喰いえるコトなど

グルメ?何それ?ウマイはウレシ、マズイはタノシ。
いわゆるひとつの食い意地日記

2004年07月02日(金) 台湾料理のご飯やさん 



メシ喰らい中にて、思考ベクトルが
海鮮丼を味わう事に向ききった頭の余隅に、
「商売の神様か、はたまた台所の神様か」
などと浮かんでくる。


台湾から日本にやって来て、
商売をするにあたり
「どうか神様、商売が上手く行きますように」
との想いが込められているのか。

はたまた
「神様がココントコにおわして下されば何も怖いもんはない」
との意志の現れか。


いずれにせよ、
なんらかの事を為す際、己の力だけでなく、
ソコココにいらっしゃる神様を信じ、
彼女達にとり、目に見えずともその存在が当り前で、
「神様方のお蔭で事が運ぶ」、
と言った、謙虚な心持ちの現れであるように思う。



   ‡



こういった彫り物が好きだ。

そうした彫り物を飾る事によって、
目に見えない神に対し、
敬意を払っている感覚は日本人にもあるのと同じ。

神様とか言っても、宗教など信じる気は毛頭ない。
が、そんなふうに
「見えない何かのお蔭で」といった感覚。

そんな感覚を大切にしたい。

その中には、すでに在るものとしての
自然と共存し、生活している
といった意識が存在するようで。



元々自然界に存在するモノ、
としてのオーガニックを大切にしたい。

この感じは普通に生活して、実感。
食べてみたら美味しくて身体が喜ぶ。
触ってみたらとても感触が良く身体が喜ぶ。
使ってみたら環境によく身体が喜ぶ。
and so on・・・.

いろんなモノを人工的に作り出してしまった社会で
生活している今だからこそ、大切な感覚のように思う。
本来はそれが当り前、ただの当然の事だったのに。
そんな当り前を求めたら、時間とお金がかかるだなんて。
時間はともかく、高くつく事が多いのが謎。
不思議な世の中だよ、全く。



-------------------------------------

http://www.arieldiner.com/nagafusa/acoustica.htm
↑サブリミナルリンク・・・怪しいページじゃないよ。
 私の食べ物イラストが見られるのです。      
 そうしてリンクしてないし。アドレス紹介ですな。 
 コピー&ペーストで翔んでみて見て。       

-------------------------------------



あ、そんでも一般的にそうした中に入るとされる慣習に、
感覚的に私には合わないモノもあります。

身体感覚は動物的ですが、
思考感覚が途轍もなく人間的なもんで。
そういうのが平気なのって、
吐きそうなくらいイヤな慣習。


さて。
なんでしょう。


続きません。




2004年07月01日(木) 台湾料理のご飯やさん 



横長の四角い透かし木彫りが、
奥まった壁の天辺に飾ってあった。


真中に鳥居が構えられ、
その両脇には兵士だろう、
武装した人物が馬に乗り散りばめ彫られている。


横から見ると3cm程度の厚みで
馬に乗った人物が
手前に奥にと配置されている。


どうにも気になり
店を仕切っている女性に尋ねてみる。

なんでも社長が家から持ってきたもので、
百年は経っているモノだという。

昔はどこの家にもあったが
最近は余り見かけなくなったのだそうだ。


他の壁の天辺にも、神社の柱から
チョコチョコ三角に飛び出している
彫りのようなのや、
先に気になったのと同じく
横長の透かし彫りで比較的新しそうなのもある。


   ‡


こういった彫り物が好きだ。


台湾に限らずこうした彫り物には、
大概、神様が宿っているとされ、
ソコココの生活に当たり前に在る。


宗教家ではないが、信仰のような感覚がある。

それは言ってみれば、自然信仰とでもいうような。




・・・ちょっと違うな・・・。



既存信仰・・・とでも言うべきか。


話がそれたな。

いつもの事か(苦笑)。



 < ソレまでのコト  INDEX  ソレからのコト >

キキ [お茶の時間] [MAIL]