SEO My life as a cat
My life as a cat
DiaryINDEXpast


2017年02月26日(日) 真実のアルデンテ

少し憂鬱になりながら髪を切りに出かけた。シャンプーも雑誌を読むのも大好きなのに、憂鬱なのは長年担当してもらっているスタイリストのことだった。サロンの経営者でもある彼女はとても腕が良くて、何年も通っているだけあってわたしの髪質をよく理解してくれているので的確なアドバイスをくれる。だけどここ半年くらい明らかに様子がおかしいのだった。年齢も考えれば更年期障害かと踏んだのだが、とにかく沈み込んだ雰囲気だったり、機嫌が悪くて客のわたしにまで意地の悪いことを言ったりする。見ていると常連と思われる他の客にも同じようなことをしている。人間だから体や心の具合の悪いこともあるだろうと思ってあまり気にしていなかったのが、さすがにそれが続くとこちらも嫌になってくる。髪はいつも通りに綺麗に仕上がるにしても、高いお金を払って憂鬱な気持ちになるなんて腑に落ちない。そんなことを思いながら店の前まで歩いて決めた。今日行ってまた意地悪なことを言われたらもう次回は違うスタイリストを探そう。しかしそんな決意が伝わったかのように今日は以前と同じ明るくさっぱりとした従来の彼女に戻っていた。店をぐるりと見まわすと休日なのに空いているし、従業員も少なくて人も入れ変わった。何か思うところあって彼女もこれではマズいと思い直したのだろうか。今日は洗いたての髪のシャンプーの匂いにひたすら良い気分で帰宅できてよかった。

久々にパスタ・マシンを取り出してきて、パスタを打った。強力粉100gと卵1個をひたすらよく捏ねる。生地を少し寝かせたらパスタ・マシンにかけて伸ばしていく。ピエモンテ語のタヤリン (tajarin)という細麺を目指していたのだが、生地が細麺のカッターの目に詰まってしまったので予定変更。結局タリアテッレとなった。熱湯でさっと茹でてバターと和えてパルミジャーノをたっぷりかけて出来上がり。あまりにもシンプルなレシピ故にひとつひとつの素材は良いものを使う。同僚が"使いこなせないから"とくれたゲランドの塩はこんな時に登場する。手打ちパスタにブルーチーズを乗せてグリルした椎茸、食後に黒胡麻のブランマンジェを。美味しい物を食べるための労働は心も体も元気にしてくれる。一週間の疲れは大分癒された。

パスタ・マシーンは"久々に"使うんじゃダメだな、と反省。頻繁に使ってあげないといじけたように埃が付いたり、錆が付いたりする。これからはもっとパスタを打とう。買えば安いけど、真実のアルデンテは手打ちパスタでしか味わえないものね。


Michelina |MAIL