野の花日記
目次past


2021年01月23日(土)   愛をこめて花束を

 
春馬君が、20歳ごろの誕生日のイベント?で、
「愛をこめて花束を」を歌っていたことを知った。
 
 
こころの中で、うたう歌が、ひとつ増えた。
 


2021年01月17日(日)   しるし

昨日の鴨太郎の美しい残像が甦り、つらい日だった
 
 
生前の三浦春馬に、きづけなかったことが、今、一番の後悔だ


私が生まれ変わったら、全力で三浦春馬を探し出し、全力で応援する

いのって守る


こう思うことは、少しは春馬君の供養になるだろうか  涙

 


2021年01月16日(土)   銀魂2

よくわからない映画だったが、
小春日和の暖かい冬の日に、
美しい伊東鴨太郎と、自分の部屋で出会えたことが幸せだった。

最後に流れた、春馬君への追悼のことばが不意打ちで、泣けた。

 


2021年01月11日(月)   こどものように

あまり元気もでない日々だが、
今年もかわいい子たちを、安全に、愛情いっぱいで保育できたら、と思う。

いまは、いやいや期? の2才の男の子にどうすればいいかなーと考えている。
登園してきて、お靴を脱ぐのがいや。靴下を脱ぐのがいや。上着を脱ぐのがいや。脱がせると泣いて怒る。
まだあまりしゃべれないのに、「それじゃない!」は適切に言える 笑
うんちしてめっちゃ臭いのに、「うんちしてない!」も、なぜか言える 笑
トイレに連れて行って、ぐすぐずいやがっているけど、「うんちさんにバイバイしよーね」と言うと、素直に水のレバーは流したがる 笑
パンツをはかせようとすると逃げる 笑
一事が万事、そんな感じ。でも、かわいいーーー


今年はみんなと、もっとおしゃべりして、もっとお歌もうたってあげたいな。
お歌を覚えたいな。

天国の春馬君も、きっと、にこにこ見ているかな・・・


 −−−−−−
 
おせちの黒豆とあんこで、お菓子を作った

たかこさんの黒豆チーズケーキ






あんこを混ぜ込んだ、ミニマフィン
最近このサイズが食べやすい。バターたっぷり生地だと、敷紙にひっつかない





2021年01月09日(土)   エンピツ

日記が不具合を起こしている間に、ほかの作家さん達が色々試しているのを見て、「なるほどなぁー」と思った。
自分では絶対、思いつかないような。

だいじなメモを流してしまいたくなかったので、新しいブログを作ってみたけど、こっちで続けられそうかな?

こっちで続けるとして、あっちは何に使えばいいだろう?
またいつかのためにとっておく?

そのまま、放置かな・・・ 


2020年12月31日(木)  神は愛です

日記を引っ越すことにしました
https://nonohana1224.blog.fc2.com/

ためしに同じおせちの写真をあげてみた

こっちより難しそうだから、続くかなぁ・・・

日記なので、こっそり (でも公開してるけど) 書こうと思います



--------------
2021.01.02(土) おせち2021







               シロップ黒豆ときんかんの蜜煮
スフレだてまき サラダなます かまぼこ 梅酒かん
うずまきのし鶏             クリームチーズきんとん
焼き豚          筑前煮
      



ふわふわブラマンジェ
味見ではなく、ちゃんと食べたら、とても美味しかった
 
 

----------------
 
 
2020.12.31
 
今年は、愛する人ができたけれど
もう遅かった
 
春馬君が知らない、2021年が、もうすぐ始まる
 
春馬君の身に、なにが起こったのか
本当のことが知りたい
 
春馬君と同じ、情熱、誠実、やさしさを 私も子供たちに伝えたい
 
 
時々、悲しくて混乱する
 
もうすこし、聖書を知りたい
なんと祈ればいいのか、知りたい
 
神様を信じます アーメン
 


2020年12月30日(水)   おせちメモ その2

  梅酒かんてんゼリー
  水160ml、砂糖おおさじ1、粉寒天1パックを2分ぐつぐつ
  +梅酒160mlを入れる




*きんかんのみつ煮 ◎参考 「小林カツ代のクッキングベストヘルプ」1月 




 *ブラマンジェ ◎参考 「きょうの料理」2020.12月号
 
 栗原はるみさんのレシピ。「何度も試作した」とのことで、すごい期待して作ったが、案外ふつう?




 *クリームチーズきんとん ◎参考 「きょうの料理」2020.12月号

  ワタナベマキさんレシピ。練った(私はふかしてつぶした)サツマイモに、ざっくりクリームチーズを混ぜたもの。
  



 *スフレ伊達巻き ◎参考 「きょうの料理」2020.12月号

  ワタナベマキさんレシピ。フープロに卵黄とはんぺん、調味液をかけて、小麦粉をふるい入れ、泡立てたメレンゲと合わせて、パウンドケーキ型に流して焼く。

  めっちゃ、ふくらんで、あせった




  断面図 ちょうちょみたい



  きょうの料理のテキストは、かなり使い込んだ感。


*煮しめのいっしょ煮 ◎参考 「小林カツ代のクッキングベストヘルプ」1月 p6





追記
 我が家のおせちにかかった経費を、ざっと計算してみました

*黒豆のシロップ漬け
・黒大豆 200g…279円

*うずまきのし鶏
・鶏挽肉 600g…451円  ・海苔全形5枚…150円

*絶対おいしい!本格チャーシュー
・豚肩バラかたまり800g…889円

*サラダなます
・大根…180円 ・にんじん…130円 ・セロリ…93円
・きゅうり…65円 ・たこ…345円
・リンゴ…(購入済) ・ゆず…(ご近所から戴いたもの)

*梅酒かんてんゼリー
・梅酒 チョーヤ 1瓶…197円 ・粉寒天…(購入済)

*きんかんのみつ煮
・きんかん 約500g…378円

*ブラマンジェ
・生クリーム 200cc…292円 ・白ワイン1瓶…228円 ・牛乳1本…188円

*クリームチーズきんとん
・さつまいも(なると金時2本)…377円 ・クリームチーズ…(購入済)

*スフレ伊達巻き
・卵 4個…52円 ・はんぺん…118円

*煮しめのいっしょ煮
・鶏もも肉…272円 ・にんじん…― ・ごぼう…200円 ・れんこん…138円
・里芋…150円 ・こんにゃく…50円 ・生しいたけ…198円 ・絹さや…180円

*かまぼこ(紅1本のみ、鈴廣 無添加)…789円

*お雑煮
・にんじん…― ・大根…― ・生しいたけ…― ・絹さや…― ・鶏胸肉…264円

*おしるこ用の粒あん
・小豆 250g279円の半袋…138円

*のしもち 1枚…1500円

=================================
 小計 8291円
 税 663円
 計 8954円


2020年12月29日(火)   おせちメモ

 おせち 進行中
 クリスマスにもらった「きょうの料理」2020.12月号に、興味深いおせちが多々載っていたので、何品かチャレンジすることにした。

 *黒豆のシロップ漬け ◎参考 「きょうの料理」2020.12月号 p16

 ワタマベマキさんという方のおせちで、一晩水に漬けた黒豆を、50分ほど蒸して、水と砂糖を沸かしたシロップに熱いうちに合わせる、というもの。
私は今まで豆は、ゆでるか圧力鍋で加熱するしか知らなかったので、「豆を蒸す」というのが、案外簡単にできることが発見だった。




 *うずまきのし鶏 ◎参考 「きょうの料理」2020.12月号 p24

 これもワタナベマキさんレシピ。明日もワタナベさんのを、あと2品作る予定だ。
 これは鶏挽肉をオーブンシートにのばし、その上に海苔全形をのせ、くるくる巻いて、キャンディ状にねじって、凍らせたもの。
 照り焼きにして切れば、うずまきになっている、はず。
 途中まで作って、冷凍しておけるところがとても良い。




*絶対おいしい!本格チャーシュー ◎参考 「クックパッドの大好評レシピ」 p8

 今年も作った!
 お肉を甘いタレにじっくり1日漬けて、オーブントースターで焼く。





*サラダなます ◎参考 「小林カツ代のクッキングベストヘルプ」1月 p14

 大好きな、サラダなます。
 大根、にんじん、セロリ、きゅうり、たこ、リンゴ、ゆずを甘酢で和えたもの (たことリンゴ、ゆずは後日投入予定)




 *フィナレーヌ ◎参考 「ポリ袋でつくる たかこさんのあたらしい焼き菓子」稲田多佳子 p63

 たかこさんの最新刊で、まだ少ししか作れていないが、今までにはちょっと無いような工夫が感じられて、かなりこの本は気に入っている。
 この「フィナレーヌ」は全卵1+卵白1、アーモンド粉の入ったケーキで、高石紀子さんの本でこっくりプリンを作った後に残ってしまった卵白の消費に役立つ。
 このケーキのレシピに、私は更にリンゴを追加するのがお気に入りだ。たかこさんの1冊目の「リンゴのカントリーケーキ」は好みではなかったが、このフィナレーヌにリンゴを入れたものは、抜群に美味しく感じる。配合が私の好みなのだと思う。リンゴは生でも甘煮でも、どちらも美味しかった。
 今回は甘煮で。ミニマフィン型で焼いて、年末のおやつ。




 おしるこ用の粒あん





2020年12月25日(金)   しるし


年末年始は、『日本製』を読むことにした。
あえて中古で、購入の手配をした。ここは絶対に外せない。


三浦春馬の言葉にふれたい。
あの歌詞みたいに
共に生きれない日がきたって どうせ愛してしまうんだし。


イエス様
みこころのままに、どうぞお導きください。 アーメン。


2020年12月23日(水)   天外者


「天外者」をみてきた。

映画館の大きいスクリーンで三浦春馬をみるのは、初めて。
たたずまいが美しくて・・・


ますます、三浦春馬を好きになり、帰ってきた。

 でも、もういない。 このギャップが、きつい。


 


y

My追加