日々の泡

2018年10月08日(月) 続いてゆく暮らし

暑い三連休。
職場に提出しなければならない文書をやっとの思いで嫌々作り上げる。
わたしが作家であったなら高級割烹旅館にぜひ缶詰にされて締め切りぎりぎりまで原稿を書かずに美味三昧と…
そんなよき時代はすでに遠い過去 出版業界は困難な局面を迎えていることでしょう。
わたしが読み続けてきたアメリカの幾人かのミステリー作家の最新作はいずれも日本で出版される兆しはない。
シリーズなのに!20年以上読み続けてきたあの小説の中の人々はもはやわたしの親戚のようですらあるのに!
翻訳権を買って出版してももはやペイしないのでしょうね。

この日記のサイトにおいても言えることだけれど
人々の暮らしぶりを長期にわたり垣間見させていただっくのは楽しくもあり日々の励みになるものだ。
そういえば武田百合子の「富士日記」に流れる人間味ある空気感にわたしはさんざん慰められた。
このサイトでのたりたさんの日記のようにね。
町歩く人 バス停に佇む人、ただそこにいるだけではない脈々と流れる暮らし その文脈の途中の人場面
人々の日記を詠むことでそんな考え方ができるようになったのかもしれない。
本日の夕餉
白米
大根味噌汁
桜エビのさつまあげをショウガ醤油で
水菜と焼き海苔をオリーブオイルと醤油のドレッシングで
これだけで十分。
三連休の読書
「あの頃」武田百合子著 武田 花編
中央公論社 
武田泰淳亡き後の富士の別荘も描かれている。
蒲公英さん ありがと。
盛岡寒い?暑い?
空は澄んで高いですか?
体に気をつけてね。



2018年09月29日(土) たりたくみさん

どこかでその人が暮らしていると思うだけで
あの優しく真摯な人がひたむきに生きているというだけで
どれだけの多くの方の勇気につながったことでしょう。

わたしにとっての彼女は
岬の突端で嵐の日も吹雪の夜も一新に明かりを巡らせている灯台のような人
トーチを掲げてひたすら前進している人

その人が逝ってしまった。
その日記からたくさん愛をいただいた。
何もお返しができなかった。

しんどいけれど勇気を出して過去の日記を読ませていただいた。
毎日楽しみに読ませていただいた懐かしい日記
そのすべてどこを切手もたりたさん
たりたさんのひたむきさ満載
ジューシーなたりたくみさんの想いがてんこもり

ねえ たりたさん さびしいです。
わたしなどに親切にしてくださり本当にありがとうございました。
演奏会 朗読会 
生のたりたさんにお会いしたかったけれど
ご迷惑かと尻込みしたままこんな風になってしまいました。

思い切り両手を広げて時間を捕まえればよかった。

蒲公英さん 
さびしいですね。
盛岡 もう寒いですか?
蒲公英さんも存じ上げないうちにグランマですものね。
この時の速さは時代の趨勢でしょうか
タイミングをがっつり捕まえなければ…
PCが壊れて蒲公英さんのアドレスがわかりません。
教えてください。




2014年09月13日(土) 連休は衣替え

朝晩 少し肌寒さを感じるようになりました。
慌ててこの連休で衣替えを決行。
今年の夏は周囲でのど風邪をひく人が多く
やまんばか何百年も生きてきた魔女みたいな声に気の毒だけれど大笑いさせてもらいました。
しかし人を笑っていた罰なのか 我が家のほこりのなせる技か 衣替え決行の後
花の裏 アデノイドのあたりが微妙なムード…
ムードに負けてはいられません。
風邪にはかからないのだ!
と我が身を鼓舞しつつ衣替えを終えました。
去年の秋冬は確かグレーのヘリンボーンのピーコートを気に入って着ていたよな…とさんざん探したのにどこにもない…
よくよく考えてみるとあれって夫のものだった…
以前はこんなことがあると若年性のなんとかでは?と静かに恐れていたものですが
最近はそんなことに傷つかないことにしました。
わたしはまだまだいけてます。
大根の煮物
蕪のサラダ
昨夜のピザの残り

そういえば昨日母がグラノーラのことをクラリーノと言っていた。
クラリーノにヨーグルトをかけるのだそうだ…
相変わらずラベンダーはベランダだった。
母と話しながら心の中でこの道は行くまいと決意したのでした。


 < 過去  INDEX  


茉莉夏 [MAIL]