気まぐれ日記
DiaryINDEXpast


2018年11月07日(水)

  
今日はベルリオーズの「幻想交響曲」です。例によって、所有CDを書き出してみます。
.侫ルハーモニア管弦楽団/O.クレンペラー(録音1963年)
▲僖蟆山擶ヾ標抗效/A.クリュイタンス(1964)
スイス・ロマンド管弦楽団/E.アンセルメ(1967)
ぅ僖蟯標抗效/C.ミュンシュ(1967)
ゥ蹈鵐疋鷂魘然效/P.ブーレーズ(1967)
Ε縫紂次Ε侫ルハーモニア管弦楽団/L.ストコフスキー(1968)
Д轡ゴ交響楽団/サー・ゲオルグ・ショルティ(1972)
┘蹈ぅ筌襦Ε灰鵐札襯肇悒椒Υ標抗效/C.デイヴィス(1974)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/H.v.カヤラン(1974)
フランス国立管弦楽団/L.バーンスタイン(1976)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/B.ハイティンク(1979)
シカゴ交響楽団/C.アバド(1983)
モントリオール交響楽団/C.ヂュトワ(1984)
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団/H.ケーゲル(1984)
オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク/J.E.ガーディナー(1991)
案本フィルハーモニー交響楽団/小林研一郎(1991)
吋僖蝓Ε丱好謄ーユ管弦楽団/チョン・ミュンフン(1993)
以上、です。
このうち、 ↓─↓、、、韻蓮■桶攵呂縫灰襯優奪箸鮖藩僉△気蕕豊は、4、5楽章でセルパン及びオフィクレイドを使用しています。画像の左がオフィクレイド(B管とC管)、右がセルパンです。オフィクレイドは現在でも制作しているようです。
私の一番のお気に入りは、何と言っても,任后こういう演奏が好きなんですね、私は。ちょっと古い年代の録音にもかかわらず、音はきわめて鮮明です。テンポはゆっくり目で、あまり揺れません。ベルリオーズのスコアを忠実に再現しているようで、私の感覚にぴったりはまっています。素晴らしい!
他は、まあ、いろんな演奏がありますねえ。テンポ揺れまくり、突然早くしたり遅くしたり、弦が唸り、木管が飛び回り、金管が吠える。打楽器がドンガラドンガラ叩きまくり、なんでもありだね、この曲は!。5楽章の「鐘」の音もいろいろで、まさしく「カリヨン」あり、「チューブラベル」あり、はたまた、日本のお寺の鐘のように、ゴ〜〜〜ン・・・と響くのもある。何じゃこりゃあ!と思わず言ってしまった。・・・・まあ、面白いからいいか!


Web-master |MAILHomePage

My追加