村田光麻の弱音

他人をだますなら自分から
2018年06月21日(木)

腹がでている。
大きさは妊娠6か月くらい。

意識を自由にするために体のあちこちをリラックスさせていったら、腹筋でしめつけ、自分をだましていたことから逃げられなくなった。

しめつけないと、えらく見苦しい。

ダイエットという考えにすがりつきたくなる。
これまで見下すフリをしてきたのは、型どおり、持ち物を謙遜して優位を誇示していただけ。


透明になりつつある意識のため、もうしめつけない。
脳みそまでマッチョになりたくないので、きたえない。
そもそも体をきたえられたことがない。
偽物だと知ってしまったので、節度や節制にも頼れない。

この腹、どうなるのかなー。


逃げずに居座る
2018年06月05日(火)

子供の頃、先生に気に入られるのが嫌で、予兆を見てはすぐに逃げ出していた。
大学時代は、いばってるひとに気に入られずにすんだけど、合わせるのが苦しかった。
大人になったいまは、気に入られないままに、したいことをしている。

気に入られることを基本戦略にする人が近くにいて、いろんな選択が真逆でびっくりする。その割に、いろんな意見は一致するけど、何でかなー?


もともとないのだ
2018年06月03日(日)

共同研究の打合せで札幌に行っていた。

正直すぎて出世しないと言われた。

ほめられたと思えるぐらい、出世を諦めたい。
それでも自分の仕事を続けられるぐらい、興味をくっきりさせたい。
それにつけても仲間はほしい。


欲望のしっぽ
2018年05月24日(木)

育休が明けて8ヶ月ぶりの研究ミーティングで、後輩と話す時間があった。

社会に承認された定型的な欲望は、つかまれて操られてしまう。
自分でしか満たせない欲望なら、大丈夫。


さきだつものは
2018年05月23日(水)

2週に1回、2日続けて外来をしていて、その2日目が終わった。

患者さんが、何とかしてよと食らいついてくるのは辛いけど、自分で作ってしまいがちな限界を乗り越えさせてくれることがある。

うちの職場には何人か賢い人がいる。賢すぎるので、何も言わず黙々と働いている。

愚かにも理想を語り、弱音を共にできるような人と一緒にいたい。




しゃべらないからだ
2018年05月20日(日)

がっかりするのは分かりきっているのにFacebookを見てしまうのは、まだ何か期待しているからだ。少しでもひとのことがわかればいいのに、と。
みんなは何を考えながら生きているのか、知りたいけれど、疑り深く、口下手で、嫌味で、嫉妬深く、人見知りなので、聞けない。
それならいっそのこと、自分のことをさらしてみてもいいのではなかろーか?
ここ12年ほどを支えてくれた微炭酸ニッキに敬意を払いながら。



   
目次