鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

子育て。 - 2011年10月19日(水)

4月から、隔週で育児サークルに参加し始めました。
もう半年経ちますか。

ぶっちゃけ、いつ辞めようか辞めようかとずっと考えていました。
でも長男がむちゃくちゃ楽しみにしているし、参加している時
すごく嬉しそうにはしゃいでいるので頑張って参加してます。

参加費が月々500円なんで、だいたいからしてゆる〜い感じです。
ただ私が、そのゆる〜い感じが苦手でしゃーない。

安い謝礼(多分)で来てくれてる保育園の先生が声を張り上げて
説明してくれてるのに大人同士でしゃべってて聞いてないし、しかも
真面目に聞こうとしてる人にも聞こえない。

こないだなんて、警察署見学の後、ベビーカーで3列になって平気で
歩道歩いてましたからね。明らかに他の人の邪魔になってるのに。
さすがに
「もうちょっとまとまって歩きませんか〜〜〜?」
と叫んでみましたけど。
「え?」みたいな感じでこちらを一瞥し、気持ち端っこに寄ったかの
ように見えただけ、でした。

サークル後、ファミレスでランチしてる人たちもいるようだけど、
私自身子連れでありながら子連れのグループってどうも苦手なので、
同行したことはありません。

子連れグループって、邪魔じゃないですかね?(笑)
2組ぐらいならまだしも、4組も5組も連なって、しかも子供が
2人とかいた日にゃ、どんな団体様だよ!?って思ってしまいます。
しかも、行き帰りは歩道一杯に広がって歩くし。

一緒にいると、自分で自分の事がイヤになることもあるし。(苦笑)

なんか、子供に対してキャンキャン怒ってんの私だけなんですよね。
歩くときは手をつなげとか、勝手に走るなとか、車道に出るなとか。
おにぎり持参で公園でランチしたときも、座って食べなさいとか
ウロウロするなとか、怒ってるの私だけ。

あ〜…私って口うるさいな〜と思いながら、それでも言わずには
いられなくて怒ってばっかいるって感じです。

で、そのサークルから帰ってきたらもうグッタリして、何もする気が
起きません。
でもいーもんね。火曜日はパルが来る日だから。
冷凍でチンするハンバーグとか、お魚焼くだけとか、そういうメニューだから。

義父母に言われました。
「あの子は、要領が良くて器用な子。それでいて我がものすごく強い
から、ビシッと厳しく躾けないと大きくなってから大変なことになるよ。
大丈夫。親子のアタッチメント(愛着)はできてるから、少々厳しくした
って揺るがないから。あの子のパワーが悪いほうに向き始めたら大変。
力いっぱい、良い方向に引っ張ってやらないと。」
と。
子育てに関して義父母には120%の信頼を置いているので、この言葉は
とても力強く、そして自分の育児も、もしかしたら間違ってないのかも
しれないなと思えました。

子育てって、周囲に迷惑かけなきゃできないと思うんですよ。
でもその迷惑のかけ方ってのもあって、間違っても歩道を3列で歩いて
いいとかってことじゃーないと思うんですね?

「子連れだからって甘く見てなんて思わないで」っていう厳しい意見が
あるのも知ってます。
でもでもでも、甘く見てもらわないと、迷惑被っていただかないと
にっちもさっちも行かない時が、ごまんとあるのも事実です。

ただその迷惑をかけるのが、できるだけ最小限身内に止まらせたり、
育児中の人間同士で迷惑かけ合えたらとは思っています。

よく
「長男くん、聞き分けいいね。素直だね。」
って言われることがすごーく多いんですけど、そう言ってくる人に限って
子供にユルイことが多い気がします。

公道を平気で走らせるし、一緒にお弁当食べてても立ってウロウロ
しながら食べてる。
口では「座りなさ〜い、ダメだよ〜」とか言ってるけど、言うだけ。
聞くわけねーべ?って傍で見てて思いながら。

そんな人に「聞き分けよくていいね」って言われた日にゃ、嬉しいよりも
「ハァ?」って思う(笑)
だってその言葉の後には「楽そうで。ウチの子なんて言うこと聞かなくて」
って続くニュアンスだからね。

「そうかな〜?そうでもないよ〜」と言いつつ、
「おめーと一緒にすんな。ここまで矯正してくるのに、どんだけ苦労
したと思ってんだっ!?」
と心の中で毒づいてます。

子供叱るのって、むちゃくちゃパワーいる…。
叱らず、怒らずいたほうが体力いりません。
楽です。

あー血圧上がるわ…。


...

山越え。 - 2011年10月18日(火)

このところ滞っていた日記更新ですが、ここへ来て快進撃。
フフッ

*****

えっとー、2010年4月21日の日記を読み返しました。

酷いですね(笑)
でも本心です。

一時は、長男を本当に愛せませんでした。
元々頑固な性格の子の、イヤイヤ期。
もうホントに、頭がおかしくなるかと思いました。
自分はそのうちニュースに載るような虐待事件を起こすんじゃないだ
ろうかと思い悩みました。

そして分かったことは、結局は誰も助けてくれないってこと。
もちろん、夫や友人、母親に愚痴りまくったことはかなりのストレス
軽減にはなりました。
だけど、あれだけ私が口に出して
「私ヤバイ、虐待しそう。もう自分がどうなるか分からん。感情の
コントロールが効かん」
と言っていたにもかかわらず、周囲の反応は
「大変やね、でも今だけだから」
という程度。

自分自身がああいう育てられ方をしたから、長男を上手く育てられない
んだと思いました。
もうダメだと何度も思いました。
長男の顔を見るのも声を聞くのもイヤでイヤで仕方ありませんでした。

役所がやってる電話相談にかけてみようかと思いました。
きちんとカウンセリング受けたほうが良いのかもとも思いました。
色々悩みました。

だけれども2人の乳幼児を相手する日々に忙殺され、結局は何の措置を
取ることもなく、ただ何となく1日が無事終るのを待つだけでした。

周囲に愚痴っても、周囲はわりと深く考えていないことは、相談した時の
反応の軽さで分かりました。
「そうは言っても大丈夫でしょ?カロリィちゃんシッカリしてるし。
虐待しそうしそうとは言っても、そこまでしないでしょ?」
程度に思っていることが見て取れました。

ああ、誰も助けてくれない---と八方塞がりな気分でした。
結局は、母親自身が何か行動を起こさないとどうにもならないんだなと。

ニュースになってる虐待母たち。
そう考えると、彼女らもきっとSOSを出し続けていたんじゃないだろうか。

よく
「周囲は分からなかったの?相談する人はいなかったの?」
という声を聞くけれど、きっと彼女たちもそれなりに愚痴を言い、相談も
してたに違いない。

だけれども、最後の一線を越えてしまった。
そういうふうに、私には思えてならない。

*****

あの日記を書いて約半年経った今。

一時ほどのイヤイヤのピークは過ぎ、言葉も増えて理解力も増し、
複雑な会話がスムーズにできるようになりました。
長く暗いトンネルを独りで歩いているようだったトイレトレーニングも
やっと出口が小さくではあるけれど、見えてきました。

半年前に比べたら、とても穏やかな日々を送っています。
ここ1週間ほど。(短っ

昼間はパンツのみで過ごせるようになってきました。
お昼寝が長いのが心配ですが、2時間ちょっと寝ても、起きてすぐ
トイレに行けば大丈夫なことがほとんどです。

トイレの失敗がなくなってから、イライラすることも怒鳴ることも
格段に減りました。
ホントにホントにホッとしてます。

長男にイライライライラーーーーッとしたとき、いつも次男の笑顔に癒されていました。
もし長男が1人っ子だったら。
それこそ本当に危なかった気がする。
次男の存在があったから、正気に戻れた部分も大きい。

ちょっと前まで、長男に対しては
「大好きだよ」って言わなきゃ、「愛してるよ」って言ってやらなきゃ、
笑顔でいなきゃ、笑ってやらなきゃ…と義務感いっぱいで過ごして
いましたが、最近は自然と笑えることが多いです。
心から、「大好きだよ、愛してるよ」と言えるようになりました。

次男が生まれるちょっと前ぐらいから、親子関係がギクシャクしていた
ような部分があったんですけど、ようやくそれがなくなってきた
気がします。
きっと大きな山を越えたんだな。


...

危うくリバウンドするところでした。 - 2011年10月17日(月)

先月下旬から今月の頭まで、田舎に帰ってました。
…っていうのはいつぞやの日記に書いたっけか。
覚えてないなまあいいか。

で、恐るべき勢いで体重を増やしてしまったんですが、帰ってきて
約2週間、やっと元の体重に戻れました。
3年前までの私なら、このままリバウンド街道まっしぐらでしたね。
全速力で。

でも私、大人になったんですよ。
買い物のときに、お菓子を買わなくなりました。
日常的におやつを食べるタイプじゃないんですけど、時々ガーッと
食べたい衝動に駆られる時期がありまして。
その時期が来ると、そりゃもう鬼のように甘いものばっかり食べてたり
したんです?(←なぜクエスチョン

それが最近は、お菓子コーナーに寄ることもなくなり。
ていうかベビーカーを押しながら3歳の長男を制御しつつ買い物
してると、お菓子なんか選びようがないんですね(苦笑)
必要なものだけチャッチャと買って、出てくるだけ。
むしろ買い忘れが心配なほどに。

次男を生んでから、面白いように体重がグングン減りました。
しかしその次男ももう1歳を迎え、栄養的には母乳を卒業しても全く
問題のないところまで来ている。
飲んではいるけれど、それもピーク時に比べたらしぼみました。(何が

長男出産後は、産後3ヶ月で元の体重に戻ったのに、1歳になる頃には
結構なリバウンドをしてましたからね。

その反省を生かし、今回は母乳量の減りを自覚し、徐々に食事の量も
落としていきました。
今なんて、晩ご飯はお茶碗一杯しか食べないんですよッ!?(自慢?
おかわりを我慢できるようになったんです。(キリッ

母乳ピーク時には、1日にご飯2合ぐらい食べてましたけど、それでも
体重は減ってました。
母乳ダイエット、恐るべしです。

ずーっと言い続けてますが、「あと3kg」どうにかして落としていきたい
なと思っております。
あ、大丈夫ですよ。
3kg減らしたところでまだ十分“ぽっちゃり”ですから。
安心してください!


...

- 2011年10月16日(日)

前回の日記ついでに書かせてください。

次男くん、一昨日ぐらいから「わんわん」を言うようになりました。
動物は全て「わんわん」もしくは「わんわんわん」です(笑)




...

あちらがダメならこちらに書く。 - 2011年10月14日(金)

無事1歳を迎えました我が家の次男くん。
ホント言うとミクシのほうに成長記録がてら書きたいんだけど、なんとなく
それは書きづらくて。

お友達の中に、ちょっと(だいぶ?)発達の心配なお子さんを持つ
ママさんがいらっしゃるのです。

上の子が、ウチの長男と同級生でもうすぐ3歳なんだけど、まだ
言葉がほとんど出てないっていう。
ママいわく、家では「パパ」「ママ」「かあ」(←下の子の名前らしい)
のみ発語はあるらしいんだけど、他人の前では一切しゃべらないので
私は聞いたことがありません。

で、ですよ。
私の目から見て、ウチの次男の成長が明らかに3歳のその子を
追い抜きつつあるんですね?

感情表現は言わずもがな、コミュニケーションのとり方とか、それこそ
発語面でも。

「今日、○○ってしゃべったよ!!」とか
「フォークで食べたよ!」とか
「ぱちぱちしたよ」「バイバイしたよ」
「お父さんは?って言うと玄関をのぞきに行ったよ」とか。

「たっ」としか言わない次男ですが、それも
“電車の音が聞こえてきて「来た!」って言ってる時の「たっ」”
“電車が遠ざかっていって「行っちゃった」って言ってる時の「たっ」”
“持ってるものをわざと落として「落ちた」って言ってる時の「たっ」”
とかね。
色々あるんですよ。
(親的には)面白いなーと思えることがたくさん。
そういうのも色々書きたいんだけど、何となく書きづらいこの感じ。

ミクシってさあ、友達増えれば増えるほど、縛りも出てくるよね(苦笑)


...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail