ヤカンテチョ
もくじ前日次日


2012年07月17日(火) レッスンメモ

■ワルツステップ
ワルツのリズムに乗って123でスリーターン、456でバックアウトに乗って伸びる。234のあたりは円の中心を見る。ターンの後の踏み換え足はスケーティングレッグのすぐ後ろくらいに置く。バックアウトに乗っているときスケーティングレッグと逆側に体が下がりやすい。←たぶんバックアウトが怖かったころの名残。円の中心に向かって体を傾けるイメージで、右足バックアウトの場合は右側に少し傾きつつ伸びる。
■フォアクロスステップ
1,2,34のリズムと1,23,4のリズムを両方練習するべし。1,23,4の場合、23はクロスポジションのままインサイドにのってダウンしてしっかりカーブ。元来た方向に戻るくらいに。フリーレッグは後ろにクロスして伸ばす。
■バックスクラッチスピン
入りはフォアインのカーブをしっかり描いてからスリーターンに入ること。左足のスピンのときと同様、カーブの中心に向かってスピンに入る意識で。アップライト姿勢でしばらく回って安定させる。視線を高く保つ、膝を伸ばす、肩を上げない、肩腰を地面と平行にする、など姿勢を意識する。まとめるときにバランスを崩してしまう→ひたすらその場スピンの練習をして感覚を養うべし。エッジがインサイドになってしまう→重心は右足の右側にくるように意識する。右足の小指側で回る。
■シットスピン
まずは両足で回ってしゃがんでみる。感覚がつかめてきたら片足でスリーターンから入って回ってみる。片足でバランスが崩れたら両足をついてしゃがんだまま回る。回転しながら立ち上がり、片足スタンドスピンに移行し、体を開いて出る。という練習をする。片足で回る回数を徐々に増やしていく。出来るだけ低い姿勢でスピンをしたいので、片足で低くしゃがむ練習をして筋力を養っておくと良い。
■ループ
踏切はもうちょっと待って、もう少し回ってから踏み切るとよい。バックアウトのスリーターンの練習をすると踏切が良くなる。


もくじ前日次日 |yakan |mailhome