空の青の何処か...あお

 

 

甘え - 2014年01月12日(日)

11月末に久々に会ったあの人は
あまりにも自然すぎて、こっちが拍子抜けするぐらい。
しかもこっちの都合でめっちゃ待たせたのに
ちょっと怒った風に言ったのも最初だけ。。

本当は言わなきゃいけないことがある気がしてた。
こんなに長い間連絡もとらず、気持ちも伝えず。
私自身にずっと迷いもあって。

それでもあの人はなんにも聞かず
なんにも責めずに。
ただ穏やかにそこに居た。

手を触れるとドキドキした。


あぁ。
これなんだ。
そう思った。

やっぱり私があの人をどうしようもなく愛していること。
どんなに迷ったってここに帰ってきてしまうこと。
それを思い知らされることが怖かった。
そして、会わないでいるのが普通、の状態を
変えてしまうことも怖かった。

でも。

あの人はなんて私に甘いんだろう…。
そしてそれに甘えてしまう私はなんて弱いんだろう…。


そうして、次の約束をして別れた。


その約束の日が来るまでの待ち遠しさと言ったら…。
その日のことは、長くなったからまた改めて…。


...



 

 

 

 

INDEX
past