わたしの日記

2017年11月20日(月) 考察・・・取説

覚書

この地球で生きるためには、肉体という名の地球服が必要です。
この地球服はとても高機能です。
そして、ひとりひとりに対して、完璧なカスタマイズがされています。

本来の私は、この地球服に入り、様々な体験をします。
(まるでアニメのガンダム?)

本来の私を忘れると、地球服と自己同一化してしまいます。
肉体=わたし←勘違い、記憶喪失。

思考が過去の肉体的苦しい記憶を手放せないと、その記憶のループから
のがれようとして地球服から外にはみだして、地球服の操縦がうまく
できなくなります。

本来の私ではなく、思考が操縦者として暴走をすると、
地球服の安全装置が働き、肉体的現象をもってお知らせします。

地球服の材料は地球で調達され、リサイクルされます。

地球服に備わった肉体の感覚、というものに意識を向けることで、
思考の暴走に気づき、手放すことができるようになっています。
すなわち、今ここにいる、過去も未来も幻想だと気づくことが
できるのです。
思考を本来の機能に戻すと、地球服のアンテナとパイプが正常に
働き、宇宙のエネルギーをキャッチし、そのエネルギーをスムーズに
流すことができます。

この地球に何を体験しに来ているのか、今のところ私にはわかりません。
分からないことを無理に分かろうとして、迷走したことがあるので、
分からないことはそのままにしておきます。





 < 過去  INDEX  


わたし