huukei

往時目譜近時


 2019年04月25日(木)   なんじゃ monja




 

なんじゃもんじゃ という名前の木。 一葉たご(ひとつばたご)とも。
花びらが散り敷いている様子を 花筵(はなむしろ) と言うが、
なんじゃもんじゃの花筵も綺麗。 近付くといい匂いがする。



  花守に心開きし花のこゑ    大東晶子



花守(はなもり) =桜守
花見の席で、鳥などが来て花びらを散らしてしまわないように番をする人。
鎌倉時代頃に生まれた言葉だが、
現代では、単純に、育てている人、管理している人、などを指すのだそうだ。



  花守のなにかを言うて帰りけり    今井杏太郎



花守が何かを言って帰った。 何と言ったのかは分からないけど、
穏やかな表情で、何かつぶやくように、花に声を掛けて帰った。






というわけで、なんじゃもんじゃに何かを言うて
僕も帰りました。
なんじゃもんじゃは 「どんなもんじゃ〜」 と
言っているようでした。





まあ、そんなもんじゃな。










往時目譜近時

watanabe keisuke