Fみつきの日記

日常の悲喜こもごもや細々としたこと 魍魎戦記を書き連ねる空想家の兼業主婦。
時々ヒステリーを起こし、時折マンガを描く。いたって 平和な毎日である。

全日記のINDEX次の日記へ前の日記へ


2018年12月10日(月) 京都で赤ちゃんに会う

土曜日は京都まで出向き、前の職場で仲が良かった同僚のOとHに会いに行った。
Hは結婚し滋賀に移ったため、その関係で会う場所が京都になったのだ。
それに、Hには可愛い赤ちゃんがいるから。

Hの赤ちゃんは周りの人に笑顔を振りまく、それこそ天使のような赤ちゃんだった。家の中ではもう少し違うらしいけど、手はあまりかからないらしい。周囲の大人たちも「ありゃ可愛い!!」といった感じで性別年齢関係なく赤ちゃんに吸い込まれていく。

正直に言うと、私は少し羨ましかった。私には赤ちゃんは出来ないだろうな。けど、赤ちゃんが産まれたら今現在の夫婦二人だけのお気楽な生活が無くなるんだろうなと1ミリでも思うのなら私は産まないほうが良いだろう。
ただ「可愛い、羨ましい」だけで産むのは、似たような気持ちでペットショップで子犬や子猫を買ってしまう無責任な人間と同じだ。
極端な考え方かもしれないけど、そういう厳しい考え方で良いと思う、私みたいな女にとっては。私は多少、無責任なところがあるから。

きっと、羨ましいと感じるのもOとHがママトークをしていてそれに加われない・・・、そんな点も含まれるのだろうな。好きな二人の会話に参加できないのが身勝手にも悲しく思う。可愛くて小さな赤ちゃんをダッコするHにも安易に憧れるみたいなところもあるのかもしれないな。

私は子供のころペットショップで買ってもらったモモンガを殺したし(世話をするのを忘れていた)、飼い犬の介護もあまりしなかった。大人になってからとても後悔しているし(後悔できるような人間になれて有難いことだと思う)、私という人間は「可愛い、可愛い」というだけで命をほったらかしても平気なところがあるというのを知れた。

それに年齢的なところもあるし・・・Hは私より1つ年上なのだが、だとすると妊娠したのは私の今の歳ということになる。世間的にはギリギリな感じだろうな。Hは自然に妊娠したけども、私は自然にできるかなあ・・・

この2点で私は赤ちゃんを諦め半分、産まないほうがいい半分といったところか。主人も私が赤ちゃんを持つとノイローゼとか、そういったものになる気がするって言っていたな。

三人で前の職場(Oはまだその職場にいるので、ネタは尽きないw)のハナシをしながらランチをする。赤ちゃんはスヤスヤと寝ていた。
京都のお土産はしそ巻ききゅうり、ゆず風味の長芋のお漬物。京都ってやっぱり好きだなあ。人混みが凄いけどw、時間の流れというか空気?が大阪よりゆったりしている気がする。


日曜日はなんとプレイステーションVRを購入!さっそくVRでゲームをして夫婦二人で盛り上がるも「目が疲れるね」という感想に落ち着くw。私の場合はカメラ酔いもw。けど、凄かった!


2018年12月07日(金) 禁酒

あ〜あ、二日酔いだなあ。気持ち悪いのはだいぶ治まったけど頭痛がw
昨晩は主人が仕事で居ないのをいいことに、結構呑んでしまった・・・

昨日の仕事帰り、「叔母のこと日記に書いちゃったなあ」と思ったわけだ。んで、「でも叔母には助けられているところも多々ある・・・今日だって醤油くれたし・・・」と。しかし、同時に叔母との嫌な記憶がふっと脳裏にこびりつき・・・そして・・・呑んでしまった・・・

嫌なことを打ち消すように呑むお酒はダメだよ、ほんと。深酒になってしまうもの。どうしてもね。
私が呑むお酒はホワイトラム酒(バカルディって瓶に書いてある。きっかけは主人がモヒートを作るために買ってきたこと)。ダイエットの為に蒸留酒を呑んでいる。蒸留酒は蒸留酒でも、ウィスキーや焼酎の香りが苦手なんだよなあ。麦焼酎はマシだけど。ウィスキーなんてあの匂いが胃からせり上がってくるように感じるんだよ。

昔は赤ワイン呑んでたんだけど、歯の着色汚れがひどい。いくらケアしても無駄だったなあ。個人の体質(歯の質というか)にもよるのかも。ホワイトラムを呑むようになってから歯の白さは戻った。不思議だ。

赤ワインの次は白ワインとストロングゼロ!wに移行。
ストロングゼロは美味しい、安い、すぐ酔える!wから素晴らしい商品なんだが、太るw。缶チューハイは「糖質ゼロ」をうたってる物だとしても太る気がする。あと、やっぱりいくら安いとはいえ缶のものは消費が早い。最終的にホワイトラムに落ち着いたけど(今のところ)、節約にもなっている気がする。あと、痩せたと思う。

度数が高すぎるのが難儀だけどねえ。ちょうど良いお酒はないものかw。
昨晩は一回何かを大声で叫んだけど(おいおい)何を叫んだのか記憶にないw。けど、テレビの音量には気をつけながら(酔っぱらいの気遣い)YOUTUBEを観てたんだが何故かルナシーのロージアばっかりかかってしまって、しかもそのループから抜け出せなかった記憶があるww。検索が下手すぎる。

主人が帰ってきて、一緒に北斗の拳のタフボーイを聞いてベッドへ。ベッドでイカれた時代へようこそ!って何度も言ってた記憶が〜

あ〜、主人に謝って一週間ぐらい禁酒しよっとw


2018年12月05日(水) 叔母が辛かったりする

私は気分の浮き沈みが激しくて、常日頃からそんな自分がしんどい。何故そうなるのか、原因は何なのかと長年考えている。「いやいや、早く心療内科に行けばええやん?」と思うのだが、「行くのが怖い。抗うつ薬で太るのが嫌」とも思う・・・。

私は自分が太るのが本当に嫌だ。色々あって、今は自分の体型(痩せてはいない。年齢や飲酒のせいもありお腹もポッコリだ。服のサイズはMだけど、油断したらLになるだろうなあ)に納得はしている。
学生時代は摂食障害(重症ではなかったとは思う。http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000583.html このサイトで見たら中等症)だったので、「痩せること」に固執はしないようにしている。

私は今、訳あって叔母と一緒に働いている。叔母とのランチは強制的に一緒の店で一緒のメニューを食べる。ほぼ毎日。そのランチの量が多い。私が以前働いていた職場は肉体労働系だったのだが、その時のランチより多い(この時は自分で用意していた)。今は100パーセント事務仕事なので、そんなに量は要らないのだが・・・。残すと嫌がられる。店内で大きな声で指摘される。しかも、時々そのあとでデザートなんかを食べに行ったりする。強制的に食べさせられる・・・。

とても辛い。
慣れてなかった頃はお腹が痛いし、夕飯のことを考えると憂鬱になったり、食べ物であふれかえるスーパーなんかに行くと頭が重く感じ、気持ちが悪くなった。そして体重が一気に増えた。因みに叔母は朝飯も夕飯も食べないらしい。だから叔母は細い。細くてオシャレだ。

ゴハンの問題だけじゃなく、会話も辛い(ここでは書けない)。最近私は帰宅すると涙が出てくる。しかし、叔母は生活に必要な物をくれる。私をゴミ箱代わりにする時も多々あるが。
数日前、叔母が私に言った。「アンタ、昔はもっとオシャレやったやんなあ」
って。私が痩せることに固執してた時だろう。もちろん、ポッチャリになってもオシャレはできる。けど、気力がない。
最近は叔母の目を見れない。


2018年12月04日(火)

昨日は久々に家庭用脱毛器ケノンでピッピッ(光をムダ毛に当てる)した。
ケノンを使用して数年。本当に体毛が薄くなって私は驚き&嬉しい。
日頃のムダ毛処理もほぼせずに済んでいる(私はケノンの回し者か)。
これは私にとってとても精神的に安心できる。もう落ち込まなくても良いのだ。

女性の体毛が濃くなったり、顎に男性みたいなヒゲがぽつぽつ生えるようになるのは30代に突入してホルモンバランスが崩れたときだとネットで見た。
しかし、私は若いころ、しかも十代前半からそんな感じなので毎日が苦しかった。
毎晩足の毛を剃り、足(腕も)が痛かった。制服がスカートだし、体操服は短パン、夏はプールの授業・・・。本当に辛かったなあ。朝になるとヒゲが生えているし(抜いた。毎日剃るとやはり痛いから)。

これで脱毛サロンとかに連れて行ってくれるような母親なら悩まんで済んだのかもしれないが、私のママンはそんな人ではなかった。
我がママンも毛深かったしw。それに当時はミュゼとか無かったものなあ。
脱毛サロン=とても高額なもの、というイメージだったからなあ。ママンは私を励ました!「毛深い女は情が深いって言うんやで!」って。

業が深い、の間違いではるまいな?

大人になってからはほぼズボンで過ごした・・・が、主人と出会い、デートでお泊りするようになってからまた困り出した!しかし主人は私のヒゲを抜いてくれるような人だった!
しかしのしかし、やはり私自身としては私のムダ毛が本当に嫌だったので一大決心をしてケノンを購入。安くはない・・・。
けど、サロンに通う時間やお金、予約が取れなかったりしたらまた時間を喰う・・・そういうことを色々考えて納得して買った。

ケノンの効果(ほぼ生えなくなるまで)は私の場合はすぐには出なかったかもしれないけど(なんせ毛が太い硬い)、本当に買って良かったなあ。意外と、脇と后▲劵欧良分はすぐに効果が出た。次に足かな。思ったより苦戦したのが腕。若いころにこんなにツルツルの身体だったらもっと自分に自信が持てただろうなあ。ツルツルじゃなくても良いんだけどね、本当は(女の子はどんな女の子だって自信を持ってほしいよ)。今時の毛深い若い女の子ってどうしてるんだろう?カミソリには気を付けてほしいよ。


2018年12月03日(月) イアン・ハート

男性同士の恋愛を描いた「ゴッズ・オウン・カントリー」が日本でたった
5回だけ上映されるという。大阪は12月9日の午後の部だけ・・・。

観に行きたいけれど。8日は友人たちと会うので、9日に一人で心斎橋に行って、観た後は素早く帰ってこようか。うーん。迷うなあ。
迷う、迷うと言っていたら主人が「アマゾンで輸入盤を買えばええやん」とのこと。
・・・。字幕は!?私、ヒアリングできません!
主人は「いつか誰かが字幕をネットにアップしてくれる!はずだから、それを見つつ鑑賞すればいい」とw。き、気長な話だなあと思いつつアマゾンで輸入盤ⅮⅮをポチってしまう。

うーん。ええのんか、これで?

何故そんなにもこの映画が観たいかというと、まず、評判が怖いくらい良い。
中には傑作だという人もいる。今のところソフト化も配信予定もなし(何故だー!)。

そして、イアン・ハートが出ている。

はい、ここ大事。とても重要ですね。ええ、イアン・ハートが出ているからこその傑作たるゆえんですよね。黄色のマーカーで線を引いて下さいよ?
ビーっとね。イアン・ハートの名前の下にね蛍光の黄色のマーカーでね、線をビビーっとね。

男同士だろうが、女同士だろうが、男と女だろうが犬同士の恋愛だろうが、
イアン・ハート!!!(叫)


迷うなあ。観に行こうか。大きなスクリーンでイアン・ハートを観てこようか。


2018年12月02日(日) 法事

先週の日曜は主人の祖父の法事であった。
さて主人の実家へ出発というところで、車のエンジンがかからず(二日前に乗ったのにも関わらず)。急に寒くなったからかなあ。
というわけで、二人で散歩がてらテクテク歩いて出向く。

お坊さんと皆(お義母さん、主人、主人の弟さん、ワタクシ)で和菓子を食べた後、お経をよんだ。お経はふと気が緩むと置いてけぼりにされる。
お義母さんが「あ、あれ!?(今どこ!?)」と何度か囁くので、私は噴いてしまったw。
さて、私は音痴である。私が歌いだすと人々はいたたまれない顔をする。
私が頑張って歌うので余計に空気がシベリアになる。このスーパー音痴の遺伝子は母から受け継いだ。父いわく、母は何でもラップに変えてしまうらしい。
そんな母は私が歌うと「お経みたいや」と言う。

しかし、お経にもメロディがある。音程がしっかりとあることを私は知った(私はお経をよむのが今回が初めてなのだ)。…
主人は私のあまりの音の外しように引きこまれそうになったらしい。
蟻地獄ですね。

法事が終わり、家族全員でかに道楽でカニを食べに行く。とても美味しい。
主人の弟さんがお勤め先のブラック企業っぷりエピソードをどんどん投げ込んでくるので、皆笑いが止まらなかった。混ざりっけのないピュア・ブラックらしいw。「漆黒」と主人が言う。

食事が終わると実家に戻り、ミカンやのりを頂く。帰路はまた二人でテクテク。とても気持ちがこもった良い法事で、主人の祖父も喜んでいるのではないだろうか。


2018年12月01日(土) 本とサラダと換気扇

昨日は仕事帰りにお小遣いを持って本屋へ。
だいたい目星をつけていたのだが…ひっくり返して値段を見ると、悩みだすw。夕飯を作る時間が…っ!と焦りながらもひたすら悩むw。
結局レジに持って行ったのは、メアリー・シェリーの「マチルダ」、ウラジーミル・ナボコフの「アーダ(上巻)」とアレイスター・クロウリーの「麻薬常習者の日記(3巻)」の3冊。合計7128円なり。
高い!けど、時折の贅沢は必要だと思っている。それに、私はこうして時々でも出版社や本屋さんにお金を落としていきたいと思っている。あまり出来ないけどねw。
やっぱり印刷された紙の本っていいなあ。昭和生まれだから仕方ないなあw。あ、これはお小遣いだから家計簿には付けないよっと。ふふ。
本当はもっと欲しい本があった。「アーダ」の下巻w。
それにエリファス・レヴィの「高等魔術の教理と祭儀」の「教理編」と「祭儀編」の2冊。お小遣いを握りしめて行ったけど、無理だったw。レヴィの本、1冊4000円もするんだもんなあ。
でも、仕方ない。こういう本は安価で作れないよね。
急いで帰宅して、アマゾンでレヴィのその2冊の中古本とクロウリーの1巻と2巻のほうを買う。母さんのクレジットカードで…っw。と言いつつ、ちゃんとお金は払います。
ね、ね、値引きしてくれそうだけどね…っw!はあーあ、親のスネをかじっちゃったなあ。
買ったクロウリーの本をパラパラとめくったら本のしおりが付いていて、クロウリーの顔が連続で印刷されているものだった!きゃはは!スゴイや!しかも、解説が滝本誠さんだ!やったね!
とかなんとか興奮している内に主人が帰宅。主人も今日がお小遣いの日。何を買うんだろう。ふふふ。

翌日の今日はランチに夫婦でパワーサラダなるものを食べに行く。サラダがボウル一杯入っていて、これでお腹いっぱい!っていうやつらしい。二人分で3150円なり。
二人で外食をして3000円を超えるって高いほうなのだが、これは致し方ない。野菜だもんなあ(プラス、ドリンクとパン1つ)。
レタスがファミレスのサラダバーにあるレタスよりとても綺麗だった。
ボウル一杯の野菜、場所代や維持費やと考えると妥当な値段かもしれないなあ。
レジの女の子の赤いリップが本当にきれいでとても可愛らしかったのがとても象的だった。

ランチ終了後、隣接している謎の雑貨屋に入る。おしゃれ。腕に巻くバングルがとてもとても綺麗だった。1つ5000円ちょっと。
このお店では買えなかったけれど、バングルって良いかもしれない!

帰宅して、主人と二人で換気扇の大掃除。あーだこーだあーだこーだ言いながらこびりついた油をゴシッゴシ!
これで年末の大掃除の一つ、換気扇部門が終了!


2018年11月30日(金) Screaming Bunny様へ 第一話

Screaming Bunny様へ、

貴方を見つけたのはたった数年前、私がTHE CULTのことをスマホで検索していたら貴方の日記が偶然に引っかかったのでした。
それ以降、私はむさぼる様に日記を読み進めました。最初の日記から最後の日記まで。私が貴方を知った時点で既に貴方はscreamig bunnyを廃業しておりましたので、最後の日記を読み終えるとブックマークを付けふとした時に読めるようにしておりました。
私は貴方の日記に救われました…。「救われた」ってヤバい言葉だなあ。他に何か良い言い回しがあったらいいのですが…。もっと重くない言葉かつ、敬愛がこめられた言葉が…。申し訳ありません。私は貴方ほど頭が良くないのです…。しくしく。
ブックマークを付け数年後でしょうか。厳密にいうと1年〜1年半後でしょうか。ふと、私は貴方の日記がまた読みたくなって貴方のサイトを訪れたら…なんと!!5年半ぶりに近況報告をしているじゃありませんか!!しかも、私が日記を読み終えてブックマークを付けて貴方のサイトを閉じた少し後に!!私はほぼ1年半それに気づかなかったなんて…っ。しくしく。
でも、凄く嬉しかったです!貴方がハッピーに毎日を過ごしているだけで私もハッピーです。貴方の日記が書籍化されたらあ!!突然の大声、すみません。しくしく。

うーん、我ながら気味が悪い日記だ。


2018年11月29日(木) franz ferdinandのLIVE

タグとの闘いに疲れて、諦めて日記を始めよう…。早く書かないと
お試し期間が終わってしまう…。
(見栄を張ってEXデザインに手を出すんじゃなかった…)

昨日はフランツ・フェルディナンドのライヴのためゼップ大阪ベイサイドへ。
ン何年ぶりのライブ参加なので、まずどうやって辿り着けば良いのか、わからずw。とりあえず海がある方向へと彷徨いましたが。

ライヴ前に雨が降り出す。
フランツのファンって天気予報を信じない人が多いのか、傘を持っていない人が
やたらと多かったw。朝の予報で降るって言ってたでしょう!
けど、雨の中ひたすらじっと待つファンの姿というのは美しいものがあるな。うんうん。

早めに着いた(一体いつぐらいに到着すれば良いのか分からなかった…)私は、フランツのタオルを購入。1500円なり。きっと主人も使うだろうから。うんうん(無理やり)。

少しして、友人МとそのパートナーのYが合流。
会場に入り、さっそくドリンクチケット(正確にはコイン)とビールを交換してもらう。
ロッカーの前で着替える。チュニックを脱いでドラキュラTシャツ(ドラキュラのイラストが描かれたTシャツ。イオンのセールで500円なり。当日の朝までドラキュラで行くか幽遊白書で行くかで迷った)だけになりたいのだが、そうか!ビール持ってると着替えにくい!ということに気づく。

着替えて緊張もしてきたのでビールを一気に飲み干してしまう。
舞台で観劇、映画館で映画鑑賞、ライブで音楽鑑賞、どれも私は開始前に何故だか緊張してしまう。
「失敗したらどうしよう!」(映画というのは既に完成されたものなのに)
この時は「お前はフランツのメンバーか!」というぐらいに緊張していた…(二日前それで寝れなかったのだ。前日はめぐりズムのホットアイマスクのおかで強制的に寝かされたが)。

前座はラッツ・オン・ラフツというオランダからやってきたバンド。
全部同じ曲に聞こえる。脳の退化というのは恐ろしい。常日頃の飲酒のせいだろうか。
しかし、ラストから2番目の長めの曲がオカルト風(歌詞の内容は全く違うかもしれないが)で私好みであった。

そして、本日の主人公、フランツ。音の一つ一つがバキバキしている。タイの強豪なキックボクサーみたいだ(例えが下手くそ)。“Lazy Boy”のカッコ良さたるや潮吹きのごとし(もはや自分で何を言っているのか分からない)。前座との迫力の違いが雲泥の差というかなんというか。
アレックスはよく動くし(面白い動作)、体型も変わらないし、全然歳をとらないなあ。「ラッキラッキー!ラッキラッキー!」って物凄い圧で洗脳してくるし、パワーが凄い。この人は新興宗教を作れば良いと思う。
デビュー当時に似ていると言われていた藤井隆さんも歳をとらないイメージですよね。やはり同じ遺伝子なのだろうか。

ライブからの帰り道。「アレックスみたいな上司が欲しい」と三人で言い合う。この時知ったのだが、ベースのボブはいたという。私はライブが終わるまでずっとボブがいないと思っていた。
友人Мいわく「だって、ボブ・ハーディ言うてたやん!」
ボブの苗字ってハーディっていうんだ…知らなかった。アレックスがメンバー紹介の時に「ほにゃららハーディ!」って叫んでたのは聞いてたけど、「トムハと苗字が同じだな」ぐらいにしか思わなかった…。
ボブ、フツーのおっちゃんになってたなあ。あ、でも、アレックスが異常なのか。
アレックスは46歳なのか。元貴乃花親方と一緒じゃないか。あ、藤井隆さんも46歳だw。


全日記のINDEX