み、
アンディラウは「少し緊張した」、金城武は「とても幸せ」


チャン・イーモウ監督「十面埋伏」は19日の夜、カンヌで世界プレミアを行なった。
上映が終了するや、満場の熱烈な拍手は10分間に及び、
正装で出席のアンディ・ラウ、金城武、チャン・ツーイー全員に
熱い反響が送られた。
その上、金城武は直ちに欧米の製作会社からの積極的な質問を受け、
今後、一緒に仕事をする機会を探って相談は早くも開始された。

「十面埋伏」の3人の主役はいずれも、映画を見るのは観客と一緒の、
このプレミアの夜が最初だった。だから心中の感動と期待は想像がつく。
おまけにアンディ・ラウと金城武は、カンヌのレッド・カーペットも初体験だ。
アンディ「少し緊張しています」
ベルサーチの礼服に身を包んだ金城武は嬉しそうに「とても幸せです」
審査委員長のクエンティン・タランティーノさえ、鑑賞後、大変興奮して、
パーティーでは、チャン・イーモウ監督や出演者達を
次々につかまえては論を闘わせていた。(後略)
(中国時報 2004.5.21)

上述の金城武のプレミアの衣装ですが、民生報によると、
ベルサーチの方から提供の話があって、
ミラノから最新の型のものを送ってきたそうです。


投票所

BBS   10:20


2004年05月20日(木) 「Lovers 十面埋伏」正式上映●19日のニュースから●「十面埋伏」十の質問

とりあえず写真が出てます! 0:00

←Click!

カンヌ現地時間5月19日、チャン・イーモウ監督の「十面埋伏」が
第57回映画祭に正式にお目見えした。
チャン・イーモウは主役のチャン・ツーイー、アンディ・ラウ、金城武を伴ってそろって登場、
世界中のマスコミがびっしりと集まってカメラを向けた。
(新浪娯楽 2004.5.19)



19日のニュースから

金城武とアンディ、カンヌでは一兵卒
欧米での名声はチャン・ツーイーより下
2:31

素敵な金城武は、香港・台湾・日本では、何かすればすぐ、大勢のファンにとりかこまれる。
が、カンヌに来てさびしい思いを味わった。
フランスでの知名度は、「グリーン・デスティニー」で人気爆発した
チャン・ツーイーを明らかに下回っている。
「十面埋伏」は彼が国際映画祭に進出する初めての機会なのだ。
同じ映画に出ているアンディ・ラウも、それから少し遅れてニース空港に着いたが、
いつになく楽々と税関を抜け、ファンに囲まれることもなかった。
彼のヨーロッパ映画界での知名度は金城武と同じようなもので、これからが期待される。

金城武は日本から空路やってきた。時差の関係で疲れた表情だ。
フランスではあまり知られていないので、めったになく、のんびりと空港を出た。
ただ中国・香港・台湾三地のマスコミだけが取材に集まってきただけだった。
普段はひどく内気な金城武だが、このときはすぐに輝くような笑顔を見せた。

ニース空港からカンヌのホテルに向かう途中、
金城武は、まるで好奇心の強い子どものように、絶えずきょろきょろしていた。
彼はまだ完成した「十面埋伏」を見ておらず、一刻も早く見たがっている。
22日には日本に帰るが、カンヌ滞在中の20日に、
ちょうどウォン・カーウァイの「2046」のプレミアが行なわれる。
金城武はかつてカーウァイの「恋する惑星」に出演している。
師を訪れて、二人の「不和」の噂を一掃するつもりはないかと聞くと、
マネジャーのヤウ・イージュンが代わって
「金城武の日程はいっぱいだから、状況を見て」と答えた。

(中略)ソニーが「十面埋伏」のアメリカでの版権を購入し、
「グリーン・デスティニー」にならって、大がかりな宣伝での上映の準備を進めている。
それによって金城武とアンディ・ラウが、欧米での知名度を高める望みもある。
金城武とフランスのスター、ジャン・レノが共演したゲーム「鬼武者」は、
まもなく映画版の製作が開始されるが、
映画会社は映画祭会場の向かいにあるホテルの入口に大きなポスターを張り出し、
金城武の顔を高々と掲げた。「十面埋伏」のポスターよりもっと目立つ位置だ。
(台湾りんご日報)


金城武,、「2046」の受賞を願う 3:05

金城武はカンヌ時間17日夜12時に,、ニースに到着した。
彼は空港やホテルで自分から立ち止まり、中国、香港・台湾のマスコミの撮影を受けた。
満面の笑顔が大スターの魅力を放っていた。

カンヌは毎晩音楽が響き、あちこちでパーティの音楽が聞こえる。
道中、彼は好奇心の強い子どものようにきょろきょろと見回し、
見るもの全てが新鮮であるようだった。
それでも部屋に入るや、すぐ入浴をすませ、寝る準備にかかった。
彼は日本から来たため、昼夜が時差で逆転しているので、
早く体力を整えて、ずらりと待ち構えている仕事に備えなければならないからだ。

金城武は30数本の映画に出ているが、
この「十面埋伏」が招待作品になったことで、初めてカンヌを訪れることになった。
「十面埋伏」はコンペには参加していないから、
彼は「2046」が受賞して欲しいと、心の内を明かした。
彼はかつてウォン・カーウァイと「恋する惑星」「天使の涙」で仕事をしている。
時間さえ許せば、ぜひ「2046」のプレミアに出席したい、
またいつか赤じゅうたんで、ウォン・カーウァイと喜びを分かち合う機会を
心待ちにしていると語った。

「十面埋伏」は、彼にとっては「初めて」尽くしだった。
初めての中国時代劇衣装、初めての上半身をあらわにした
チャン・ツーイーとの野外でのラブシーン、
初めて弓を射、馬を駆っての大量のアクションシーン。
この映画の撮影は半年の長きにわたったが、
金城武はそれに先立って、3カ月間の武術訓練も受けている。
まだ映画を見ておらず、マスコミ向け試写での評価を非常に知りたがっていた。

「十面埋伏」出演の前から、彼はわざわざ髪を伸ばしていた。
映画の中で、三角関係からアンディ・ラウと決闘をする。
髪を振り乱し、全身で戦うが、それは自分自身の髪だからである。
が、彼は長髪に飽きてしまい、最近すっかり短い髪になって現われた。(後略)
(自由時報電子新聞網)


金城武、動物の猛々しさ 3:45

金城武は、ずっとチャン・イーモウ映画の、あの非常に純粋な感情を好んできた。
「十面埋伏」の物語もその通りで、
登場人物は愛のために一切を投げ打つことができる、
単純であれはあるほど良いと彼は考えている。
しかし、撮影の過程では、感情は大変単純だが、演技は非常に難しかった。
彼は冗談めかして、
「チャン・イーモウがクランクイン前に僕に言ったんです。
四方八方を取り囲まれた危急の状態では、
男女の間に切迫した感情反応が生まれるものだって。
彼は、いわゆる動物学まで持ち出すんですよ」と言う。

また、「初めの1分間では仕事の目をしていなければならない
(チャン・ツーイーの身辺での彼の任務は、スパイのように潜入することだから)、
次の1分では愛しむ目に替えなくちゃならない」

彼はどうリズムをつかんでよいかわからなかった。
チャン・イーモウにたずねると、チャン・イーモウはこう答えた。
「わからなくてよい、かまわずにやりなさい」
金城武は、初めてチャン・イーモウと仕事をした感じは
ウォン・カーウァイと似ていると思った。
(新聞晨報から抜書き)



「十面埋伏」十の質問  23:50

新聞晨報の記者が10の質問を立て、
それに対する監督と主演の3人の答えで構成しています。
その内から抜粋して。

「十面埋伏」十の質問より

2 金城武は十分美しいか 答え Yes

実は、商業映画にとっては、その意義は視覚面にある場合が多い。
この映画での金城武の、右手で刀を遣い、左手で弓を引く姿は、美男の面目躍如である。
だが、映画の中でかっこよくあるためには、彼は少なからぬ犠牲を払った。

彼の話では、日本で「リターナー」を撮影していた時は、
アクションの難度は大分低かった。
同じアクション映画ではあるが、「リターナー」は大量のVFXを使用しているのだ。
「十面埋伏」の撮影中、アクション監督のチン・シウトンは
爛螢▲襪吻甕薺擦任覆韻譴个覆蕕覆い閥調した。
だからウクライナでは、金城武は毎朝起きるとトレーニングをし、
今日は、チン・シウトンはどんな高い難度のアクションを要求してくるのだろうと
考えるのだった。

記者が、彼の映画での弓を射る様子の素晴らしいかっこよさにお世辞を言ったところ、
彼は反対に記者をわらって言った。
「どうして? 弓を射れば、誰だってああいう格好になるんじゃないんですか?」
そして「本当は弓の練習は、動作はとても簡単で、理解すればそれでできるんです。
でも刀を扱えるようになるには1ヶ月くらいかかる。
撮影中はしょっちゅう怪我をしていた他に、落馬までしたんですよ」

5 唐代のせりふはうまく行ったか 答え No

せりふは、カンヌで映画を見た記者たちが一番失望した部分だった。
チャン・イーモウは、なんと、類似のテレビドラマ「三国演義」のような
半分文語交じりの、口語ではないせりふを採用していたのである。
また、香港台湾なまりがやはり目立っていた。

もともと、金城武、アンディ・ラウのような香港台湾の人間が普通話を話すことだけで
既に無理があるのに、その上文語まじりのせりふをしゃべらせるのだ。
金城武自身も、この点を明らかに心配していた。彼は言った。
「この人物(彼が扮した捕吏)は大分誇張した話し方をする。
ぼくはただ頑張ってやるしかなかったが、実際上手く行かないので、
監督に、試し言ってみせてくださいと頼みました」

チャン・イーモウ自身、言葉の問題についてはやはり納得がいっていなかった。
彼は、「映画の人物は実はすでに元々の声ではなく、処理をほどこしてある。
例えば6文字のせりふなら、よく似た声で3文字を吹き替えするというように、
できるだけ元に近いようにした」と語った。
しかし、彼は、言葉は問題ではなく、道具に過ぎないと考えている。

7 画面は美しいか 答え Yes

イーモウの映像処理については、記者は観客は絶対安心できると思っている。
映画の中で、牡丹坊、花の野、さらに雪景色のいずれもが
一見の価値があるのは言うまでもない。

しかし花の野と雪景色については、俳優達が明かしたところによると、
実は狹畦き瓩世辰燭箸いΑ
チャン・ツーイーは、監督はウクライナの草原に様々な色の花を植えていたのだが、
天候のせいで、高い金で購入した花が十分育たなかったのだと言う。
しかし監督は長いことためらった後、やはり撮影をすると決定を下した。
チャン・ツーイーはこのことについてこう考えを述べた。
「私は、監督として重要な素質の1つが決断能力だと思っています。
ものごとが計画通りに行かなかったようなとき、
はっきりと断を下さなければならないんです」
映画を見て、記者は、あの素朴できれいな野の花はとても自然で、
生き生きしているのに気がついた。

雪景色については、金城武の表現法で説明できるだろう。
彼はこう表現した。
「ぼくは、あんな雪を見たことがありません。
昨日は草原だったのに、次の日起きてみたら空から地面からすっかり白くなっていました。
ぼくたちが雪が融けるのを待つ態勢に入っていたら、
チャン・イーモウは撮影を続けると言ったんです。
後になってみると、脚本があらかじめ予定していたのではなかったけれども、
降雪が映画にたくさんの色を付け加えたんだなと思いました」

8 狷以の愛瓩麓然か? 答え No

映画の中の金城武とチャン・ツーイーの,、3日間の逃亡生活で生まれた愛は、
ごく自然なものだとチャン・イーモウは考える。
「時には、たった3日間で不動の愛が生まれることもありうるし、
たとえ30年一緒にいても必ずしも強いつながりができるわけでもない。
愛はこの世で最も不合理なものであり、最もコントロールできないものだ」

だが実際、その通りなのだろうか? 
金城武は、そのような愛は経験したことがないので、全て監督の言うとおりにして、
チャン・イーモウ教える犁臙呂亡戮辰燭箸、動物の雄と雌は互いに惹きつけ合う瓩
表現してみようとすることしかできなかったが、
どうやっていいかわからないことが、しょっちゅうだったと話す。

「特に映画の後半が、理解がとても難しかった」
雪のシーンで、金城武はチャン・ツーイーと激しいラブシーンを演じなければならなかった。
しかし、チャン・イーモウがどう言おうと、どうも気まずく、感覚がつかめない。
そこで彼は言葉の問題で教えを請うたのと同じように、チャン・イーモウに向かって、
「ちょっとお手本を見せて下さい」と頼んで、
チャン・イーモウを顔を真っ赤にさせてしまった。

チャン・イーモウはこの作品に猝鄂喚瓩鯊しているのか 答え No
 
金城武が見るチャン・イーモウは、映画のことしか考えない人間である。「一番におき、最後に眠る。
ぼくは映画にこんなに夢中な人を見たことがありません。
もし、彼と雑談したとしたら、彼が映画的思考法でものを考えるので、
自分の頭に映画の画面が見えてくるのがわかるでしょう」

この映画のためにこんなにも心を砕くのは、何らかの野心があるからだろうか? 
だが、映画を見ると、「英雄」と実は狒仍勠瓩里ょうだいであり、
アン・リーの暗喩に満ちた「グリーン・デスティニー」と比べることはできない。
チャン・イーモウ自身は「十面埋伏」についても同様に控えめに、
映画の娯楽性(耳目を楽しませること)を強調する。彼はあくまでこう言う。
「このタイプの映画は、3分間のクライマックスを創り出さなくてはならない。
多分最終的に記憶に残るのは1つのシーンだけだ。
ちょうど「グリーン・デスティニー」の「竹林の追跡」のように。
だが、この3分間は観客がこれまで見たことのないものであれば、それで十分だ」
(新聞晨報 2004.5.20)


投票所

BBS   


2004年05月19日(水) カンヌでの金城武

カンヌでの金城武 10:00

一昨日の到着と昨日の午後の記者会見、たくさん記事が出ていますね。
とりあえず、民生報のニュースを。
会見の様子も楽しそう! なんだかホッとして。



これはおすまし

金城武、東京からカンヌへ
初めての国際一流映画祭に


30歳を過ぎ、30の映画に出演している金城武が、
生まれて初めてカンヌ映画祭にやってきた。
東京との時差のせいで、昨日深夜に到着した彼は、
沿道のカンヌの風景を見ながら眠たくて仕方なかったが、
それも自分とジャン・レノがキャラクターを務めた「鬼武者」の看板を見るまで。
自分の顔を、それもカンヌの大通りに見つけて、眠気がすっ飛んでしまった。
今回のカンヌ行きは、「十面埋伏」のプロモーションでびっしりだ。
以前ウォン・カーウァイの「恋する惑星」に出演した彼は、
もちろん「2046」を見たいと思っている。

金城武はまだ「十面埋伏」を見ておらず、
19日の正式プレミアまで待たなくてはならない。
初めての武侠時代劇、初めてのアクション、
初めての上半身露わのラブシーンだが、彼はとても期待している。
ラブシーンは大変難しく、よく知った相手であろうとなかろうと、
非常にバツが悪いそうだ。
自身の恋愛については、「無理をしない、縁だから」と答えた。

髪を短く切った彼だが、
「ウクライナの撮影に行く前、日本で剣と武術の特訓を受けました。
またそのために髪を伸ばしていました。
映画の中の長髪は、ぼく自身のものです」。
ウクライナの撮影で落馬して怪我をしたが、金城武はこう言う。
「一番申し訳なかったのは、もう少しで剣でアンディを
刺してしまうところだったことですよ。
ぼくとアンディ・ラウとの、あの決戦のシーンは、すごく激しい闘いで、
アンディがぼくの刀を防ぐのが、わずかに遅れた。
ぼくは死ぬほどびっくりして、彼に大丈夫ですか〜!って、
何度も何度も聞いてしまいました」
彼は、アンディ・ラウの演技にはかなわないと、謙虚に言った。
「アンディは最高です!」

まだ映画を見ていない金城武は、マスコミから、
映画での彼は非常にきれいで、前半、世を斜めに見て人の心をたぶらかす
色好みの男の演技が大変良かったと聞かされた。
アフレコについては、「ぼくたちは現場で同時録音したんですよ」と答えた。
チャン・イーモウは映画を撮り終えて、金城武が落馬して負傷してもなお
撮影を続けた、仕事へのがんばりを絶賛している。
「チャン・ツーイーとウクライナでりんごを摘んだりチョコレートを食べたり、
アンディ・ラウとは励まし合って演技をし、
チャン・イーモウ監督は尊敬する監督でした。
今回一緒に仕事をするチャンスを得たことをとても貴重だと思っていますし、
収穫も大変大きかったです」と金城武は語った。

カンヌに来る前、彼はすでに東京で「十面埋伏」のための雑誌広告を撮影している。
カンヌの赤じゅうたんを踏むときの衣装とスタイリングは
すべて日本側の提供で準備された。
カンヌの後は再び東京に戻って、「十面埋伏」の広告を撮影する。
(民生報 2004.5.19)


ここ

投票所

BBS   


2004年05月18日(火) カンヌ・ニュース/報道関係者対象の上映●カンヌに着いた金城武

報道関係者対象の上映行なわれる 14:00

チャン・ツーイー、肩と背をあらわに  

(前略)「十面埋伏」は,
4年前「グリーン・デスティにー」が初めて上映されたのと同じ上映室で、
報道関係者を対象の最初の上映を行った。
たとえ、各国の記者達にとって武侠映画というものが
4年前肝をつぶしたほどの驚きは既に無いとはいえ、
やはり上映中には拍手が湧き、チャン・ツーイーの絶妙な舞い、
金城武の道楽者の優しさ、アンディ・ラウのがらりと態度を翻す冷酷さ、
そして竹林でのたぐいない素晴らしい対決に驚きの叫びが相次いだ。

チャン・ツーイーは早くも、映画プロモーション開始の2日前にカンヌに到着した。
2000年の「グリーン・デスティニー」、2003年の「紫胡蝶」に続く、
3度目のカンヌ訪問である。
チャン・ツーイーはその頃のニューフェイスから、
各国の大手マスコミが注目する国際的スターに変身した。

監督のチャン・イーモウは、かつてコン・リーをスクリーンの女神に育てた後、
今回、「十面埋伏」でチャン・ツーイーに演じさせた盲目の女侠を、
さながら天女のように撮っている。
ともすると肩や背が露わになり、
東洋西洋にかかわらず、すべての観客はその美しさに惑うだろう。
少なくともスクリーン上では、以前の垢抜けなさは姿を消した。
さてその次は、スター・ブールヴァードでの彼女が控えている。

アンディ・ラウの捕吏は英気を強く感じさせる。
力強くたくましく、愛に苦しみながら愛を得られぬ人物を表現する。
金城武は愛の道楽者を演じてすっきりと美しく、
最後の感情の変化は熱い涙を誘う。
金城武にはまた、チャン・ツーイーと歌を歌うシーンがあるが、
非常に新鮮な効果を生んでいる。
映画の最後に、字幕でアニタ・ムイへのオマージュが示され、
会場の拍手を呼んでいた。

金城武はカンヌ時間17日の深夜、カンヌに到着、
1晩と半日休んだだけで、2日目の午後から各国のマスコミの集中的取材が始まる。
アンディ・ラウはもっと慌しく、
おそらく「十面埋伏」出演者の中では、一番最後に到着する事になるだろう。
(自由新聞報 2004.5.17)


カンヌに着いた金城武 23:55

BBSでたくさんのお知らせありがとうございます!
やっぱり嬉しいからこちらに写真貼っときますね。
(左はマネジャーさん?)



記事はこれです。

金城武、風雅な捕吏
カンヌに向けて神技の矢を射る
23:30

金城武、カンヌに到着、非常に興奮
映画スターの金城武は今日の深夜、ロンドン経由でカンヌに到着した。
これが彼にとって初めてのカンヌ映画祭出席になる。
飛行機による長旅で疲れ切っていたにもかかわらず、
興奮の色は隠せず、
カンヌ映画祭に参加できる機会を得たことを非常に喜んでおり、
「十面埋伏」を一刻も早く見たいと語った。

金城武はデビューして何年も経っており、
台湾・香港・日本では早くから大スターとなっているが、
アン・リー監督「グリーン・デスティニー」への出演を逃したことで、
チャン・イーモウ監督の新作武侠映画「十面埋伏」によって、
今、ようやくカンヌに進出する機会を得ることになった。
彼はこの盛大な祭典に参加できる機会を大変大切に思い、
他の仕事をすべて都合をつけて、わざわざやってきたものである。

金城武は映画の中で、ある風流洒脱な捕吏を演じている。
思いもかけず、細心にしくまれた計略にはまり、
またヒロインのチャン・ツーイーに思いがけない本当の愛を見つける。
だが、最後には意外な結末が待っていた。

彼はこの役が大変好きだという。
スマートで美しい姿かたち、剣も拳法も一流のうえ、
百発百中の弓の名手でもあって、
全体的な感じは「ロード・オブ・ザ・リング」の
オーランド・ブルームに負けていない。
だから「十面埋伏」は金城武にとって、プラスの効果を確実に持っている。
この東洋の美男子は、ひょっとしたらこの映画によって
欧米での人気を獲得するかもしれないのだ。
(聯合晩報 2004.5.18)

もう1つ、台湾のTVBSにも(KIMIKOさん情報)。テレビで報道されたんですね。
記事と写真です。

金城武、「十面埋伏」のためにカンヌに到着



チャン・イーモウ監督の映画「十面埋伏」は、
今年のカンヌ映画祭の正式招待作品となりました。
主演男優の金城武も、今日カンヌに到着。
カンヌからの最新映像をごらんください。

記者「今回カンヌに来た感想は?」
武「とてもうれしいですね!」
記者「映画をごらんになりましたか?」
武「まだ…まだです…もう、すごく見たいです!」

金城武はカジュアルな服装でカンヌに現われるや、
すぐに大勢のマスコミに囲まれました。
「十面埋伏」で金城武は捕吏を演じています。
非常に美しく、チャン・ツーイーとの目を奪うあでやかな共演もあり、
多くの映画ファンの期待が寄せられています。
金城武の他、監督のチャン・イーモウ、その他の主演者アンディ・ラウ、
チャン・ツーイーらも次々とカンヌに到着します。
今年はこの作品の他にウォン・カーウァイの「2046」も
多数の中国・香港・日本の大スターが出演しており、
それもあって、今年のカンヌ映画祭は、
中・港・台の両岸三地の注目をいっそう集めているのです。
(TVBS新聞 2004.5.18)


投票所

BBS


2004年05月17日(月) 「Lovers 十面埋伏」新ポスター!●カンヌ関係ニュースいろいろ

記事もありますが、仕事中じゃ〜〜
とりあえず、画像はこちらに。


「十面埋伏」明日、全面進攻 22:30

カンヌ映画祭は12日に開幕して以来、
次々とハリウッドスターの美の競演が続いているが、
お次は代わって中国のスター達の登場だ。
明日、「十面埋伏」の主演男女優、チャン・ツーイーと金城武がまず到着、
明後日、アンディ・ラウが姿を現す。
それに続いて「2046」のトニー・レオン、チャン・チェン、カリーナ・ラウ、
「Clean」のマギー・チャン、
「大事件」のケリー・チャンが、続々とカンヌにやってくる。
もちろん、日本のスター木村拓哉もいる。

これらの作品のうちでは、「十面埋伏」がまず一番に登場、
19日にプレミアが行なわれる。
そして監督のチャン・イーモウ、スターであるチャン・ツーイー、
アンディ・ラウ、金城武が、
18日から、世界のマスコミによる一連の取材を受ける。
明日午前8時、チャン・ツーイーが日本から到着。
金城武はまもなく深夜11時にロンドン経由でカンヌに着く。(以下略)
(聯合晩報 2004.5.17)


「十面埋伏」全部隊、カンヌへ 23:30

チャン・イーモウが1年近くも心血を注いだ「十面埋伏」は、
第57回カンヌ映画祭で正式にプレミアを行なう。
そして今日、「十面埋伏」のチーム全員が三手に分かれて出発、
明日、カンヌで落ち合う。
昨日、張偉平は取材を受け、カンヌでのプレミアについては
すっかり安心していると、リラックスして語った。
そして、金城武、アンディ・ラウ、チャン・ツーイーの本作品での演技は、
彼らのキャリアを一段アップさせるものだと断言した。

昨日、取材の電話をかけたとき、
張偉平はちょうどカンヌ行きの荷物を準備しようとしているところだった。
張氏は今回のカンヌ行きを、ふざけて大合流作戦と呼んだ。
兵を三方向に分け、主力部隊は北京からチャン・イーモウが率いる。
張偉兵と他のスタッフが随行。
そして香港部隊は香港のプロデューサー江志強に率いられるが、
その主要メンバーはアンディ・ラウ、金城武だ。
もう1隊は日本からの出発で、主要メンバーのチャン・ツーイーが
関羽よろしく敵陣に乗り込む。
しこうして、三分隊は、北京時間の17日夜(カンヌ時間17日午後2時)、
カンヌに到着、合流する。
(都市快報 2004.5.17)



投票所

BBS 11:30


2004年05月14日(金) 電影局の審査員を感動させた「Lovers」

完成した「Lovers 十面埋伏」が電影局の審査に出され、
審査に当たった人たちを感動させたそうです。
後半、ネタバレを含みますので、構わない人だけ、反転して見てください。
私は、この程度なら、予告から少し予想つくので、
すでに中国語ニュースに目を通してきた人なら、まあ、OKかと思います。
できるだけ情報を入れたくない人はスルーしてください。

今、ちらっと見ると、いろんな形のネタバレが他にも出始めている模様なので、
そういうのはタイトル等で判断し、できるだけ、避けていくつもりです。

「十面埋伏」、審査上映で大きな反響を得る
画面の美しさは「英雄」に決して譲らず


一昨日、「十面埋伏」がひそかに電影局の審査に送られた。
複雑な物語と美しい画面の連続に、見た者からの反響は非常に大きく、
賛嘆の言葉がしきりに上がった。
中にはこの美しい悲恋に感動し、目をうるませる者もいた。

この映画を見た者の話によると、ストーリーは大変面白く、
ほとんど数分間ごとに山場が来る感じがする。
どの画面もチャン監督の美学が一貫して追求されており、
華麗ではあるが、上滑りせず、物語と非常に自然に融けあっている。
ストーリーはサスペンスに溢れ、観客は最初から最後まで気が抜けない。
ラブストーリーはそれを凌駕して全編中最も優れた部分と成り得ており、
特に若い観客の共感を得るだろう。

また、特殊効果が非常に見事だという。
重要な対決シーンは5つあって、
「英雄」の棋館、蔵書閣、胡楊林、九砦溝、
そして雅丹地の戦いの美しさに匹敵する。

牡丹坊の戦いでは、3人の名手が初めてその技を披露する。
全編中で最も費用をかけた室内シーンであり、
セットだけで2000万元が費やされた。

次は密林の戦いだ。
金捕吏が盲目の女を牢獄から救い出して逃げた後、
追っ手の役人達の猛烈な追跡に遭う。
激しいひづめの音、武器の疾風のごとき唸り、充満する殺気の中、
2人の主人公は緑したたる草むらを疾走する。

花の野での戦いで、初めて飛刀の絶技が姿を見せる。
監督がわざわざロシアの地で舞台として選んだ、鮮やかに咲き乱れる花の野に、
爽やかな風がそよ吹き、愛が生まれる。

竹林の戦い。
「グリーン・デスティニー」の竹林のシーンとは、全く違ったものだ。
「グリーン・デスティニー」が俗離れした軽やかで敏捷なシーンだったのに対し、
「十面埋伏」は垢抜けた動きの中に情け容赦のなさがある。
どの竹も命にかかわる敵となりうる。
草1本、すべて人を殺す武器と変わりうる。
監督は数十名の体操チームのメンバーを呼んで、
大きな回転動作によるアクロバット的表現の跳躍や格闘を導入、血闘と言ってよい。

雪上の戦い。
果てしない真っ白な雪の上で、2人の男性主人公が恩讐と情と遺恨に決着をつける。
小妹の命は2人の手にかかっている。
ラストは雪の静寂が悲愴な美しさをより際立たせる。

(新京報 2004.5.14)


投票所

BBS   15:20


2004年05月13日(木) フランスのマスコミによる紹介(Lovers)

フランスのマスコミ、「十面埋伏」に注目

チャン・イーモウ監督の「十面埋伏」は、今年のカンヌ映画祭では
コンペティション部門での賞取りレースに参加しないが、
それでもフランスのマスコミはこの中国の大監督の最新作に、
極めて大きな興味を示している。
国際的に知られる通信社、AFPが、この作品を紹介しており、以下はその要約である。

***

中国の監督、チャン・イーモウは、最新作であるカンフー作品
「十面埋伏」(Flying Daggers)をたずさえてカンヌ映画祭に現われ、
7月にアジアのマーケットで一斉に公開されるこの映画の強力な宣伝を行なう。

この作品は、2002年の作品「英雄」に続き、再び東洋のカンフーの世界を撮ったもの。
「英雄」は、公開時、中国大陸で2700万米ドルの興行成績をあげて
中国での新記録を打ち立てたのみならず、
低品質で安価な海賊版の誘惑――映画館に行かずに家で映画を見る――を防ぎ止め、
中国映画史上の神話を創り出したと言ってよい。

「英雄」と同様、チャン・イーモウは御用女優のチャン・ツーイーを、
引き続き「十面埋伏」で起用した。
チャン・ツーイーは2001年の米アカデミー賞外国語映画賞
「グリーン・デスティニー」に出演したことで、世界の映画界における地歩を固めている。
この他にも、香港の映画界・歌謡界にわたって活躍するスター、アンディ・ラウ、
日本の映画テレビ界の二枚目俳優、金城武
(原文では日本名でKanishiro Takeshiとある)が出演している。

アンディ・ラウと金城武の出演は、この映画がアジアの重要な映画マーケット
――香港、台湾から日本のような地域での好成績を収める助けとなるだろう。
歴史的文化的に、これらの地域では、スター結集のカンフー映画が
ずっと大人気を博している。

「十面埋伏」の背景は中国の唐朝(西暦618〜906年)。
映画の多くのシーンは中国西南部の四川省とウクライナで撮影された。
入り組んだ悲しくも美しい愛、仲間への裏切り、
そして皇権への挑戦まで描き出す物語である。

「十面埋伏」は今年のカンヌ映画祭では賞取りレースには参加しないとはいえ、
上映、さらには監督チャン・イーモウのスター達を引き連れてのカンヌへの登場が、
全世界のマスコミの注目を呼ぶことは疑いない。

また、中国マスコミの報道によると、本作品も巨大な製作費をかけた映画であり、
前回の「英雄」の総予算は3000万米ドルに達したが、
今回も2000万米ドルに及ぶという。
それ以前に賞賛を浴びたチャン・イーモウの作品は、、
「紅いコーリャン」「菊豆」「紅夢」など、みな低予算だが、
視覚効果が観る者に強烈なショックを与えた作品だった。
今度の作品もまた、観衆に深い視覚的印象を与えることだろう。
(新浪娯楽 2004.05.13)


投票所

BBS 23:40


2004年05月12日(水) チャン・イーモウ、台湾へ([「Lovers」)

いよいよカンヌ映画祭開幕。お目当ての人の登場はまだ先ですが、
何だかわくわくしますね。
1日遅れで台湾・香港のニュースにも、
チャン・イーモウ以下が別々に向かうことが報じられています。
今日の民生報には、それと一緒に台湾での予定も。

台湾では7月17日に公開、チャン・イーモウは母親と、3人の主役をともなって
7月初めに台湾にプロモーションに訪れる、とあります。

「カンヌ映画祭は『十面埋伏』7月公開の宣伝戦第一波である。
台湾では、チャン・イーモウの、7月初め、出演者を引き連れての
来台プロモーションの実現のために、
配給会社の米国20世紀フォックスが、彼らの入国書類をすでに手配中だ」


投票所

BBS 9:45


2004年05月11日(火) カンヌのサイト(Lovers)●カンヌに向かう「Lovers」一行

カンヌのサイト(Lovers) 7:50 

海外サイトのMonkeypeachsで教えてくれているカンヌの
「Lovers 十面埋伏」の公式紹介ページ。
下に、主人公2人の対話の抜粋が読めます!
写真もだけど、せりふでも想像が広がりますね。
左の作品名一覧のHouse of Flying Daggersをクリックするとスタッフ名が。

←Click!



カンヌに向かう「Lovers」一行   13:00


カンヌ映画祭の招待を受けて、
「十面埋伏」製作班は17日、飛行機でフランスに向け出発する。
チャン・イーモウ監督とプロデューサーの張偉平は一緒に北京を発ち、
チャン・ツーイーは日本から。
アンディ・ラウと金城武は、香港側のプロデューサー江志強に率いられて香港を出発。
彼らはまずパリまで飛んでから、列車でニース―カンヌという旅になる。

「十面埋伏」は20日にカンヌ映画祭でプレミアを行う。
製作班は18日と21日に世界から来るマスコミのインタビューを受け、23日に帰国の途につく予定。
チャン・イーモウはフランスからアメリカへ赴き、次なる大事な合作計画の相談に入るが、
具体的な内容については明かさない。

今回のカンヌ映画祭のプレミアという機会を活用して、
製作会社はヨーロッパの映画会社と商談も行うが、
アメリカでの版権はコロンビアに売るつもりであると言われている。
というのも、コロンビアは以前、チャン・イーモウの「初恋の来た道」と
「あの子を探して」を買った実績があり、張偉平とはかなり接触がある。
さらに、2年前には江志強投資の「グリーン・デスティニー」を購入して、
良い仕事関係を築いているからだ。

張偉平はこう語っている。
「今回北アメリカでの版権を買いたいと言ってきたところはいくつもあった。
コロンビア、ミラマックス、ワーナーだ。
しかし我々は信望の高さからコロンビアを選んだ。価格も良かった」

また、最大マーケットの北米の他、
それにつぐ大きな映画市場の日本にも配給権は売約済みだ。
「具体的には言えないが、こういうことはできる。今回の価格は『英雄』を越えたよ」
(南方都市報 2004.5.11)

この20日というのは、中国時間で、現地時間では19日(ですよね)、
あとは、それに従って直せばよいということでしょう。


投票所

BBS 


2004年05月10日(月) 死者のたたり?(Lovers)

香港の新聞にいっせいに「Lovers 十面埋伏」のおばけ話が――
内容は、ほとんど同じ。要約すると――

監督自身が世界中を駆け回って見つけたロケ地がウクライナ。
この世のものとも思われぬ花の野に、みな興奮し、
無事進行を願って伝統の神に祈る儀式を終え、撮影に入ったが、
意外なことに災難続き。

ストーリー上、金城武とチャン・ツーイーはこの野原を何度も走らなくてはならなかった。
けれども草が腰まで伸び、非常に走りにくい上に、湿って滑りやすい。
またでこぼこしているので、2人はNGを含め何度も何度も走って息を切らせただけでなく、
ちょっとうっかりするとすぐに転んで、生傷が絶えなかった。
さらに、金城武が不可思議な落馬をし、
アクション指導のチン・シウトンはどうしてだかか矢に左目のあたりを突かれ、
スタッフも,、何人も怪我をして病院に送られるということが続いて起こった。

後で土地の人に聞いたところによると、
ここは古の戦場で、死体が野をおおいつくしたという。
屍はそのまま草地に埋まり、だからでこぼこしているのだというのだ。
いや、ただの耕地だったと反論する人もいたが、
スタッフは、静寂を破られた霊の怒りではないかと、びくびくしながら仕事を進めた――

というものです。
ま、写真も新しく出ているので、話題提供があったものでしょう。
かわいい写真はこちら。

「CREA」についての記事も出ていますけど、
内容が間違ってる〜。8日にもすぐ出たけど、それも違っていた。
わざとじゃないよね……(いい話なんだから、ちゃんと伝えて下さい〜)
私も同じことしてるかもしれません、注意しなくちゃ。


投票所

BBS 8:50


2004年05月09日(日) 2つの映画とカンヌ映画祭

金曲奨には結局現われず、さて、カンヌは?
これについては私は楽観してますが、はっきり予定が上がらないところが
徹底的に金城武的と言いましょうか……

昨日の中国の時代商報には(といっても、もう少し古いニュースかもしれない)、
アンディ・ラウの動向について、

>彼は「十面埋伏」大部隊に従って、18日にカンヌに向かう。

とあります。
カンヌと「十面埋伏」及び「2046」関係の記事をもう1つ。


カンヌが待ち続けたウォン・カーウァイとチャン・イーモウ

第57回カンヌ映画祭は12日(台北時間13日朝1時)開幕する。
中国の映画ファンの注目を集める2本の映画、
大陸の監督チャン・イーモウによる武侠映画新作「十面埋伏」と、
香港のウォン・カーウァイ監督の「2046」は、
それぞれ19日と20日にカンヌでプレミアを行なう。
2人の監督は主演男女優を伴って、カンヌの大ホール前の赤じゅうたんを歩む。
この風格をまったく異にする2つの映画が、熱烈な反響を呼び起こすことが出来るか、
新たな中国映画ブームを巻き起こせるかは、数日後、その答えが出る。

中国人監督の中では、ウォン・カーウァイは、カンヌ映画祭において
戦果の多い監督と言える。
数年前、彼が監督した「ブエノスアイレス」が最優秀監督賞をもたらしたし、
彼自身もカンヌでこの栄誉に輝いた初めての中国人監督となった
(後にわが国/台湾のエドワード・ヤンが「一一」で後に続いたが)。
次の作品「花様年華」も大好評を博し、主演男優トニー・レオンが主演男優賞を獲得。
従って、基本的にウォン・カーウァイは、
カンヌでは素晴らしい成績を収めているということができる。

カンヌは2001年からずっとウォン・カーウァイの「2046」を待ち続けてきた。
だが1年また1年と延び、「2046」は姿を現さない。
多くの映画ファンが待ちくたびれてしまったが、
ずっと度量ある態度を示し続けてきたカンヌは、
ウォン・カーウァイにこの上ない忍耐力で対した。
「『2046』がカンヌを第1目標としてくれさえすればそれでいい、他の映画祭に出さないなら」
カンヌは、ウォン・カーウァイの、今日の中国語映画界における重みを熟知している。
「2046」は間違いなく猜瓩覆里澄
また、だから、今年3月に、「2046」がついに今年のカンヌ映画祭に
間に合いそうだと伝えられたとき、
世間はいち早く、この映画がノミネートされると、映画祭当局に代わって報じたのである。

「2046」はトニー・レオン、木村拓哉、コン・リー、チャン・ツーイー、
フェイ・ウォン、チャン・チェンなど、大スターを数多く投入している。
この強力なキャストが20日、カンヌの赤じゅうたんにずらりと並ぶとき、
その気勢はまことに盛んであろう。

「2046」のウォン・カーウァイに対し、「十面埋伏」のチャン・イーモウは
国際的には先輩の大監督である。彼とカンヌとの関係はもっと複雑な愛憎がある。
チャン・イーモウの「活きる」は、当時はアンダーグラウンド映画として
カンヌにエントリーし、審査員特別賞を獲得、主演のグォ・ヨウも主演男優賞を得た。
このことはチャン・イーモウにとってみれば非常な尊敬であり肯定であったが、
しかしこの受賞によって、国内では極めて大きな圧力を受ける羽目にもなったのだった。
何年も経ち、チャン・イーモウは「あの子を探して」と「至福のとき」の2つの作品を
カンヌに出したが、カンヌはこれを冷遇した。
チャン・イーモウは激怒した。
「カンヌは中国の暗い面を扱った映画ばかりを選ぶ」
カンヌは偏向していると考えるチャン・イーモウは、
公開書簡を以て、カンヌとたもとを分つことになる。

だが政治の世界と同じく、複雑で現実的でもある映画界にもまた、永遠の敵はない。
4年後の今日、チャン・イーモウの武侠映画新作「十面埋伏」が
アン・リーの「グリーン・デスティニー」の方式で、
カンヌ映画祭に正式招待作品として登場することで、
チャン・イーモウとカンヌとの関係の修復が正式に宣言された。
この作品が中国武侠映画に新しい生命力を注ぎ込み、
新天地を切り開くことができるかどうかは、
19日のプレミアにおける観客の反応が伝えてくれるだろう。
(聯合晩報 2004.5.8)


投票所

BBS 2:10


2004年05月06日(木) チャーリー・ヤンのコメント(1995)

「武は変わった」つながりで、少しさかのぼりますが、チャーリー・ヤンの言葉を。
1995年のテレビインタビューから。
はっきりと脱アイドルを打ち出したアルバム「多苦都願意」をリリースした年でした。

**********

――金城武のことを、少し話してください。

のことを――
彼はすごく変わったと思います。とっても。知り合ったのはずいぶん前のことですから。
彼がまだデビューアルバムを出す前に、彼のMTVに出て、初めて会いました。
そのころ私はまだ何もしてなくて、学生だったし、彼も仕事を始めたばかりでした。
そのころの彼は本当に反逆児で、とってもとっても自我が強かった。
人と楽にコミュニケーションできるタイプじゃなかったんです、前は。
でも今は、多分いくつか年をとったからでしょうけれど、ずいぶん変わりました。
今の彼は考え深く、たくさんのことをしっかりやらなくちゃいけないとも感じている。
それだから曲も作るし、詩も書くし、どんなことにも努力して勉強しています。演技もそう。
だから今の彼はすごく変わって、つきあいもよくなり、周りに気配りもする。

――あなた方は恋人同士じゃないかと、みんなが知りたがっていますが。

れはあまり可能性がないですね。
もし、私たちが恋愛関係になるなら、もう初めの頃になっていたでしょう。
男と女が一緒にいて親友になるなんてあるはずがない、
恋愛関係になるに決まっていると考える人もいるかもしれません。
だけど、私たち2人はそうは考えない。
だって私には何人も親友がいるけれど、みんな男性ですよ。
そういう火花は起きようがないでしょ。
私も望まないし、彼も私と恋人になりたいとは思っていないと思います。
2人とも、あちこち飛び回っていますしね。


投票所

BBS 22:10


2004年05月05日(水) エリクソンCMの監督語る

監督の彭文淳、大スターの成長を絶賛
金城武はトニー・レオンをしのぐ素質ありと


金城武のエリクソン・シリーズ、ステファニー・スンの「The Moment」のMTVや
最近盛んに流されている銀行のイメージCM・ニューヨーク編は、
すべて著名なCM監督の彭文淳の手になるものだ。
金城武はデビュー時から今日まで、ずっと彼と親しく仕事をしてきた。
彭文淳は、「金城武は絶対トニー・レオンの路線を行ける」と言う。

金城武がデビューして初めて撮ったCM「雪露」が、彭文淳との仕事である。
そのときの相手役はまだデビュー前の大Sで、
二人の初々しい様子は今とは大いに違う。
「あの頃の金城武はとてもかっこいいポーズをきめるだけだったが、
後に一緒に仕事をするなかで、演技の才能を徐々に発揮し始めたね」
と彭文淳は語る。

彭文淳は、金城武のデビュー時から、少し前完成したばかりの
銀行のクレジットカードのCMまで、10回以上一緒に仕事をしている。
彼は笑ってこう話す。
「以前の金城武は小僧っ子でね、タバコを吸いまくっていた。
その頃はタバコのせいで歯があまりきれいでなかったよ。
だが、今の彼は非常に変わった。大変落ち着いて大人になった。
仏教を学んだことが大きく関係しているね」
金城武がゲームが大好きな話になると、
彭文淳は「それは彼の一生涯のささやかな楽しみだろ!」と笑った。

現在、映画製作の準備を進めている彭文淳だが、
金城武を使おうという考えはないのだろうか? 
彭文淳は笑って言う。
「彼についてはいろいろなことが考えられるし、きっと良い演技をしてくれると思うが、
出演料が国際レベルで非常に高い。
私たちは一緒にCMで楽しくやってきたが、仕事は金の問題もちゃんとしなくちゃならない。
国産映画の予算では、彼にオファーするのは難しいさ」

しかしながら、金城武はきっとトニー・レオンと同じ道を歩んで、
名優と呼ばれるようになれるだろうと言う。
今回の、国際的注目を集める「十面埋伏」での金城武の時代衣装姿に、
彭文淳は笑ってこう言った。
「古代の役人の帽子を被った彼を見ると、
『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』のレスリー・チャンを思い出すんだよ!」
(星報 2004.5.5)

ギャラが高くて国産映画には呼べない、というのは、そうなんでしょうか。
それが仕事の幅を狭めるようでないといいなと思います。


投票所

BBS 12:55


2004年05月04日(火) 「Lovers」上映館

丸の内ルーブルに行って、前売り券購入してきました。
チケットの表面です。チラシと同じ絵柄ですね。
BBSでSUIKAさんが早々にお知らせ下さったように、
裏面に全国の上映劇場が書いてあります。
(このチケットが使える映画館ということで、これで全てではないと思いますが)
電話番号が記してあるので、こちらでも、画像でアップしますね。
ちょっと大きくなるけど――

大陸新聞によると(元は香港かも)、
アンディ・ラウが、撮影中の仕事を数日休んで
カンヌに、「十面埋伏」のプロモーションのために行くのだと語ったそうです。
何日に行くのかも知りたいな。

 ←Clickすると裏面へ。


投票所

BBS 22:25


2004年05月03日(月) 騎馬の武(Lovers 十面埋伏)

「明星Big Star」に載っているそうです。
これがスポンサーを募るプロモーション用のパンフレットに
掲載されているというものなのでしょうか?
青い服の女性は宋丹丹?
海外サイトで紹介されています。(画像をClick!)




投票所

BBS 0:40


2004年05月01日(土) ぼくのアイドル・その2●「Lovers」前売り開始

ぼくのアイドル・その2 12:35

金曲奨・最優秀ミュージックビデオ賞のプレゼンターを
若手男性アイドル3人が務めることになったというので、
星報他で話題になっています。
というのも、この3人、黄志瑋、郭品超、鄭元暢は
初めてのプレゼンター、モデル出身で
ドラマで人気者になったという共通点の他に、
それぞれ193cm、188cm、186cmという長身ぞろいだからです。

ところで郭品超(クオ・ピンチャオ)は以前、
金城武の大ファンということでご紹介しましたが、
鄭元暢(ジョン・ユエンチャン)も、一番選ばれて嬉しいのは、
いろんなスターをじかに見られることで、
東風のスタッフに「ぼくのアイドルの金城武は来るの?」と、
まるで追っかけみたいに何度も聞いていたとのこと。
武を好きだという人間にはそれだけで甘くなる私。
元暢君の画像も探してきました。



しかし、残念ながら鄭元暢の質問への答えは載っておりません――




「Lovers 十面埋伏」前売り券発売中 23:40

BBSでANNEさんからのお知らせ。
丸の内ルーブルで、すでに「Lovers」の前売り券を発売しているそうです。
もちろん、予告も上映したとのこと。
↓は、ANNEさんからいただいたチラシの画像です。
上映劇場(首都圏)がわかります。(Clickすると大きくなります)

(裏)  (表)


投票所

BBS 


前の記事あさかぜ |MAIL

My追加