huukei

往時目譜近時


 2018年09月30日(日)   台風 home



台風の一日。 今回は結構凄まじかった。
夕方頃には天気が落ち着いてきたので犬の散歩に出た。 木が折れたりしていた。

夜は久し振りに、父の所望によりホットプレートで焼きそばをした。
ホットプレートって滅多に使わないけど、焼きそば良い。 みんなで囲む感じが良い。







「台風が、タイフーンが無事に過ぎたとたい!」
「ふーん…」

「また新しい台風が来てるとたい!」
「ふーん… ええ!? それは嫌だなぁ 嫌だい 嫌だい!!
 ぶーんぶーん!!!
 ぶんぶん ぶんぶんぶん ぶーんブビブバ ブビッ ぶっふふーん!!!」


※独り言









「台風」の俳句を検索してみたら、たくさんあってビビった。
僕は台風に関して全然作っていない。
台風は夏の季語なので、今の時期ではないけど、とりあえず
個人的に惹かれたのは… ↓


 台風の目の中 天道虫を掌の平に    前田秀子

五七五の初めの五字が九字になっている大胆な破調だが、
その効果がとてもうまく利いていてフムフムと思った。


 海の絵の蒼きに夕日 颱風過    福田蓼汀











描きかけの絵と、手の影で遊んだ。 蛍光灯で作った影。

台風が来ると、家の中の時間がなんとなくちょっと楽しい。

窓ガラスが割れたりしたら、そんなわけにもいかないだろうけど。
何事もなく通り過ぎたので安心。






 2018年09月29日(土)   アイスクリーム dash



夏場はシャーベット系を食べていたけど、
少し寒くなってきたので、アイスクリーム系が食べたい今日この頃。


  アニメ「氷菓」 オープニング
  https://www.youtube.com/watch?v=ohCz9leOITE

氷菓(ひょうか) 以前姉と見て、オープニングの出だしの雰囲気が好きだった。
アニメの内容は推理小説みたいな感じだったと思う。
主人公が通う高校には古典部という文芸系の部活があり、
代々、「氷菓」という冊子を作っている。
何故その名前かというと、
氷菓… シャーベットやアイスクリームのこと
アイスクリームは、Ice cream だけど、I scream(私は叫ぶ) とも言い換えられる。
叫び、思い、心、熱、熱で溶ける

という、この事がなんだか好きだ。







今日は台風が近づいていて風が強いけど雨は降っていなかったので、
マリンポート(人工島)へ行き、直線道路を全力疾走した。
全力疾走というものを普段全くしないので、してみたくなった。
何年ぶりだろう というぐらい久し振りだ。
約50メートル走×4セット
いつになく心臓がバクバク、いつになく呼吸器官が活発化。
とっても健康的。
それとも寿命を少し縮めただろうか。

また気が向いたらやろう。





夜は駅ビルへ、久し振りに焼肉屋へ。

帰りに地下のマックで紫いもシェイクを買って飲んだ。
お店のメニューも秋。






 2018年09月28日(金)   九月 typhoon



もうすぐ九月も終わるなー と思って、「九月」を使った俳句を検索してみた。
これらに惹かれた。


  黒揚羽 九月の樹間透きとほり    飯田龍太


  くびすぢに月光感ず九月かな    大野林火


九月、十月、


  秋蝶の うすむらさきの流れゆく    失名子


そんなわけで、台風が来ている。
来てほしくないけど、来ているタイフーン。

「台風が来てるとたい!」
「ふーん…」

そんなわけで、九月の終わり、台風、

そういえば最近、土曜日の夕方にスポンジ・ボブをやっているのを知った。
録画して見ているのだが、結構笑える。
笑うって健康的。





 2018年09月27日(木)   る ruru



ところで、カレールーは、いつもこれを使っていルー。
奄美カレー
 https://www.amazon.co.jp/略

カレールーにしてはちょっと高い値段だけどー、
僕は3〜4回くらいに分けて使っていてー、それでも充分おいしいー。
市販の色々なルーを試したけどー、個人的な好みで言うとー、これが好きだー。
こちらだと地球畑という店に売っていルー。







これはー、1900年頃のフランスー、ルネ・ラリックという作家が作ったカレー皿だー。
(画像は拾った物ばいー)
クジャクの羽根を模しているのだそうだべー。

カエルの卵のようにも見えるのねんー。

カレー皿というのは嘘だすー。
この皿でカレーのような汚物系のごはんを食べたくないやいー。





台風が近づいている影響かねー、風が強くて涼しいんだなもー。
寒いくらいだべーー。





















  (鳥への)


確かに、読みようによっては暗い気分に見えるかもしれないけど、
特に何も考えてないよ。 有難う。

君の方は、何に燻っているんだろう。






 2018年09月26日(水)   秋の雨 rainy



  「版画」より 第3曲 「雨の庭」   ドビュッシー
  https://www.youtube.com/watch?v=ul0V6Agy_aY

こないだラジオで流れていた。


今日は昼から雨が降っている。
外は肌寒い。


夜、カレーを作ったのだが、いつもより美味しかった。
具材の組み合わせが良かったのだろうか。 鼻くそが落ちて入ったのだろうか。
魔法の鼻くそ。

最近は、ルーを少な目にケチって、塩を足して、ガラムマサラを加えている。
コンソメ顆粒ダシもちょっと加える。 唐辛子なども。
そしたら、ちょっと本場っぽい、さらさらした感じのカレーになって、いい感じだ。
魔法の鼻くそ。





 2018年09月25日(火)   けふなり mangetu



今日は満月である。
今日が満月である。
昨日じゃなかった。 間違えた!


え? 十五夜は満月じゃないの? と思って調べてみたところ、
こういうことだった。 ↓

十五夜とは… 新月から数えて十五日目の夜のこと。
基本的には十五日目が満月だけど、天体の都合で1〜2日のズレが生じる場合もある。
今年は、十六日目の十六夜(いざよい)にあたる今日が満月。

へえー!
…常識なのかもしれないけど、僕は初めて知った。
もしくは、以前も調べたのかもしれないけど、忘れて、今日新しく知ったのだと思っている。
そうだとしたら、忘れるというのはお得だ。 今、新鮮な気持ちを味わえている。




あとそれから、昨日、

  無月なる杉の梢や 瑞巌寺    高野素十

という句の解釈を書いたのだが、改めて考えると、
これはもしかしたら、亡き人への思いを重ねているのかもしれない。
雲に隠れて見えない月に、今は亡き人を重ね、
空高く伸びている杉の木に、その人への思いを重ねている。
…とか。
瑞巌寺には杉林がある。 この寺で十五夜の句会を開いた。
そこに集まった人たちは皆、虚子を慕っていた人たち。
師の亡き今も、師を慕いながら皆で邁進している、その姿を無月の杉林に重ねている。
…とか。



  天の川 西へ流れてとどまらず   素十

素十にはこういう句もある。 天の川は秋の季語。
星月夜という季語もあるように、秋は星空が特に鮮明に見られる時期。
 虚子一人銀河と共に西へ行く    高浜虚子
素十は虚子をとても慕っていたので、
虚子の亡き後、虚子のこの句を思い浮かべて作ったのではないかとされている。



  虚子一人銀河と共に西へ行く    虚子

晩年の句。 「夜十二時、蚊帳を出て雨戸を開け、銀河の空に対す」
という感じの前置きがある。
西は、仏教では極楽浄土があるとされている方角。 自分の死を意識している。


  寢靜まり 銀河流るゝ音ばかり    虚子

上の句と同じ時に作ったもの。
世間はもう寝静まっている時間。 銀河が流れる音なんてしないはずだが、
こういう表現をしている。 泣いているのかもしれない。







調べてみたら色々な句を見つけたので、書いてみた。
個人的には、

 天の川 西へ流れてとどまらず   素十

が印象に残っている。
思いが印象的。





今日は晴れているので、月がよく見える。
眩しいくらいなので、うさぎさんの餅を搗く姿がよく見えない。
満月ってこんなに眩しかったっけ。 仲秋の名月だから眩しいのかな?
ともかくまぶしいお月さま。








 2018年09月24日(月)   十五夜 mugetu



秋になったなぁ かなり涼しい。
窓を開けて窓際に居ると少し寒いくらい。

季節の変わり目の、この、ワクワクする感じが好きだ。
秋はそしてちょっとしんみりした気分にもなる。

さて今日は十五夜なので、満月が浮かんでいるはず
だけど今、雲に覆われていて見えない。 今、八時。
だんだん晴れてきているので、そのうち見えるかな?





十五夜の満月は、
名月(めいげつ)、望月(もちづき)、月今宵(つきこよひ)、今日の月(けふのつき)
などの呼び名がある。





雨が降っていて見えない場合、
雨月(うげつ)、月の雨(つきのあめ)、雨夜の月(あまよのつき)


  傘の端の ほのかに白し 雨の月    正岡子規


雨の月(あめのつき)、これも同じ。





雲に覆われて見えない場合、
無月(むげつ)


  無月なる杉の梢や 瑞巌寺    高野素十


瑞巌寺に集まって十五夜の句会を開いている。
外へ出て空を見上げるけど、あいにく曇っていて月は見えない。
代わりに、空高くに伸びている一本の杉の木のてっぺんが目に入った。
月の無い夜、空に一番近い所にある杉の木。
月は無いけど、ここには、この杉の木がある。 そして寺には皆との触れ合いがある。

…と、そんな想像をした。 なんだか温かい。





  湖のどこか明るき無月かな    倉田紘文


湖の月の明るき村に住む  素十  という句を思い浮かべながら作った句だと思う。
紘文は、素十を俳句の師としてとても慕っていた。
これは素十が亡くなった後に作った句なのかもしれない。

湖を見つめながら、素十の句を思い浮かべ、素十のことを思っている。
月が映っているはずの水面は、今日は曇っているので月は無く、暗い。
暗く淋しい、悲しい。
素十はここには居ない。 けれど、心の中では、今も自分を照らしてくれている。
暗い無月の湖も、どこか明るく、優しく感じられてくる。









  火を焚けば 火のうつくしき無月かな    粟生純太









無月無月 ごこうのすりきれ じゅげむじゅげむ ぱいぽぱいぽ…


そんな感じで、無月。
僕の住まいは無月。
皆さんの所は、どんな夜空ですか?


月は出ていないけど、すすきを飾り、里芋や月見団子を食べて、良い夜だった。
団子は明石屋で姉が買ってきてくれた。






 2018年09月23日(日)   秋分 bunbun



鴨池球技場に行ったら、少年少女らの野球やテニスの試合で賑わっていた。
いかにもスポーツの秋って感じだ。




夕方、家族で墓参りへ行った。
お彼岸なので人が多く、どの墓にも新しい花が活けられていて綺麗だった。
墓が綺麗なのは日本特有なのだと聞いたことがある。
そう思って見ると、貴重な景色に思えた。




今日は、秋分の日。
二十四節気の秋分だ。
昼と夜の長さが等分で、太陽は真東から昇り真西に沈むのだそうである。
今日以後、だんだん夜の時間が長くなっていく。


  秋の燈にムーミン童話つづき読む    失名子


読書の秋。
ムーミンを読んだりするかもしれず、ムーミンのDVDを見たりするかもしれない秋。

そして明日は十五夜である。
うさぎさんが餅を搗くのである。
まあまあ楽しみである。
さっき見たら、暈(かさ)を作っていて綺麗だった。




















  (鳥への文)


どうだったかな… 出し切って疲れているかな
まあゆっくり休んでくれたまえこの腕の中で

と… 言ってみる月夜


おやすみ







 2018年09月22日(土)   新涼 wind



俳句誌に投句(葉書で郵送)した。
草本先生の指導を離れ、初めての投句。
なので、少し気合いを入れた。

先月、FAXで先生の気分を害してしまい、一年間続けていたレッスンを打ち切られた。
何を伝えてしまったかというと、その日の日記にも書いているのだが、
つまり、先生にとって超失礼なことを伝えてしまった。

八月号の、先生の句の欄に、僕の句に似ている句が載っていたので、
「気に入ってくださり、取り入れてくださったんですね。嬉しかったです」 と送ったら、
「似ているのは偶然です。誰でも時々起りうる事です。 それから、
 驚愕しました。師が生徒の句を盗んで発表したのであれば、喜ぶべきではありません」
と返事が来た。

驚愕しました… と書いてあったので、弁解のFAXを送った。
「嬉しいと伝えたのは僕なりの気遣いです。
 本音では、オヤ?と思いました。
 けれど俳句の先生が盗作のようなことをするのは常識なのかもしれない、と考え、
 嬉しかったと伝えました」

こう書いて送ったことが、相当まずかったようで、
先生は唖然とし、私は見下されて利用されていた、と解釈したそうだ。
それで、「もうレッスンはしません。独りで努力してください」 と返ってきた。

すぐに改めて丁寧に説明した。 タイミングも相まって勘違いした、という事などを。
そしたら一応は理解してもらえたけど、
なにぶん、先生は自分自身に対して一番に厳しい作句姿勢を取ってきた人なので、
「盗んだ」と思われたことが、とても受け入れ難かったようだ。
結果的に、レッスンは本当に終了となった。

そんなわけで、終わったのである。

ただし、「これからも投句を親身に見ています。質問がある時はいつでも送りなさい」
とのことだった。



そんなわけで、今日、投句した。
草本先生の指導を離れ、初めての投句。
なので、少し気合いを入れた。

と言いたいところだけど、気楽に作って送った。

最近は、俳句という五七五の形式に限定せず、散文詩とか、色々な形式で作りたい。
以前は自由律(非定型)が好きだったが、自由律ってやっぱり良いなぁと改めて思う。
自分にとって楽しい形でやっていきたい。

まあコツコツやっていこう。





















  (鳥への文)


聴いたよ
相変わらずかなり心に響いてくる感じに聴こえた。

そこに居ないけど
居るつもりでいるし、聴き耳を立てているよ。






 2018年09月21日(金)   馬 zou



騎士ではないけど、


  「御者クロノスに」 D369   シューベルト
  https://www.youtube.com/watch?v=H2J-RthUkJc
  (和訳)https://ameblo.jp/jaimeen/entry-12025791939.html

御者(馭者・ぎょしゃ) 馬車などの、馬を扱っている人のこと。





ふと、今更ながら気付いた。
YouTubeって、ダウンロード出来るんじゃない?

早速調べて、安全そうなサイトでMP3に変換してみた。
すると、きちんと聴くことが出来た。
なんと、凄い! 画期的だ!! ヤッホー! である!
タダである!

けど、罪悪感がある。
CDを売って生計を立てている人たちにとっては、やって欲しくない事なのでは?

なので、やっぱり止めた。

皆さんの中には、やってる人いますか?
ミュージシャンの人もやってるのかな??

とりあえず、香奈の「安全ピン」は、もうどこにも売ってないので、
それだけダウンロードした。

  これ
  https://www.youtube.com/watch?v=Qx9lQmKPT2k
歌詞はよく聞き取れない部分もあるが、
僕にとっては思春期の頃の気持ちを象徴してくれるような曲の一つなので、
聴くと懐かしくて、アイデンティティを認識するというか、良い感じだ。



  朱の橋を映して水の澄みにけり    失名子



自傷、血、朱い橋を渡ってきた。
自分なりに真剣だった。

澄んでいるのだろうか。 澄んでいく、のだろうか。
さて、これからも、泥んこになって歩くぞう である。






 2018年09月20日(木)   空 catch



  「騎士行進曲」   アンジェラ
  https://www.youtube.com/watch?v=aCeUx3qQiJE

アニメ 「シドニアの騎士」 オープニングテーマ。
一昨年前に姉と見ていて、この曲が好きだった。

確か、ロボットと怪物が宇宙で戦う話 だったと思う。

宇宙



今日は 「空の日」 だそうだ。

元は「航空記念日」? 自衛隊の空軍の記念日か何かだそうだが、
現在では「空の日」となっている。

今日初めて知った。 けど、来年には忘れていそうだ。



朝はどしゃ降りだった。 午後は雨が上がって、
雲間から差す陽が綺麗だっただす。 空は今日も綺麗だっただす。






 2018年09月19日(水)   海に egg



  「海に来たれ」   イタリア民謡
  https://www.youtube.com/watch?v=er2ZS2qRA9I
  (和訳)http://www.worldfolksong.com/songbook/italy/略

今日、ラジオで流れていた。 メロディが好きだ。
イタリアの、ナポリやベネツィアなどの民謡だそうだ。
イタリアらしい情熱的な歌。






今日は親子丼を作った。







明日は雨の予報。
それでだろうか、月が朧だった。

もう少ししたら満月。 仲秋の名月。

今は色々な物が溢れているから、月を楽しむなんてことをする人は少ないだろうけど、
平安時代などの和歌の時代とか、大昔からずっと、
月は人々にとって大きな楽しみの一つだった。
多分。

人類の歴史を感じながら、僕もまた月を楽しみにし、そして、楽しみたい。

けど、何をどう楽しめばいいのだろうか。
月。
綺麗だけど。

綺麗だナ〜 と言うのなら、
綺麗だね〜 とも言いたい。
分かち合う楽しさ。


綺麗だね






 2018年09月18日(火)   爆裂 burst



誰からも訊かれてないけど、
日本のパンク音楽は、これらが好きです。


  「爆裂ヘッド」   スターリン
  https://www.youtube.com/watch?v=DaNdCUu-oyM

  「あぶらむし」   アナーキー
  https://www.youtube.com/watch?v=zfPv-Jq4Kps
 ♪六法全書を破いてあんたにあげよう

  「つるつるの壺」   INU(町田康)
  https://www.youtube.com/watch?v=yCfbzdd8QXk
 ♪おまえの頭を開いてちょっと気軽になって楽しめ



  「人間のクズ」   忌野清志郎
  https://www.youtube.com/watch?v=gDQ8RR9AyGA
 俺はこうだけど君はどうだい、という歌。 なんか励まされる。




日本のパンク

ニッポンパン

パンピン ポンピン ニッポンパン







サンマの三枚卸しを買って、バジルやオレガノ、ニンニク、塩コショーを
まぶして馴染ませた後、
小麦粉を表面にペペッと付けて、少し多めに引いた油で焼く。

終わったら、同じ油でナスとピーマンを、塩コショーで炒める。

という料理を作った。
美味み〜んだった。
美味み〜んっていう決めゼリフを言う漫画が、昔、少年ジャンプで連載されていた気がする。







道路脇に、橙色のユリが一群れ咲いていた。 夕日の色。
その時ちょうど夕方で夕日が差していたので、なんか、雰囲気が良かった。










 2018年09月17日(月)   パン punk



パンクといえば、


  「Ever Fallen In Love」   The Buzzcocks
  https://www.youtube.com/watch?v=51OB2YoC4sg

これも好きだ。
歌詞の和訳は知らない。



  「Dying For It」   The Vaselines
  https://www.youtube.com/watch?v=tGCZZa3-DHk&t=61s

パンクとはちょっと違うけど、これも好きだ。
歌詞は不明。



  「Tame」   Pixies
  https://www.youtube.com/watch?v=4i6jtsCpImo

パンクとはちょっと違うけど、これも好きナリ。 雄叫び。
歌詞は不明。



  「Tension」   Killing Joke
  https://www.youtube.com/watch?v=klh0yssZ4So
  1:00〜

パンクとはちょっと違うけど、これも好きナリ。 テクノ的。
歌詞は不明。



  「アンパンマンのマーチ」
  https://www.youtube.com/watch?v=nSS3y3KE5Ho
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=E02014

パンク パン食う おいしいパン食う
歌詞はアンパンマン。 ちょっとジーンとくる。

以前、父が交通事故に遭って入院し、一命を取り留めた後でリハビリに励んでいた時、
ラジオから流れてきて、「すごく良い曲だね」 と言っていたことがあった。
弱っている時に聴くと励まされることがある。
弱っている時にアンパンマンの顔を食べると元気が出るのと同じように、
アンパンマンのような曲。

上に載せた他の曲の歌詞も、僕の中では全部アンパンマンみたいなものだ。
もちろん実際の内容は全然違うんだろうけど、聴いて湧く感情は、そういう感情だ。
弱っている時とかに関係無く、聴くと意志のような気持ちが湧く。
パンクというのは、音楽的なジャンルのことよりも、精神的なものを言うのであり、
どういう精神かというと、アンパンマン的な、そういうことなのだと思う。
勢いとか、やる気、意欲とか、信念とか、そういう精神、気持ち。

つまり、パンクとは、パンである。






こんなのも見つけた。

やなせ たかし 「アンパンマンの遺言」より

 正義のための闘いなんて どこにもないのだ
 正義は ある日 突然反転する
 逆転しない正義は 献身と愛だ
 目の前で餓死しそうな人がいるとすれば
 その人に 一片のパンをあたえること





パンといえば

かこ さとし 「からすのパンやさん」
 https://matome.naver.jp/odai/2142271968749253701
いろんなパンがたくさん出てきて楽しい。







以上、ただの、スキスキ スキスキ スキッスキ アイシテル日記。


つんばっかいに行った。 =散髪に行った
サッパリしたでごわす。

サッパリ
サッパンク
サッパン
サッパンツ
パンツ






 2018年09月16日(日)   むしょ mushosho



自転車で川沿いを30分程走ると、刑務所跡地に着く。
現在はアリーナが建っていて、大きな正門だけが記念として遺されている。
石造りの正門は結構見応えがあり、周囲は気持ちのいい広場になっているので、
個人的には好きな場所だ。

父も子供の頃はこの近辺に住んでいて、
刑務所もまだあり、受刑者が作った家具などが時々売られていたそうだ。
安価でしっかりとした作りだったので、ここで買った机で勉強していたと話していた。

今では、時代の痕跡だけがひっそりと佇んでいる。
ぼんやりと、幼い頃の父の家庭の団欒などを想像した。














身長2メートル30センチの人が頭をぶつける高さ。






  「New Rose」   DAMNED
  https://www.youtube.com/watch?v=KPowvspa4BI

刑務所に居そうな人たち。 この曲が個人的に好きだ。
歌詞の内容を知らなかったので今調べてみたら、
彼女の為に街で新しい薔薇を買ったのに 誘う勇気が出ない
という感じっぽい。



  「I Fought the Law」   The Clash
  https://www.youtube.com/watch?v=AL8chWFuM-s

パンクといえばこれも好きだ。
歌詞の内容を知らなかったので今調べてみたら、
俺は法律と戦ったが、勝ったのは法律さ
という感じっぽい。






 2018年09月15日(土)   民 tami



居酒屋へ行った。
こんにゃくの天ぷらが美味だった。
ノンアルコール梅酒に焼酎を少し混ぜて飲んだ。



帰宅後、タミコさんに電話して、誕生日おめでとうを伝えた。
僕と同じ10日なので、忘れずに記憶している。 年齢は丁度20歳差。
おめでとうを伝えない場合、物凄く落ち込んだ暗い留守電が入るので、
可哀相なので毎年欠かさず伝えている。

この人は知的障害を持っていて、今年56歳になったのだが、
雰囲気や会話の内容などは小学生くらいだ。

昔、僕は高校を休んでいた頃、その時は「休む」ということが出来ずにいて、
学校に行かないなら、何か別の建設的なことをやらなくちゃいけない、と考えて、
スペシャルオリンピックスという知的障害者向けのスポーツ振興ボランティアに
参加して手伝ったりした。

ある日は、知的障害者と視覚障害者の交流会、なるものに参加して、
一緒にお好み焼きを作ったり、粘土で焼き物を作ったりした。
数日後、その知的障害者たちが暮らす施設に行き、見学させてもらうと、
老若男女いろいろな人たちがいて、
よだれを垂らして服がビショビショになっている女性や、
力が強い暴れん坊のような問題児っぽい男性がいたり、
中には、物凄く可愛い顔の若い女性もいて、けれど左右の目の焦点が真逆になっていて、
と、いろいろな人たちがいるんだなぁと思った。

一人の少年から手紙を渡された。
片手と片脚が不自由で、てんかんの発作で倒れた時の為のヘッドギアを被っている。
交流会に来ていた人だったので、僕も彼のことを憶えていた。
ミミズのような字で書かれた手紙は、すぐには解読出来なかったが、
読んでみると、男ではなく女で、しかも20歳も上だという事が分かった。
名前はタミコだった。 単純にラブレターだった。

返事を書き、以来ずっと文通を続けている。
ここ数年は、時々電話で話すのみになっている。
電話は、毎回出るとだんだん頻繁に掛かってくるようになってしまうので、
現在は一・二ヵ月に一度取る程度にしている。
週末に時々掛かってくる。

「周りはみんな頭がまともじゃないから、まともな話が出来ん。
 だから悩みの相談が出来ん。」
と泣きながら言ってきた事があった。
職員たちが居るはずだし、障害者施設の仕事に就くような人は基本的に優しい人
だと思うけど、個人個人にゆっくり向き合う余裕は無いのかもしれない。
仕事としての現場はとてもハードそうだった。

タミコさんから悩みの相談を受けた時、
初めの頃は、僕は真面目に受け答えしていたので、場合によっては責める時もあったが、
そうすると、いつも機嫌を悪くして拗ねる。 それで、
ああ、自分のことを肯定して欲しいんだろうな、という事に気付いてからは、
表面的でもいいから優しい言葉だけを掛けるようにしている。
具体的な事がどうのこうのではなく、ただ単に気持ちの支えが欲しいのだ。
自分がつらい気持ちでいる時に、つらさを分かってくれる存在、
味方になってくれる存在が欲しいのだ。

そして本当にそういう存在が周囲に一人も居ないのだと思うと、
それはつらいだろうなと思うので、いつも優しい言葉を掛けている。

優しい言葉を掛けると、タミコさんはいつも泣いて、安心して電話を切る。
「ありがとう。 体に無理しないでね。 風邪には気を付けてね」
と、いつも最後に決まり文句のように言う。
いつもなんとなくそれが心地良く感じる。
手紙をくれる際にも必ずそれが書いてあるので、
落ち込んでいる時などに読むと、なんとなくジーンときたりもした。

タミコさんは、友達は僕一人しかいないのだと言う。
心の支えになっているのなら、
つまり彼女の生活に僕が役立っているのなら、嬉しいし有難いとも思う。



ともかくタミコさんが安心するのなら良い。

タミコさんにとって、僕がどういう生き方をしている人間なのかは全く関係無く、
ただ単に、電話したら必ずそこに居て、自分の話を聞いてくれて、優しい言葉を掛けてくれる、
そんな「友達」。
彼女は多分、小中学生の頃は、苛められたりとかして、友達は居なかっただろうと思う。
優しく接してくれる人たちも居ただろうけど、友達という関係にはならないだろうから、
卒業すれば普通は離れる。

タミコさんはいつも言う。
「友達は啓介君しかおらん。 啓介君が一人おってくれればいい」
電話の向こう側で泣いている時が度々ある。

ひょんな時に知り合い、現在に至っている。
僕は、友達というよりもボランティアのような感覚で接しているけど、
タミコさんがその生活の中でつらい時に、安心できる事が一番良いと思う。






















  (鳥への文)


念の為伝える…。

普通に読むと、
これまでの人生を掻い摘んで話し合った相手というのは、僕では無い。
…けど、僕なのだろうか。

一番望んでいないことが〜 というのは、
僕が関連しているのかもしれないけど、内容の意味が全く解らない。
戦慄に共感したいのは山々だけど、何を書いてるのか解らない。
それとも僕は関係無い事なのだろうか。

そういえばさっきラジオを聴いたよ、
僕のところには少し遅れて届くから今更な話題になっちゃって悪いけど、
野菜ジュースを飲みたくないというのが面白かった。
野菜そのものには水分があんまり無いから? かな??
トマトジュースもアウトなの?
人参ジュースおいしいけど人参ジュースもアウト?
野菜をミキサーに掛けたスープは?
色んな人がいるんだね〜
そして蕎麦が好きなんだね
いつか蕎麦打ちたいね
蕎麦粉を丸めたやつは好き?
だご汁ってのが熊本の郷土料理にあるんだけど、それの蕎麦バージョン。
でも君の話を聞いてると、麺の蕎麦を色んな食べ方で楽しむのが好きなのかな。
僕は蕎麦湯は麺つゆに混ぜないで飲むのが好きだす。
いろいろあって楽しいね。

店の名前が思い出せなくて「あの四角い店」って言うのもオモシロイ。
天然ボケってのは、知的障害の一種だと思うんだけど、
脳の知能的な部分の何かに問題があるんだよね? 多分。
問題っていうか、構造が一般的なのとは少し違う。
君は明らかに違うよね。
楽しい方向に行ったから良かったよね。

風邪が早く良くなるといいね。
今後の曲がどんななのかも、気になる。






 2018年09月14日(金)   夜 walk



近所の通り沿いに、白い彼岸花が咲いているので、
夜、そこを歩いてみると、ぼんやり光っているように見えて綺麗だ。

何気ない所に、いつも何かしら季節の花が現れてくれるので、
外を歩くのは楽しいし面白い。

今さっき、犬を連れて、いつもと違う道を歩いた。
途中にある小さなお店は、もう閉まっていたのだが、
店先に、きらきら光る尾の長い飾り …何て呼ぶのか知らないけど、
そういうのが三つ、並んで風にそよそよ揺れながら、
闇の中に青や赤や銀色にうっすら輝いていたので、
それらはささやかな物ではあったけれど、少し立ち止まってじっと見ていたら、
綺麗だったので、なごんだ。





 2018年09月13日(木)   今日 today



姉が鶏ムネ肉をよく買ってくるので、僕はそれを調理する係。
お蔭でレパートリーが増えた。
最近は、薄く切って調理することが多い。


今日は肉じゃがを作った。
豚肉で作った。
我ながら美味しかった。



日記。

にっきっきっき



秋の灯。

ひっひっひっひ



今日は少し蒸し暑い。







 2018年09月12日(水)   白露 hakuro



  パルティータ第2番より「シャコンヌ」   バッハ
  https://www.youtube.com/watch?v=QqA3qQMKueA

  (バッハ直筆の楽譜)
  https://www.youtube.com/watch?v=Oa1dcTVk2PU
  「シャコンヌ」は 16:00 くらいから

  ブラームスによる左手の為のピアノ編曲
  https://www.youtube.com/watch?v=91KBiPlit-Y


テレビでやっていて、聴きながら夕食を作っていたら、なんかジーンときた。
カレーを作った。

YouTubeで検索したら、色々あったので載せました ↑





九月八日以後は、二十四節気によると、白露(はくろ)。
朝夕は涼しくなり、明け方には草木などに白い露が見られる、とのこと。
詳しくはこちらにも載っている。
 http://www.543life.com/season-hakuro.html
他にも色々載ってるけど、綺麗。

 草露白 くさのつゆしろし

 鶺鴒鳴 せきれいなく

 玄鳥去 つばめさる

字を見るだけでも、なんだか心が洗われる。 洗われマッスル。



マッスル ハッスル!

フレッシュな気持ちで 筋肉を磨こう


運動の秋
読書の秋
食欲の秋

性欲は常


おいしい物を食べて
ハッスルボディ マッスルボディを作ろう
本を読んで脳を鍛えよう


マッスルパワー全開


秋さん 秋さん
この秋も 宜しくね







 2018年09月11日(火)   心音  romance



小学校の肛門に設置されている掲示板に、いつも、季節毎に詩が貼り出される。
久し振りに行ってみたら、今は、この詩が貼り出されていた。





  あるけ あるけ   鶴見正夫


 どこどん どこどん
 あるけ あるけ
 ちきゅうの たいこ
 みんなの あしで
 そら
 どこどん どこどん
 あるけ


 どこどん どこどん
 あるけ あるけ
 ちきゅうの うらで
 だれかの あしも
 たたいて いるよ
 ほら
 どこどん どこどん
 あるけ






地球のどこかで
まだ見ぬ友人知人たちが
今いる友人知人たちが
それぞれに 歩いてる

なんだか勇気づけられる感じがして良いなぁと思った。


あるけ あるけ
水虫に注意


どこどん 大きな足音も
こととん 小さな足音も
進んで下がる足音も
立ち止まって 音がしないのも
ぜんぶ足音
いろんな音で歩いてる

飛んでいたりもして
翅の音




  「Romance」    BUCK-TICK
  https://www.youtube.com/watch?v=wR1ctOb2dsI
  (歌詞)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B08853








 2018年09月10日(月)   舞曲 mazurka



  「マズルカ」 作品68 第4曲   ショパン
  https://www.youtube.com/watch?v=FbrCi1TX_XI


テレビでやっていた。
途中で時々出てくる旋律が、なんだか心地よかった。

マズルカというのは、ポーランドの民族舞曲の形式の一つだそうで、
これに影響を受けて、ショパン自身が色々な「マズルカ」を作曲しているそう。

舞曲
ブッ曲
おならブッ曲



午前、窓を開けて掃除機を掛けていたら、
廊下や部屋の匂いに、秋を感じた。
もうだいぶ涼しくなった。





 2018年09月09日(日)   さくらこうんこ emotional



半日を山形屋(デパート)で過ごす。
親戚の古希のお祝いなどを選んだ。
栗原はるみの食堂で、さつま芋とほうじ茶ゼリーのパフェ なるものを食べ、
美味だった。



夕方、犬のさくらを連れて散歩している途中で、Aコリンさんにバッタリ会った。
僕よりも10歳くらい上の、日本人の女性である。 昨年の春ぶりだ。
建築士の資格試験を受けた帰りだそうで、へぇ〜凄いな〜と思った。

Aコリンさんはいつも、さくらのことを何故か、桜子さん、と呼ぶ。

今日は小雨が降っていた。

簡単な会話を交わし、一通りなでなでした後、
さよなら桜子さん、と言って、傘を差した清楚な人は別れた。



桜子さんは今日も相変わらず、ホカホカのうんこをたっぷり出して、
スッキリにっこりしながら歩く。

うんこの跡を、小さな雨が優しく撫でる。
ニオイはゆっくり消えてゆく。



家に着いて、いつものヨーグルトをあげた。
うれしそうに桜子さんはそれを飲み込むと、ゲフッ、と言って満足した。

桜子さんはそして、丸くなって眠った。

何の夢を見てるのだろう、時々前足をピクピク動かして、クプクプ吠えてみたりする。



桜子 さくら さくらんぼ。

今日も元気に、咲ってる。























  (鳥への文)


一緒に濡れようとか
今まで、そういう発想をしなかったかもしれない。

ウレシイ

君もやっぱり苦しいなと思ったりすることがあるのだろうか。
そういう時、僕も一緒に濡れたい。


ちなみに、雨に打たれてはいないので、ダイジョウブっすよ。
Thanks a lot.


そうだった、それで思い出したけど、
薬を自力で絶った経験を理解して貰えていない、と先日書いたんだけど、
よく考えたら、
この事は医師や誰かに相談したわけでは無く、全部僕の独断によるものだから、
この経験に関する僕の見解には、勘違いが多い可能性が高い。
君も普段、悲しくなったり落ち込んだり頭にきたり不安になったり、
いろいろあるようだし、
つまり、そういうのは、人間であれば誰でも当たり前にあることだ。

同じ経験をしている人を知らないので、情報が何も無い。
だから、どういう状態をもってゴールなのかが分からなかった。
けど、もう10年経つから、とっくにゴールしているのかもしれない。

元々がナイーブな方だと思うから、
なるべく弱い気持ちにならないようにしている。
単純に、それだけのことだ。

というわけで、理解されていない事は何も無いし、孤独感も全く無い。
もしも淋しくさせたり不安にさせてしまっていたらごめん。

少し気になったんだけど、君は最近、眠っているのだろうか。
以前睡眠薬を飲んでいたと書いてた気がするんだけど、
薬を飲むこと自体は全然アリだと思うので、無理しないでほしいなと思う。





 2018年09月08日(土)   まんこうんこ brilliance



デパートの、ティファニーか何かの、高級ブランドの煌びやかな売場で、
超高級なオシャレな万年筆が売っていた。
試し書きをする為のメモ用紙が設置されていて、見るとそこに、「おまんこ」と書かれていた。

「おまんこ」と書かれていた。
書いたのは中学生だろうか。

「ありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの」
穴と突きの女王
ありのままんこ
ありのまままんこ
ありのまままんこ ちちちんこ
あと何度自分自身卒業すれば本当の自分に辿り着けるだろう Wow…
まんこ自分 ちんこ自分


まんこではないが、そういえば、
母が、飼い犬さくらのウンコの詩を作っていた。
散歩の折、公園で脱糞した際に詠んでいる。


二月十三日
 冬芝に 気持ちよくも さくらの落し物 ひとつ耀き

二月十九日
 春雨に濡れそぼりて あたたかき落し物ひとつ


など。
自由律うんこ俳句 とでも言おうか。
個人的には好きだ。







 2018年09月07日(金)   心太 tokoroten





ところてん + トマト、オクラ、胡麻
酢、だし醤油
サラダ仕立て

思い付きでやってみたら、なかなかナイス。
世の中的には普通かもしれないけどグー。
あっさり酢、さっぱり酢、デリシャ酢。
食欲が無い時にもイイ。

もう夏は終わりだから、ちょっと時期外れだけど。

ところで、ところてんの俳句って何かあるかな?
と思って検索してみたところ、こんなのがあったところてん。




  ところてん 逆しまに銀河三千尺    与謝蕪村




なんかステキだなぁ ステキなところてんだなぁ と思ったけど、
細かい意味が分からないので、調べてみたところ、こういうことだそうだ。

黒いお椀の中のところてんを、まるで銀河が映り込んでいるようだ、と思って見ている。

「銀河三千尺」という表現は、中国の李白の詩「望廬山瀑布」を受けているそう。
「三千尺」というのは具体的な長さではなく、単純に「とても長い」という意味で、
百人力と言ったりするのと同じ。
 参考 http://manapedia.jp/text/1840



ところてんは銀河だべ! お椀の中の、天の川だべ!
といったところだべ! ところてんだべ! ところてんてろこところてん♪






 2018年09月06日(木)   締まる yurumu



ちょっと汚い話になるのだが、

今日、オナラをした。
珍しく長いオナラだった。 4秒ぐらいだろうか。
そしたら、液体が漏れていたのである。
何だろう? ウン汁とでも言うのだろうか?
小さなウンコも1つ漏れていた。
思わぬサプライズに、チビリそうになった。

オシッコをチビる方がマシだ。
…いや、それも嫌か。
ちゃんと全部締まっていて欲しい。











俳句誌に入会して、そろそろ二年が経つ。
昨年の八月以後はずっと、草本先生から俳句レッスンを受けていた。
月に一度の、FAXを通してのスパルタ・レッスン。
厳しくて、最初は泣きそうになったり、反論して先生を怒らせてしまったこともあったが、
誠実に向き合ってくれるからこその厳しさに、だんだん心地好さを感じるようになった。
SMに目覚めたわけではない。

丁度、一年が経過した。

先生の気分を害してしまい、今日、レッスンの打ち切りを告げられた。
先生にとって物凄く失礼にあたることを、先月、FAXに書いて送ってしまっていたのだ。
怒るかどうかは人によると思う。 ともかく先生は怒った。

猫踏んじゃったならぬ、地雷踏んじゃった。
芸術は爆発だけど、芸術家を爆発させてしまった。
先生はFAXを読んでファーック! と叫んだ。

気を付けなきゃ…。

こんな形で終わってしまったけど、俳句誌へは今後も参加し続けるつもりだ。
幸い、「レッスンは辞めるけど、質問が生じた時にはいつでも連絡しなさい」
と最後に言ってくれた。
この一年間で教わった事は大きい。
生かせるかどうかは僕次第。
今後もガンバルンバだ。




























  (鳥への文)


不安なのだろうか。 ずっと居るよ。

ところで、君が言う爆弾って、ウンコのことかな? もしかして。
だとしたら、誤解させているのかもしれない。
僕はスカトロのプレイに興味があるのでは無くて、
君の脱糞や放尿する姿を見てみたい、というただそれだけだよ。
だから、性的な興奮は何も無い。

犬を飼っているから、散歩を毎日しているんだけど、
犬の脱糞する姿って可愛いのね。
肛門から赤い腸が少し見えたり、そういうのは人間も同じなんだろうなと思う。
でも見たことは無い。
人がウンコする時の肛門とかを、普通は見れない。
「見せて」ってお願いするのは、たとえ親や姉妹、友人でも抵抗がある。
でも君だったら、良いよと言ってくれそうな気がする。
どんなものなのか一度見てみたい、ただそれだけだよ。

脱糞を見るんだったら、ついでに放尿も見てみたい。
僕は男だから、女性の放尿を見たことが無いし、どんな仕組みかを知らない。
ただ単に、生物としてどんなものなんだろう、という関心の元に言ってるだけだよ。
だから、これは性癖では無いし、性的興奮は無いし、爆弾でも何でも無いよ。
単なる小さな好奇心。
君のことが好きだからこそ、そういう関心も湧くんだと思う。
そういう意味では興奮するかもしれない。
「うお〜、マジっすか。 かわいいーー!!」 っていう興奮はあると思う。

見たら、「へえ〜 こういう感じなんだなぁ〜!」 で終わって、それだけだと思う。

だから、大した話では無いよ。
醤油を渡したり、アイス食べる? 電気付けようか? とかそういうレベルだよ。
客観的に聞いたら、平凡でつまらない話だよ。

もしかして君は、スカトロプレイをするつもりでいたのだろうか!?
本当にそういう性癖なの?
悪いけど、ごめん、正直に言うけど、僕はそういうのはちょっと吐き気がする。
普通に汚いと感じる。 君もそうでしょ?

脱糞や放尿する姿を見たいとか、つまんない話だから、忘れていいよ。
忘れた頃に、君がトイレに行く時、「見ていいっすか!」って聞くかもしれない。
それはただの好奇心であって、そのレベル、その程度だよ。
犬の脱糞って可愛いなぁ っていうのと同じレベルの、愛らしいっていうことだヨ。

あと、自分の便を目視で軽くチェックすることも、健康管理として普通のことだよ。
よく噛んで食べてるかな、ちゃんと消化されてるかな、とかを見たり。
ごくごく普通に大切なことだと思う。
ごくごく飲んでるわけじゃなくて。

だから、性癖とかじゃなくて、全部普通の、教科書の範囲内だよ。
悩ませていたのなら、それからもしも期待させてしまっていたなら、ゴメン。
でも、もしも本当に期待してたのなら、どこまでも付き合うよ。






 2018年09月05日(水)   雲が綺麗 sky



  「すみれ September Love」   カブキロックス
  https://www.youtube.com/watch?v=8P4kRGrQvlk


♪それは九月だった
という歌詞が出てくる。
九月になったので、これを口ずさんだ





最近は雲が綺麗。
ホウキでサーッと掃いたような雲など。









「サーッ」





と掃いたような雲などが綺麗。





よっしゃ 今月もいっちょゆっくりいこう!!






 2018年09月04日(火)   霊感 viva



怪談の話をする季節は終わりましたが…
霊感がある人いますか?
僕はゼロです。



  「調和の霊感」 作品3から第8番 RV 522   ヴィヴァルディ
  https://www.youtube.com/watch?v=Stjrhzwzevs
  7:10〜


  「オルガン協奏曲 第2番」 BWV 593   バッハ
  https://www.youtube.com/watch?v=QBlc_Nbvpjo
  8:30〜


こないだテレビでやっていた。
第3楽章は人気があり、単独で演奏されることも多いようだ。
個人的にも第3楽章が好きなので、その時間を記しました。 ↑

バッハがパイプオルガン用に編曲している。

タイトルの「霊感」は、心霊現象を知覚する能力のことではなくて、
直感、インスピレーション、という意味だと思う。
音が気持ちよく調和していく具合を直感的に作ってみたぜよ VIVA! バッハッハ
ということなのだろうか? 分からないけど。

なので、幽霊が出てきそうなヒュ〜ドロドロ感は一切無い。






ところで、
トイレの花子さん だと怖いのに、
トイレの太郎くん だと全然怖くないですよね。

太郎くんが、幼いながらにも勇ましくあろうと、しっかり仁王立ちしてオシッコしている。
そんな、見守りたくなるような、ほほ笑ましい姿が目に浮かびますよね。

そんな太郎お兄さんに憧れて、同じように勇ましい恰好でオシッコしている、

トイレの次郎くん


トイレの三郎くん

トイレの四郎くん

トイレの五郎くん

トイレの六郎くん

トイレの七郎くん

トイレの八郎くん

トイレの九郎くん


…… あれ? 一人足りない




「井戸の中にいるよ」











こうなると、ちょっと不気味ですよね。



以上、便所の霊感。






 2018年09月03日(月)   森林浴 somen nagashi



  「キャンディ」   BUCK-TICK
  https://www.youtube.com/watch?v=yzJqHpl0XOs


今井寿(左)のリフが、今井美樹の「プライド」のサビに、少し似ている。
今井今井。


♪私は暇…


おならプ〜ライド

おならブッライド









慈眼寺そーめん流しへ行った。
平日だけどお客はそこそこ多かった。
周辺には遊歩道が整備されていて、気軽に森林浴が楽しめる。
前回来たのは、犬のさくらが2歳くらいの時。
今年は9歳。
大きくなったもんじゃ。

鹿児島でそうめん流しと言ったら、ぐるぐる廻るタイプが一般的なのですが、
おそらく他県では、竹の一方通行のタイプが主流だと思います。
もしも鹿児島に来た際は、そうめん流しに行って「へ〜」と思うのもオススメです!

 こんなの
 https://www.tjkagoshima.com/gourmet/11672/






 2018年09月02日(日)   彼岸花 higanbana



今日の天気は晴れ時々曇りで、暑い中を出歩くには丁度いい。


海に行ったら、漂流木がたくさん転がっていた。
軽そうに見えて、持ってみたら意外と重たかった。


市民文化ホールで、催しものをチェック。
今日はこれから今井美樹のコンサートがあるらしく、リハーサルの歌声が漏れていた。
早々と来て待っているお客さんも数人いて、
ちょっとワクワクする感じが、なんかいいなぁと思った。


陸上競技場のグラウンドを眺めた。
一人でストレッチしている人がいた。
陸上のグラウンドって、なんか好きだ。
広くて、整備されてて、単純に綺麗。


紅茶花伝のオレンジはちみつ味を買って飲んだ。
紅茶花伝っていう名前がオシャレでちょっと好きだ。








彼岸花にしては珍しい、薄い紅紫の綺麗な花びら。
公園の隅っこの、木の後ろに咲いていた。
桜の木の根元に咲いてるから、桜のエキスを吸って、この色なのかな…??























  (鳥への文)


2014年の初夏の狭い部屋 とは…?
その頃の日記を読んでみたけど
何なのか、よく分からなかった…。
というか可愛ええね。
ちびまるこ好きなんだね。

僕が関係無い場合は、流してください。

念の為書くと、
チンコはどこへ行こう どこへも行かない と昨日書いたけど、
チンコを誰へ向けようかと悩んでいるのでは一切無く、
僕は僕なのだから、僕の感じることを大事にしよう、と思っただけであり、
それは主に、絵や俳句に関することだ。
どういうものを作りたいか悩む、最近はずっとそういう気分だったから、
その心境が、書いてる途中で表れた。
紛らわしい書き方をしてしまった。
(ちなみに今日はもう悩んでいない。 好きなものを好きに作ろうと思う。)

あと、ちなみにだけど、自殺したいとか一切考えていない。
10代〜20代半ばはそういう気持ちがあったけど、
今は、心はいつも、普通に明るい。 スポンジボブ並みに明るい。
ちびまるこで言えば、ともぞうだよ。


色々と推測で書いたけど、
もしも外れていたら、流してください。






 2018年09月01日(土)   シャン rin



シャンプー リンス ハゲタカ


チンコ マンコ ボクシング


…思い付いて、ちょっと面白いかな と思って…。

悪意は無いです。


悪意が無ければ何言ったっていいと 思ってんのかぁーー!!!


チンコマンコボクシングは、ちょっと楽しそう。



リンゴ チンコ ブドウ マンコ パイン


栗 チンコ かぼちゃマンコ


そういえば、ゼリーポンチ って、名前がちょっと可笑しい。
何もおかしなことは無いんだけど。
お店に行って、ゼリーポンチください、って、なんとなく言いにくい。
わざと間違えて、ゼリーチンポください、って、しれっと言ってみたら、
相手はどんな反応をするか、という遊びをやってみても楽しそう。
何も楽しいことは無いかもしれないけど。


居酒屋とかで、よく、カルピスを頼むのだが、
注文する時、ちょっと気恥ずかしい。

マンゴージュースも、なんとなく気恥ずかしい。


トマトジュースは、大丈夫。


だからあなたも大丈夫。

恐れることは何もない。

恐れているあなたがいるだけ。

恐れることを恐れよ。

って、確か、HONDA(車のメーカー)の創業者、本田ナントカという人が
言っていた。
失敗を恐れるよりも、失敗を恐れることを恐れよ。






まあ、失敗はおっぱいみたいなものだしね。

揉めばいいの

乳首をつまめばいいの

人間だもの

焼肉定食

まあ いいではありませんか

丸刈りマルゲリータ

チンコ マンコ ボクシング

そしてチンコはどこへ行く

どこへチンコは行く

どこへ

僕のチンコはどこへ行く…


どこへも行かない。
僕のチンコは、僕のチンコだ。
僕のチンコは、ここにある。






往時目譜近時

watanabe keisuke