しるす

2019年11月18日(月) フレイズ

君の三原色をセルロイドに重ねたら
君はいなくなった
僕の存在も危うくて
隠してあるから
目に見えないもの
なにも感じられないの
そっとそっと
音だけが

君の周波数を僕の周波数と重ねたら
なにも聴こえなくなった
不確かな振動が消えていく
波のあいだに

わかっていたとおもう


 < なかったような  INDEX  


horane