umityanの日記
DiaryINDEXpast


2019年05月27日(月) 猫とカラス。5月よさらば。

アライグマ騒動が終わり、平穏な日が続いている。今は、家の天井裏も何事もなかったかのように静かだ。まあ、それは良いとして、最近、面白いことがあっている。

なんと、野良猫が我が家へ、食事をもらうため、毎日、数匹出没している。山の神が、めっぽう猫好きで、猫が出没するたびに、お盆に「ご飯やら、食べ物の残り物」を、入れて、庭の木の下に置いている。そく、猫がやってきて、餌をついばむ。その様子を電線に止まっているカラスが見ているのだ。しばらくすると、なななんと、カラスが舞い降りてきて、猫の尻尾の方にたたずむ。

猫の残り物に預かろうという寸法だ。結構、食事に時間がかかると、カラスもしびれを切らして、猫の尻尾を、くちばしでつついたりしている。猫はうるさそうに,,尻尾を振って追い払う。カラスは後ずさりする。それを部屋の中から、見ていると、とても滑稽で、面白い。

まあ、猫もカラスも餌を食べなくちゃ、生きていけないからなあ。そう考えて、追い払うことはやめている。夕方、お盆に食事を入れて置いておき、朝方、お盆を見てみると、なめたように、きれいにかたづけている。生ゴミに出さなくていいから、大助かりと山の神は言う。僕は、その光景を横目に見ながら、ただ笑っているだけ。

それはそうと、五月も、もう終わり近くだ。早い。なにしろ月日の経つのが早い。この5ヶ月間、僕は何をしてきたのだろう。ただ、日々の仕事をこなし、世間を眺めながら生きてきた。最近、ネズミ男君や、のび太君やらと、飲みに行ったとき、よく言っている。「人生って、空しいなあーーー」と。皆、うん、うんと相づちを打つ。

世間を見ると、事件ばかり。税金は上がる一方。また、AIとかの登場で、ロボットが人間の仕事をこなす。確かに便利だが、僕は嫌いだ。やはり、人間対人間で、生きていくことに価値がある。何でも便利になりすぎると、人間関係が希薄になり、崩れてしまう。従って、僕はまだ携帯電話もガラケーである。受発信とメールだけで十分。

まあ、これは個人個人の問題だから、僕がとやかく言う必要もないか。とりもなおさず、5月よ、さらばである。



umityan |MAILHomePage

My追加