family mayonnaise

新しくない人よ、目覚めよ

2006年01月30日(月) シルバー・ソウル

銀魂はアニメ化かー。うむ、すごいな。深夜か。深夜じゃないのか。それはすごい。子供に見せたくない番組トップ10とかになっちゃうよ。いや、いいね、もっとやれ。破るに壊すと書いて破壊だよ。(@グループ魂)
それに比べてデスノの前途は多難だな。同じ実写映画化でも、テニス王子のアレの方がまだ見るに堪えられるような気がするもん。どんなに奇想天外な技(もはやテニスなどではないような)を繰り広げようとも、学校が主な舞台だから3次元でもいいけどさ、CGの死神って。CGて。リュー君・・・かわいそすぎ・・・あと主役以外の情報が全然ないっていうのも怪しい。だから、もうさ、窪様のLたんでいいじゃん。んでもって松田&相沢コンビはスキマスイッチでいいじゃん。えー、どうみてもアフロだけで選んでます。本当にありがとうございました。

デスノに関してはもう小畑画伯渾身の画集だけが目下の楽しみなの。高いけどえるたむフィギュア欲しいいいいい。えるたむかわいいいいい。あがががが(狂った)(本当にきもいですね)。

もう1月も終わりですね。結局この日記もこまめどころか放置してなんぼになってしまいましたね。すいません。やっぱ無理でした。そう毎日ネタに溢れてないので書くことないです。これまで通り、マイペースに行きますのでてきとーについてきて。もう知らん。

顔の長い人がいるグループとして有名な(私の中で)カトーン?じゃない、カトゥーン?いや「カートゥーンネットワーク」っつってるくらいだから正しくはカートゥーンか?カートゥーンであるはずだ?しつこいですね?まあ何でもいいや、何かジャニーズの若者達のデビュー曲の作詞をシカオが担当するという情報を綾香さんの日記で発見してしまいまして週の頭からお茶を噴き出す所でした。ちょwスカオwwwますます印税生活への道www
作曲はビーゼットの人なんだね。シカオとの共通点があまりにもなさすぎて、どんなカオスな曲に仕上がるのかと考えただけでオラワクワクしてきたぞー。あと、しょおおおおおどおおおお(略)。

あのフレーズを力いっぱい叫ぶとスッキリしますよ。やはり流行る、衝動。

2006年01月25日(水) 極楽はどこだ

やっぱり藤原ライトでしたねぇ
某所(人が某所と言ったらそれは決してmixiなどではありません)でちょっと前からそんな書き込みを見かけたので。ということはえるたむはアレか・・・アレなのか・・・って全然知らん人なんやけど。むしろリンク先の記事の藤原君の写真がえるたむなのではないかと思いました。ていうかえるたむとか言ってきもいですね。まあ今に始まった事じゃないけどね。・・・さーてとー、みんな元気ー?私は歯医者通いも昨日でひとまず終わりまして、次は既に忍び寄りつつある花粉症におびえながら過ごす今日この頃だよー。健康って何だー?どこに行けば手に入るんだー?

TBSの日本むかし話の次に入る番組内でジュニアシニアの最新アルバムの曲のイントロがすげえ使われていた。あとキリンジリミックスの何かの曲っぽい部分もあったような気がする。JSのCDはこないだ買ったんですけどね、なかなか良かったです。デビュー曲がファミコンっぽいPVだったことぐらいしか知らんかったんやけれども、このアルバムはやたらと女性のボーカルが目立ってるな。まあ聴いてて楽しいのでよしとする。
しかしフランツと言い、またしても2ndから入ってしまったので世の1st信者の皆様方からすると私のような奴は一言物申したいもんでしょうな。すいません。エーロスエロス、エロスンマセーン。(←昔どこかの誰かが使っていたフレーズ)(今年はこれを是非はやらせて下さい)(いやです)

日本むかし話と言えば、その面白さは21世紀に見ても相変わらずクオリティタカスクリニックなわけですが、おいしいおやつにほかほかごはん、あったかいふとんでねむれることがどれだけ幸せであるかってことを改めて実感させられたわけです。にんげんっていいな。はまさに後世に残してゆくべき名曲ってことよ。

2006年01月23日(月) 謳ってる時代の寵児も 通り雨に打たれた 今日

コナンの時間にニュース速報を見た瞬間、まさに
「ちょwww堀江wwwww」
みたいな、そんな気分になりましたとさ。
人生って本当にわからんもんですね。

どうでもいいが、こなあああゆきいいい(ry)の次はしょおおおどおおお(@B'Z)が来る。多分。

はいどうも、こんばんわ。金曜の夜から鼻水が止まらなくなり、そのまま土日にかけて微熱とだるさが続いたので寝たり起きたり本読んだりCD聴いたりしていました。ので書きたいことは山ほどあるので順番に片づけていきたい。

今日はとりあえず料理の写真をば。


ピリ辛牛肉のラップロール、たことサンチュのチョレギサラダ、豆乳海老ワンタンスープ、ライムのさわやかヨーグルト。



鰤の照り焼き、酢ばす、ごはん、かぼちゃの煮物(鶏のそぼろあんかけ)、どら焼き。

うまいことコメントをひねり出そうとしたけれど何も書くことがない。うまかった、としか言えぬ。あとは苦労話しかない。海老を調味料と混ぜて揉みこんだ直後に手が死ぬほどかゆくなったり(ので今後の対策としてポリ手袋を買った)、授業の始まりから終わりまでひどい鼻水に悩まされた事ぐらいしか思い出せぬ。あそこに行くとどうして体のどこかが不調になるのは何故。何かの呪いなのか。

ガラリと話変わって、DVDの感想の続きをば。
トップをねらえ2(1〜3)

2ってくらいだから1があるんだよ?それも見てないのにいいのか?俺?と思いつつもどこかでFLCLの続編みたいだからっていう話を小耳に挟んだので勢いだけで見てしまった。ら、作品そのものも勢いだけでつっぱしる展開だったのでまあいっか、と思った。ロボットの登場とか出撃とか攻撃とかの動きがいちいち派手なのがガイナらしいなあ(でもそれが好きなんだけど)。でもキャラは今風の萌え系でありながらあざとすぎない絵柄でかわいい。エンディングのイラストがもう最強。okama氏マンセー。ここだけでも見る価値があると思います。曲もいいの。でもCDになってないらしいぜ・・・なんでやねん。オープニングの方はすでに発売されてるので、アニメ絵のジャケットであろうとも惜しみなくタワーのレジに差し出してやりました(が、何か問題でも)(@おぎやはぎ)。ええねん、ラウンドテーブルだから。しかしこの人達に対する私のイメージは渋谷系のオサレミュージシャンだったのですが、今やアニソン歌手なのですか?んなわけねえよ。すいません。

2006年01月19日(木) 素敵な恋人 ハチミツ溶かしてゆく

行間が狭くてあまりにも読みづらかったので少しだけ間隔を広げてみました。
自分でも大いに気になってたんですがスタイルシートがよくわかんないまま放置してたら改善が遅くなってしまいました。すいませんでした。
これでも見づらいようであればまたメールから教えて下さい。

さっきNHKで明日の天気予報を見ていたらこっち(=北陸)が晴れで関西と東海地方全域に雪マークが出ていたので思わずなんでやねん、とつっこんでしまいました。めずらしい、っていうか、めったにないよね。
最近じゃすっかり道路の雪も消えて平和な日々です。でも寒いので外出するのがめんどいので休日限定ヒキーと化しています。そしてツタヤでDVDばかり借りてきています。今日はそんな感じで感想をちょこちょこと書きます。女王の教室以外で。ちなみに全部アニメです(が、何か)。

ハチミツとクローバー(1・2巻)

人が恋に落ちる瞬間を、初めて見てしまった。
初期の頃はこういうちょっとしたセリフにハッとさせられた。最近はあんまりそういうのがなくて印象に残るシーンが少ない気がする。
説明するまでもなく、みんな大好きハチクロのアニメ版ね。でもはぐと山田は1話から出会っちゃってるし、冒頭から竹本が自転車で走り続けるシーンが事あるごとに挿入されていて少し戸惑った。実は、彼の自分探しの辺りはあんまり記憶にないから。で、えーと、本放送ではここまでやったのですか?続きがすげえ気になるわぁ。
上で挙げたシーンとか、森田先輩がコロボックルはぐに持たせる葉っぱを探しにダッシュするシーンの後ろに流れるスピッツの名曲ハチミツのいつ聴いても色あせないみずみずしさだとか、夏のけだるい風景を象徴するかのように流れ始めるシカオの8月のセレナーデだとか、真山×山田のもうオレを見るのやめろのシーンだとか、初めて漫画を読んだ時に感動したあのシーンの数々に動きと声が付いて再現されるのを見る瞬間はいつだって、どんな作品だって嬉しいものなんだ、と思いました。
真山がえらくかっこよすぎてムカついたり女子サイドの声優が以下略だったりOPの映像が激しくキモかったりしましたが、私は元気です。つーかあの映像はありえない。YUKIの曲のPVとしてならまだしもアニメのOPとしてありえない。いくら野田凪と言えどもありえない。アニメのOPというのはだな、わかりやすい例で言うとエヴァのようにキャラ総出演でもってわかりやすいのじゃないと嫌だ。認めない。あれの良さがわかんないやつはどうしようもなくセンスがないオタクだと言うのなら、一生キモオタで結構じゃわいよ・くちゅーるじゃコルァァァァァ。(意味がわかりません)(すいません)

2006年01月16日(月) 僕の好きな先生

DN実写映画化の正式情報が出たみたい。
しかもLたんは窪様じゃないみたい。
ど・・・ど・・・童貞ちゃうわ!じゃなくて、どないすんねん・・・ワイはもう知らんで。
と何故か関西弁になってしまう今日この頃ですが皆様いかがおすごしでしょうか。あたしゃもう映画の話なんかより神様小畑先生様の画集の方がすげえ楽しみなので後は自分の考えた配役を熱く語るのが大好きな妄想族の皆さんに任せた。
ジャンプの偉い人はDNをNANAみたいにメディアミックスでもって売り出したいのかな。そのうちアニメにもなるのかな・・・ハハ・・・そりゃすげえ・・・でもミュージカルはやーよ。ミュージカルはねーよ。それこそテニヌに任せとけ。

話変わりまして、昨日もまた女王の教室の続きを借りてきて見てました。前回も書いたように私の胃をキリキリと痛めつけ、ムカつきのあまり暴言の限りを吐かせたおぞましいいじめの数々を受けていた主人公がめげずに立ち向かう→その姿に一度は裏切った子も心打たれる→和解→ウマーというベッタベタな展開なんですけど泣いた。そりゃもうげっそりするほど泣いた。まさに1リットルの涙。こなあああああゆきいいいいい(ry)(つーかここしか知らない)
正直のところ、この主人公のポジティブすぎるところは長所というより短所なんじゃないか、周りにこういう奴いたら結構うざいんじゃないかって、何度も思ってたけど、その努力が実を結んでよかったね、アンタの望み通り、クラスが一丸になれてよかったね、って感じで救われました。あとこないだ地獄に落ちろとか言ってたエリカにもそれ相応の罰が(財布盗んだのの)下ったのでスッキリです。そんな思い出の集大成である卒業制作が完成してみんなが大喜びしてるシーンでまた泣いた。私は単純すぎる。でもまだ終わりじゃないんだけど。次は何だっていうのよ・・・ほんと先が怖いドラマだわ・・・
ところでこのドラマってわたくしの大好きな「イオナ」に通じるものがある。
イオナと真矢は外見も態度も正反対の教師だけど、どこに住んでるのかも結婚してんのかもわからないくらい謎が多く、突然子供達の背後に現れたりする神出鬼没なところとかが色々と被る。多少インスパイアされてんじゃないかって思ったり。むしろイオナをドラマにしてくれればよかったのに。なんて。
女王の方と違ってイオナは明るくおもしろい漫画なので興味が湧いた方は是非読んでみてもらえたら嬉しいです。

2006年01月15日(日) ねこ☆ねこ☆ファンタジア

ワイはもうだめや。ねむくて死にそうや。
最近寝ても寝なくても寝起きがだるいです。なーんでか。
オラも熟成やずやの香醋欲しい!(@はてな)(しかしまた地味なプレゼントだよね、プリンターやmacに比べたら)

昨日は午後から親戚の家に出産祝いを持って行って長居した挙句、夕食まで食べて帰ってきた(すげえ量のおかずを出されて苦しんでたら少食やって言われた。私が・・・少食・・・)わけですが皆様いかがおすごしでしょうか。子守の手伝いで母方の祖母も来ていたので新年の挨拶に行ってなかったついでに色々と話したりみんなで食事したりでわきあいあいと楽しかったです。子供もまだ2ヶ月ぐらいでかわいらしかったけど長い時間抱っこすると重いしやたらと足をバタバタさせて元気がありあまっていたのでこりゃ大変だ、と思った。私より4年も5年も若いいとこが風呂桶で子供の体を洗ってあげているのを見ていると、大人だなあ、と感心せずにいられません。えらいですな!!!あと数ヶ月もしたら旦那の仕事先の東京に行って何年かあっちに住まなきゃならないのでますます大変だけれどがんばれ。何かあったらすぐ言うんだぞー。みんな助けに行くぞー。

まあ実際は赤ちゃんよりそこんちのねこにかまいっぱなしだったわけですが。(赤ちゃんは寝るのが仕事ですから)ストーブの前で寝てる間中喉元ゴロゴロしたり毛を撫でたりしっぽと耳を触り続けたせいでしまいには警戒されちまったぜ。ごめんちゃい。でもねこかわいいね。オラもねこ飼いたい。(でもお母様がねこ駄目なんで無理だな。)しょこたんこと中川翔子さんがマミタスマミタス言うてるのをはじめ、ウェブの人々がねこの写真を逐一upしたがる気持ちがよくわかった一日でした。私も何枚か撮ったのでヤプースの方にでもupしようかな。なんて。

2006年01月12日(木) あの世で罰を受けてこい

火曜日に歯を抜いた。親知らずだ。その日は血の混じった赤い唾液がとめどなくあふれておっそろしくて夜もろくに寝れなくて(神経質なのよ)、よせばいいのに歯がなくなってごっそりと穴が開いた左下の歯ぐきのくぼみをつい舌で触ってしまったりしているわけですが皆様いかがおすごしでしょうか。思い起こせば今回抜いた歯は大学卒業したぐらいから現れはじめ、その存在に気づいたので5年ぐらいしか経っていないというのに、いざなくなってしまうと上の歯との噛み合わせがうまくいっていないようなのかぎこちなくて顎が痛い。これが生える前は上下ともに奥には全く何も生えていない状態で食べ物を噛み続けていたのに、慣れっておそろしいですね。そんな「はじめての親知らず」はもちろん記念にもらってきました。という話題で思い出すのが、昔、某音楽雑誌の連載でaikoが自らの親知らずに顔を描いた写真を載せていた事です。

昨日はタワーでピロウズの新しいアルバムを買いました。久々に色々試聴したらスネオとくるりがなかなかよかったので年が明けてから何故か音楽への興味が薄れていたのが少し戻ってきました。つーか両方とも去年発売だろというつっこみは聞き入れない方向です。
そんな中、アマゾンでは4週間待ちとかふざけた事を書かれ(すいません)東京でも頑張って探したけど見つからなかった(東京駅の構内の本屋しか行ってないからしょうがないか)きりんじの本がおもいッきりディスプレイされているではないですか・・・
ちょwwwオッサンwwwww灯台下暗しwwwwwww
もちろん買った。まだ読んでいない。しかしパラパラとめくった限りの範囲で言えるのは、ヤスのセンスにはつくづく脱毛脱帽させられるということです。高樹の絵はたまによくわかんないのもあるけどまだ絵心あるほうだと思うんですが、ヤスのはお笑いマンガ道場のフリップボードみたいな絵だとかすげえ失礼な発言で締めておきます。
あーあー今年こそきりんじファンの女子に殺される。そうそう、ここもなんだか知らない間にきりんじアンテナに加えてもらってたみたいです。どうも。ノーミュージックというよりノーLたん・ノーライフ日記へようこそ。またよろしくおねがいします。
中には2006年もおまえみたいなキモオタとおはようからおやすみまで暮らしを見つめなくちゃいけないのかよ、絶望した!と思われたでしょうが、すいません。これは運命です。

2006年01月09日(月) 

アヘアヘー。もう駄目っす。生理痛がひどくて限界っす。せっかく今日はABCでブラウニー作る予定だったのにまたキャンセルですよ。いつもの友達に今年は授業をキャンセルしないって書いて出した年賀状、新年2週目にして前言撤回なりーッ!まあしょうがないですよね、風邪と違ってこっちは突然ですもん(他の女性の皆さんはそうではないかもしれませんが私はそうなんですよこれまた)。
そんなわけでもうなんかだるいのでこの日記書いたらパソコンの電源切って買ってずっと置きっぱなしだった激刊山崎でも読みながら寝ます。しかし年明けてから寝すぎだな、休みの日に。

土曜日発売のジャンプを日曜日に気付いて読みましたところ、うすたはさりげなくテニヌ(無我の境地)をバカにしているようにしか見えなく、そのテニヌは作者の人が怪我でページ数が少なかったらしいがそんなことは言われなきゃ全くわからず、DNではミサがまたしても若者とは思えぬ死刑ポーズを披露し、TERUが電車男ならぬデスノート男(電車内で酔っ払いに絡まれた女子を助けるためノートにオッサンの名前を書いて殺す。そこから恋が芽生え・・・ねーよwww)と化していたのでおもしろかったです。

では最後に昨日作ってきたパンの画像でお楽しみ下さい。


・チーズクーペ
フランスパン専用の粉をこねて作る。角切りのチーズを混ぜて包んで、クープナイフで中央に切り込みを入れて中のチーズが見える状態で焼く。

今年はまたまじめに画像をupしていきたいです。たまってた分は各月の空いてる日付のページに書こうかと思ってます。頑張ります。

2006年01月08日(日) 目覚めなさい、迷える子羊たちよ。

ああ、つかれた。何をって、やっと東京日記を書き終えました。やっとかよ。遅ーよ。と思ったでしょう。その通りです。私ほんと文章書くのに時間がかかるんだよね。表現とか、色々気にしちゃってさ。そんなわけでがんばって書いたのでリンク貼っときます。過去ログ宣伝厨です。
12/29分・・・コミケ@一日目
12/30分・・・カウントダウンジャパン
12/31分・・・秋葉めぐり
こうして書くとどれがメインなのかわからない。や、Lたんはかわいいけれども、メインはもちろんCDJだぜ!日程がCDJの前日だったからコミケにも行っただけだぜ!か、勘違いしないでよねっ!(またツンデレか)

そんな東京で年末2日にまとめて放送してた女王の教室がおもしろかった(せいでついつい見ててしまい約束の時間に遅刻しそうになったので皆様すいません)のでDVDの1・2巻借りてきたんですが、私は間違ってた。すげえ辛い。私が東京のホテルで見てたのは感動するとこと平和なとこだけだったんだ。主人公の子、すげえいじめられてんじゃん・・・フィクションとは言え私のいっちばん苦手な一人の人間が集団で責められたりいじめられたりするシーンがありすぎて胃の辺りがキリキリしてきた。少しでもそれっぽい展開になっただけでキリキリ、次回予告見ただけでキリキリ、もう大変。
でも文句というか罵倒はしっかり言うてるんですけどね。この鼻でかエリカめ地獄に落ちやがれとか親友とか言って簡単に裏切ってんじゃねーよクソ共とか全員死ねばいいのにとか(以下私のイメージダウンに関わるので略)ばっか言ってた。おおこわいこわい。書いててあまりに自分がこわすぎる。本当にすいません。つーか今思ったんだけどエリカって名前の役の女って嫌な奴ばっかじゃねぇ?まあ家なき子の榎本加奈子扮するエリカ(何でも例える奴)しか知らないんですけど。
でも真矢(先生)はやることが極端なだけで、言ってる事はもっともだし今の学校現場におけるおかしなところを痛いくらい突いてくる展開は悪くはないです。まだ半分ぐらいしか見てないけど、これだけムカつきながらも先が楽しみだなんて、私は真性マゾかもしれません。リアルタイム放送時に抗議がけっこうあったとかいうニュースを見て、みんないやなら見なきゃいいんじゃないっすかね・・・とか思ってたけどもうそんなことは言えません。最後まで見てやりたいと思います。オレは負けない。では寝ます。

2006年01月04日(水) 

こまめに日記書きます言うて元旦から放置かよ。と思ってるでしょ。
それは違いまっせ。東京旅行記を必死に書いてますねん。
もうチッチキチーやで(どういう時に使えばいいんでしょうかこのギャグは)。
とりあえず29、30の分は書きました。29日の方はオタに許容のある、むしろ俺がオタだという方のみ見ることをおすすめします。よいこのみんなは30日のところだけ見て下さい。この後追加される31日もあやしいので先に警告しておきます。

年明け早々から歯の奥の方、いわゆる親知らずが未だかつてないほど痛みだしたので今日病院に行ってきましたところ歯茎の粘膜が腫れているということで来週辺りに左の上下2本を抜く事になりました。わたくし自慢ではございませんが(どう見ても自慢です本当に以下略)虫歯になったことがないので、これまで歯医者では生え変わりで今にも抜けそうな歯を抜いてもらったぐらいしか治療を受けたことがありません。わはー、こえー。しょっちゅう歯の治療してるヤスすげー。

明日からまた仕事だよー。働きたくないよー、楽して暮らしたいよー。
すいません。がんばります。

2006年01月01日(日) 一年の計は元旦にありです。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
もっとこまめに日記を書いていきたいと思っています。頑張ります。
あと昨年よりもっとCDや漫画のレビュー、とまでもいきませんが感想を書きたいです。でもあんまり興味の幅を広げすぎるとわけがわからなくなるのでこれからはその時の気分で好きなものや情報を選ぶようにしたいです。

今日はザ・正月って感じでダラダラとテレビを見ながら年賀状を書き続けていました。明日出します。もう2年連続でこれなので次こそは早めに準備します。ちゃんと元旦に届くように出してくれた友人のみんなへ、どうもごめんちゃい。

2・3日東京にいただけで車を運転する感覚がうまくつかめなくて困った。首都圏はよっぽどの田舎じゃない限り車なんかいらないし電車でどこでもいけて便利だよなー。わたくし正直のところ車の運転には向いてないなっていつも思ってます。もちろんどっちにもメリットデメリットがある事は承知だけど車に乗ってるとストレスが溜まる一方だし疲れる。デザイン的な所を見てる分には好きだけどあとは嫌い。でも乗らないと生きていけないから乗ってるって感じ。

ちなみに東京ではこんな感じで時間が過ぎていったわけですが。
・29日
お台場の端の端の某イベント(わかるひとだけわかれ)に午後からちょっとだけ乱入。知人のNさんとおしゃべりして帰ってきた。
その後ヴィーナスフォート周辺をうろうろ。
ゼップのイベント絡みでギャル系とギャル男の人がいっぱいいて超絶に怖かった。
ヴィーナスフォート内の某イタリアン系のレストランに一人で入ったら店員だけでなく客までがまるで一人で入るのが悪い事であるかのように私を小馬鹿にしたような態度だったのでムカついて後でここに名前出してやろうかと思ったけど大人気ないのでやめます。それにそんな失礼な店がこの先ずっとあるわけないだろうから。ひとりが駄目なら入口とかどっかに書いとけ!馬鹿!
・30日
カウントダウンジャパンを見る。綾香さんと友達のりえさんサンキュー!
見たのはポリシックス、アヒトとオリエンタルマシーンの仲間達(仮)、グループ魂、バイン、ポリシックスの人のDJをステージ外からとあときりんじ。
きりんじ後半から終了直後にかけてのペンパキッズの猛突撃が超絶に怖すぎて命からがら脱出。その後疲れたので帰った。
・31日
Nさんが秋葉に連れてってくれた。うむ、これがこのごろはやりのアキバか。
メイド喫茶で一番人気の@ほぉ〜むcafeに入ることができたけどNさんの予定の関係であまり長いこといられなかったのでとりあえず飲み物だけ注文して出てきた。やー、すごかった。あれはメイドというよりほとんどキャバクラじゃないか。ちなみに受付をしてくれたのは眼鏡っ子だったんだけど、私は前髪ぱっつんのロングヘアーで切れ長な目の子が好みでした。オリエンタルな雰囲気が素敵なの。栗山千明をもうちょっと親しみやすくした感じの。そのメイドさんに私の頼んだアイスカフェラテにシロップをいれてもらえたので、ああ、萌えとはこういうことかしら。と思ってしまったことはここだけの秘密です。

細かい事はまたちょくちょく書いていきます。
さー、DNのカレンダーも飾ったことだし、今年一年もLたんかわいいだぞー。
きんもーっ☆