huukei

往時目譜近時


 2019年04月30日(火)   光 ray




 

平成終わるよー!
The end of Heisei, Wow!
Hey! Say! Ray! Wow!







明日から怜和だっぺなぁ。
怜ちゃん 怜和


 

Hello 〜#



怜和って言ってる人、ツイッターとかで探してみても、意外と誰一人居ない。

淋しい世の中… 冷たい世の中だ…

冷和だ…

冷和
COOL JAPAN

冷やし中華始めました

冷中華

冷和 冷洋 冷中華…

そんなわけで、明日から怜和が始まるんだね。

冷やし中華はもうすぐ始まるんば。











2008年、向精神薬などの安定剤を自力で絶ち、
薬を絶ったのはいいけど不眠症状態になった。
その状態で翌年に車の免許をとったけど
毎日の睡眠不足が激しかったので運転はずっと控えていた。

つまり免許を取ったのは10年前で、以後は年に1度するかしないかの、
ペーパードライバー状態、つまり、ペーペーのドラえもん状態だった。

昨年から再び少しずつ始めて、
そして今年の初め頃に 「やがて君なる」 6巻を読んだ。
小糸侑と姉・小糸怜の回が好きで、
二人が車の中で会話するシーンが描かれているのだが、
それを見て、僕ももっと普通に運転できるようになりたいと思い、
買い物に行く時などにちょこちょこ始めた。

最近ようやく慣れてきた。
Tokyo などの大都会を走っても問題無いだろう、たぶん。
キッカケをくれた漫画に、有難うと言いたい。





 

「お兄ちゃん、ちゃんと目を開けて運転してる?」
「ふふふ大丈夫だよ、心の目が開いてるんだから!」





思えば遠くへ来たもんだみん しみじみ。















「やが君」 最新刊 7巻を読んだ。

若干のネタバレになるが… ↓




理子先生たちの回、
それから特に修学旅行の回が涙腺のツボだった。
愛果氏たちの回も、なんかよく分からないけどじんわりした。
さすがにもう驚かなかった。

思い出し笑いはよくするけど、思い出し泣きはあまり無い…
たまに泣きそうになる。

次の8巻で完結と書いてあった。
発売は半年後。 終わるのは少し淋しいけど、楽しみなり。









平成よさらば

 レッツ怜和  怜ちゃんワオ!!








 2019年04月29日(月)   藤 fuji



 


藤棚。 どこまでも広がっていきそうな花房の空間は幻想的。


↑ 知らない人たちだけど 顔ハッキリ写ってないから問題無い


霧島の和氣神社で開催されている藤まつりを見てきた。
人で賑わっていた。 外国人もたくさんいた。
屋台のうどんを食べて、自販機の青汁を飲んだ。
境内で飼育されている名物ホワイト・イノシシも見た。 可愛かったけど、ずっと寝てた。
眠りの中へ猪突猛進。
柵の前でうどんをすすりながらそれを見た。
イノシシはうす目を開けてうどんを、食べ物を見ているような気がした。

手入れの行き届いた藤棚の空間は、時々風に揺らいで、とても綺麗だった。






 2019年04月28日(日)   七 seven



漫画 「やがて君になる」 の7巻が発売した。

東京で開催される舞台は来月5月。
遠いので行く予定は無いけど、楽しみなり。 ツイッター等が賑わうのが楽しみ。
作者が 「楽しみにしててくださいと安心して言える」 とツイートしてたので、
なんか楽しみだ。

ちなみにアニメはアマゾンプライムで無料で見れる。
アベマAbemaTVでも時々無料でやっていて、現在やっている。 ↓
https://abema.tv/channels/anime-live2/slots/C6uwZjSMofDb4B
アニメは漫画の5巻までの内容となっている。


漫画の方は、もうだいぶ進展している。 多分もうすぐ終わるだろう。

好きなシーンは何度見てもジーンとくる…

思ったんだけど作者の女性は多分、単純に、女の子を描くことが好きなのだろう。

これから先、自分の中で、この漫画の何が心に残っているだろう。


他にも色々なジャンルの色々なものが、
自分の中で大切に心に残っているなら、
そういうものに出会えることは幸運だ。



















  (鳥への)


HAPPY BIRTHDAY 生まれてきてくれてありがとう!

ところで返事って無いのかな??
連日かなり忙しそうだね…。 お疲れ様。

君が歌っている時間、そして色々な人たちと過ごしている大切な時間を
見守っております。







 2019年04月27日(土)   君 in my life



桜はもうすっかり葉っぱを茂らせている。
レンゲもツツジも、少しずつ春は過ぎて、少しずつ夏が顔を出す。

季節は永遠に巡り、世の中は永遠に続いていく。

その中で、個人の「明日」は無いかもしれず、あるかもしれない。
「明日」にどんな不幸があるかも分からないし、幸せかもしれない。

そんな当たり前ではない毎日の中に生きている。

君と出会えて、毎日の中に君がいること。




  「君がいる明日」   tc-taka
  https://www.youtube.com/watch?v=IGiZ4EOI6gw

こないだ見つけた。  1:10 くらいからメインが始まる。
詳しくは分からないが、
有志で集ったテクノ系のアーティストがゲーム音楽をリミックスしたオムニバス
の中の1曲。
原曲のタイトルは別にあるようなので、このタイトルはこの人が考えたのかな。








 2019年04月26日(金)   夏隣 natudonari





 佐保姫の髪の流れのやうに川    北沢瑞史



 雲ぞ青き来し夏姫が朝の髪うつくしいかな水に流るる    与謝野晶子




佐保姫(さおひめ) …春の造化を司る女神。 秋の竜田姫(たつたひめ)と対を成す。
平安時代から言い伝えられていて、
夏は筒姫(つつひめ)、冬はナントカ姫が居るらしいけど、あまりメジャーではないそう。

筒姫ではなく夏姫っていう表現、なんか綺麗だす。 ↑
髪と川との取り合わせ、なんか良いなぁだす。

「雲ぞ青き―」は、完全なる古典調なので意味が分かりづらい。
そんな人の為に、俵万智がリメイクしている。


 夏姫が朝の黒髪梳くごとし水に流れる青空の雲    俵万智


爽やかな光景。
個人的には、「うつくしいかな水に流るる」 っていう表現に惹かれる。




今調べてみたところ、冬は、
白姫(しらひめ)、黒姫(くろひめ)、宇津田姫(うつたひめ)
など、いろいろあるそうだす。








四季の女神。


女神の髪。


神なだけに、髪。


髪は濡れていて、乾きそうにない。


川なだけに、乾かぬ…











 2019年04月25日(木)   なんじゃ monja




 

なんじゃもんじゃ という名前の木。 一葉たご(ひとつばたご)とも。
花びらが散り敷いている様子を 花筵(はなむしろ) と言うが、
なんじゃもんじゃの花筵も綺麗。 近付くといい匂いがする。



  花守に心開きし花のこゑ    大東晶子



花守(はなもり) =桜守
花見の席で、鳥などが来て花びらを散らしてしまわないように番をする人。
鎌倉時代頃に生まれた言葉だが、
現代では、単純に、育てている人、管理している人、などを指すのだそうだ。



  花守のなにかを言うて帰りけり    今井杏太郎



花守が何かを言って帰った。 何と言ったのかは分からないけど、
穏やかな表情で、何かつぶやくように、花に声を掛けて帰った。






というわけで、なんじゃもんじゃに何かを言うて
僕も帰りました。
なんじゃもんじゃは 「どんなもんじゃ〜」 と
言っているようでした。





まあ、そんなもんじゃな。










 2019年04月24日(水)   スティルライフ still life



ところで、

「静物画」を英訳すると何じゃらほい と思って昨日調べてみたところ、
still life (スティル・ライフ) だった。

静物あるいは静物画

still life


…life って、生活って意味じゃないけ? なのに、なんで静物??
なんでやねん?? なんでですのん?
私、気になりマッスル! (←氷菓)



そのことについて調べてみると…

テーブルの上に果物などを置き、それを描く「静物画」。
元々、日本には静物画という概念が無かったそうで、
明治時代に欧米から入ってきた still life を 静物 と和訳したのが始まりだそうだ。
正岡子規が base ball を 野球 と訳したように、つまり、still life も直訳では無い。

still life を直訳すると、
 still …しんとした、静かな
 life …生命、生活、人生

つまり、「静かな命」 「静かな生活」 とかになる。

…なんかちょっと印象が違いますね?


静物って言うと、単純に、物体って思ってたけど、
静かな生命って言うと、対象への愛着が込められている感がある。
静かな生活って言うと、生活への愛着を込めている感。
絵を描くことへの作者自身の静かな熱意とも思える。

坂本繁二郎の静物画にはピッタンコな感じがする。



still life

静かな命、生命感、静かな生活、静かな活力、静かな熱意、
しんとした、静かな…
考えてたら、なんだか奥が深いなぁ面白いな、と思った。










 

必殺! スティル・ライフ!!!






 2019年04月23日(火)   静物 still life



坂本繁二郎という画家の絵をテレビで見て惹かれた。


 久留米美術館のサイト
 https://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/exhibition/20190406-2/


現在福岡県で展覧会をやっているそうで、サイトで絵を少し見れる。 ↑
静物画が紹介されているが、個人的にはそれらに惹かれた。

果物や能面の他には、本、箱、コップ、糸、工具など、
身近にある何でもないようなものを多く描いているそうで、
どんな気持ちをもって描いていたのかは分からないが、なんかいいなぁと思った。
生活そのものへの親しみや、色々な物への愛着、そういうものを感じた。




少し違うけど、以前テレビで見た芹沢げ陲箸い染色家も、
散歩しながら目についたものをスケッチすることが習慣だったそうで、
植物や石、自然にできた模様や形など、
ちょっとした色々なものからデザインのヒントを得ていた。
世の中はデザインの宝庫だ、という感じのことを言っていた。




また、これも以前テレビで見た、あるインスタレーションの作家は、
見る人が「これなら自分でもできそうだ」と思えるような作品を作りたい、
面白いもの・楽しめるものは日常の中にもたくさんあるということを伝えたい、
と考えて、例えば、
針金を無造作に丸めたものを吊るして扇風機とライトを当て、その影の形や動きを楽しむ、
という作品などを発表していた。




興味対象や美的感覚は人それぞれ違うけど、
物事の中から、面白さや楽しさ、美しさなどを見出すのは、
愛のような気持ちがあってこそだと思う。






 風吹いて蝶々迅くとびにけり    高野素十


という好きな俳句があるのだが、これは、
春、蝶々が飛んでいるところに風が吹いて、その瞬間、風に押されるように速く飛んだ、
という状況を詠んでいる。
ただそれだけの、なんでもないようなことだが、
か弱いものの哀れさや、そのことを優しく見つめている感じがする。








なんかいいなぁ日記  終わり







 2019年04月22日(月)   西瓜 small



午後から雨day。


小玉スイカの苗を植えた。
大きい野球ボールくらいの大きさの、つまり、小ぶりなスイカである。
赤ではなく黄色を選んだ。 ちょっと珍しい、中身が黄色いスイカ。
スイカといっても、
電車やバスの乗車の際に「ピッ!」とかざす、あのカードのことではないよ。
ちなみにこっちだとラピカだね。 らくらくピッ!の略。
ネットで育てる予定。
インターネットのバーチャル空間で育てるのではなく、網に這わせるのだ。
おいしくなあれ おいしくなあれ
おいしい小玉スイカができるといいな。





 

できたよー!







 2019年04月21日(日)   波 sounds 



陽射しがジリジリしていて、気温も高いし、なんだかもう夏だ。
Welcome Summer!!






 


橋の上から。
この辺の海岸は全部埋め立てられているので砂浜は無いのだが、
今日行ってみたら、引き潮で砂浜が現れていたの図。
浜に打ち寄せる波の音を久しぶりに聴いて、やっぱりいいなぁと思ったの図。






 2019年04月20日(土)   色々 way




  花の名であふるる春の日記かな     失名子


最近のインスタは花の写真で溢れていて楽しい。
友人知人それぞれの住まいの春。 どの地域もとりどりに色鮮やか。







カラオケに行った。 FLOWERS を歌った。

  「FLOWERS」 (歌手:霜月はるか)
  https://www.youtube.com/watch?v=2IBYKqjoYus
  (フル)https://www.youtube.com/watch?v=PHkWLSIV3dA








  「時を刻む唄」   CLANNAD
  https://www.youtube.com/watch?v=E3wWC6Cfikg
  (歌詞)https://www.uta-net.com/song/87094/


こないだ見つけた。 アニメかゲームの曲だと思う。
歌詞の内容的に、死別を扱っているのだと思う。








  「God Only Knows」   神のみぞ知るセカイ
  https://www.youtube.com/watch?v=JQd0ICIJ1FM
  (フル) https://www.youtube.com/watch?v=JH-l6ImEc4Y


これもこないだ見つけた。 アニメの曲だと思う。
フルで聴くと8分程の曲だが、5つの楽章?で成っている珍しい構成。
歌詞の内容はそちらの動画で確認できる。











今日はいい天気だったので布団を干した。
羽根布団よさらば また来年。 …じゃなくて、また今年の冬に。








 2019年04月19日(金)   イヌ a dog



アイヌといえば…



 


野生の表情。 眉間にシワを寄せている。
お気に入りのおもちゃを与えると、それを守るべく、近づく者に牙を向ける。



アイヌ


あ、犬




アイヌに行って犬に会った。

アイヌに行きて犬に会いぬ。




アイヌで…

犬に 会いぬ…





愛…























LOVE




 2019年04月18日(木)   アイヌ ainu



「氷菓」を見ていたら、カンヤ祭の回で、ナコルルのコスプレをしている人が出てきた。


  「自然の宴」  ナコルル
  https://www.youtube.com/watch?v=6LEXKfNTjLo&t=49s

ナコルルは、サムライ・スピリッツというゲームに出てくる、アイヌの人。
僕が小学生の頃のゲーム。
それはともかく、個人的にこの曲が好きなのであった。

ちなみに氷菓の舞台は岐阜県。









  「60のゆりかご」 
  https://www.youtube.com/watch?v=qJhRtXq30Wk
  (日本語訳)https://www.youtube.com/watch?v=Un05KNjlUaQ

今たまたま見つけた、アイヌ伝承の子守唄。
映像が綺麗…。 なんかいいなぁ。 最後ジーンとくる感じ…

科学の発展があるからこそ、医療とかスマホとか色々、僕らの生活の発展もある。

科学の発展の傍らで、この子守唄のような想像力は無意味なものだろうか?
むしろ大切だと感じる。

心っていうものが何なのかは分からないけど、
何かを感じたり、何かを思ったり、何かに愛着や愛情を抱いたり、など
そういうのは、機械ではない、心でしか出来ないこと。

想像力で描いたものの中には、愛着や愛情や、色々な気持ちが込められている。
想像力は、共感する人の心の中に活きて、心を育んだり支えたりする「力」にもなる。

だから、いいものだなぁと思った。











 シロカニペ ランラン ピシカン

  コンカニペ ランラン ピシカン


 銀の滴 降る降る まわりに

  金の滴 降る降る まわりに






知里幸惠による、アイヌ民話の翻訳。 ↑
この人は大正時代に20歳くらいで病死しているが、
文字を持たないアイヌ民族の文化を、時代の移り変わりの中で消えてしまう前に、
書籍として残そうと努め、様々な民話の翻訳を「アイヌ神謡集」として残している。
その内の一つ、「フクロウの神が自ら歌った謡」の冒頭の一節。 ↑

「謡」なので全てにメロディがあるっぽい。

この詞が、なんか綺麗なので好きだ。









 2019年04月17日(水)   春 uhyo



昨日、こう書いたのですが
氷菓→ アイスクリーム→ I scream→ 私は叫ぶ、熱い思い

アニメを見てたら、ちょっと違った。

けどとにかく、人の色々な思いに焦点を当てている。

ちなみにアニメは、アマゾンプライムだとレンタル形式で見れる。
アマゾンプライムで dアニメストアに入会すると無料っぽい。
原作は小説だけど、漫画も出ていて、漫画はアニメとほぼ同じ絵柄。

内容は探偵・推理ものだけど、心に焦点を当てて描いている。
改めて見ていると、時々ジーンとくる場面もあって面白いと思った。
綺麗な自然描写が多いので落ち着く。

岐阜県の奥飛騨を舞台に描いているそうで、
この地域の伝統行事「生きびな祭」っていうのが、ちょっと変わっていて面白い。
 http://hidamiya.com/event/event01









今日は歯科の定期検診に行った。 きんごきんご。

どこもかしこも春の花が咲いていて、外を歩くといい匂いがする。



















  (鳥への)


ジャケットめちゃくちゃかっこいいね さすが
タイトルとかのセンスいいね


どう話せばいいのか、だいぶ考えたんだけど
結局うまく言えない。
ハッキリ分からないことが多いし、自分の感じ方が当たっているかどうかも分からない。

薬を絶った延長にあって、マイナスな感情に著しく陥りやすいという傾向が実際あった。
だから、乗り越えていく上で、前向きさとか、視点を変えるとか、受けとめる強さとか、
そういう心掛けが必要だった。

出来事そのものよりも、この事に向き合っていた。
初めの頃は思考も凄まじかったから、思考の流れを変える為に、この事に向き合っていた。

心掛けが必要、と思って最近まで生きていたけど、
僕のその見解は本当に当たっていたのだろうか?
なんか当たっていない気がするんだよね…。 少し違うのかもしれない。

本当にこの事とずっと向き合い続けてきた。
でもよくよく考えると、勘違いしていたのかもしれない。
もしくは大まかには当たっていたのかもしれない。
受けとめる強さとか、前向きさとか、そういうのがほぼ無い状態からスタートしたから、
ある程度は当たっていたのかもしれない。
でも、どの程度? それは分からない。
だから、とにかくもう、自然体でいるのが良いなと本当に思っているよ。

ところで、君は何をどういうふうに受け取ってそう思った?
そこが謎だ。
日記の内容の色々を見て、「きっとこういう事を考えてるに違いない」みたいな
君の中で色んな誤解が積み重なっているような気がする…。
まあでも、そうだとしても、すぐ解消できるだろうから全然問題無い。

日記の中で、暗喩的な表現や、何かの意味を重ねたりとかは、僕は基本的にしない。
する時は明確に添書きしている。 あくまでも僕は。
君も含めて読む側が詮索しだしたら面倒だろうと思うから。
現に君は、不安がったり疑ったり勘違いしている時が多々ある気がする…。
無駄に疲れてほしくないから、伝えたいことは直接的に伝えたい。

寂しいという理由で本気で怒っているのなら、
でも実際ほんとに日記書くのは難しい日もあるからね。
君が勇気を出してメールや電話をすればいい話…
だけど、これはこれで思い出深くなりそう。

そして、
僕は整理すると書いた…。 でも君は目標を変えないつもりだね。
紹介できないということと全然関係無いのかな もしや
本気でやりたい事なら応援したい。 けど今までも充分やってると思う

さて

どっか行こうかね

どこまでも一緒に行きたいな









 2019年04月16日(火)   桜 scene



姉の部屋の中を勝手に探して、DVDを見つけた。
そして怒られた。 反省…。

というわけで久し振りに、アニメ「氷菓」を見ている。
おもしれえ。




 



1話のこのシーン好きだ。
少女の好奇心が溢れ出すと同時に、長い髪が伸びて少年に絡みつく。

※いやらしいシーンでは無い





  「優しさの理由」
  https://www.youtube.com/watch?v=ohCz9leOITE

オープニングも好きなり。





「氷菓(ひょうか)」は、古典部に60年ほど前から続いている文集のタイトル。
氷菓→ アイスクリーム→ I scream→ 心の熱い叫び、思い


ステキ。





アニメの原作はライトノベル系の小説。 内容は推理・探偵。
何にも興味が湧かない、やる気の無い主人公が、姉の勧めで古典部に入る。
そこでの色々を通しての心の成長が描かれている感じ。

恋愛がメインで描かれているわけでは無いので、恋愛的には結局どうなるんだ気になる
というところでアニメは終わる。

原作はまだ完結していない。


僕は小説というものにあんまり興味が湧かなくて、小説は読んでないけど、
そしてこのアニメの何が特に面白い、というわけでもないのだが、
映像や描写が綺麗なのと、頭の体操にもなるのと、あと雰囲気が好きだ。

という感じで評価している…氷菓。







 



歩んでいく。








 2019年04月15日(月)   朝 wings



朝、小学校の横を通ったら、
「翼をください」の合唱が聞こえてきた。

混声でハモッてて、とても綺麗だった。







 忙しい人のための「翼をください」
 https://www.youtube.com/watch?v=hEwDSmFBvNY


今YouTubeで検索して見つけた。 初めて聴いた。 笑える。
音声ソフトで編集しているのではなく、本当に縮めて歌っているそう。 凄い。
…最後のおじいさんがちょっとカワイソウね。






 2019年04月14日(日)   句蝶 note




  手に触れて くすぐつたしや 春の雨    keisuke



 That tickles
 touching to my hand
 ―― It's spring rain



俳句を英語にすると、三行詩という感じだろうか。
英語には英語のリズム感があるはずなので、その辺が分かってきたら楽しそう。
古語や旧仮名の味を表現する為にはどうしたらいいだろう。



今日は午後から雨ふりふりday。

上の句は四月号に載った句で、草本先生の選評に入っていた。
他はこれらが採られていた。 作ったのは二月頃。


 冬蕾 きれいな夢を覗きこむ


 ものの影どこか青むや 春の風




そして今月号から表紙が新しくなった。
ステキな絵。 また一年間ヨロシク。




 冊子はB5サイズだが、絵の原画は横幅5メートル近くもある大作。
 大分県の歴史に所縁のある南蛮船などが描かれている。


一月ではなく四月で区切るというのが、なんか良いな。
主宰は公立中学校の先生をやっているそうなので、だからだろうか。


編集作業を担当している年配の女性と、携帯のショートメールでやりとりをした。
ショートメールは50字制限だが、きっかり50字に収めたものが2通来たので、
さすが俳句を長年やっている人の芸当だ… と思い、ちょっとオカシかった。








 2019年04月13日(土)   コーヒーめ nemuren



現在、午前3時過ぎ。

夕食後、珈琲店でアイスコーヒーを飲んだせいか、
眠れない。

ぼんやりと、ツイッターや色々を眺めた後、
そういえば今日の日記書いてない
テモチブサタに文字を打っている。

もじもじしながら文字を打っている。
もじもじ
真夜中にラブレターは書かない方が良いらしいけど
今、至って冷静だもじ。

今、同じように眠れずに起きている人はいるだろうか。
やっぱりコーヒー飲んだせいで?
そっかあ…
コーヒーば飲みよったけん眠れんごとなったとばい。
目が冴えとるとよ。
そんだなあ。
じゃっどなあ。
眠れねえ。
飲むんじゃなかった。
お腹も空いてきた。
冷蔵庫を開けると…
そこにはコーヒーゼリーが。
食べるわけないでしょう。
いや、それは嘘で本当は、
杏仁豆腐がありにけり。
これ
 タニタ食堂 http://www.morinagamilk.co.jp/products/略

ニタニタ笑いながら食べる ゑへゑへ ウヒヒヒhihihi hyahya
もっちりしてる感。
豆乳が投入されておるにょで、それが味のヒケチュ
おいしいにゃ。
豆乳が投入されてるデザート好きだにゅ。

と言いたいところだけど
今食べてるわけじゃにぇえ。
今は食べてない。
今は眠りたい。
そろそろ眠くなってきた。





  「マフラー」  羊文学
  https://www.youtube.com/watch?v=qF-4iBz-2zI


  眠る頃
   眠る頃   ←ここを口ずさんだ



眠るるる




そろそろ眠くなってきた。









 2019年04月12日(金)   でべそ funny



「日曜アートシーン」で見た、徳川家光の絵が面白かった。
現在、東京の府中美術館で企画展をやっているそう。

 徳川家光の絵 画像検索
 https://www.google.com/search?q略

ミミズクとか色々、味があって可愛い。


 企画展のサイトはこちら
 http://fam-exhibition.com/hesoten/

トップページの絵は、うさぎを正面から描いたものらしい。
他にもサイト内で色々な人たちの絵を見れるのだが、おもしろくて笑える。







 2019年04月11日(木)   パープル汁 soup






ハンダマという野菜 (https://www.okireci.net/略
金時草(きんじそう)、水前寺菜(すいぜんじな)、式部草、などとも言うそう。
沖縄県だけでなく熊本県や石川県も産地なので、おそらく全国的に売ってるのだと思う。

これを味噌汁に入れると、↑このように紫色になるの図。
なかなかおしゃれというか ちょっとおしゃれな気分になる。
味は、独特なクセはあるけどそんなに強いクセではなく、おいしい。
育てやすく、植えると何年間か収穫できる。






 2019年04月10日(水)   おめでた birthday



Happy Birthday to Me!
父ちゃん母ちゃん産んでくれてありがとう。



ディナーは、ピリ辛シチューを作ってみた。

というか、カレーを作るつもりで鍋に具材を入れて、唐辛子も入れて、
やっぱりシチューにしようと思ってシチュールーを入れて、
味見をした時に、唐辛子を入れていたことに気付いた…。

けど美味しかった。
不思議な味。
ありそうで無い、ピリ辛シチュー。
たまに作るべ。


















  (鳥への)


というか、ずっと気になってたんだけど、表現で悩ませてるよね??
それで誰にも言えないのかもと思うから、早めに整理するね。
恥ずかしい気がするし… 悩ませてすまねえ。

それから、僕のこと書いてる??
だとしたら、という返事だけど、
君は勘違いしまくってるよ…。

日記を書かない日があるのは、ただ単に何も思いつかなかったり、
他にやることがあったり、用事があって帰りが遅くなったり、
だから、塞ぎこんでいるのでは無いヨ。

こないだの、

・チェストの意味を説明した
・生きていることの色々を大切に思った

それだけの、言葉通りの内容だヨ。

あと、家族のことで深刻に悩んでないヨ。

最近書かない日が続いてるから、それで心配してくれたんだろうと思うけど、
もしも淋しいのなら、何度も伝えてるけどいつでも待ってるヨ。
必要とされていない気がして不安なら、完全に気のせいだヨ。

ヨ ←優しさのニュアンスを伝える為の


これからもよろしく。







 2019年04月09日(火)   生 heart



いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ…
→ いろはにほへと ちりぬるをわか
→ ちりぬるをわか
→ をわか
…という由来で付けた名前なのかどうかは分からないけど、



  「アンノウン・マザーグース」   wowaka
  https://www.youtube.com/watch?v=P_CSdxSGfaA
  (ライブ)https://www.youtube.com/watch?v=sFqZHm6b3uU


wowaka (をわか) が亡くなったそうだ。
作詞、作曲、歌っている人 ↑  急性心不全、31歳。
まだ若いのにね…。

やっぱり人間いつ死ぬか分からないものだなと思った。

そういえば、最近は見てないけどスポンジボブの作者も去年亡くなった。
ALS?という難病に掛かって、1年後にあっという間に亡くなったそう。

忘れがちだけど、
日頃から色々とありがたいと思ったり、生きていることを
大切に思っていたい。

小さなことや、色々なことに幸せを感じられるような心を持っていたい。





さて そろそろご飯が炊きあがる
レッツ・ランチタイム







 2019年04月08日(月)   春 sakura







↑ 西郷隆盛と愛犬ツンと桜島
チェスト! = よっしゃ! うおー! キエー! という意味

ツンって 「しそ」って見えるかもしれないけど、
「つん」



甲突川沿いの桜並木を歩いた。
丁度、春の木市も開かれていて賑わっていた。
外国人もたくさんいた。
ツツジも赤やピンクに満開。
ちいさな草花もあちこちに黄色やら紫やら色々と。
犬のさくらも嬉しそうで何より。
川は日差しをきらきら映してゆっくり流れていた。
春なり。






 2019年04月07日(日)   彼へパン for him



今日は7日。
選挙の投票に行ったりしました。
カレーパンを食べたりとか。

そういえば、こないだ、カツカレーパンっていう代物を食ったのですが、
それはパン屋に売ってまして、
おいしかったです。
パンとカツの間のキャベツに、カレーが少し馴染ませてある、
みたいな構造でした。
新鮮でした。


今日はパソコンを、居間のテレビの前のコタツ、という定位置から移動させて、
自分の部屋に持ってきました。
今、新鮮な気持ちです。

そして、ここ数日分の日記を、てげてげに纏めて書きました。
てげてげ = テキトー


明日の鹿児島は、PM2.5の飛来が高めだそうなので、
お花見する人は気をつけませう。

明日お花見をする人、それは僕です。







 2019年04月06日(土)   報告 houseki



いつまでか分からないけど、
今、アマゾン川流域の、ピラニアがたくさん泳いでいる所で、
漫画 『宝石の国』 Kindle版 1〜3巻が、無料でゲットできます。

早速ポケモンのようにゲットしました。

嬉しいぜ!



※ Amazon のことです




 2019年04月05日(金)   音 where



  「Nowhere II」
  https://www.youtube.com/watch?v=5iW7b1JRRzo

録画していたアニメ 『ブギーポップは笑わない』 を見終えた。
事件が解決に向かう時の会話の場面などで流れる、このBGMが好きだった。





ブギーポップは笑わない

僕が笑おう

けけ うけけけ けきゃっきゃっきゃ

うほっきょっきょっきょっきょ






 2019年04月04日(木)   若者よ now



未来とは、今である――

じゃないけど、




こないだ、今は平成32年なり って書いたのですが、
平成32年じゃ無え。 間違えた。

今は平成31年である。
さっき友人より突っ込みのメールを貰い、気付きました。

1歳若返ったぜ!





そういえば、こないだ、
メガネを掛けてメガネを探していたこともあった…
あれ〜?見つからないなぁ、どこだ どこだ どこだコラ
と少しイライラしてきた頃、
ふと、既に掛けていることに気付いた。

どうりでよく見えているはずだ。

滅多に無いけど、たまにあるんですよね。
人間だものね。





あと、それから、
フレディ・マーキュリーの、セーラーマーキュリーのコスプレ写真
 これですね http://www.enpitu.ne.jp/usr11/bin/day略
載せたことがあったけど、
何やら、セーラームーンが始まった時には既に亡くなっているそうなので、
これはファンのコスプレ、もしくはコラージュだそうです。

どうりで、なんかちょっと変態っぽくない…? と思ったんですよね…





そんな貴重なツッコミをくれたM希氏。

日記を読んでくれている人がいたんですね。
ありがたいです。

書くことが好きなので毎日のように書いてるんですが、

今日もいい天気ですね。
書いているのは7日なのですが。

いい天気といっても、今、夜なんですけどね。
星が綺麗じゃっどん! うふふ

実際は、ちょっと曇ってますけどね。

そんな感じで、OK牧場!
って懐かしいですね


 平成31年 吉日










 2019年04月03日(水)   未来 miira




  未来とは、今である。  by マーガレット・ミード




今とは、居間でごろごろすること。

うん、

だからね、ごろごろの積み重ねが大切なんだ。 本当さ。






 2019年04月02日(火)   霊はまぁだだよ dayo



令和、まだ始まってない。
5月1日からだそうです。 勘違いしていた。

まだもうちょっと時間があるから、平成を振り返ってみよう。


昭和57年生まれの僕は、
丁度、平成元年に、小学校に入学した。

そして、
長い時間を経て、現在、平成32年、もうすぐ37歳。

小学校的に計算すると、もうすぐ小学32年生だ。

でも平成は終わるから、小学校は卒業、

令和が始まって、めでたく中学1年生に昇進。


よし、エッチなことでも考えるか。







ツイッターで面白いの見つけた。 ↓


  平川動物園
  https://twitter.com/i/status/111220略


可愛いというか 怖いというか いやらしいというか








 2019年04月01日(月)   礼はいらぬ thank you



新元号、令和に決定しましたね。

今日からお令和!




 

へっへっへっ平成 楽しかったな!
 楽しみだな! 令和っはっはっは












令和 REIWA
 じゃないけど



  「ROSIER」   そこに鳴る軽音部
  https://www.youtube.com/watch?v=n6pk9Ec2V3o
  (歌詞)http://www.kasi-time.com/item-30504.html


そこに鳴る軽音部…
インディーズで活動中の ”そこに鳴る” というバンドが、
尊敬するアーティストの曲をコピーしてYouTube等で発表する
…という企画だそうだ。 さっきたまたま見つけた。

この曲は LUNA SEA の 「ROSIER」(ロージア)。
三日前にアップロードされたばかり。
そこに鳴る の ROSIER。 個性的で情熱的。

ROSIER を作曲した J (ジェイだじぇい)
精神的にスランプに陥っていた時に、それを乗り越えるべく作った曲
だったと思う。
なので歌詞には、「行くじぇい!」 という気持ちが込められている
のだと思う。

今年は LUNA SEA 30周年だじぇい。













今日はエイプリル・フール。
何か嘘をつこう。
平和な嘘を。



林檎の種を飲み込むと、寝てる間に鼻から芽が出るらしいよ。







今日は、いとこのY朗君の誕生日なり。

本当だぜぃ おめでたい。







そんな感じで、令和になりましたね。


『やがて君になる』 の、小糸侑(こいと・ゆう)の姉は、小糸怜(れい)
漫画の中では ”怜ちゃん” と呼ばれています。
ちなみに誕生日は六月六日。




 

ども





新元号の発表時、僕はリアルタイムでテレビを見ていました。

「令和に決定」

おお、怜ちゃんだ と思いました。

字がちょっと違うけど




令和ちゃんである。






 


明治ちゃん 大正ちゃん 昭和ちゃん 平成ちゃん と続き、

令和ちゃんである。 よろしくね。








というわけで、ケーキを食べて祝った、令和1日目。

今日まで生きてこれたことに感謝して、新しい元号も、はりきって行こう
ゆっくりと。


乾杯!










往時目譜近時

watanabe keisuke