huukei

往時目譜近時


 2019年01月31日(木)   ドラマ draemon



自転車で買い物へ行きがてら、雨が降り出した。

買い物を終えるとザーザー降りになっていた。
仕方がないので濡れて帰った。
雨の中を走る。 なんか青春ドラマのような気持ちになって、ちょっと楽しい。

荷台には、豆腐や納豆やネギなども一緒に濡れた。















  (鳥への)


サイトそのものを止めざるをえない っていうことだヨ。
次に警察から事情聴取を受けることになった場合の対処法を考えてほしいと伝えた。
まあでも、無さそうだから、もう良いよ。 (^ ^)


性表現について悩んでるの?? それだったら世の中、普通にあるよ?
僕が10代の時に聴いてたヴィジュアル系は、性表現が当たり前のようにあったよ。
これとか
 CANDY  黒夢
 https://www.youtube.com/watch?v=sn3STMbN42s
 歌詞http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B17139

それはそうと、
君の、動かさないで見つめてっていうのがジーンとした…。 理想の触れ合いだと思った。

君が僕に合わせる必要は無いし、むしろ僕は君に合わせたいと思ってるよ。
品性・社会性・TPOも大切な真実だと思う。 ちょっと恥ずかしいし、もうやめようかね?
やるなら、直接的過ぎず、ある程度オブラートに包んだ方が良い気がしている。


ちなみに、いつでもそっちに移れる状況だよ。
仕事をどうするかという話だけど、何か良さそうなの無いかな?
君の計画はどんな?

創作に関しては、大好きだから、一生ずっとやってると思う。

音楽作るのも好きだから、何か一緒に作るのも面白そうだよね。
めちゃくちゃ良い曲が出来たりしてね。

英語の勉強はやってた方が絶対良いと思う。
活動の面で絶対プラスになる。







 2019年01月30日(水)   抽象 abstract



テレビで見て惹かれた。
抽象画。
2月24日まで吉祥寺美術館で個展をやっているそう。


  岩本拓郎  すべての いろと かたち
  http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/略


サイズは11cm四方の正方形なので、ごく小さい。
四年間、毎日描いてネット上(多分フェイスブック)に載せていたそう。

見ていると奥行きや広がりを感じる。
詩情があり、精神性の琴線にも触れる。
動植物などの生物、風景、自然現象などを彷彿とさせたり、
それからアニメーションを見ているような感じもする。


「――全ての色、全ての形―― それがどんなに小さくても、
 宝石のように光り輝き、野に咲く花のように、生命感に溢れ、
 それがどんなに小さくても、広大な宇宙を感じさせるような、
 そんなものを描きたいのです」


なのだそうだ。 すてき。
まさしく、そんな感じのする絵。

まさしくんなだけに。

まさし君。



まさし君じゃなくて、たくろう君。



たくろう君 全然知らない人。


















  (鳥へ)


君はずっと同じことを言っている。
ものすごく行きたくない道だけど勇気を出して行こう、とか。
大丈夫??

いつでも相談に乗るし力になりたいと思っているし、
何に悩んでいるのか何度も訊いたけど

僕に関すること?
改善してほしいことがあれば何でも聞くし、全然遠慮しなくて良いよ。
違うならいいんだけど…。 それならそれで気になるけども。

関係が壊れることか怖くて気を遣っているなら、
むしろ壊す方がいい。 気が楽だと思う。
思いきってヒビを入れる、砕く。
それでも繋がっていることの方が本物だから。

実際は傷ひとつ付かないかもしれないよ?

心を開いて信じ合える方がいい。


ちなみに、僕からは君側の状況が何も分からない。 だから念の為休止した。
今後どうするかを考えたいから、できればすぐにでも教えてほしい。
もしも続けることが危険なら、もうやめたい。 警察沙汰になるって結構びっくりな話だよ。
僕からは連絡が出来ず、何の説明も言い訳も出来ない上に、君がすぐに助けてくれる保証も無い。
君が紹介すれば済むことなんだけど、
それが出来ない理由が僕側にあるのなら、本当に何でも聞くよ??






 2019年01月29日(火)   裸像 nude



アイドルとあまり関係無いが、

裸婦像というのはよく見掛けるけど、
男の裸像はあまり見掛けない気がする。
僕が意識して見てないだけだろうか

という訳で



秋野不矩 あきの・ふく 1908-2001
平仮名表記の 「ふく」 が本名だそう。
女性、日本画家。

 公式サイト内のギャラリー
 http://akinofuku.jp/gallery.html
 (トップページ)http://akinofuku.jp/index.html


少年群像、青年立像 という絵が見られる。 (クリックすると拡大)
書かれている解説は本人によるものだそう。

青年立像は次男の裸体だそうだが、
次男の名前 亥左牟(いさむ) …名前がおもしろい
個人的には、この絵の爽やかさが印象的。




すっぽんぽん

 すっぽんぽんっす








 2019年01月28日(月)   アイドル idol



国民的アイドルグループ 嵐が解散しましたね。
ちなみに同年代。

全然興味無いなぁ。
すると国民では無いと言われてるような疎外感を感じます

と言いたいところだけど



  「サクラ咲ケ」   嵐
  https://www.youtube.com/watch?v=m4ky8KAjUN4
  (歌詞)http://www.kasi-time.com/item-1436.html
サビのダンスの、手のひらのヒラヒラがおもしろい
振り向くな 後ろに明日は無い だけど、
振り向いて 大切な道のりだと思って それが明日にもなる



  「俺たちに明日はある」   SMAP
  https://www.youtube.com/watch?v=UVVV6s8LMTk
  (歌詞)http://www.kasi-time.com/item-9819.html
自分は自分 不器用でも時代遅れでも ワイルド野郎でもいいぜ
みたいな感じだろうか
バラの花束が似合う似合わない それよりも 桜が似合う
野草花が似合う 紅葉が似合う 芒原が似合う 亜熱帯植物が似合う
サボテンが似合う 雪の結晶が似合うとか むしろ鼻が似合う とか
いろいろある
お葬式の花が似合うような顔色…は嫌かな

性器が似合う
性器がにおう のはしょうがないかな   なんて


他のをあまり知らないけど、個人的にはこれらの曲が好きで記憶にあった。
解散の会見は、人間的な部分を見れて面白かった。






以前、新聞に、AKB48の総選挙についての記事が載っていた。
書いたのは、ナントカ賞を受賞した小説家、同年代の男性。

「総選挙について何か書いてほしいと言われたので書いているが、
 自分とは全く関係の無い、異国の選挙を見ているようで、淋しい気分になる」

というような内容で終始し、AKB48とは全く関係無い話、
浅草や神田をゆっくり散歩して感じた情緒や、
古書店を巡って楽しかったことなどが書かれていた。

アイドルなんかに興味は無い という意思を伝えることを、
まるで正義や信念のように書いていた。

へ〜 依頼なのに、そんな記事でも通るんだなぁ、と意外だった。



だけど、人というものは、基本的には愛すべき存在だ。
だから世の中は、愛すべき世界。
愛情をもって見れば、
つまらない・くだらない・興味のないもの、その中にも惹かれる部分が見えたり、
自分にとってキラキラ光ってるところとか。 違って見えてくることもある。

まぁでも、気の合わない人たちもいるし 色んな人たちがいるから、
その限りでも無い。 愛すべきという限りでも無い。

無理もしない。

自分の感じ方も大切。








アイドル…


  「BOY MEETS GIRL」   TRF
  https://www.youtube.com/watch?v=AE-n1ZQl_XI
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36055


「出会いこそ 人生の宝探しだね」

だなぁ、としみじみ思う。
男女や恋愛に限ったことでなく。










ダンス楽しそう。
ダンス始めようかな。
自宅で。
最近運動不足なので。


タンスの前で ダンスを。











 あたち アイドル むふ





 2019年01月27日(日)   晴天に編むマフラー scarf



  「マフラー」   羊文学
  https://www.youtube.com/watch?v=qF-4iBz-2zI
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl略


昨日GUで聴いた曲を知りたかったので、適当に検索して軽く探してみたけど、
分からんかった。
そしてたまたまこの曲を聴いた。 好きナリ。

都会の雰囲気。 ヒツジブンガク、
東京で活動しているそうだ。

鹿児島から新幹線で本州へ向かうと、広島辺りから景観が変わる。
川沿いなどに見られる広い緑地帯の土手は、都会ならではだ。
あれを見ると、都会だなぁという感じがして好きだ。


どこに居ても生きている。


…当たり前だけど。


でも、当たり前という優しさ。


冬は今日も寒い
朝は水道の水がつめたい


お天気なので
洗濯物がよく乾いた


東北の、栃(とち)の実まんじゅう というまんじゅうを初めて食べた
独特なクセがありおいしい
こっちの あく巻き の味に少し似ている


ぽんかんも おいC。


こたつに入って これを書いている








 2019年01月26日(土)   パジャ gu



天気良し。

久し振りに、与次郎フレスポという大型商業施設内にある本屋へ行ったら、
昨年の夏に閉店しました と書かれていた。

空っぽになった店内を見て、思い出を懐かしんだ。
立ち読みした思い出や、本を探した思い出、暇つぶしした思い出などを。
地味に楽しい本屋さん。

ユニクロGUに行って、新しいパジャマを買った。
だいぶボロボロになって生地が薄くなっていて、寝る時に寒かったので。
最近寒い。
店に入った時に、めちゃくちゃ好みな曲が流れていた。
誰の何ていう曲なのかを知りたいけど、分からない。
May be 多分、最近の曲なのだろう。
ジャンルで言うと、UKロック、シューゲイザー、そんな感じの
いい曲だった。






… …

 … …


夜道、

隣を歩いていた姉が 「星が綺麗だねえ!」 と言って、
そうすると星は本当に綺麗に思える。

冬の星 オリオン座など 冬の星座

 つめたくて澄んだ 綺麗な空








 2019年01月25日(金)   そんままで nature



一時休止したけれど、ひとまず再開。
一休さん道場再開。

一休さんはさて置き、日記もとりあえずはそのままに、
そして、昨夜思い付きで作ったごはんがおいしかった。

生姜焼き用の肉 → 醤油・だし醤油・酒・ショウガ細かめのみじん切り に漬け込む
玉ねぎを細かめのみじん切り → 醤油・だし醤油 に漬け込む
キノコを用意しておく (しめじなど)

フライパンで肉を焼き、お皿に乗せていく
玉ねぎ太郎とキノコちんを炒めて、マッスルお肉の上にかける

The 完成

いただきます うめー ごちになりました ありがとうございました
さよなら おやすみ またあした
きょうは気持ちよく晴れて とても良い日和だった
夜は寒くて 寒い、いい冬















  (鳥へ)


君との時間はいつも

楽しい

楽しい時間をいつも

ありがとう

↑ほんとだよ








 2019年01月24日(木)   棚からヒヤリ hiyahiya





見ず知らずの警官から急に電話が掛かってきたら
そりゃあ誰だってびっくりしますよ ホントにもう
でもちょっと新鮮でした





 2019年01月23日(水)   大至急 police



  「Help!」   The Beatles
  https://www.youtube.com/watch?v=9Y1HS9smi3c




  (親愛なるカブトムシくんへ)

ではなく、

  (鳥へ)


大至急、お願いしたいことがありまする。

今日、見慣れない市外局番の番号から着信があった。
どこや と思って出なかったけど、君の住む市の警察署からだった。
明日以後連絡をください、と厳しい声の留守電が入っていた。
超ビビった。

君が読んだかどうか分からないけど、日曜日の朝、サイトの方にメールを送った。
けど内容がマズかったんだと思う、僕多分、管理者から危険人物と見なされた。

事無きを得る為に、弁解のメールを今日送った。
けど、それで収めてくれるかどうか分からないから、
君の方から管理者に掛け合ってくれないかな…
そして管理者から警察署に言って止めてほしいです。
出来れば速やかにお願いしたいです… お願いします…
忙しいとこ、お手数掛けてごめん…


なかなか面白い状況でござるよ。







ビートルズ、
個人的には、これがとても好きだ。

  「I've Just Seen A Face」
  https://www.youtube.com/watch?v=m8LbJfC0SYM


タイトルは、「夢の人」 と訳されている。
歌詞の意味を調べたことは無いので、また後で…
おやすみなさい…











  (悩める鳥へ 追記)


君が君であることが良いんだよ
それが好きなんだよ







 2019年01月22日(火)   密造酒のススメ kokan



趣味で味噌や焼酎などを作っている、京野さんという知人がいる。
味噌は良いとして、焼酎は、いわゆる密造酒だ。
つまり違法だけど、身内で楽しむだけだから良いだろう、という感じである。

昨年末に贈られてきた密造焼酎は二本。 米焼酎と芋焼酎。
こかんの雫
熟女の誘惑
と、それぞれ手作りのラベルが貼ってある。






京たま酒造の 「たま」 は、京野さんのタマキン。
韓国人ゴルファー イ・ボミが好き。
京野を京都に掛けて、舞妓。
熟女の誘惑はともかく、
こかんの雫は、飲むのにちょっと抵抗がある…
そういう雫が本当に一滴くらいは入ってるのだろうか… と思いきや、
「純」というシールが後付けされているから、な〜んだ安心。

このセンス好きだ。

肝心な中身は、芋の方は香りがものすごく強い。
どちらも口当たりは少し尖った感じがする。

売ってる焼酎に比べるとクセが強くて、
それが逆に良い感じで、たまに飲みたくなる感じのクセになる感じだ。

そのうちいつか、僕も作ってみたいな。 密造酒。




念の為、今、調べてみたのだが、
密造酒というものは、通報されたら本当にアウトなのだそうだ。
とても厳しいらしい。

今日書いたことが事実だという証拠を僕は何も書いて無いし、
写真が実際の物だとも書いて無いし、
京野さんという人間が実在するのか、空想かもしれないし、
夢でした ボケてました かもしれないし、
全部デタラメ、ウッソピョン。


イボミ推し。







んもう! 押さないでよ! たま打つわよ!







こかんの雫? イイじゃん 飲ませてよ







じゃんじゃん飲もっ!





 2019年01月21日(月)   大寒 fuyu




  大寒に小さな窓の灯りかな    k suke


大寒にあって、ぽつぽつと灯る家の灯り(あかり)が温かく感じられる。





二十四節気によると、一月二十日〜 つまり昨日から
大寒だそうです。 だいかん
一年のうちで最も冷え込む時期とされています。





  ぎつしりと体育館に大寒気    矢島房利


確かに、体育館ってものすごく冷える。
今調べてみたところ、大寒気 だいかんき という言葉は無い。
寒気に大を付けて、とっても寒いということを表現したのだろうと思う。




  働いてゐて大寒もまたたく間    鈴木真砂女


働いてゐて=働いていて
僕今働いてないですが… それはそれで充実した毎日と思っています。
幸せを感じたりしながら、活き活きと、だらだらごろごろもしながら…。




  大寒の一本であり透きとほる    酒井裕子


木かな? 枯木が一本立っていて、青空、もしくは星空が透き通っている。
…それとも酒かな? おいしいお酒を、おいしく味わっている時間。




  ふるさとの大寒の水甘かりき    鈴木真砂女


散歩道の途中、山の湧水を飲んだ。 おいしい。
故郷への愛着が、水を一層おいしく感じさせる。
…それとも水道水かな? 寒い中、生活への愛着を感じながら飲む水。




  人生に大寒小寒という睾丸    清水哲男


大寒小寒(おおさむこさむ) と読む。
寒いと、睾丸(こうがん・キンタマ)は縮む。
人生には山あり谷あり。 だらんと伸びることもあれば、縮むもあり。
いろいろあるよねぇ という感慨。 だろうか。




  睾丸の垢取る冬の日向哉    正岡子規


こうがんのあかとる ふゆのひなたかな
今日は気持ちよく晴れているなぁ 縁側で日向ぼっこしよう
ぼーっとしながら特にすることも無いので、睾丸を見てみたら垢が付いていた。
日向ぼっこしながら睾丸の垢を取っている。




  睾丸揺れる 雪の檜湯    子規


五七五ではなく七七。 なので、一行詩と見れば良いと思う。
ちらちら雪の降る露天の檜(ひのき)風呂で、ふーっ とあたたまって、
お湯の中にゆらゆら揺れている睾丸を見ているよ。




  桃太郎は桃 金太郎は何からぞ    子規


桃太郎は桃から生まれた。 それなら、金太郎は何から生まれた?

… 「KINTAMA!」 と言わせたいのだ。







そんなわけで、
大寒 だいかん
一年のうちで最も寒さの厳しい時期とされています。

今日はちょっとぽかぽかとあったかかったなり。






 2019年01月20日(日)   百合に咲くひと girls



  アニメ 「やがて君になる」 オープニングテーマ
  https://www.youtube.com/watch?v=4ax_NLifMjM
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?略


録画していた 「やがて君になる」 というアニメを見ている。
放送は昨年末に終わった。

時々ジーンとくる。
背景などの絵も綺麗なので、見ていて気分がイイ。
所々のBGMはピアノや管弦楽などのクラシックな感じで、ステキな雰囲気。

 公式HP http://yagakimi.com/




アニメや漫画の世界には、同性愛を扱っているものも多い。
男性同士を、BL(ボーイズ・ラブの略)、あるいは薔薇と言うのに対し、
女性同士を、百合(ゆり)と言うそうである。

BL・薔薇については恋愛だけど、
百合については恋愛だけでなく、恋愛に近い友愛や、
広く友情を含んだ作品も百合と言うことが多い のだそうである。

アニメ 「やがて君になる」 については、
女性同士の恋愛を描いているので、モロに100%百合と言える。

原作は、仲谷 鳰(なかたに・にお) の同タイトルの漫画。
…男? 女? 個人的には女であってほしい…
と思って調べてみると、現在30歳くらいの女性であった。

作者が百合作品を描くようになった理由としては、
「人を好きになる気持ちがあまりにも当たり前で説明不要なものとして描かれている作品を
 自然に受け入れられなかったが、
 同性愛を題材とした恋愛作品には、相手を好きになる理由や葛藤、
 あるいは理屈をねじ伏せてしまうような強い関係性が描かれていることが多く
 惹かれていった」
のだそうだ。

フムフム…である。 なんだかジーンとくる。

ハッキリと確認してはいないが、おそらく作者自身は生物学的な同性愛者では無い。
人を愛するとは何だろう 愛する気持ちとは何だろう
というようなことを柔軟な視点から考えているのだろうと思う。

おもしろいなぁ…である。

漫画の一部を、こちらの特設サイトで無料で読むことができる。
漫画には漫画の良さがあって面白いのである。
 http://daioh.dengeki.com/taisho/yagate/


まだ完結していないので、今後の展開がどうなるのかドキドキである。








 


  ドキドキである






 2019年01月19日(土)   日記 today



川沿いを散歩した。
ウォーキングやジョギングの人たち、ボールで遊んでいる親子、
手を繋いで歩くカップル、ゆっくり散歩している老夫婦、
缶コーヒー片手にベンチで休んでいる男性、ゴミ拾いしている少年たち、
野良猫、サボテン、桜草、


帰りにタイヨーに寄って牛乳などを買った。
タイヨーは最近リニューアルして、ちょっとアメリカみたいな内装になっている。
アメリカンな雰囲気を感じたい時に行っている。




夜、父の誕生日を街の小さなレストランで祝った。




 2019年01月18日(金)   ははは aruaru



新しいライターを買った。
ライターっていうか、チャッカマンを買った。


友情戦隊 チャッカマン


と思い付いて、台所で一人で噴き出した。
友情に熱い火をともす… はっはっはっは!! 笑いのツボに入った。


後になって、あんまり面白くないな… と思った。
ちょっと、ガッチャマンみたいだし。


何が面白かったんだろう。


そういうこと たまにありますよね。






 2019年01月17日(木)   五感に senses




  「かくれんぼ」   青森県の昔話
  http://nipponmukasibanasi.seesaa.net/article/383791103.html


まんが日本昔ばなし。
声優を務めた市原悦子という人が亡くなったとニュースで見た。

「華やかで騒がしい時代だったので、
 そうではない、風の音や雨の音、ゆっくりした気持ちを感じられるような、
 そういう、五感に訴えかけるようなものを作ろうと意識していました」

まんが日本昔ばなしについて、そういう感じのことを語っていた。
だからか、今見ても、懐かしさだけでなく、普遍的な魅力がある。

 ぼうや よい子だ ねんねしな
 今も昔も 変わりなく 母のめぐみの子守唄

これはアニメのオープニングの歌詞だが、
 (曲) https://www.youtube.com/watch?v=alfBqzy6eFc
 (歌詞) https://www.uta-net.com/song/10602/
まさしく、そんな気持ちでやっていたのだろう。

アニメとしては古さを感じる部分もあるけれど、込められた気持ちに古さは無い。
むしろ、いつ見ても温かい。







 

 Ummm... It's hot, yum-yum






 2019年01月16日(水)   冬 cold



歯医者に行って歯磨きしてもらったぜ
お口の中すっきり!


ここのところずっと暖かかったから
なんだか春みたいで あれ?っていう感じだったけど
それでちょっと淋しかったけど
今日は寒かった
冬はやっぱり寒い方がいい 嬉しい


















  (鳥への文)


ファミコン買った?


というのは冗談で
ファビコン変えた?
もしかして肛門?

表示がおかしいだけかな
(^_^)











 2019年01月15日(火)   ぶりりん buriburi



年明け以後、年賀状やメールを通して久しぶりぶりに友人知人と言葉を交わしている。
今日は俳句の草本先生とやりとりした。 相変わらず生真面目で優しい人だ。

みんないろいろなり。


金子みすゞ (1903-1930) の詩




  私と小鳥と鈴と


 私が両手を広げても
 お空はちっとも飛べないが

 飛べる小鳥は私のように
 地べたを早くは走れない

 私が体をゆすっても
 きれいな音は出ないけれど

 あの鳴る鈴は私のように
 たくさんな歌は知らないよ

 鈴と小鳥と それから私
 みんな違って みんないい







みんな違って みんないい

ありのままをいこう





こないだ読んだ文章の中で、現在100歳くらいの堀文子という画家が、
こういう感じのことを喋っていた。

 美とは一体なんだろう、なんだろう、とずっと考えていたが、
 「生きているもの」だ、と思った。


共感した。
僕なりに解釈すると、「自分に活きるもの」。
自分や誰かに活きるもの。
心に活きるもの。

金子みすゞの詩も、いろいろな人の心に活きている。
この人は、戦前の日本の、まだ恋愛結婚が許されない時代に、
不遇な結婚をし、夫への抗議の意を込めて26歳で自死して亡くなっている。

人の生き方はそれぞれ。
作品の活き方もそれぞれ。


僕の作るものは、とにかく僕自身に活きるものであればいい。
他人の作るもの、それから動植物や天文などの自然、
僕自身に活きるものを感じたいから、これからも拾い集めていく。

人それぞれ、みんなそれぞれに生きている。
みんなもいろいろ。

時々話をした時に、お互いに心がちょっといい感じになってたら幸せだ。

そんなことばかりではないけども。
それはそれで醍醐味として。


ありのまま







 2019年01月14日(月)   そこにある haircut



 

  「夏夕」   橋本関雪





けふは髪をカットしてさっぱりんこ

上はテレビで見た絵 好きなり






 2019年01月13日(日)   町 city



夕方、自転車で薬局にヒゲソリ・クリームを買いに行きがてら、
そのままぶらぶらとサイクリングした。

町が灯り始めるのは綺麗。
空も。
遠くに見える桜島は、薄い紫色に暮れて、穏やかな白い噴煙を上げていた。

通り掛かった花壇の脇に、花の説明書きが差してあった。
花の名前と、名前の由来と、花言葉などが詳しく載っていた。
へーおもしろいと思いながらじっくり見た。

帰宅して、もう見たやつ全部忘れてしまったけど、
セコミポステムニラレバデス みたいな難しい長い名前のとか、誰が覚えるんだ
でも、ああやって親切で丁寧なものを見ると、なんだかイイ気分になる。

とんかつ弁当を食べた。






 2019年01月12日(土)   キエー pictures



こないだ、ゲージュツとはうんたらかんたらうんこである と書いたので…



  「展覧会の絵」   ムソルグスキー
  https://www.youtube.com/watch?v=s8z1_A-Zlbw

 プロムナード(巡回者=ムソルグスキー自身の心情) 0:00〜
 ビドロ(牛車) 10:40〜
 キエフの大門 28:10〜

 (個人的に好きな曲↑)



ムソルグスキー(1839-1881) ロシア人

ラヴェルが編曲した管弦楽バージョンが一般的に知られているが、
原曲はピアノだそうだ。

作曲の由来がちょっと面白かった。 ↓

ムソルグスキー、アル中になり堕落的な生活を送っていた。
そんなある日、親しかった友人・ナントカが急逝したという訃報が届いた。

ナントカは建築家であり画家だった。
周囲の友人たちはナントカを偲んで彼の作品展を開いた。

ムソルグスキーが行ってみると、そこには生前のナントカの情熱があった。
亡くなる直前には、門のデザインのコンクールに応募する為の絵を描いていた。
(→ キエフの大門)

「我輩は何をやってるなりか… ナントカはこんなに精一杯やっていたというのに…
 我輩は一体何をやってるなりか…」

コロ助はキテレツの情熱に触発され、
生活態度を改めて心機一転、「展覧会の絵」を完成させた。

キテレツの絵一枚一枚から受けたインスピレーションを元に作曲している。
上記の動画で、実際の絵の幾つかを見ることが出来るようだ。








 友情なり!







  ラヴェル 編
  https://www.youtube.com/watch?v=DXy50exHjes&t=121s

  第3プロムナード 9:45〜 (約30秒)

ラヴェル編曲版。
この管弦楽バージョンだと、個人的には第3プロムナードが好きだ。




  山下和仁 編
  https://www.youtube.com/watch?v=39puTBlkz0Y

ギター編曲というのを見つけた。 これは編曲者本人による演奏。
いろいろあるなりね。










 人生いろいろなり!






 2019年01月11日(金)   鏡開 kagamibiraki




  金太郎生れて鏡開かな    吉崎つる代


きんたろーうまれてかがみびらきかな
今日は鏡開き (鏡開、かがみびらき)。
俳句はどんなのがあるかな と思って検索したら、こんなのを見つけた。
つる代さんという方のご家庭では、正月を終えた頃、
丁度めでたく元気な男の子が産声を上げたそうだ。

そして大きくなった金太郎は、今、鏡の前で元気に股間を開いている。
「ちんちんばっかり見てたけど、
 きっと、金玉も大きくなったんだよね。
 ちんちんばっかり見てたけど」

鏡開き
金玉の日
ちんちんだけでなく金玉も見る日



金玉、見たよ。

わぁい
 どしん

力いっぱい踏んだ地面に
きらきら小石が光ってる。

ちんちんは黒びかりしてる。
大きくなったね
大きくなったもんじゃ。







 大きくなったぜ!







 大きくなったぜ!







 2019年01月10日(木)   絵へへ ehehe



  「私は」


親戚のN子おばさんは油絵を描くのが好きだ。
花とか、動物とか、景色とか、
孫ができてからは、孫ばかり描いていた。
現在は老体のため筆が使えなくなり、鉛筆のスケッチなどを楽しんでいる。

〇〇会(名前忘れた)という画壇の会員でもあり、
数年に一度、展示会に出品していた。

見に行くと、描かれているのは孫だった。
可愛い孫が笑っている、ほのぼのした絵。

「先生や周りの人たちからはね、こんな絵は描きなさんな、
 もっと芸術的な絵を描きなさい、と言われるのよ。
 でもね〜、私はやっぱり、あら可愛い〜! とか、わあ綺麗〜! とか、
 そういうものが好きだから、そういうものが描きたいのよね〜」

おばさんはそう話していた。

他の人たちの絵を見ると、孫を描いている人は一人も居ない。
みんな、ちゃんとした絵というか、
芸術的センスのある感じの具象画や抽象画を発表している。
おばさんの絵は、明らかに浮いている。

けど、おばさんは、敢えて「孫の絵」を描いて発表していた。
たとえ周囲から評価されなくても、たとえ他に仲間が居なくても、
「私はやっぱり、あら可愛い〜! とか、わあ綺麗〜! とか、
 そういうものが好きだから、そういうものが描きたい」

おばさんは、自分の気持ちと絵を通していた。




なんかハッとした気持ちになり、その思いこそが芸術や!! と思った。

おばさんの気持ちと、おばさんの絵と、おばさんの意思と度胸と。
おばさん おばさん おばさん
おば3

心に残った。



(^3^)




 2019年01月09日(水)   人格のアート persona



ペルソナ5 というアニメ。

その中で、画家を志す少年が、
「欲望」 というタイトルの、様々なドロドロした色が渦巻いている抽象画を発表した。
すると批評家は彼に、「くだらない」 と一蹴した。

かくかくしかじか事件 うんぬんかんぬん解決
心変わりした彼は再び、描き直した絵を発表した。
「希望」 というタイトルだっただろうか、
様々なドロドロの渦巻きの中心に、真っ白い光が描かれていた。
批評家は、「すばらしい! 葛藤の中から、光を見出そうとする。
 生きる力。 これこそが芸術だ!」
と賞賛した。








 Before





 After






これを見て、確かにそうだな… と思った。
感情を表現するだけなら、誰にでもできる。
けど、プラスなものに変えていこうとする考えや力は、
その人にかかっている。
そのことこそがアートであり、
それを表現している作品こそがアートだ。
普遍性というやつだ。




と、一瞬思ったけど、そういうわけでもないな。
感情を表現しているだけであっても、それが心を打つ時もある。
心打たれる時もある。
何を表現したいか、何を必要としているか、
それは、人それぞれにいろいろだ。
アートはいろいろある。
いろいろである。
いろいろで良いのである。




良いとして
そう、だから、
性欲を表現するのもいいけど、
たまには、そこから何か、生きる力に変えていこうとする力…
それを表現するのもいいかもなと思った。
せっかくだから。
せっかくせっくす するんだから。




いや、わざわざ生きる力とか くそまじめに考えなくても
性欲そのものが生きる力 とも言えるな…。




性欲は力なり。




いや、というか、
性欲を抑えようかな。
抑える方向に行くのもアリだな…。

性欲を抑えようかな。
発情しすぎかも。




でも、好きだという感情が湧くことに比例して、性欲も湧くんだよ。
「はぁ〜 好きだなぁ 好きだ…」 = 勃起
勃起するんだよ。
恋は、すなわち勃起だ。




「欲望ではなく、その葛藤の中で掴んだ力を表現する」
も良いけど、
「ただ単に性欲を表現する」 それも立派な、
立派な勃起だ。




うむ、それは、ただの勃起である。





日記は勃起だ。
ただの個人の日記は、ただの個人の勃起。
ただの勃起は、しかし立派な勃起だ。
僕はただ勃起しているだけ ではないよ
立派な勃起なんだ これは
立派に勃起している
勃起して立派になっているんだ
えっへん勃起
勃起あっはん
うっふん勃起
勃起 勃起 勃起
僕 勃起
ぼくぼっき!
ぼっきっきっきっき
ぼきー!













「君… マンコなんて描いてもらっちゃ困るよ」
「これはマンコではない! 欲望だ!」







「はぁ… 射精したのかね… しかもこんなに大量に…」
「すみません なかなか止まらなくて…」






 2019年01月08日(火)   愛の仮面 bra



こちらで地震がありましたが、全く問題ありません。





以前、父と散歩をしながら話をしていて、
どういう流れだったか忘れたが、「変態仮面おもしろかったよね」
と父が言った。

おもしろかったよね と言われると、
おもしろかったかもなぁ と思い、なんとなく愛着も湧く。

変態仮面そのものへの愛着というよりも、
夕方の静かな田んぼ道、変態仮面おもしろかったよね と言った父、
それらのことに愛着を感じる。

変態仮面は、僕が小学生くらいの頃に少年ジャンプで連載されていた漫画で、
数年前に HK変態仮面 というタイトルで映画化された。

最近テレビで放送されていたのを録画していたので、今日、全部見た。



眠いので、内容の詳細は割愛するが、

 「僕は変態じゃない。 君を思うと変態になるんだ。」

というようなセリフを言っていたような気がする。
ちょっとジーンときた。



パンティを顔に被ると、変態な超人に変身する、正義の変態ヒーロー変態仮面。
だけど、好きな人のパンティでないと変身できないのだ。
愛である。

僕もいつか、君の脱ぎたてほかほかのパンティを被ってみたいなぁ
と、平和なことを考えた。



 

  





パンティあたたかい
生きている匂いがする
臭くてもいい
君のにおいと温度が好き








 2019年01月07日(月)   お屠蘇 toso



今日もいい天気だったべなぁ
最近はあったけえだす



大事なことだから忘れないようにメモしとこうと思い、
ボールペンを持って書こうとした時、
何を書こうとしていたかを忘れてしまった。

たまにあるある。


録画していた映画を見ていた。
途中で電話が掛かってきたので応対し、その後パソコンを使って、
映画を見ていたことをすっかり忘れた。

たまにあるある。


生きてることすら忘れてしまいそうさ
っていう歌があるな あるある。


  「幸せの鐘が鳴り響き 僕はただ悲しいふりをする」   Blankey Jet City
  https://www.youtube.com/watch?v=BXSPDZnwQcM
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=56396

ソリッド。 硬質で鋭い。




ソリッドもいいけど
優しくて平和なのもいいべ。
日向ぼっことか。 ひなたぼこ
実際はあんまりやらないけど好きだべ。


 ここちよき死と隣りあひ 日向ぼこ    鷹羽狩行


ソリッドである。
どんな解釈ができるかな。 今、頭を使いたくないので何も書かないけど。




お屠蘇を呑んでおいしかった。








 2019年01月06日(日)   優しさ yasa sea



  「Beauty」   SUGIZO
  https://www.youtube.com/watch?v=Na9MYf9y1t0

ルナシーのギターのスギゾーという人の20年前ぐらいのソロの曲。
この曲の歌詞は英語なので I don't know だが、曲調が I like it だ。
3:50くらい〜 からの展開が wow だ。

最後に No way? で終わっている。
諦めるしかないのか? という意味だと思うが、
そう尋ねられたら、「大丈夫だよ」 と伝えたい。
流れ的に。


大丈夫だよ







 2019年01月05日(土)   花鳥 flower



  「LUV U」   LUNA SEA
  https://www.youtube.com/watch?v=hdai7ce5-Ww
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B20258


I love you






菜の花が咲いていた。

椿が咲いていた。

緋桜が咲いていた。

パンジーやポピーも。

色とりどり。

だんだん春の気配。



花が咲くのは、生殖の為。

美しい性器。



花が好き。

花を愛でるように

君の性器を

愛でたい。

顔を近づけて 匂いをかいで

ここにしかない花

見つめていたいな。








 2019年01月04日(金)   アヌス eden



  「ANUBIS」   LUNA SEA
  https://www.youtube.com/watch?v=ijHE3W4c-fc
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=F03971


アヌビス アヌス アナル アナルビス
曲が好きだ。
歌詞の内容は… なんじゃらほい どういう意味じゃほいと思いながら見ていると、
最後の 「あなたの為 生まれ変わる」 というところで
なんかジーンとくる感じがした。

アヌビスとは何ぞや? 今調べてみたところ、
エジプト神話に出てくる、死者の守護神。 死神では無い。
死んだ人間の安らかな眠りと来世をサポートしたり、ミイラ作りをしたりする。
だそうだ。

アヌスとは?
ラテン語で肛門のことである。


今年はルナシーの30周年である。

アナルナシー

アナルナッシー!


個人的には、来世とか生まれ変わるとかは、どうでもいい。
記憶も何も持っていけないのだから。
この人生がすべて。
さよならも大切にしたい。






 2019年01月03日(木)   僕は your



「僕はアナルセックスがしたいのではなくて、
肛門へのキスは、君の反応を見てみたいから一度やろうという好奇心があるけど
君の脱糞や放尿を観察してみたいのは、生物的な面での君に興味があるから、
ただ単にそれだけだよ。
君はペット飼ってるから分かるはずだけど、排泄にも愛着が湧くよね。
電柱におしっこをする、草むらでうんこをする、うんこが温かい、
生きてるなぁ健康だなぁよしよし という感覚。
君の体は、お尻のサイズとかが可愛いくて小動物っぽいから、そそられるよ。

もしも抵抗があるなら僕のを先に見ればいいよ。
そしたら君は 「ああそういうことか!」って共感すると思う。
生物としての君が生きていることが愛おしい、という気持ち。
一見変なこと伝えてるかもしれないけど、変ではないことは分かるはず。

肛門の話をしているのではないよ。
こういう風に、他の色々なことについても、一緒に感じたり味わったりしたいね
っていう話なんだよ。 ペロペロ
まぁ、浅く広くって感じではあるけど。 ペロペロペロ」








いいから早く見せろおおお






 2019年01月02日(水)   運動 safe






 一月一日




海岸へ初日の出を見に行ったり、書き初めをしたり、
十年ぶりに高速道路を運転してみた。

習字って楽しい。
高速道路は苦手で無理だとずっと感じていたが、今回、そうでもなかった。
苦手だったものが、いつの間にかそうでなくなっていたら、嬉しいことだ。

夕方、予定までに空き時間があったので、自転車を借りてサイクリングした。
田舎の海岸沿いの雑木林。
途中でうんこがしたくなったが、トイレは見当たらないので我慢した。
いつもは朝するのだが、しなかったので、夕方の今になってもよおしたのだ。

長い雑木林の遊歩道を抜けると、関係者以外立入禁止と書かれた保安林を見つけて、
ちょっくら侵入してみると、大きな池があり、
冬の夕暮れの池、綺麗だなぁ などとゆっくり耽りたいところだったが、
やはりうんこを我慢していた。
我慢していたが、だんだん我慢できなくなり、今にも漏れそうな感じになってきて、
軽く青ざめながら自転車を漕ぐ。

人も居ないし、その辺で野糞をしてみようかと、よっぽど考えたが、
あいにくティッシュを持っていない。
うんこがついたパンツを洗う手間を考えたら、やっぱりトイレでした方がいい。
だからやっぱり我慢である。
自転車を漕ぎながら、やばいやばいやばい 漏れる漏れる漏れる
いや、大丈夫漏れない大丈夫漏れない と考えた方がいいのか
…いや、無理な思考をすると、かえって苦しくなる
ここは素直に、やばい漏れそう やばい漏れる と考えた方が、気持ちが楽だ。
気持ちは楽だけど、どっちにしても漏れそうで肛門が苦しい もうそろそろ本当に限界だ…

通り掛かった広い駐車場の隅に、小屋を見つけた。
あれはトイレかも トイレでありますように! トイレでありますように!
違ったらどうしよう その時はその時
その時は漏らすかも… 漏らすかも… 残念…
と頭もお尻もパンパンになって行ってみると、期待通りトイレだった。

ダッシュで駆け込むと、うんこ用の個室は五部屋くらいあり、
洋式はどれ、どの個室が綺麗、などを瞬時に判断し、扉を閉めてそれから、
勢いよく用を足し、ホッと胸を撫で下ろし、そしてゆっくり丁寧に拭いた。

鼻歌を歌いながら、夕方の冷たい水できちんと手を洗い、
石鹸が無い…まあいいか 肛門を直接触ったわけじゃないから
外へ出て、借りた自転車のハンドルをしっかり握りしめ、
それから続きの道を漕いだ。








 2019年01月01日(火)   元旦 miracle



謹賀新年 2019年!

日記帳さん 今年も宜しくお願いします
まっさらなページ 何を書こうかな
色をつけたり ステキにしてあげよう



  ◎  初日の出





「色づく世界の明日から」 というアニメ、
昨年の秋から放送されていて年末に最終回だった。
なんか好きだった。
画面が綺麗で、雰囲気が好きだった。
 アニメPV https://www.youtube.com/略
 公式HP http://www.iroduku.jp/


代々、魔法使いの家系として続いている月白家。
しかし主人公の月白瞳美の母親だけは魔法が使えなかった。
それは一族の歴史では初めてのことだった。
母親は、娘の瞳美には魔法使いの能力が備わっているということに気付くと、
ある日突然、家を出て行き、そのまま二度と帰ってこなかった。

瞳美は、自分のせいで母親は居なくなったのだと思い込み、
自分は幸せになってはいけないという気持ちが強くなり、そのせいか、
目に映るもの全てが色を失い、白黒のモノクロームの世界になった。

高校生になっても性格が暗い瞳美は、人と関わることを避け、魔法を使うことも避けていた。
そんなある日、祖母の提案で、60年前へタイムスリップする。
「17歳の私に会いに行きなさい」
そこでのクラスメイトたちとの友情や恋を通して、だんだん自信が生まれ、明るくなり、
色が見えるようになった。
無意識に自分自身に掛けていた魔法が、解けたのだ。
皆と別れ、60年後に戻ると、
祖母に、「一緒にお母さんを探しにいこう!」 と言う。 そして終わる。

作者自身の経験を描いたのかは分からないが、そういう具体的な背景があり、
気持ち一つで世界の見え方は変わる などの前向きなメッセージが散りばめられていた。
絵も綺麗で、見ていてなんだか気分が良かった。

17歳という年齢は、子供から大人になる手前だ。
そのようなフレッシュな気持ちで、これからも永遠の17歳のようなピチピチした心でもって、
今年も健康に気をつけながらゆっくりマイペースにブイブイいきまっしょい!

今年もよろぴくお願いいたします








往時目譜近時

watanabe keisuke