umityanの日記
DiaryINDEXpast


2018年12月31日(月) 一年の反省だあ。

いよいよ、今日は大晦日。一年の反省をしなくちゃ。総じて言えば可もなし不可もなし。ただ、ひたすらに一年が過ぎた。思い起こせば、台湾旅行をしたこと。永平寺へ詣でたこと。よく、飲みに行ったこと。忘年会で、よく歌ったこと。点数制カラオケに興じて、ことごとくネズミ男君に敗れたこと。よく、仕事をしたこと。稼ぎはまあまあだった。

あげればきりがないが、まずは、健康で一年を過ごせたことが、何よりの収穫だろう。同級生が亡くなった。葬式にも参列したが、ただただ悲しい限りである。よく、一緒に飲んだのに。体が悪いとは知らなかった。人生とはいつ、何時、我が身に災いが降りかかるかも分からない。

テレビで、見たが、死後の世界はあるのか?。臨死体験ってなんだ?。幽霊はいるのか。霊魂はあるのか?。生まれ変わりってあるんか?。うんんんん、気持ち的には、そのすべてが存在してほしい。

だが、しかし、ばっと、そのすべては脳がしくんだものだろう。心臓が止まっても、脳はしばらく働いているそうな。その間に、臨死体験や、いろんなことを経験するらしい。自然界のすべては、死して、原子に戻る。この宇宙空間に飛び散って、さまようだけだ。原子に心はない。すべてが無である。なんだか、人生ってむなしいなあーー。

だからこそ、今という人生を懸命に有意義に楽しく生きなくちゃあーである。ゴーンさんは億万長者である。まあ、そんなに金は持たなくても、楽しく生きていけるほんの少しの金があれば良い。よく、ネズミ男君と言っている、「金を残して何になる。金は使い切って行こうぜ。俺に宝くじが当たったら、半分はあんたにやるよ」と。うんんん、独身のネズミ男君らしい。

そういえば、最近、いいことがあったようだ。毎朝、雀に「米」をあげている。朝になると、チューチューと50匹くらいの雀が、庭に来るそうだ。米を庭のテーブルに置いておくと、我先にと、すずめが群がる。カラスや鳩までが来るそうだ。だが、まだ手に乗って、餌を受けるまでは行かない。雀も用心深いぜ。

餌を毎日やるという無心の行為が身を結んだのか、宝くじに三千円が当たったそうな。彼、曰く。「雀の恩返しだぜ。そのうちに、もっとでかいのが当たるぜえーー」って。「いやああ、面白い。期待して待ってますよーーー」だ。

とりもなおさず、今日は大晦日。明日から新しい年が始まる。来年はもっと、もっと、健康で楽しく生きてやるぜえーーーーーーー。


umityan |MAILHomePage

My追加