umityanの日記
DiaryINDEXpast


2018年01月20日(土) のび太君おめでとう。

明日は、のび太君の、○○才の誕生日。明日は日曜日なので、今宵、いつもの小料理屋で誕生日祝いをすることになっている。今、時間の合間を利用してこの日記を書いている。

実は面白いことに、僕、ジャイアンが9月27日、ネズミ男君が10月30日、小料理屋のママが、11月20日(もう亡くなったが、僕ジャイアンの母と同じ日だった)、12月11日が、卵おばさんの誕生日。そして、明日、1月21日が、のび太君である。

よくよく考えてみると、9月から毎月誕生祝いをすることになる。僕、ジャイアンを皮切りに、5ヶ月連続だ。小料理屋へ、祝い品を持ち込んで、飲みながらお祝いだ。今回は、僕、ジャイアンは、ワインを一本持参。ネズミ男君と卵おばさんはケーキを買ってくる。小料理屋のママは、「シャンペンでもだそうかね」と言っていた。後は、ママの手料理に舌鼓を打つことになる。「ママちゃん、安くしといてね」。これが僕たちのお願い。のび太君おめでとう。

僕たちは結構、仲が良い。来る6月には海外旅行をすることになっている。またまた、珍道中になることは間違いない。タイに行ったときも、ベトナムに行ったときもそうである。

ベトナムのハロン湾では、一匹、千円以上はする「エビ」を船の中で買わされたし、タイでは、象さんが怖くて、ドラえもんくんは背に乗れなかった。大笑いしたことよ。

又、さるホテルのトイレでは、尻を洗おうと、スイッチを入れたら、水が勢いよく飛び出して、天井を直撃。尻の穴に、まともに当たっていたら、「腸まで水が届いたぜ」とは、その後のかたりぐさ 。

実は、僕、ジャイアンがトイレに行ったとき、予備のペーパーがなくて、トイレに監禁されること十分ばかり。いやはや、格安旅行とはこういうものか。

とは言え、友人達と何の気兼ねもなく行く旅は楽しいし、良い思い出になる。いつまで、こんな旅が出来るか分からないが.,行くところまで、行こうではないか。


umityan |MAILHomePage

My追加