family mayonnaise

新しくない人よ、目覚めよ

2009年02月01日(日) 恐るべき子供達

オッス!オラ無職!
(一度言ってみたかっただけ)
失業保険給付の手続きを済ませ、この1週間、何をしていればよいのやら全くわからずに(一応仕事は探していますが)元会社から漫画喫茶、図書館をフラフラとうろつきまわるだけの日々を送っていました。よって、特に変わった事もなし!金曜日に行った図書館では一日中雑誌という雑誌を読み漁っていました。おかげで頭の中はすっかり情報過多です。昨日はいつのまにか胸の辺りまで伸びていた髪にうんざりしたので美容院でばっさりカットしました。肩につくかつかないかぐらい、個性的じゃない程度のボブっつうか、とにかく非常に気分すっきりであります。
明日からは本当に気合を入れなおしてがんばる。わずか1週間で退屈にも飽きた。もはや我々現代日本人のDNAには馬車馬としての生活リズムが刻まれているのだ。まったく飼いならされやがって・・・

この間再放送をしていたトップランナーを見ていた。ゲストは森本千絵さん。mr.childrenの最新アルバム「SUPERMARKET FANTASY」のジャケットデザインの人と言えば、音楽好きなら大概の人にわかってもらえると思う。私初めてあれ見た時、思わず「うわーーーっ!!!」って言っちゃいましたもん。参りました!!!って、あまりにも私の好きな色鮮やかな世界がそのままそこにあって。でもほらあのCDきりんじのベストと発売日同じだったじゃないですか、だから個人的に微妙な敵対心を抱いていたのですが(抱いても勝てないんだから安心しな)(すいません)母が聴きたいというので買ってきたのだった。
森本さんは私よりもちょっと年上の女性で、作品から想像されるように、子供の無邪気さを大人になっても残しつつ、軸がぶれずにちゃんと立っている人だと感じた。番組内ではミスチルの作品に対する裏話が主でそれぞれの作品に凄く愛がこもっているなあと感動していたんですけれども、公式ホームページを見るとsalyuのアルバムや月桂冠のCM、ぎおんごぎたいごじしょも彼女のものと知った。あと私が昔好きだった日産ノートの車で大きなキャンバスに絵を描くCMもそうだった。あれはCGではなく人間の力で製作したもので、事前のシュミレーションを綿密に行ったとか、雨が降って一度失敗したとかで色々大変だったけど、その大変な場面をどれだけ楽しんでやるか、っていう考え方は全ての働く人にとって大事なことでありますよね。

その後同じく録画しておいたタモリ倶楽部スペシャルを見た。するとこっちはこっちでいい大人どもが下らないことにマジなわけだ。上に書いた森本さんと同じく、楽しむということについて考えさせられて、全てはつながっているもんだなあと感じた。
80年代の昭和感あふれるコーナーも電車企画(ではしゃぐ原田芳雄さん)もおもしろいのだが、ストーンズのドームライブを無料で楽しもう企画が笑えた。ドーム近くの部屋を借り切って、そこから漏れてくる音を聴くという・・・ゲストのあんた達みんな音楽業界人なんだからチケットもらって見たらいいじゃないのよ・・・という無粋なつっこみはいけません。しかしながら音漏れひどいとか、客が全員でジャンプしたら震度いくつとか、そんな話題ばかり聞こえてくるドームで何故世のミュージシャンはライブをやりたがりますか。と凄く気になる今日この頃です。
そういえばデイリーポータルはタモクラに通じるものがあるなあと思った。