やさしい気持ち

2017年02月22日(水) はなす

ネットで知り合った遠方の友達。
かれこれ10年来のお付き合い。
この日記も読んでくれてます。
そんな彼女から久しぶりのメールをもらって。

お兄さんとの事、何があったんですか?って。

兄の事、両親の事、ここでよく愚痴ってたよねー(笑)
なんか、懐かしいなぁ。
凄く遠い過去の話みたいな気分。
ほんの数年前の事なのにね。
てか、しっかり浄化できたのは2016年だけどさ。

で、何が言いたいかというと。
友達のお母様が急逝されたのをきっかけに
兄が亡くなった時の事をすごく思い出してて。
そんな折に10年来の友達からの久しぶりのメール。
そして直球での質問。
これはもうはなす時なんだと。
話す、離す、放す。
私のもとからしっかりと過去をはなす時。

友達にサクッと過去の事を返信して。
「過去は散々だったけど、今幸せだから結果オーライ」
って締めくくれた自分にびっくり。
過去の事も、なんていうか軽く書けちゃって。
小学校の運動会はリレーの選手だったよ!くらいの軽さ。
でも受け取った友達には重かっただろうなぁと反省も混ざりつつ。
ごめんね。

だけど、これでしっかり過去は切り離せたって実感しました。
長かったー!
ここまで来るの本当に長かった。
でも去年1年かけて自分と向き合って。
その結果が今の清々しさで。
うん、もう大丈夫。

友達、ありがとう。
ふと思いついてメールくれてありがとう。
宇宙の采配って凄いなぁ。
ますますスピが好きになっちゃう。



2017年02月18日(土) 訃報

大切な友達のお母様が急逝された。
電話を受けた時に友達が何を言っているのか
理解するのにしばらく時間がかかってしまった。
お通夜に参列させてもらって。
最後のお別れにお顔を拝見したら。
まるで眠っているようで。
それだけが救いだとおもった。

去年からスピリチュアルに傾向してる。
「寿命が来た」。
これってスピ的には魂が元居た場所に戻っていく事。
今生での肉体の経験を終えて魂に戻る事。
命の寿でお祝い事って考えられる。
だけど、今生残された私たちは。
もう会えない、触れることもできない、存在を感じられない。
日常生活の中にぽっかりと穴が開いてしまい
どうしたって淋しいし哀しい。
これは感情があるんだからどうしようもない事。
そんな時、いつまでも泣いてちゃダメ!とか思わずに
気が済むまで泣いたほうが絶対に良いと思う。
存分に泣いて悲しんで、底に着いたら。
悲しんでるだけじゃだめだって気持ちが
少しずつわいてくると思うから。

友達が少しでも早く笑顔に戻れますように。
そっと見守ってます。



2016年10月11日(火) 捌け口

いちばんの心の捌け口はやっぱりココみたい。

とある神の声が聞こえる人のブログにコメントを入れました。
10日くらいの間に3回ほど。
そしたら最後のコメントを、ご自身のブログの記事に貼り付けて
「いろんな反応の中で一番笑わせてもらったコメント」と。
辛辣な言葉が書き連ねてあって、
血の気が引くってこういう事なんだって思った。

力のある人に確信を突かれてみたい。
エゴを目の前に提示してほしい。
なんて思ってたらその現実を引き寄せたみたい。

うん、自分が望んだ現実だから良いんだよね。
経験してみたかったの。
1度経験できたからもう満足。
ハードな体験はもう要らない。

で、メールでその記事について自分が経験したかった現実でしたと送ったら。
あなたに興味はありません、私にウンコ投げないでくださいと。
メールの返信ではなく新しいブログの記事に書いてあって。
歯に衣着せぬ物言いが好きで読んでたブログだけど
いざ自分に投げつけられるとかなりしんどい。

でもこれ思い返してみれば、きっとかつての私が誰かに取っていた態度そのもの。
ごめんね、その時の誰か。
こんなに辛かったんだね。
これもまた経験したかったのかな、因果応報。
もう十分味わいました。

で、その方は何をどう思うかはあなたの自由。
ウンコだしたかったら自分の場所でどうぞ、と書かれていたので。
久しぶりにこの場所を起動。

あー、だれの目も気にせず本音を書ける場所って素敵だ。
ココがあって本当に良かった。

逃げることも大事。
真正面から立ち向かって行くのがいつも正解じゃない。


 ← ひとつ前へ☆  ☆もくじ☆  


久遠 ☆お手紙はこちら

My追加