My life as a cat
My life as a cat
DiaryINDEXpast


2020年05月31日(日) 先進国の当たり前

まだどうなっちゃうのかわからないし、ぬか喜びさせたくなくて親には言ってない妊娠のこと。どうなっちゃうのかわからないと言えども、順調にいってくれればたった7ヶ月後には子育てがはじまるのだ。準備はしておくに越したことはない。と、あれこれ子育てに関する記事を読んでる。とりわけ子供の食事とか予防接種のことはあれこれ考えてしまう。先進国で当たり前とされてる子育てのしかたには共感できないでいる。生まれたての子供に何十種類ものワクチン。打つことを拒めば子供虐待と言われる。隣国イタリアでは子供を栄養失調にさせたとヴィーガンの親が逮捕されてる。オーストラリアでも同じようなことがあった。一方、子供の健康管理をせずジャンクフードばかり与えて肥満にさせてしまう親は逮捕されることはない。イタリアもオーストラリアも肥満による健康被害のほうがよほど多いというのに。ヴィーガンだから栄養失調になったんじゃなくて、ちゃんとした管理をしてなかったからという子供を肥満児にする親と根本は同じなんじゃないか。誰も正しい知識なんてもってなくたって、世の中で当たり前とされてることに意義を唱えると必ず強い批判に合う。わたしも幾度となく"肉を食べなくてプロテインはどうするんだね?"と批判的ニュアンスで言われたことはある。そういうことを言ってくるのは大抵頭の凝り固まった年配の人々で、タバコ吸って、酒飲んで、すぐ風邪ひいてしょっちゅう病院にかかってて、常に食事と一緒になんらかの薬を飲んでたりする人々なので、適当に受け流してるが。でもそういう人が逆に世間から批判されることはないのだ。"みんながやってることをやってる"だけだから。

予防接種を子供に打たず子供を生命の危機にさらす親は批判され、予防接種を打たせ子供の体を麻痺させてしまったりする親は批判されることはない。

まぁ、世間の批判はどうでもいいか。何を言われようとも、もう20年以上菜食ベースで薬や病気とも無縁で健康に暮らせてきた自分がいちばんこれでよかったと知ってるからそれでいいのだ。ただ子供の体は自分の体ではない。その小さな声を聞くことは難しい。今からあれこれ思いわずらったりせずにそのときそのとき様子を見ながら進めていけばいいのかな。


Michelina |MAIL