umityanの日記
DiaryINDEXpast


2020年12月31日(木) 何事もなく時は過ぎていく。

いよいよ年の暮れ、大晦日。今年はコロナに始まり、コロナで終わった。おっと、終わったではいけない。まだ進行中だ。僕にとっては、大晦日であれ、正月であれ、単なる時の経過にしか過ぎない。あらたまる必要はない。コロナは来年も続くだろう。「早く立ち去れ、コロナよ」。

そうそう、年末ジャンボの当選番号を見た。「もしや」と言うことがあるやもしれない。30枚買っていた。うんんん、残念ながら300円が3枚当たった。去年は3000円が1枚、当たっていたが今年は残念だ。

それでも、1000円で10枚の西日本宝くじが1枚当たっていた。1000円である。取り戻したぜ。楽しんだ分だけ幸いだ。

今日は、寒い一日だった。数年に一度の寒波襲来。昨夜は風が強く眠れなかった。トイレに起きて窓の外を見ると、すでに、畑や、道は雪景色。うんん、最近の天気予報はよく当たるぜ。おかげで、7時まで布団の中で過ごした。

起きて窓の外を見ると、ネコが二匹、「にゃん、にゃん」と鳴く。夜は外で過ごしたのだろう。寒くて、お腹もすいていたに違いない。ドアを開けると、すぐ入り込んできて、餌場をあさっていた。

このネコたちは捨て猫だった。我が家で一匹、飼っていたが、どこからか、一匹迷い込んで?、いや、捨てられて我が家へやってきたのだ。二匹とも仲が良い。

まあ、悪さをしないから、放っておく。トイレは家のなかではしなくて、外で用を足すようだ。えらい。

僕は寒さに震えながら、残務整理を行った。要領が悪いから仕方がない。のび太君がやってきた。近所の農家からもらっていた、大根2本と、大柄な白菜をあげた。子供達が帰ってきているので、「鍋」をするそうだ。よかった。よかった。僕のところでは 食べきれないし、生ゴミへ行くことになる。

とりもなおさず、12月31日。明日は1月1日。「一年の計は元旦にあり」と言うが、僕にとっては何でもない。ただ、日にちがめくれるだけだ。何事もなく時は過ぎていく。


umityan |MAILHomePage

My追加