鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

お友達と遊ぶ。 - 2008年04月24日(木)

今日は、もーのーすーごーく久しぶりに会う友人たちと
楽しいひと時を過してきました。

1人は小中高が一緒で、もう1人は高校とその後の職場が偶然にも
一緒でした。
職場が同じだったSっちとはかなり仲が良くて、お互いの結婚や
出産の報告程度のやりとりはしてたのですが(仲良いっていうのか)
もう1人の友人セッキーは、小中高一緒だったわりに、そこまで
仲良くしてた記憶はありませんでした。
実際、会うのも高校を出て以来でしたし。

Sっちは女児1人、セッキーは男女2児の母です。
皆あんまり変わってなかったな〜。

楽しかったですよー。

Sっち宅で会ったのですが、「お昼持参でよろしく」とのこと
だったので、お弁当を作って持っていきました。
おにぎりと卵焼き、炒め物という簡単なものですけど。
Sっちの分も小さいタッパに詰めていったら喜んでもらえました。

*****

中途半端だけど、後が続かないのでここでアップ。



...

A型の私と母、O型の父。 - 2008年04月21日(月)

ちょっと前から“KY”だとかいう言葉が出始めて、そしたら
今度は“空気を読むことはそんなに大切か、読みすぎだ”
とかいう論争も出てきてる。

“空気を読む”というとっても微妙で分かりづらい、日本語
独特の表現だと思うけど、読める人と読めない人は確実に
存在すると思う。

自分で言うのも何だけど、その昔、私はそれはそれは空気の
読めない人間だったと思ってます。

周囲がどう思おうと関係ない、自分で自分が正しいと思うなら
それでいい、それを主張するべき、っていうすっげー我の強い
人間でした。
もちろん、今もその名残があるのは十分分かってますけど。
それでも年齢と共に、ウニのようにトゲトゲしていた性格が
モヤッとボールぐらいにはなってきたかもしれません。

そんな性格のせいで交友関係が広いとはいえなかったし、
人を見限ることが多い分、見限られることもありました。

でまあ何を書こうとしたかというとですよ。
こんなにも空気を読めなかった私が言うのも憚られますが、
うちの父は、もっと輪をかけて空気が読めません。

人って、年をとればとるほど人の話を聞かなくなったり
頑固になったりするもんだと思います。
加えて、耳が遠くなったりもするだろうし、人から何か
言われてそれに答えるときの瞬発力とか反射神経のような
ものも鈍ってくるんだと思います。

父は、とっても優しい人で、何をおいてもまず私のことを
一番に考えてくれます。(多分、弟や妹のことよりも)
常にイライラ・カリカリしていた印象の母とは正反対で、
反抗期のころの私にとっては心のオアシスのような存在でした。

里帰りしてきて3週間が経とうとしています。
母は、事あるごとに父に対してイライラしたり、キツイ言葉を
投げかけたりしています。

たまに父がかわいそうになることもあるけれど、大抵の場合は
「そこでそれ言うと(やると)、母さんが怒るの分かるやん」
っていうようなことを、平気で言ったりやったり、または
やらなかったりするのです。

父に悪気がないのは分かるんだけど、
「なんで?どうして?そのタイミングで!?」
と不思議なくらい、母の神経を逆撫でするようなことを
繰り返してます。

繰り返す、ってことは母が何故イライラしているのか、自分の
どこがどういうふうに受け取られてそうなっているのかが
全く分からないんだと思います。

反面、私は母と同じ性格をしているため、母が何で怒っている
のか、父のどういう言動が嫌だったのかが手に取るように
分かってしまいます。

分かってしまうから、私も母と同様、父にイライラしてしまう
時があるのです。

でも私、大人になりました。(笑)
若いころなら(というか結婚前なら)母と一緒になって父を
責め立てていただろうと思います。

でも、今の私はイソーローの身。
エラそうなことが言える立場ではないのです。
そこまで「ストレスたまる!!」ってほどでもないし…。

しかしながら、父のあの空気の読めなさは不思議で仕方が
ありません。

『セロリ』ではないけれど、人間育った環境が違うから
好き嫌いは否めない〜♪のは分かってるつもりなんですけど、
「どーしてこんなにも意図が伝わらないの!?
私の気持ちが分かってくれないの!?」
と思うとき、相手は全員O型なのです。(苦笑)

私が結婚前まで付き合ってた男性全員と、式場で働いてた
時のシェフ、賄いキングの社員3号さん、極めつけは
ヨークさん。(笑)

おもろいくらい、相性悪いっす。
別に、最初にO型だと知ったからって偏った見方はしませんが、
後から考えてみると、アイツもコイツもドイツも、皆O型
なのです。

かくいう私はA型。
世間一般では、A型とO型の相性はいいとされています。
相性占いなんかでも、だいたい上位にランクインします。

しかし、私の周囲のA型は(母とパテ妹ちゃん)、一般的には
相性が悪いとされているB型とのほうが馬が合うと口を
揃えて言います。
妹ちゃんの大の親友はB型だし、私は旦那がB型です。
母の友人も、B型が多いんだそうです。

私、血液型で最初っから先入観で決め付ける人とか嫌い
ですけど、やっぱりある程度は血液型でタイプって別れる
もんだとも思ってます。

その論理でいくと、私はO型が苦手。(苦笑)
B型が好き…と言えるほど、周囲にB型はおりませんし、そもそも
人に血液型を聞く機会がありません。
ま、自己納得(?)の世界です。



...

日々、ウォーキング生活。 - 2008年04月18日(金)

周囲の諸先輩方や産婦人科医の先生に、事も無げに
「歩け歩け」と言われるので、毎日わりと真面目に歩いてます。
ウォーキングです。

その距離2〜3辧∋間にして25〜50分間といったところで
しょうか。結構頑張ってると思うんですけど他の妊婦さんは
どうだか知りません。

ウチの実家は、半径約2勸米發砲亘榲に何もありません。
コンビニがない〜なんて言えるのはまだいいほうで、ジュースの
自販機もなければ、郵便ポストもないのですよ。

もちろん、宅配のピザも届きません。
宅配の寿司なんて、業者そのものが市内に存在しないんじゃ
ないでしょうか。

簡単にウォーキングと言われても、本当に目的もなくプラプラと
歩くくらいしかできないのが現状です。
スーパーや本屋でも近くにあれば、せめて“出かける理由”
くらいはできるんですけど。(笑)

都会生まれの都会育ちの旦那にとっては、自然に囲まれ(過ぎ)
ているこの生活が、この上なく贅沢なものに見えるらしい
ですけどね。
無いものねだりって感じです。お互いに。

ちなみに、一番近いコンビニは3匕こうです。
徒歩15分圏内に何でもある都会の暮らしに早く戻りたいわぁ…。
(駅、バスターミナル、スーパー、商店街、お役所関係、
本屋、家具屋、コンビニに牛丼屋←行かないくせに)

そう考えてみると、スゴイよなぁ。


...

さすがに“昭和”は無かったけれど。 - 2008年04月16日(水)

ウチの母は、物を捨てられない人です。
この日記にも、以前に書いたことがあるかもしれません。
梱包材のプチプチに始まり、ペットボトルやジャムのビン、
蜂蜜の容器にいたるまで、我が家には「何だコレ?」って物で
あふれかえっています。

先日、生まれてくる我が子のために赤ちゃん用洗剤“チビクリン”
を買おうとすると、
「買わんでもウチにあるでっ。アンタらの時つこたやつ」
と言われたときにはドびっくり。

アンタらって…私らですか。
私生まれたの、もう30年ほど前ですけど。

当時使った洗剤の残りがあるというのですよ。
誰が使うかー!
他の物は全て赤ちゃん専用で揃えるのに、洗剤だけ30年前の
つこてたら意味ないやろ…。


そして本日。
母が留守だったので夕飯は私が作りました。
(普段は半分交替くらいで作ってる)
味噌汁を作ろうとして、出汁用のかつおパックを探したのですが
見つかりませんでした。
でまあ、見つからずじまいで使わなかったんですけど。

で、棚の中やらかごの中をゴソゴソすると、何と賞味期限の
切れまくったものがわんさか出てくるじゃないですかー!
それもまあ、切れて何ヶ月とかのレトルトならアレンジして
使おうかなとも思ったのですが、2002年とか2004年とか
書かれてるとちょっとね…。

捨ててやろうかと思いましたが、さすがに捨てるには忍びない
量というか。
かといって、置いといたって仕方ないんですけどねぇ〜。
ため息ついて、ソッと戸棚を閉めました。

旦那の実家もそうですけど、なんで“実家”って場所は、
賞味期限の切れたものを平気で取っとくかな〜?

私だってね、そんなにうるさいこと言う人間じゃないんですよ。
牛乳だって卵だって、臭ってみておかしくなければ平気で生で
食しますし。
乾物やレトルトなら、数ヶ月過ぎても平気です。

自慢するこっちゃないな。(笑)

自宅マンションの方にも、ちょっとぐらいなら期限切れの物も
あるだろうとは思いますが、一応は把握してます。(苦笑)
職業柄もあると思いますけど、食材の管理はキチンとしたい。


中年のオバサンって、旅先とかでうれしがって色々買って
きたりするじゃないですか。
最近多いのは、沖縄方面の塩だったり、島とうがらしだったり。

土産物屋さんとかで、パッと見て心惹かれて「おいしそう!」
って思って買いたくなるのは分かるんですよ。
でも、それ期限内に使いきれるの?と。
そもそも、使い切る気あるのか?と。

今、私の目の前に賞味期限が平成15年と書かれた島とうがらしが
ちょこんと置いてあります。
使える分だけ買ってこいよな〜っていうのが、私の感想。

何年か前(といっても10年近くになるのかなぁ)、あまりの
食品管理の杜撰さにあきれ返って、期限の過ぎたものは
片っ端から処分してやった覚えがある。
当時はまだ、賞味期限が昭和なんてこともあったっけ。
恐ろしい。

で、それ以降に買ったものが期限切れで残ってるって感じです。
私もね、自分一人の身体なら少々の期限切れでも食べるけど、
今はお腹に分身がいますからねぇ。
変なもん食べるわけにはいかない。

んーー…捨ててやりたい。
そのうち、頃合いを見計らって…。


...

イケメンランキング上位者発表。(w - 2008年04月15日(火)

是非とも書いておきたいことがあります。

近所に、KZ君という男性がいます。
私が小学校に上がったときには既に中学生だったと思うので、
年齢は6つか7つほど上だったかと。

むか〜しから思ってたんですけどね、ものっすご好みのタイプ
の顔をしてるんですよ。そのKZ君が。

旦那とは全然違う顔です。
旦那は、ニット帽で髪の色と眉毛を隠してしまうとパッと見
外人ぽく見えるほど、目鼻立ちのハッキリとした顔をしてます。

それが好みのタイプかと言われると、そうではありません。
今までお付き合いした人は、皆一重まぶたのシュッとした
和風顔ばっかりでしたから。(のっぺりとも言う)

その点、KZ君なんかは小さい顔に切れ長の目をしてて
油断すると見惚れてしまいそうになるくらいです。

ですが、私の記憶の中にあるのはせいぜい高校生時分の彼。
大人になってからは顔も見たことがありませんでした。

偶然にもウチの隣がKZ君のお父さんのみかん畑で、先日から
誰かが草刈機で雑草を刈っている姿を何度か見かけていました。
でも、頭にはタオル巻いてるし顔はマスクで隠れているので
オッチャンなのか誰なのか、分からないでいました。

でも何となく後姿が若いので、オッチャンじゃなくて、KZ君
じゃないかな〜、顔見えればいいのにな〜とか思ってたわけです。

そしたらこないだ、草刈りを終えたKZ君が道端にいるじゃ
ないですかー!
年甲斐もなく照れてしまいましたよー!
私、顔赤かったんじゃないでしょうか。(笑)

まさかKZ君がそこにいると思わなかったこと、私は父と
一緒だったからか笑顔で会釈してくれたことが不意打ちすぎて、
照れてしまいました。

いやぁ。
相変わらず男前だったわ〜。
欲を言えば、頭に巻いてたタオルも取ってほしかったけど〜。
私より6つ年上としても、今年36になるわけだから
高校生のときのような美少年さは失われていたけど(コラ)
でも、シャープな印象と端正な顔立ちはそのままでした。

お互い独身の状態で、1回ぐらいデートしたかった相手では
あります…。
私が一生のうちで出会った男性の中で、イケメンランキングの
トップ3には入りますね確実に。

お話しする機会、ないかしら♪
ウフフ




...

倉庫作業。 - 2008年04月14日(月)

今日も午前中だけではありますが、弟の農作業
(タウンワーク風に言うと、“倉庫内軽作業”?)を
手伝ってきました。

なーんも難しいことはないんですが、時間のかかる雑用を
こなしてきました。

農業って、ホントに人手不足です。
今は弟が中心となり、リタイア寸前の祖父母と共に営んで
います。奥さんは1月に出産したばっかりなので子育てに専念
してますしね。
サラリーマンである父は週末だけ、母も時間の許す限り畑に
出かけて行きます。

せっかく身体を動かす場所があるので、及ばずながら私も
参加させてもらってます。
ノロノロとした動きなのに給料までもらっちゃって、何だか
申し訳ない気もしますが、くれるってもんはもらっとかないと。
(笑)
お給料もらったら、弟に何か買ってやろう。

しかしアレですね。
何となく、パティシエの仕事に通ずるものも感じました。

表立った主要な仕事の他にも、技術はいらないけれど地味で
時間のかかる雑用もたくさんあるんだなと。

慣れないことをしたので午後はドッとお疲れでした。


...

マタニティブルーか? - 2008年04月13日(日)

パソコンが自分仕様ではないので、扱いづらくて何となく
日記も敬遠しちゃってる状態です…。

出産予定日まで3週間。
いよいよ身体が重たくなってきました。

立ったり座ったりするたびに「よっこいしょ!」と声を
かける私を見てゲラゲラ笑う父に本気でムカッとします。
悪気がないのは分かってるんだけど。

「自分のころを思い出すわ〜」と言いながら、苦しみを理解して
くれつつも笑う母と違って、男に笑われるとマジでイラッとする。

お腹に5圈背中に5圓里もり背負って生活してみろやって
言いたくなる。
それで毎日30分〜1時間歩いてみろ。

里帰りなんて、するんじゃなかった・・・!!
とまでは思わないけれど、産前はやっぱり慣れ親しんだ自宅
で過したかったな〜と、今さら思います。

子供が生まれたら、色んな思いが報われるんだろうか。
里帰りしてよかったと、思えたらいいなと思う。


...

嫁姑問題? - 2008年04月08日(火)

私の弟の奥さん(義妹)、つまり私の母とは嫁と姑の関係に
なります。

義妹はちょっと一風(?)個性的な感じの女の子です。
まあ、ハッキリとどこが変だとか嫌な子だってわけじゃーない
んですけど。

おとなしすぎるというか、無口すぎるというか。
うちの両親、いまだに「お義父さん、お義母さん」と呼ばれた
ことがないらしいです。
そもそも、こちらから話しかけることはあっても、あっちから
話しかけてくることがないと。
全くのゼロ。

結婚して、もうまる2年経つんですよ。
私たちのちょうど1年後に結婚したわけだから。

まる2年、話しかけられたことも「お義母さん」と呼ばれた
こともない。
無口にもほどがあるんじゃないかと。(笑)

そんな感じで、母はストレスが溜まってるらしいです。

義妹は産後1ヶ月ウチに滞在した後、1ヶ月間ほど四国にある
実家に帰りました。
それ以降、一度も彼女のほうから孫の顔を見せに来たことが
ないんだとか。

母としては、もっと孫に会いたいし抱っこもしたいらしい。
「でもあんまり頻繁に会いに行っても嫌われるかな〜?
嫌がられるかな〜?」
としきりに気にしております。

2年間、義妹の作った料理を一度も食べたことがないし、
産後滞在していたときも、母の作った料理を毎日毎食食べながらも
一度も「おいしい」と言ったことがないとか。

ふーん…て感じです。(笑)

旦那の両親とすこぶる良好な関係を築けている(つもりの)
私としては、理解に苦しむ状況でございます。

無口な人とあまりお付き合いをしたことがないので(だって
ぶっちゃけ、楽しくないやん)分かりませんが、無口な人って
話しかけられるのも苦手なのかな?
返事するのも億劫かしら。

分からん。


...

農作業。 - 2008年04月07日(月)

今日、農家を継いでいる弟から仕事のオファーが入りました。
ヒマだったら手伝ってーと。
ホンマにシャレならんぐらいヒマだったので、ふたつ返事で
了解しました。

農作業、といってもまったく重労働ではなく、収穫した果実を
決められたキロ数に袋詰めし、さらに箱に詰めるという作業です。
座ったままできるので、体力的にしんどいこともありません。
ちょっとお腹がつっかえるけど。

んで、時給800円もらいました。(笑)
ヤッター臨時収入。

明後日と明々後日はまた病院に行かなければなりませんが、
明日1日はまたヒマヒマです。
仕事ないかなー。

袋詰めの作業は、道沿いにある倉庫内でやるのですが、近所の
子供たち(幼稚園児やら小学生)が代わる代わるやって来ては
手伝いという名目で邪魔をしていきます。
まーカワイイもんだわよ。

適当にあしらいながら、退屈せずに作業ができました。
楽しかったですよ。


...

地元で健診。 - 2008年04月02日(水)

本日、病院へ行ってきました。
この辺では一番大きな総合病院です。
私も弟も妹もこの病院で生まれ、弟のお嫁さんである義妹も
1月にこの病院で出産しました。
というわけで、比較検討の余地なく同じ病院での里帰り出産です。

いやしかしー。
田舎って、田舎って…て感じです。
都会と違って“競争がない”っていうのはこういうことか!と。

つい数年前に移転した、まるでホテルのロビーのような趣のある
館内なのに、従業員は全員タメ口。(受付・医者・看護師)
まずそれにかなりの違和感を覚えました…。

で、たまたま行った曜日・時間帯にたまたまいた先生が担当。
例えて言えば、『行列の出来る法律相談所』の北村弁護士みたいな
感じの先生でした。
ムッスリしてて、ニコリともせず、決して感じがいいとは言えない。
問診の受け答えもぶっきらぼう。

あぁ…女医さんが3人もいた前の病院が懐かしいなぁ。
たとえ4時間待たされようとも、女医さんがよかったなぁ。
と、改めて産婦人科女医のありがたみを実感。

この場を借りて伝えたい。
大変でしょうけど、頑張ってください>産婦人科女医さん
と。

診察室に入って、開口一番
「帰ってくるの、1週間遅かったね」

あぁハイ…としか言えませんでしたけど。
34週に来てくださいと言われ、34週の最終日に行ったんですけど
何か不都合でも!?

それから体重管理。
前のとこでは、前日の夜や病院に行く直前に素っ裸の状態で
計った体重でしたが、こちらの病院では、病院の体重計で
着の身着のまま計測し、デジタルで出てきた用紙を提出するという
スタイル。

こちとら、必死で軽い状態をキープしてはかっとんねーん!!
ジーパンもババシャツも着たまま計ったら、重いに決まっとる
やろがーいっ!!

今までかなり体重管理は頑張ってきたのに、何だかゲンナリです。
だって、2週間ちょいで、2,4圓眩やしたことになってしまった
んだから…。

目標失ったわ〜。
アホクサ。

しかも、医師と看護師と助産師、別々に体重のこと言われるし。
その都度、弁解せなアカンし。
うざっ!!
思いやられますわ。


...

里帰り。 - 2008年04月01日(火)

実家に帰って参りました。
里帰りでございます。

単純に考えて、関東よりも関西のほうが南にあるから暖かい
はずなのに…。
寒い。
日当たりのいいマンション3階の生活が、早速懐かしゅう
ございます。

畑のど真ん中に建っている広々とした一戸建ては寒いのです。
真冬のマンション暮らしよりも厚着をしてます。
桜の季節。



...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail