My life as a cat
My life as a cat
DiaryINDEXpast


2020年10月24日(土) 栗の木に囲まれた村を訪れる




今年はいつもの"栗の森"には登れなくて、"栗の木に囲まれた村"を訪れた。到着してみると、人口200人程の小さな村といえど、天気がいいからかみんな広場やバルに集っていて、うら寂しいというようなイメージは吹き飛んだ。

ハイキングコースを登っていく。体が重くて20分もあれば登れそうなところ倍の時間がかかる。しかし、松ばかりで栗は見つからない。途中下山してきたハイカーに聞くと栗の木の場所と村へ戻る"平坦な道"の情報をくれた。言われた通りに進むと確かに栗の殻は所々に落ちてるのだが、栗が落ちていそうな気配はなかった。まだ落ちていないのか、先日の雨や風で吹き飛んでしまったのか。"平坦な道"を通って村まで戻ることにした。ところがこの道確かに平坦ではあるものの、道幅はかなり狭く、ちょっとでも足を滑らせれば左手に迫る崖から川まで転落して命を落としかねないというようなところだった。しかも先日の雨がまだ完全に乾いてなくて、地面は滑りやすかった。妊婦じゃなくてもこの道を冷や汗かきながら一歩一歩進むくらいなら、歩きにくくてもハイキングコースの斜面を下ったほうがよさそうだった。しかし、コースに戻るのも大変なのでひやひやしながらそのまま慎重に慎重に進んで、やっと村の小路に出た時にはほっと胸を撫で下ろした。

「結局何一つ見つけられなかったね。でも美しい紅葉を眺められたし、初めて訪れる村を散策することもできたし、まぁいっか」

と話しながらその小路を降りていくと、地面に栗が落ちていた。民家の木から敷地外に落ちたものだった。ちまちまそれを拾って、

「小さな土産も出来たしまぁいっか」

と休憩することにした。水筒に入れてきた熱いカフェとりんごのケーキとショートブレッド。山のきりりと冷たく乾いた空気の中で飲むカフェは最高だ。しばらく荷をおろしてまったりと休み、そのまま荷物とリュカをそこに残してひとり少しだけその辺りを歩いてみた。と、森の入口に栗が落ちているのを発見した。進んでいくと一面栗の木で沢山の栗が落ちていた。中国人らしい女性も大きな袋を持って栗拾いしていた。中国人もかなりの栗好きだものね。リュカを呼んで、栗を拾う。入り口だけかと思っていたが、驚いたことに、そこからは進めど進めど一面栗の木で、どこまで続くのかわからないくらい続いていたのだった。宝の山を発見したような気分だった。日も傾いて来たし、何より腹がつっかえてよくしゃがめないので、1時間も拾っているともう大分疲れてしまって引き揚げることにした。沢山歩いて体が心地よく疲れていて、とても幸せな気持ちだった。

栗は2.8kgあった。

栗や胡桃など収穫したものをたっぷり入れたリコッタチーズのケーキを焼いた。リコッタのあっさりした味が優しい甘味の栗とよく合う。自分の足で拾い集めた栗は格別だ。こうして自生する食物の本当の旬を知り、野生の本来の味を知り、季節を味わうと、体の中からみるみるエネルギーが生み出されるような気がする。







Michelina |MAIL