DiaryINDEX過去の日記
2019年02月16日(土) 歴史を学ぶ

空手道は、自分が一生をかけて極めようとしているものであり、自分の生業として私や家族の生活の糧にさせて頂いているものであります。なのでこの空手道と言うものが何処から来て、誰がどんな思いで、この空手道の先に進めてきたのかその歴史を学ぶようにしています。大山倍達総裁、松井章奎館長の著書を始め、極真空手の諸先生方の著書は若い頃から読んでいましたが、今は沖縄から本州に空手道を初めて紹介された船越義珍先生の著書や伝統派と言われる先生方の著書も読んでいます。空手はもともとは唐手と言われていたそうです。唐はもちろん中国の唐の事で、中国の唐から技が伝わってきた事で唐手と言われていたのですが、日本で研鑽し高めて来たものだから、唐手という名称で唐のものだと思われるのは不適当だと言う事で、空手と表記したそうです。その中には徒手空拳で身を護り身を修める術であるの「空」。空手道を学ぶ者は明鏡の物を映すが如く、空容の声を伝うるが如く、我意、邪念を去り、中心空虚にして只管受くる所を窮めなければならぬの「空」。かの猗々たる緑竹の如く中は空しくして外は直く、そして節がありたいの「空」。そして宇宙の色相は観じ来れば一切空にきする。しかし空は即ちこれ一切の色相に外ならぬ。柔、剣、槍、杖、武術の種類はかずかずあるが、詮じ来れば悉く空手道とその揆を一にする。即ち空手道は一切の武術の基本である。色即是空空即是色の「空」の意味があるそうです。空手道の歴史を学ぶ事で、自分がその方々の研鑽の末端にいて、その精神や技術を学ばせて頂いている事、自分が生きる事に意義を持たせて頂いている事、自分と自分の家族を養わせて頂いている事に感謝をして、またこの空手道をさらに研鑽して、次の世代の人達に正しい形で、そしてさらに前に進め受け渡したいと思っています。


2019年02月15日(金) 体重

やっと体重が90キロになりました。頑張って来週には89キロに落としたいと思います。体重が重い事で身体に負担がかかって膝や腰に痛みが出ていると思うので、いつも80キロをキープ出来るよう頑張りたいと思います。


2019年02月14日(木) バレンタインデー

今日はバレンタインデーでした。家にいたらピンポーンと呼び鈴がなったのでインターホンに出たら女の子が「コハクくんいますか?」と言いました。私は長男に「コハク!お友達が来てるよ!」と言ったら、長男は玄関を開けました。どうやらバレンタインデーのチョコレートをもらったようでした。次男も結構チョコレートをもらって来ていました。10代の頃はバレンタインデーの日はドキドキしたものでした。私が子供の頃は義理チョコなどありませんでしたから、バレンタインデーは告白のきっかけみたいな所がありました。私は小学校6年生の時に初めてバレンタインデーのチョコレートをもらいました。1つ年下の同じ水泳部の子からもらいました。厳密に言うと直接はもらってはなく、その子が家に持ってきてくれ母が受け取りました。私も子供でしたからその子に「チョコレートありがとう」と直接言う事もなく、ホワイトデーにお返しもしませんでした。その後、その子が近くに居ると少し意識をしドキドキして意識はするようにはなりました。でも本当は凄く嬉しかったですし、自分の人生の中で起きた大事件でした。本当に良い思い出です。


2019年02月13日(水) ダイエット状況

1月21日からお酒をやめて始めたダイエットですが、なかなか体重が落ちません。今は91キロです。91キロでピタリと止まってしまいました。一日2食で炭水化物も取っていませんし、毎日、稽古もそれなりにしているつもりですが、なかなか体重が落ちません。若い頃は10キロぐらい何時でも簡単に落とせると思っていましたが、代謝が落ちているせいか?思うようにいかなくなりました。走れなくなったのも大きいと思います。2年前はランニング出来たので体重を落とそうと思えば10キロぐらい毎日走っていたので体重もどんどん落ちて行きました。今は走れないので何か他の工夫が必要なようです。体重が変わらないダイエットほどつまらないものはありませんが、1度決めた事なので最後まで頑張ります。


2019年02月12日(火) 武道を身に付ける

これは私の考えですが、出来れば武道の心得があった方が良いと思います。1番の理由は、自分の身を自分で守る事が社会生活を健全に送る最低条件だと思うからです。これは人対人とだろうと、国対国でも同じ事だと思います。「力なき正義は無能なり」という言葉がありますが、この事に私は子供の小社会の中で、もう気付きました。正しい事も力がないと通す事は出来ない事が多々あります。日本は一見すごく安全で平和な国のように思いますが、銃などの武器を持てないという事は、弱者が身を守りにくいという事でもあるのではと思います。武道や格闘技をやっている人は言ってみれば武器を携帯しているのと同じなわけですから、武道や格闘技をやっていない人は、武器を持っている人に丸腰で対抗しているのと同じですから、自分の力で身を守る術はありません。という事は格闘技をやっている愚連隊のような人達の天国のような国になってしまっています。だから私は愚連隊を集めて格闘技のを教えたり、興行をやったりしている人達がいる事に対して危なさを感じます。悪い人間は強いです。強いから悪い事も出来るのです。だから弱い人達も最低限、自分を防御できる術を身に付けておかなくては行けないと思います。人と人が向かい合い思い切り力と技をぶつけ合えば、覚悟や覇気や度胸や根性などが自分の中に身に付きます。社会生活の中で起きた、いろいろな状況の中で腹を据えてそれに対処する事が出来ます。でもだからこそ武道や格闘技をやる人には、礼儀や挨拶をしっかりと仕込まなくては行けません。それを学ばせずに武道や格闘技を教える事は、悪い奴に武器を与えている、または良い悪いが判断できない人に武器を与えているのと同じです。今の世の中は何かが間違っている気がします。昔は不良少年や社会に適応できない人が武道や格闘技をやり礼儀や挨拶を身に付け、良い人間に育って行き、社会の役に立つ人間に育った人が多かったわけですが、今の世はどうでしょう?小さな子供達や真面目だった少年が礼儀や挨拶を不十分に武道や格闘技を学び力だけを身に付け、自分の力に酔い、まるで相手を征服したような世界を征服したような態度を取っています。そしてそれを諌める事なく周りで喜んでいる大人が沢山います。それでは子供達や、少年達が良い方向に進む事は出来ません。どんなに才能があり、すごい能力を持っていようと彼等はまだ未完成な人間です。しっかりとした大人が彼等に寄り添って時には苦言を呈してあげなくてはなりません。危険な技を身に付けるのだからこそ礼儀や挨拶や道徳を身に付けなくてはなりません。それが無ければ、人と何か事が起こった時に相手に銃を突き付けて話し合い、相手を力で脅し自分の我を通すような人間になってしまいます。だから武術や格闘技は武道で無ければならないと思います。私に出来る事は自分の道場では礼儀や挨拶を大切にして、時には厳しく子供達に接して、子供達を武道で身に付けた事で社会の役に立ち貢献出来る人を育てていく事だと思います。


2019年02月11日(月) 長男の兄貴風

長男と次男は喧嘩もするけど仲が良いです。長男もなかなか兄貴風を吹かせるようになりました。タイヤ公園に遊びに行く時に、長男は次男に「また〜達がマシロになんか言って来たら、お兄ちゃんに言いに来いよ!」と言っていました。以前、タイヤ公園で次男に意地悪をして来た子がいたらしく、長男はその子達がまた次男に何か言って来たら、俺に任せろ的な感じで勇んでいました。結局はその子達もいなく何も起こりませんでしたが、長男にもそんな気持があるんだと少し頼もしく感じました。タイヤ公園では天国と地獄と言う遊びを3人でやりました。私も身体に故障があるので、なかなか子供達と思うように遊んであげる事が出来ませんが、今しかこういう時間も無いだろうと思い、頑張っています。


2019年02月10日(日) 真白が5歳になる

次男の真白が無事に5歳になりました。私達家族に関わって頂いた方々に感謝を申し上げます。朝は長男と次男とタイヤ公園で遊び、家族で昼食を食べた後、私と次男とで次男の誕生日プレゼントを買いに行きました。その間に妻と長男は次男のバースデーケーキを作ってくれました。夕食は次男のリクエストでお寿司と天ぷらを買って帰りました。次男は妻と長男作のウルトラマンのバースデーケーキをとても気に入って喜んでいました。次男は誕生日プレゼントに買ったウルトラマンの人形でずっと遊んでいました。次男はウルトラマンショップのクジで当たりを引いていました。私に似ず運が良いようです。次男は優しいところがあり「パパ、マシロが大人になったら一緒にビール飲もうね」と言って私を癒してくれたりします。次男がどんな大人になるのか?とても楽しみです。


2019年02月09日(土) 雪が降る

次男と2人で道場に行く時に雪が降っていました。自転車は寒いので次男にコーンスープを飲ませて身体を温めさせました。次男は雪が降ると福島で雪遊びをした話をします。そして「雪が積もったら雪遊びがしたいな〜!」と言います。今回は残念ながら雪は積もりませんでした。次男は雪が積もらなかったのがとても残念そうでした。雪遊びは出来そうにないので次男と「モスラ対ゴジラ」とアニメの「ゴジラ」のDVDを借りて帰りました。次男は柴犬のガチャガチャをやりました。前回やりたいと言った時は我慢させたのですが、もう一度同じ物をやりたいと言ったので、本当に欲しいのだと思いやらせてあげました。カッパを着た柴犬が出てきました。次男はずっとその柴犬を手で持って「カワイイな〜!」と言っていました。私が次男に「その柴犬カワイイよね。でもパパはもっとカワイイの知ってるよ」と言うと次男が、「何?」と聞いたので「それはマシロだよ!」と言ったら笑っていました。次男はお店やさんの店員さんにも「雪が降ってるから柴犬もカッパを着てるんだよ」と言って見せていました。長男には前回欲しがっていたブルドックのプニプニの人形のガチャガチャを買って帰りました。長男もすごく喜んで、それを持ってお風呂に入りました。長男は最近とてもクールな感じになって来ました。私が「モスラ対ゴジラ」のDVDを見せて「普通はゴジラ対〜だよね、なんでモスラ対ゴジラか解る」と聞くと、「モスラが勝つからでしょ。もう題名でバレてんじゃん」と言いました。そして柴犬を見せて「マシロが柴犬をずっとカワイイと言ってたので、パパは柴犬よりカワイイの知ってるよとマシロに言ったんだけど、答えはなんでしょう」と言うと長男は「どうせマシロでしょ」と言いました。こんな話をしながらみんなで過ごしている時間が私にとっては幸せな時間です。


2019年02月08日(金) 極真

昨日、稽古が終わり家に帰ると私の現役時代の全日本大会のDVDがテレビに映っていました。長男と次男が見ていたようです。こんな事は初めてだったので少し驚きました。長男と次男も全日本の舞台で試合をしたいと言っていました。「出たいなら大人になるまで空手を続けて頑張ったら」と私は言いました。私もここ最近、自分の現役時代の試合の映像を見るようになりました。その頃の試合の映像を見ていて、仲間達の応援の声も入っていて、こんなに人から応援して頂いていた事を改めて感じました。本当に感謝感謝です。ここからは自我自賛になりますが、チャンピオン級の選手と試合をし延長戦、再延長戦ときわどい判定が続いても私は真っ直ぐ前を見て姿勢を正し判定を受けていました。旗を見たり、勝っても負けても判定に表情を崩す事は一切ありませんでした。決勝戦の最後の延長戦のラスト5秒で上段回し蹴りで相手をノックアウトして一本勝ちをしたり、劇的な大番狂わせでチャンピオン級の選手に勝利した時も真っ直ぐ前を向いて大歓声の試合場で佇むようにして立っていました。自分の姿に極真を感じました。これは私の師匠の教えでした。判定は勝ったと思っても負けたと思っても引き分けだと思って延長戦の準備をしろ、そして判定の旗を見るな、勝っても負けても同じ顔でしっかり挨拶をして試合場を降りなさい。そして城南支部の先輩はほとんどの先輩がそれを実践していました。特に数見先輩が凄かったです。第6回世界大会でグラウベ・フェイトーザから劇的な一本勝ちをした時も、フランシスコ・フィリョに勝利した時も表情を崩す事はありませんでした。私はその姿を見て感動して涙を流しました。たぶん私もその姿に感動していつか自分にそんな事が起こった時にはそうありたいと思って稽古に励んだのだろうと思います。その後の事ですが数見先輩は第7回世界大会の決勝戦でフランシスコ・フィリョに敗れ、日本の王座が初めて海外に奪われた時でも試合場や表彰式でも毅然とした姿で姿勢を正し佇むように立っていました。私はその先輩の姿を見て本当に尊敬をしました。私の道場からもそんな選手を育てたいです。今、格闘技界には極真空手で育った子がたくさん活躍していますが、残念ながら極真を感じる選手はいません。それどころか極真空手をやっていた事を忘れてしまったのか?もしくはもう自分の中では極真空手をやっていた事は無かった事になっているのか?と言う選手ばかりです。おそらく極真空手の道場は下地作りの場だと、道場は組手をする場だと考えて稽古をし、極真空手の本当に大切な事は何も学ばずに辞めてしまったのだと思います。いつの世も人の心は変わりません。人の心を本当に感動させるのは勝利だけではありません。ある意味で言えば人間としての本当の真価を問われるのは自分の許容範囲以上の勝利や敗北をどんな姿勢で受け入れるか?です。私は自分の最後の戦いは死だと思っています。自分の真価が問われるのもその時だと思います。この世で最大に嫌な事を最後に受け入れる時にも毅然としている人間でありたいと思い日々修行しています。この世から居なくなる瞬間まで極真でありたいと思います。


2019年02月07日(木) 長男が成長痛に

長男が成長痛になりました。最近、長男は足の付け根が痛いと言うので妻が整形外科に連れて行き診断してもらったところ、成長痛との事でした。考えてみれば長男も4月から3年生になるのだから本当に時が経つのは早いですね。今、子供達との時間を大切にしておかないと、あっという間に時が過ぎ、子供達が親離れする日が来てしまいます。私も子供達のおかげで、小さい頃に好きだったウルトラマンやゴジラなどを一緒に見たりして本当に楽しませてもらっています。


kanno

My追加