野の花日記
目次past


2019年08月25日(日)   夏のおうちピザ

 *ふんわりピザ ◎参考「「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ) 」幸栄

暑くてオーブンを使う気にならない日々だったが、今日無性にピザを食べたくなり、幸栄さんのピザに初トライした。
半量にして、ホームベーカリーで3分ほどこねて取りだして、ボウルに入れてスーパーに買い物に行った1時間ほどで、すっかり大きくなっていた。
夏野菜っぽくしたかったので、ナス、ミニトマト、ベーコンをのせて、オーブントースターで手軽に焼き、、自家栽培のバジルをトッピング。
めっちゃおいしい〜。シンプルなのに、ふかふかで、すごくおいしい生地。
オーケーストアのピザも好きだけど、いつも味が濃いな〜と思っていたので、やっぱりおうちピザが一番いいかな!



2019年07月22日(月)   ピーナツバタークッキー

 *ピーナツバタークッキー ◎参考 「“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」稲田多佳子 

以前たかこさんのアイスボックスクッキーを作ったとき、口溶けがよすぎて、もっと固いクッキーにしたいなーと思った。
そのため今回は、バターを20g減らしてみた。
おいしい! 好みの固さだし。 これでいこう〜




 *プレーンシフォンケーキ ◎参考「シフォンケーキパーフェクトブック」福田淳子

卵黄1を上のクッキーで使い、
のこった卵白1+卵白2、卵黄2でプレーンシフォンケーキを作った。
今まで卵白と卵黄が同個のしか作ったことがなかったので、卵白が多くてシュワーの感じは珍しくて嬉しかった。

でも型の下半分はシュワーなんだけど、上半分は生地が詰まって卵焼きみたいになってしまった。なんでだろう?
バターを使わないのでシフォンはトライしやすい。 色々作ってみたい。




いただきものの「さくらんぼジャム」(手作り)をのせて食べたら、めっちゃ美味しかった。


2019年07月21日(日)   くるくるスコーン

 *ジャムのロールスコーン ◎参考「ふわふわマフィンとくるくるスコーン」今井ようこ

あまりスコーンは作る気がしない私だが、(とげとげっぽい所とか、焼きたてを食べねばというしばりとか?)
このくるくるスコーンは2回目の作成だ。
卵なしのレシピだが、そのためかベーキングパウダーが小さじ2と多め。
私は卵を1/2個入れて、ベーキングパウダーを半分にしてみた。問題なし。

全粒薄力粉100g、薄力粉30g で、粉のクセが気になった。
私はあまり全粒粉が得意ではないのかもしれん。
次回は普通の薄力粉を多めにしよう。

くるくるのスコーンは、とてもかわいい!




 *基本の溶かしバタークッキー「バターで作る/オイルで作る クッキーと型なしタルトの本」若山耀子

「溶かしバターで作るとどこかキャラメル風味」みたいな説明があったが、作ってみて、「なるほどキャラメルちっく」と思った。
くるみはカルディの黒糖クルミにしてみた、ううまーーい。



2019年07月15日(月)   クッキーの旅

山崎豊さんの「ホームベーカリーでいちばんおいしい食パンレシピ」の豆乳パンが、ふわふわで美味しかった。
ここ数週間の我が家のパンは、ずっとこれにしている。
卵黄1のところを卵1/2個にして、豆乳+少し牛乳を入れるところを全部豆乳に代えて・・・
それでもふわふわ。

残った卵半分を使って、アメリカンドロップクッキーを作ることもしばしば。(最近は坂田さんの「贈りたくなるクッキー、マフィン、パウンドの本 」を好みに変えたのが多い)




色々お菓子本を収集したが、古い本は臭いをとるために新聞紙を挟んで放置している。
実際本棚にならぶのは、来月からかなー
おいしいクッキーに出会えるといいな!


2019年07月08日(月)   クッキーとシフォン

 *セサミクッキー ◎参考「クッキー&クッキー―作って覚えるお菓子ブック」加藤千恵

お菓子やお料理の本も入れ替わりが激しく、数年経つと入手困難になることが多く、買っておきたくなるが、私のお小遣いと本棚のスペースの問題もあり、悩ましいところだ。

加藤千恵さんのこの本は、アマゾンのマーケットプレイスでは1万円近くもして、もはや手の届かない本だ。
でも公共図書館の横断検索をしてみたら、運良く、仲のいい同僚の地域に所蔵していて、借りてきてもらうことができた。(初めて行って、利用カードを作ったとのこと。お礼はクッキー現物ってことで!)

苦労して実物の本を見ることができたが、「1万円はぼったくりすぎだな・・・」という感想だ。ルスルスのクッキー本や、小黒きみえさんのクッキー本とか持っていれば、十分かな。と思った。
でもとりあえずコピーして、幾つか作ってみた。
このセサミクッキーは、配合が、ごま100g、粉50g・・・ 味はいいが、まるで「ごまおこし」みたい。それはそれでうまいが、ごま1袋でも足りなかった!
今週はごまと粉の配合を逆にして、ごま50g、粉100g、 こっちのほうがクッキーらしくて好き。

閲覧に苦労したという点で、またぜひトライしようと思う本だった。




 *抹茶シフォン ◎参考「鎌倉しふぉんのシフォンケーキ」青井 聡子


レシピの17センチ型使用、卵白4、卵黄4を、
14センチ型使用 卵白2、卵黄2にした。
ちょっと高さが足りない。次は卵3個にしようかな〜



2019年06月23日(日)   バナナのお菓子

 *はちみつマーラーカオ ◎参考「バナナのお菓子」若山耀子

大きい蒸し器がないので、先日買ったガラスのケーキ型を大きい鍋に入れて、ふたを布でくるんで、直に蒸した。
めっちゃ美味しくて、びっくりした!




 *スリランカ風バナナケーキ ◎参考「バナナのお菓子」若山耀子

どのへんがスリランカ風なのか不明だが、
全粒粉と油を使い、卵を入れないのが特徴かな?
まあまあだが、卵が無いところとか、バナナと全粒粉の組み合わせがすきじゃないのか、今ひとつ、好みではなかった。

まあ、いずれにせよ、バナナ好きな私には、とても楽しめるお菓子本である。




丸いクッキーは、森山サチ子さんの「グレインクッキー」
ココナツ、全粒粉、小麦胚芽がはいって、スライスアーモンドを砕いたものをまぶしてある。
森山サチ子さんの本は、入手するのがなかなか難しく高値が多い中、1000円程度までのきれいめなのを見つけて、地味に集めている。
グレインクッキーは「森山サチ子のお菓子コレクション」と「クッキーブック (Cooking book (No.1))」の両方に掲載されていたと思うが、これがかなり好きな味で、今後のほかのクッキーも楽しみだ。


2019年06月10日(月)   クッキーをためす日々

 *抹茶フィナンシェ ◎参考 「anのお菓子な時間」 鍋島 亜耶

卵白2個たまったところで、おいしいフィナンシェを作ってみた。
ローズ型が洗うのがたいへん。 材料費もかかるが、バターはやはり美味しい。




 *チョコチャンククッキー、オートミールレーズンクッキー ◎参考「贈りたくなるクッキー、マフィン、パウンドの本 」坂田阿希子


先週、本のレシピ通りに作って友人にあげたら、非常に好評だったのだが、
うちのオーブントースターで1回では焼けず、ちょっと苦労だった。
今週は我が家流に、どちらも、卵・バター・ベーキングパウダー・ベーキングソーダをそれぞれ半量にしたが、それでも十分な美味しさだった。

アメリカンクッキーはMizukiさんのレシピで、もういいかな、と思っていたが、卵黄と小麦粉の量とのバランスがいまひとつのようにも感じていた。
今後はこの坂田さん流(を改変したもの)にしようかな、と思う。
薄力粉と強力粉がブレンドされているのも、なんとなく美味しいポイントなのかな。

オートミールクッキーは本よりも低い温度で倍の時間かけて焼いて・・・ カリッカリッ が好み。
次は森山サチ子さんのレトロなレシピを試したい。野望がめらめら。




2019年06月01日(土)   全粒粉のパンケーキ 

 *全粒粉のパンケーキ ◎参考「はかりいらずのふんわりパンケーキ 」若山耀子


全粒粉いりの薄力粉の生地、砂糖はいれずに粉チーズが入る。
泡立てた卵白でフワフワー

私の中では大ヒット! このパンケーキだいすき。



2019年05月12日(日)   母の日のタルト

先週は、あまったあんこを活用すべく、さらにお菓子を作ったのでメモっておく。

 *おもちドーナッツ ◎参考「まっちんのかんたん焼きおやつ」

ドーナッツといっても、白玉粉を絹豆腐でこねて丸めて、オーブンで焼いたもの。もちもちして美味しいが、あっというまに食べ尽くしたので倍量でもよさそうだ。
うちではあんこの他に、お醤油をつけて、海苔でくるんで食べた。これもGoodだったが、その際はもう少し砂糖控えめにしたほうがよい。




 *豆腐とゆであずきのケーキ ◎参考「“バターを使わない”かんたん焼き菓子の本」うのさちこ

卵なしで、絹豆腐と粉、油、薄力粉、メープルシロップをぐるぐる混ぜてできた。あっさりとして美味しい。
でも卵なしでベーキングパウダーを小さじ2入れるのが、多いなーと思う。次回は卵を入れてベーキングパウダーを減らしたい。







 *チョコレートフィナンシェ ◎参考「パウンド型ひとつで50のケーキ」吉川文子

アマゾンの口コミで、このお菓子のことを書いている人がいて、私も真似をして豆乳使用、オイル半分で作っている。
卵白を小さいタッパーにいれて冷凍し、ほどほどにたまったところで色々作ることにも慣れてきた。卵黄、卵白が同量じゃなくても、もう怖くない!




 
 
今週はこのお菓子たち


 *フルーツとヨーグルトのタルト ◎参考「型1つで作る、バターとオイルのパイとタルト 」福田淳子

本ではキウイフルーツだったが、カットフルーツにした。
母の日のお祝いのタルトです。
オイル生地とヨーグルトであっさり。バター生地とカスタードの方が良かったかな〜



2019年05月05日(日)   お菓子作りは時代を超えて・・・

連休中のお菓子作りメモ。

 *かぼちゃとマンゴーのケーキ ◎参考「バターを使わないパウンドケーキ」吉川文子 p67

ドライマンゴーとカボチャとココナツが混じって、「どんな味?」と思いながら作ったが、さわやか風味で案外おいしい。
材料がそろったときには、リピートしたい。





 *マーマレードとホワイトチョコチップのクッキー、カフェモカチョコチップクッキー ◎参考「CHOCOLATE BAKE: 板チョコで作れるクッキー、マフィン、ケーキ」ムラヨシマサユキ p15

オイルを使ってあっという間にできた。
しかしアマゾンの口コミにもあったが、大味なかんじ。
粉にすこしアーモンドパウダーを混ぜたり、すこしバターを入れたりするともっとおいしくなりそう。






平成のお菓子作りはここで終わり!

元号がかわって、さて令和最初のお菓子作り♪
卵を割ったら、ふたごの卵♪
いいことがありそうな♪




 *レモンケーキ ◎参考 「“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ」稲田多佳子 p40

たかこさんのデビュー本、りんごのカントリーケーキはいまいちだったが、このレシピは好き。
セリアのレモンピール、オレンジピールを1袋ずつ投入。
アーモンドプードルも入り、こっくりして美味しいケーキだ。




 *アメリカンクッキー バター コーヒー×チョコチップ ◎参考 「ポリ袋でもっとかんたん!おいしい焼き菓子」稲田多佳子 p15

ポリ袋で作る方が手間がかかる気がして、フープロでガーッと作った。
ちょっとしっとりしている。




 *ミックスナッツのクッキー ◎参考「ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ 基礎ノート」稲田多佳子 p71

こちらもフープロで楽々作成。ナッツがたっぷりで、さくさく。気に入った!





 *かしわもち ◎参考「きょうも和菓子びより」松井ミチル p32

和菓子の本を初めて買いました。
いろいろひかれるメニューがあって、わくわく〜

レンジを多用するので、耐熱のボールが必要とのこと、
あまり重いのもいやだし、他のことにも使いたいな、と悩んで「パイレックス(Pyrex) ケーキ型 クリア 15cm 」をイオンで購入。1000円くらいだった。
購入後にアマゾンでいろいろ見て「iwaki 耐熱ガラス パックぼうる トリオ 大中小トリオカラフル 180ml・400ml・800ml 保存容器 大中小セット レンジ・オーブン可 SK3450-YOG」にすれば良かったな、と思ったが、またの機会に。

こどもの日は初めて柏餅、ならぬ、しそ餅を作った。
制作費を計算すると、8個で400円ぐらいかな?
レンジで最初のチンの時にガチガチになってどうなるかと思ったが、レシピ通りに進行したら、それなりに美味しいお餅ができて大満足だった。



yhappy