family mayonnaise

新しくない人よ、目覚めよ

2006年09月30日(土) NOBODY NOBODY

アニメにしては、やたらと世間で評価の高いあの映画を今日初めて見た。
クレしんのオトナ帝国。
いや・・・いい作品でした。
普段放送されているものからはとても想像がつかないような、「何でこんなの作っちゃったの・・・?」ていう、いい意味でイメージを裏切られる出来でもあった。
ただ、物語の始まりがいきなり大阪万博が舞台でふっつーに野原家とか幼稚園のおともだちがいてたのでしばらく設定が理解できなかったりした。タイムスリップものかと思った。
あと、この映画の中の20世紀の象徴として、おそらく昭和30〜40年代ぐらいの高度経済成長期の日本っぽい空気が漂っていたけど、私が物心ついた時から触れてきて影響を受けている文化は、1980年代からの、昭和から平成に変わろうとする時代だからなあ。
それより私はヒロシが自分の靴のにおいかがされてからのシーンに何よりもウエッってなったけどね。涙で。
ヒロシの人生は全然つまらないものなんかじゃない。
子供の頃の楽しかった思い出とか、古きよき時代の空気とか、そういうものをときおり思い出しては、「あの頃に戻りたい・・・」て思うことは最近よくあるけど、実際問題、それが永遠に続くだなんて考えたらうんざりしてくる。だから未来を否定するのは私はおことわりだ。
ヒロシが永遠に子供のまんま成長しなかったら、しんのすけだって生まれてないし、野原家の家族の風景すらなかったことになってしまう。それはとても悲しい。
なんかうまく言えないけど色々と考えさせられました。
でもそういう真面目なだけじゃないのがクレしんの魅力なので、シリアスとギャグパートがこれまた上手い具合に散りばめられてるニクイやつでしたよ。子供達のスナックでのやりとりクソワロタ。ほんとくだらねー。
あとBGMで流れる昭和の名曲がことごとくよかったです。

というようなことを書きながらまた涙目になっています。
みなさまこの1週間いかがおすごしでしたでしょうか。
私は普通に会社に行って帰ってたまに買い物して家で読書したり音楽を聴いたり、テレビがつまらないので久々にフリクリのDVDを見返したりしていました。
あとあまりに連絡がないので、小畑先生タイーホの影響で企画がお流れになったのかと思ってすっかり忘れかけていたデスノの小物コレクションが届きまして、ひとつずつチマチマと袋を開けては楽しんでいます。
ちなみに最初の1個目がLたんロゴのパソコンだったので小躍りしました。
This is 運命。(お前あいかわらずきんもーっ☆)
そんなLたんが表紙のジャンプレボリューションとやらも買ってしまったのですが、デスノ関連で有意義な情報は・・・さほどなかった・・・ですね。
てか怒られるのを承知で言わせていただきますけれども、銀魂とか、リボーンとか、漫画だとちょっと雑な感じのものがアニメになるとスッキリした絵になって逆に映えるけど、デスノは漫画の絵がもう完璧すぎるじゃん?だからアニメになると少しだけ違和感を覚える。
あとさ・・・ミニコーナーとか、そういうチャラチャラしたものはいらんかったわ・・・なんて。MONSTERっぽくひたすらストイックにやってほしかった。
主題歌は歌なしで。インストで。みたいな。
まあ見れないんですけどね。ただ、ファン心理として。言いたかっただけです。

パソコンは立ち上げるのめんどいので日記もほったらかしでした。
会社ではちょこちょこ見たりするんだけど。
そんなわけで、鞠さんへ、だいぶ前の拍手のお返事させて下さい。
おそくなってごめーんね。
そうそう、あの路線、岸田のお気に入りらしいですわ。私は片手で数えるほどしか乗ったことないので詳しく知らんのですが。東京や大阪で昔使用されてた車両が今はこっちで使われているらしいぞ。

2006年09月24日(日) Vain dog (in rain drop)

今日は何となく熱があるっぽくてだるかったので、またしても約束をキャンセルして、スペシャのSweet Love Showerの生中継を見たり見なかったりした。
本日の踊るヒット賞(番組違う)はSuper Butter Dogとブンブンとチャットモンチーです。
つか、SBD、すごい盛り上がりようで、そりゃレミオロメンが一番に出てきてもスルーされるわってなくらいに客の歓声が飛び交ってた。
ハナレもohanaもつまんねーんだよ、俺はファンキーな永積が見たいんだよ、だって?
バカヤロー俺もだよ!!!
という感じで復活が本当にめでたかったです。
あ、別にソロ活動つまらなくないです。勢いで言っただけです。すいません。
ライブアルバムの中でも特に聴いてみたかった五十音とセツナをやっていただけたので非常にありがたかったのですがウーロン茶がなかったのでしょぼーんとしました。
ブンブンかっけー。
メナードの化粧品のCMの曲、好きなんです。
チャットモンチーのよさが全くわかんねとか言っていた昨日までの私にさよなら。
CDだと駄目でライブだとよく聞こえるってめずらしいんじゃないでしょうか。

チババンド、The Birthdayも出ていましたが、なんかミッシェル解散後のチバ関連は全部一緒に聴こえる。ロッソの初期はよかったけどね。
そんなことよりレミオロメンの歌のひどさがあまりに異常で驚愕いたしました。
あとボーカルの顔がき(ry
ついでに今日の司会で元ロキノンの鹿野さんの顔も(ry
すいません(本日二回目)。
もう一人の司会の木村綾子さんはずいぶん出世したんやなー、と思ったりしました。
昔、雑誌の読者モデルでよく見てたからね。

2006年09月23日(土) 

今日は連れの人からビデオをずっと借りっぱなしだった「SURVIVE STYLE5+」を見ていました。
http://ss5.goo.ne.jp/index_f.html
ストーリーとしてはめちゃくちゃだけど、見終わった後の気分がさわやかになる不思議な映画だった。
映像面の鮮やかさやインテリア・ファッション・小物なんかの目に入ってくる情報量が膨大すぎて見てて飽きなかった。
派手なんだけど統一性があるっつか、サブカル系とかクソムカつくから好きじゃない割に何故かそういうものばかりに惹かれてしまう私にしてはめずらしく嫌味を感じさせないセンスの作品だった。
音楽もよかった。サントラが欲しいです。
ただのインストばっかりじゃなく、歌がBGMに使われている映画が好きです。特に昔の洋楽なんかが。
出演者はあまりに統一性がなさすぎで素敵です。豪華です。
阿部ちゃんが一番見たかったけど最初の方ですぐ殺された。しょぼーん。
でも見るからにきもい衣装と意味不明なキャラだったので満足です。
岸辺一徳さんが催眠術にかけられてからずっとハトの鳴き声しか言うてなかったので(でもそれがとても似合っていたので)ベテラン俳優がなんつー仕事してるんすか・・・と思ったり、人ん家に忍び込んで窃盗ばっかやってる男3人組のうちの2人がウホッな意味ありげなシーンになると岡村と卓球の「come baby」が必ず流れてきてなんでじゃ・・・と言いつつ笑ったり、まだ声変わり前の神木きゅんのかわいさがあまりに異常だったのでハァハァしました。これ2年前の映画なんだけど、やっぱりあのくらいの年代の子はすぐに変わっちゃうもんだね。
殺されても殺されてもよみがえってくる妻の役を演じる橋本麗香さんがどんな衣装を着てもメッチャクソ美しくてあまりの美しさにうぐ〜てなりました。
ひとこともしゃべらないのもまたミステリアスな雰囲気を残していてよかった。

映画と言えば、最近デスノ後編の情報をちょこちょこ聞いたりするわけです。
レムの声、ピーターなんだって。すごいよね。
美輪様とかでもおもしろかっただろうね。オーラの泉が湧き出る感じでね。
あと主題歌がレッチリの違う曲になるらしいんですよね。
ダニーで統一しとけばいいのにね。
なんだかなあ。
フジワライトは他の仕事の役柄のためだろうけどヒゲ生えとるし。
今ならkinkiのどうもとこういちさんの方がライトに似てる気がする。
CDのジャケとかどうみても新世界の神意識だって。アレ。

後編のサブタイトル「The Last Name」の「L」がLたんのロゴだったりするので見るたびにドッキリします。
あーあー映画でもLたんは死んじゃうんだろうか。
それとも独自の展開になるんだろうか。
あとミサの監禁シーンが楽しみでしょうがないです。
変態あらわる。
すいません。
そんな変態のえるたむかわゆす。

↑さっき人様のブログのコメントでちょっと反省したばっかなのにまた言うた。

2006年09月22日(金) 地球あやうし!

ふ・・・フォクすけて。
もっとひねれなかったのかフォー!
http://spreadfirefox.jp/foxkeh/
ちなみにfirefoxユーザーである私もどさくさに紛れて送ったんですけどね。
「ふぉくたん大王」で。
何故ならば、プロフィールに「出身・地球(ちたま)」と書いてあったからです。
http://spreadfirefox.jp/mascot/
おそるべしニコチャン大王脳。
というか鳥山明脳。
鳥山明といえば、この間ジャンプに広告が載っていたアラレちゃんの完全版が欲しいです。ドラゴンボールほど長くないからまだ集められそうな気がする。
しかしながら、このキャラ、かわいいのかそうでないのかよくわからないギリギリのラインに立ってる感じがする。このしっぽも、初めて見たらケツから火出してんのかってね。まあ私はこういう系好きなんだけど。

なんか夕方頃から喉が痛くなってきたのでこれ書いたら寝る。
昨日も料理を作ってきたよー。
まさかベーコンがこんなデカイ状態で乗るとは・・・思わないので、食べるのにすごい気合いがいった。あんま好きじゃないですねん。すいませんね。
生ハムはまだ大丈夫なんですけど。でも頭の中ではLたんが生ハムメロンの生ハムをよけてメロンだけ食べるシーンを思い出していたわけです。
秋はきのこ料理がおいしい季節ですね。
小松菜のジュースが作る前はこれ大丈夫なんかい、って思ってた割にいざ飲んでみたら個人的には好きな感じの味に仕上がっていたので家でもやってみたい。健康にもよさげだし。なんつっても「デトックス」っすから。

(秋かぼちゃのフェットチーネ/生ハムとバジルのイタリア風生春巻き/森のきのこの包み焼き/小松菜のデトックスジュース)

いい年して偏食が激しいのはいかがなものかという感じなんですけれども、わたくし肉類が好きじゃないんですよ。物心ついたときから。脂身のとこがもうウエッて。悪い意味でウエッってなる。じゃあよい意味のウエッって何だ。Lたんか。
つーか大体の若者は肉大好きじゃん?
だから大学時代に部活の打ち上げっちゃ焼肉とかしゃぶしゃぶとか行かされて、食べるものあんまりなくて正直苦痛でしたよ。
最近じゃ吉牛の牛丼食べ納めとか再開とか言われてますけれども、そんなものは私にとっては遠い世界の出来事でありもはやどうでもいい感じです。
いつだったか、O型の人は牛肉と相性がよくない的なことをどこかの本で読んだので、これはもう遺伝子レベルで受け付けられない運命ってことで納得しておきます。確かに鶏肉と豚肉はまだ多少平気だものな。

2006年09月20日(水) 色眼鏡をはずせ!

きのう、見た?
「マンガノゲンバ」。
志村さんの「青い花」が取り上げられていて、漫画のコマに合わせてセリフを読み上げてました。
ちょっと前に別の漫画の回をたまたま見かけた時は、NHKはなんかまた楽しそうなことやってんなーぐらいにしか思ってなかったものが、やっぱり自分の好きな漫画ともなると緊張するというか気恥ずかしいというか、正直のところ志村漫画のあの独特な間とかテンポをうまく表現しきれてないように感じた。
で、途中から評論家っぽい女の人が色々と語り始めたけど、退屈だったからチャンネル変えた。
わたくしはもう志村漫画があのような形でテレビに紹介される日が来ようとは思ってもみませんでした。
そんなわけなのでみなさんも読んで。つか読め。
なんでおまえに命令されなあかんねんていうね。
はいすいませんでした。

こないだの日記で書いたBRUTUSとCasa BRUTUSのサイトはこれです。
http://www.brutusonline.com/index.jsp
最近ファッション雑誌とかよりこういうのばっか見てる。
TITLEのタモさんとくるりの岸田が電車対談してる号も買った。
2人とも目がらんらんと輝いていた。私にはそう見えた。
あと岸田が好きな路線ベスト5の中に地元の地方鉄道を挙げていたので何となく嬉しかったりした。

大阪〜札幌間を走るトワイライトエクスプレスという寝台列車があって、高校生の頃、朝、学校の最寄の駅を降りて歩いていると、その数分後に必ず通過するあの田舎の風景に似合わない渋い深緑色を思い出すのでした。
エゾ行くことがあったらあれ乗ってみたい・・・と思っていたのですが、確か夏場は運行してないんだよな・・・そりゃないぜよ・・・

というようなことを思い出したりしました。

年末のロキノンカウントダウンの追加メンバーが発表されたみたいですが、今んとこそれほど行きたいとも思わないような、そんな気分でございます。
でもようやく乗り気になってきた時にはもうすでにチケットはないんだよね。多分。
さあ、どうしたものか。
今年はきりんじはワンマンで見れるしなあ。
事変もこの間見たしなあ。
だがしかし我々にはまだバインがいるではないか。
ああ、ニルギリも出るのね。すごいね。大人気やね。
聞くところによると、ジャンプのディーグレイマン(ようやく名前覚えた)のアニメの曲に決まったそうじゃないですか。
・・・・・・
アンタ達やっぱりアニソン御用達バンドになっちまうのかよォォォ。
なんか話がずれてきたのでもう寝ます。

2006年09月18日(月) 日本に生まれて

今日は・・・暑かった。
そして数時間前からとても風が強いです。
まったくよくわからない天気だね。

今月に入ってから、雑誌「BRUTUS」を3冊も買いました。
あと「Casa BRUTUS」も買いました。
普通のBRUTUSの方は、水族館特集と若冲特集とアノニマスデザイン特集が見たかったからです。
水族館の号にはDVDまでついていて豪華です。
この間東京に行った時、池袋サンシャインの水族館を見てきたので思わず手に取ってしまいました。夏休みも終盤だけあって、小学生が一生懸命魚をスケッチしたり写真を撮っている姿がほほえましかったです。
館内の内装とか、デザインとか、そういうのも素敵だなと思うけど、やっぱり、主役は水の中の生き物たちですから。
個人的にペンギンが詳しく紹介されていたので満足です。

若冲の号は、友人のロッカちゃんが日記で書いていたのを見て興味がわいたから。日本画にはあまりなじみがないわたくしでしたが、これは、本当にすごい、と思った。鶏の絵、犬の絵、どれも、絵の中から今にも這い出してきそう。息遣いが聞こえてきそう。その他、花の絵の色鮮やかさなんかは私の大好きな系統のセンスでございました。
東京での展示を終えて、次は京都で開催されるそうなので見に行きたいです。
こういう日本ならではの文化、もっと大事にしていかんとなあ。

「アノニマス」デザインとは、「無名の」「作者不詳の」という意味で、普段何気なく使っているものこそ、その昔、どこかの誰かが生み出し、時代を超えて改良され、愛されてきた最高の品なんだぜ、っていうことを再確認させられる特集でした。
ただ、ここに出てくるデザイナーの人達の一部に、根底ではそういうものをダサいと思っていて、でもそのダサさを逆に認めてやろうじゃないの、みたいな上から目線でものを見てるっぽい姿勢が感じられたので一般庶民のわたくしにはカチンときました。そういう選民思想とかにつきあうの、わたしもうつかれたんで。っていうね。
ネガティブな感想だけでもなんなので、ベルリンの壁崩壊前の東ドイツのプロダクトデザインを紹介するページが一番見てて楽しかったです。

Casa BRUTUSは日本建築の特集。久々に日本史の勉強した。
とりあえず数寄屋造萌え。
またひとつ日本の偉大な文化に近づいた・・・!という感じです。サルまん風に言うと。
そんなわけなので京都で寺めぐりがしたいです。
枯山水の石の流れを一日中眺めていたいです(それはさすがにどうかと)。
あと関係あるようでないけど今まで全然興味がなかった「きょうの猫村さん」が読みたくなった。なぜなら雑誌折込の京都建築ガイドの挿絵が猫村さんでとてもいやされてしまったからです。お前気づくの遅ーよ。

そうそう、デスノアニメの公式サイトできてたけど、まだトップページだけだった。
ミサの声の人ってこないだHEY!に出てた人ですね。ダウンタウンに変なあだ名つけてた。あとさゆちゃん役はハチクロのはぐの人だね。シドウはこれ以上不祥事起こすでないよ。
つーかお前のとこ見れないっつの。あきらめとけっつの。
それ以前にもし入ってたとして、平日の深夜だから普通に寝てるな。
さすがの私もLたんへの愛より睡眠を取ることの方が大事でした。
Lたんごめん。
でも一生愛す。

2006年09月16日(土) 

最近、ベッドに横になって何かをしている途中にそのまま寝てしまうことが多いわたくしなんですけれども、今朝も目覚めるとメガネはかけたまま、右手には携帯を持ちかけたままでした。でも部屋の電気はつけてなかったのでまだマシな方じゃないの・・・と思いきや、携帯画像のLたんフォルダが開きっぱなしだったので朝から頭を抱えたくなったのでした。
だってジャンプのサイトでLたんの待受画像特集とかやってるんですもん。
しょうがないじゃないですか。
でも「えるたむかわゆすなぁ、かわゆすよぉ」とか言いながらニヤニヤしたまま眠りに落ちてしまったなんて俺きめえ。
この年になってやることじゃねえ。
しかし本当にね、私がこんなにも次元を超えてLたんを愛して止まないっていうのにね、どいつもこいつも人の楽しみを邪魔しやがってっていう話ですよ。
何が言いたいかというと、要するに、アニメ見たい!!!!1ってことです。

今日はメロンパンを作ってきました。
思ったよりかなり生地が大きくなったので、表面のビスケット生地が割れたりしないか心配だったんですが大丈夫でした。
つーか自分で言うのもなんですがかなりよくできたと思ってんだ。
たまには自画自賛も大切なんだぜ、ってことです。
まだ食べてないけど。


あとは最近作った料理。
天ぷらを揚げた。
サラダ油とごま油を混ぜて使ったので辺りにいい香りがただよっていた。

(天ぷら/天つゆ/ごはん/ほたてときゅうりの酢の物/甘夏みかんの彩り寄せ)

中華風の味付けをした鶏肉や野菜をはさんで食べた。
卵白のスープもおいしゅうございましたです。

(チャイニーズバーガー/五香焼鶏(ウー・シャン・シャオ・チー)〜鶏肉の香り焼き〜/
かにと卵白のスープ/マンゴープリン)

もうそろそろねむくなってきたので適当な説明ですんまそ。
メニューとかまたあとで書き足しときます。

2006年09月15日(金) オレ達にも明日があればいいなーみたいな

うぐー。うぐー。
ビールじゃなくて、カクテルパートナーとか、あんなん、甘ったるいだけのやつちょっと飲んだだけで、まだ胃がムカムカする。
でも薬飲んだからちょっと治ってきました。
今日特に体調悪いわけじゃなかったんだけどな。

ところで皆さん下のURL先に行ってみてくれ。
コイツをどう思う?
http://homepage2.nifty.com/usuta/
・・・
さささ最高みゃあー!!!
どうしたらこんなんできるん?
天才でおま・・・!
あんさん天才でおまあー!!!

うすた・・・ヒマなのかよ・・・
ネタに困ったりする日もあるんじゃないのかよ・・・
無理しやがって・・・
でもあたしゃうれしいよ・・・
あんさんやっぱり天才でおま・・・
今までも、そしてこれからもうすたの全てを肯定していきたいです。私は。
メールとかすげえ送りたいけどいざ本人に見られるとなると何書いていいかわからん・・・
あがががが(考えすぎて混乱した)。
信者乙。

ちょっと前になるんですが、春頃にBS日テレの番組でたまたま見かけた「ONOFF」という照明が気に入ったので下のサイトから買ってしまいました。
http://www.kha.jp/rezon/
こういうのって、普通すげえ高そうって思うじゃないですか。
ところがどっこい、5,000円台って書いてあるから、もうびっくりして、でも悩みに悩んだ挙句やっと購入ボタンを押したのが9月に入ってすぐのことでありました。
商品が届き、嬉々として部品を組み立てる私の姿をお母様が苦々しい顔で見ていたような気がしましたが気のせいってことにしておきます。
あなたの娘はどうしようもなくセンスがなくてすまんね。もうほっといて。
4種類のうち、一番いいと思ったのが牛の絵のやつです。

使用前。


使用後。



どうですか。なかなかオサレだと思いませんか。そうですか。ならいいです。
笑え笑え。さぞかし笑うがいい。

ちなみに「眞鍋かをりのブログッズ」という番組で、下のブログで紹介した商品やお店が見れますよん。
http://blogoods.cocolog-nifty.com/
お求めやすいものから高級なものまで、実用的なものからネタとして欲しいようなものまで、世の中にはまだまだおもしろいモノがあふれているなあ。

途中で保存と間違えて登録ボタン押しちゃったじゃないかよ。
そんなわけで、拍手のお返事だよー。
>鞠さん
あれは・・・私が小学生の時にお母様がカセットテープで持っててよく聴いてた竹内まりやのベストアルバムで、ツタヤ半額の時に借りてきてあげたんでした。
ちなみにあたしゃ火サスの主題歌だった曲が好きでさぁ・・・
(この時点でわからない人の方が多いんじゃねえの)
本気でオンリーユーってどんな曲だっけか。思い出せぬ(こないだ再生してたのに)。
なんてこった。
多分達郎っぽい曲だよね。うん。適当ですんまそ。

2006年09月14日(木) 

きのう、仕事関係のネット巡りしてる時に見つけた。

「株式会社 畳のほりごめ」
http://www.horigome.co.jp/

ほら・・・お前らの大好きな堀込ドメインだぜ・・・
これが欲しいんだろ・・・?素直になれよ・・・
みたいな。

あ、よく見たら「ほりごめ」の漢字、違ってた。
もうみんなすでに知ってたら見なかったことにして下さい。

最近、営業のために色んなサイトを見て回らないといけないんですけれども、ずっとやってるとつかれてくるので、気分転換にコトノハとかやったりしています。
地道にちょこちょこ答えてたら、知らない間に260件ぐらいになってた。
そんなわけだからさ、みんなも○×つけようぜ。

めざましテレビの、7時50分ぐらいからのニュースの時に今日が誕生日の人の名前が延々と流れるじゃないですか。
今朝、それを見てて、安達祐美ってもう25なのかよ!て驚きのあまり吹いた。
私と3つしか違わねーのかよ!まったくびっくりだよ!
子役の時からテレビで見てる子って、いつまでもその頃のイメージが強くて困るよね。
あと安達と言ったら、昔、高校生の頃に友人が毎週のようにあらすじを話してくれていた「聖龍伝説」という愛すべきクソドラマ(これは褒め言葉です)のことを思い出すのです。

そして9月14日はわたくしの敬愛する新井様(ペケの作者の新井理恵先生のことだよー。)の誕生日でもあるので、ウェブの片隅のしがないこの日記から祝いの念を送りたいと思います。
ちなみにYAZAWAの永ちゃんと磯野の波平さんも今日が誕生日だそうなので、新井様の言うとおり、乙女座にはパラノイアな人間が多いのではないかと思った次第です。

私は見るたびに獅子座だったり乙女座だったりするので、もはや星占いなどどうでもよくなってきている今日このごろです。

いつもの偏頭痛がやって来たので今日はこのへんで。

2006年09月10日(日) つめたい水

いや、しかしながら、デスノ・ショック的なもののおそろしさにガクブルしています。
小畑センセーの逮捕に続いて、映画の撮影監督さんが亡くなってしまうなんて・・・(病気だけど)
オイオイ、シカオは大丈夫なのかよ!!!
って思うじゃないですか。
もうみんなお祓いしてもらったほうがいいんじゃね?
私なんて翌日の新聞の片隅にちっちゃく載ってる記事見た時ですら「小畑容疑者アッー!!!」て取り乱してしまいました。我ながら小心すぎる。
つーかアーミーナイフって、調べてみたら、アレのことかよ。
あんなんウチの親父でも持ってたっつうの。
まあ、法律で決まってることなんだから仕方ないんだろうけどさ、今回のことは運が悪かったね。
いくら人気漫画家とはいえ、坊主でヒゲヅラ(しかもモヒカンとの噂も)の30代後半のオッサンじゃ・・・車の整備不良のことを抜きにしても、そりゃ怪しまれるわな・・・などと失礼極まりないことを思いましたよ。
まあ初めて顔写真見たんですけど。本当に自画像と同じだった。
あーいう人があんな綺麗な絵を描いてんだって思うとちょっとだけ不思議な気分になりました。悪い意味じゃないですよ。
でもあーいう人が俺のかわいいかわいいLたんをこの世に生み出してくれたわけであるわけですから海よりも深く感謝せねばなりません。
そんなわけなので、小畑センセーがむばれ。超がむばれ。

あ、7日に拍手からメッセージくれた方どうもありがとですー。
世間ではどうか知らんけど、ネットでは本当に大変な話題になりましたね・・・

今日は車の点検をして、スーパーで買い物して、母方の墓参りに行ってきた。
同じ市内なんだけどその辺一帯には井戸水がそこら中に湧いているので、墓場で水を汲んだら死ぬほど冷たくて、いくら気温が高いと言えども、やっぱり、今は秋なんだなあ、と思った。
花を手向けた矢先に雨が降り出したので、あんまり長いお参りはできなかった。

最近、雑誌やら漫画やらCDやらを大量に買ったり借りたりしているので、その消化が大変で、また日記を書く気が失せていました。
今日、外出中にシカオの新しいアルバムを聴いていたけど、最初の方、シングル曲ばっかで、すげーな、ベストみてーだな、と思ってしまった。
でもちょこちょこいつものシカオっぽいエロ曲が聴こえたのでまあよし。
早く全部聴きたいと思いまーす。
ではでは。

2006年09月07日(木) ショコラ☆アラモード

昼間に携帯から送った文章がupされてなかったのでこっちにサルベージ。

ここから↓

「もう何が何だかわかりませんよ」

ゲェーッ!
小畑アッー!!!
(すいません呼び捨てた)
どうすんのさデスノ!
人が休憩時間終えて仕事モードになろうとした矢先に、yahooのトップ見て凍りついたのはこの俺だーッ!
でもこれで13巻がお蔵入りになってLたんの本名も謎のままになったらおもしろいかも・・・と思ってしまったので懺悔の気持ちとともにここに記しておきます。
あと最初にニュース見たときつぐみが逮捕された上にガモウってばれたのかと思って吹きました。

まあ冗談はほどほどにして、とりあえず、余罪とかなきゃいいなあ。
そっちの方がショックだ。

ここまで↑

yahooを見た瞬間の私が心臓麻痺になるかと思った。
映画とか、アニメとか、大丈夫なんすかねー。
いや、本当にびっくりしました。
あと記事見る前は正直はなっからつぐみの方だって決めつけてた。
お前死ぬほどガモウにあやまっとけ。

すいません。
とりあえずそれだけです。

ここ数日、雨が毛布のように降っています。

ギャッツビーのCMのキムタクが何度見ても女に見える。
けどキムタクやっぱすごいと思う。好むと好まざるとに関わらず。
安っぽい言葉だけど、カリスマ性っつうか、スター性っつうか、そういうのって本当にあるのかもしれないな、って錯覚に陥ったりする。
ベストジーニストはキムタクとアユとクサナギ君で終わっといていいと思う。もう。

今週もシュガシュガルーンを見てしまった。
オープニングの曲はとっても渋谷系テイストで素敵だなと思いました。
原作者が作詞ってかっこいいですよね。
さくらももこが作詞した曲なんて意味不明だけど名曲ぞろいですからね。
あと先週ボロクソに言ってたエンディングの曲が変わってました。
そっちの方もなんかかわいかったのでよし。
曲に合わせて流れる映像がガイナックスアニメっぽかったのでクレジットを見ていたら、アンノ夫妻およびフリクリのスタッフさんの名前が見えたのであー、やっぱりなー、と思った。
今度漫画の方も読んでみよー。

さっき見た、某新聞社のサイトの小畑センセーのニュースの見出しが秀逸すぎて吹いた。
あの記事を書いた記者はさぞかしいい仕事したって思ってるだろう。
そうです。
全部ライトのせいです。
そういうことにしておきましょう。

2006年09月06日(水) ありったけの愛

どうも。
紀子さんをさっきまで完全に雅子さんだと思っていました。
だって髪型が同じ。
・・・ちょっと、ちょっとちょっと!
(ってこれどういう時に使うんだろうね)
ワタシニホンジンヨー。

あとどうして年寄りは天皇家の話題が大好きなんだぜ?
日曜の朝から皇室アルバムを欠かさず見たりするのはなぜなんだぜ?
と昔から思っています。

月曜日に会社の事務所が移転しまして、引っ越し作業でバタバタしていたのでとてもつかれています。
ので夜はのんびりと雑誌や本を見たりたまに音楽を聴いて過ごしていると、あまりに気楽なので、わざわざ家でパソコンたちあげるのが億劫になってきました。
でも本を読んでいてもそれはそれで、10時半を過ぎると死ぬほどねむくなってくるのでなかなか先に進まなくて困る。

今日はシカオのアルバムの発売日だけど、店に行くのがめんどくさいので、週末に出かける時に買ってこようと思ってます。
つーかよ、シカオよ、グータンとかいう番組に出るらしいじゃん。
いちおう録画してきたけど見ないような気がしてきた。
最近そんなんばっか。
たとえば、Mステとか、リアルタイムで見れればそれはそれでいいんだけど、大概は家にいなかったり寝てる時間だったりするわけで、そうなると録画が必要になって、で、その時点で満足しちゃって、見るところまでなかなか気が乗らない。
自分の部屋にテレビがないから、別の部屋まで行かなきゃなんないってのも更に拍車がかかってるんだよね。
シカオだけじゃなく、あれだけここで書いてた割にトミタンライブとかも全然見てねー。
きりんじ関連なんてもっとひどくて、今年に入ってからラジオ一回も聴いたことない。
たまに本屋でブロス見つけて立ち読みするくらい。
そんでもってコラムページのアー写の頃のヤスが好きだったぜ俺は・・・って懐古厨になるくらい。
あとはそういう情報収集とかなんか全部めんどい。
今はもう曲が聴けてライブが見れれば別にいいじゃん、っていう非常にプリミティブな心理状態です。かっこよく言うと。

でもLたんはかわいいよね。
・・・あ、そうか、なんでこんなやる気ないのかって、Lたんに夢中だったからだわ。
だって来月になるとLたんの名前が判明してしまうんだぜ?
これを大事件と言わずに何と言うんだぜ?
って感じじゃないですか。

はいどうもすいませんでした。
それではまた。

2006年09月03日(日) オレ去年は充電してたんだよ まあ おととしも充電してたけど

先日ジャンプショップにて購入したジャガーさんのドラマCDを部屋のラジカセにセットしてはニヤニヤしていたんですけれども(うすた信者毎度乙)、「こういうのもiTunesで再生したらちゃんと曲名を判別してくれるんだろうか?」とつい魔が差してしまい、気がついたらパソコンのCD挿入ボタンを押していました。

なんとちゃんとタイトルが出ているではないですか。
うすた京介はアーティストだったのか〜。
あ、あんさん最高みゃあ〜。

そしてLast.fmに表示されている曲名を見てまたニヤニヤしました。
我ながらきもすぎると思いました。

ちなみにジャケット写真に何だか見覚えのあるこのCDです。
パクリではありません。オマージュです。多分。

10月には第二弾が出ます。
楽しみですみゃあ〜。

どうも、みなさま、こんばんは。
この1週間まったく自宅のパソコンを開かない日々を送っておりました。
Lたんの声がどうこうの日記は会社から昼休みに書きました。
でもこれって明日発売のジャンプに載るはずのネタなので、書いた後でこれもしかしてネタバレなんじゃねえか?と少しだけ思いましたのですが、他のブログとかサイトでもみんな普通に書いてたので別にどうでもよくなりました。
インターネットっておっそろしいですね。

家では本を読んだり散歩したりマイメロとシュガシュガルーンのアニメを見たり久々に見たスペシャの番組でDISCO TWINSという人らの曲に吉川晃司が参加していてPVのあまりのすばらしさに腰が抜けそうになったりMステを見てシカオの声ってつくづくテレビ映えしないなーなんて思ったりしていました。
あときりんじの金沢ライブのチケットを申し込んだ。
他は遠いし平日ばっかなので別に一番近いところだけ見れればそれでいい。

つーかバクかわいいよバク。
シュガルーンのアニメは絵があっさりすっきりしていて見やすかった。
安野さんの絵っていっつも見てると疲れるじゃないですか。
あとエンディングで流れてきた歌がえっらいヘタクソだったので誰コレ?と思っていたらクレジットに「野本かりあ」と書いてあったので、安野ファンおよび渋谷系の人に殺される前にまたしばらく現実世界にもぐりたいと思います。それではまた。