umityanの日記
DiaryINDEXpast


2019年12月11日(水)

誕生会
2019年12月11日 日常
今日は福島県から当地にやってきている石川さん、通称、「卵おばさん」の誕生日だ。知り合ったきっかけは、僕たち、とっちゃん坊や達が旅行へ出かけるため、駅へ集合していたとき、そばを通りかかった。ネズミ男君が、やにわに、カメラ撮影をお願いしたのだ。快く彼女は引き受けてくれた。「どこかへお出かけですか」と、のび太君が問うと、福島へ帰るのだそうだ。

福島は、大地震の影響で、ことごとく町が破壊され、復興の途上にある。彼女の家もすっかり破壊された。てなわけで、彼女は当地へ疎開してきている。なんとなれば、犬を飼っており、犬と一緒に住める場所を探していて、当地のアパートへ引っ越ししてきたわけだ。

途中まで、新幹線で一緒だった。福島では大きな会社につとめていたらしい。すっかり打ち解けて、こちらに帰ってきたとき、「一杯やりましょう」と、約束を交わしていた。もう3年前になる。昨年は一緒に台湾へ行った。外国旅行は初めての経験。きっと、おっかなびっくりしたことだろう。まあ、梓のママがいたから、大丈夫だったようだ。

てなわけで、今日は「卵おばさん」の誕生日だ。なんで、「卵おばさん」かと言うと、大量に故郷から卵が送ってきて、僕たちにお裾分けをするからだ。ネズミ男君が大助かりだ。卵のみならず、なんやかんやと故郷から送ってくる。そのたびに、おすそわけだ。なんでも、備蓄米が送ってきたとき、ネズミ男君へプレゼントだ。彼が飼っている?雀君達への、ごちそうである。当分、餌に困らないそうな。

今日は6時半から、小料理屋「梓」で、お祝いだ。僕はドイツのワインを、ネズミ男君とのび太君はショートケーキを、梓のママは、手料理で、僕たちの胃袋を満たす。

そうそう、「卵おばさん」は独身。すでに、旦那は他界したそうだ。ネズミ男君も独身。これ幸いと、僕、ジャイアンが、ネズミ男君へ、「卵おばさんを嫁にもらったらどうか」というと、彼は顔を赤らめて、「おいどんは、もう結婚しない」という。「なにせ、最近の女性は気が強い人ばっかりで、優しい人はいないからなあーー。いやんなっちまうぜ」と彼は言う。「卵おばさんは優しいぜ」というと、顔を赤らめて、もぐもぐだ。

まあ、世の中はなるようにしかならない。時が流れれば、変化もあるだろう。とりもなおさず、今日は誕生会。飲み過ぎないように注意しなくちゃ。




umityan |MAILHomePage

My追加