月に舞う桜

前日目次


2018年05月09日(水) 【5/5】Toshl DINE & CONCERT 2018 昼の部 ァ丙能回)

,呂海舛
△呂海舛
はこちら
い呂海舛

『時の海へ』『オルガスム』『マスカレイド』のどれだったか忘れてしまったけれど、曲がジャン! と終るときにToshlが拳を突き上げてジャンプした。足腰を痛めてからX JAPANのライブでも『Born To Be Free』のサビでピョンピョン跳ねなくなって、やっぱりジャンプが負担になるくらい痛めてるんだなあと心配していた。でも、こうして跳べるように……と言うか、跳ぶ気になるほど回復して良かった。

あと、これもどの曲だったか記憶が飛んでいるのだけど、とてもきれいなファルセットが印象に残った曲があった。Toshlと言えば地声のハイトーンがものすごいので、ファルセットのイメージはあんまりなくて、むしろいつかのX JAPANのライブで披露した『JADE』のファルセットは正直まだToshl自身も馴染んでない感じがして違和感があった。でも最近は声の出し方をマスターしたのか、地声からの切り替えもスムーズに聞こえるし、安定している。そして今回はその集大成というか、またまた腕を上げたな、まだまだ進化してるなと感じる美しさだった。

小瀧さんのピアノだけをバックに歌う『CRYSTAL MEMORIES』は、去年3月のリベンジライブで聴いたみたいに、歌声がダイレクトに伝わってきて、体ごとつかんで離さない感じ。今回の昼の部、キーワードは「ダイレクト」だな。

ここで小瀧さんが退場した。

Toshl「最近はテレビにもたくさん呼んでいただいて、いろいろな活動がありますけれども、こうして皆さんと一緒に過ごせることが一番の喜びです。定期的にこういうコンサートが開けるようになって本当によかったなと思います。ありがとうございます」

しみじみと、静かに語る。
うん、本当に良かったよ。こちらこそ、ありがとうだよ。

Toshl「これからも、いろいろあるよ! 龍玄とし、これからもどんどん、昇り竜で昇っていきますので。まあ、昇るとこまで昇ったら、あとは落ちるだけってこともあるから、気を付けないと」

いやいや、「落ちるだけ」はダメだよー。昇り続けなくてもいいし、停滞してもいいし、多少の上がり下がりはあるでしょう。でも、Toshlくんはもう、落ちるだけってことにはならないよ、大丈夫!

Toshl「これからも皆さんと、楽しんでいきたいと思いますよ。そんな想いを込めて、最後に皆さんにこの曲をお届けしたいと思います。『Morning Glory』という曲を聴いてください」

昼の部、最後の曲は、Toshl自らピアノを弾いて、『Morning Glory』。ピアノを弾く横顔が見える席で良かった。
やさしく、深く、どこまでも伸びていく声。心が、安らかになっていく。

何が素晴らしいって、1曲目の『Grace』から最終曲の『Morning Glory』まで、歌声がまったく衰えることなく抜群の安定感を保っていたことだ。ここ数年で歌に深みが増したとともに、持久力もついたんだなあと思う。

「I love you 心から 捧げる あなたのすべてに 素直に ありがとう」
(『Morning Glory』より)

曲ができて20年以上が経ったいま、『Morning Glory』のこの歌詞は、私たちToshloveに向けられている。だから、ライブの最後に、小瀧さんも退場して他に誰もいないステージで、自分でピアノを弾いて歌うのだろう。

曲が終わると、Toshlはステージ前方に出てきて手を振り、客席後ろのドアからではなく、ステージ袖から姿を消した。
Toshlが言ったとおり、じっくり歌を聴かせてもらったよ。本当に、歌が主役の、歌で勝負のステージだった。

そのあとしばらく待つと握手会のアナウンスがあり、列に並んだ。
今回は、スタッフさんが握手券の裏面にチェックを入れてくれたから良かった。前は、キャッToshlが写っている面に思いっきり黒いペンでチェック入れられて、ちょっと残念だったから。

緊張しながら少しずつ進んでいくと、私の二、三人前の人の声がパーテーションの向こうから聞こえてきた。
「緊張して昨日の夜は眠れませんでした」というファンに対し、「そうですか。寝てください!」と、よく通る声ですぱっと突っ込むToshlくん。そのやり取りに思わず笑ってしまい、緊張がほぐれた。ありがとう!

私の番になってパーテーションの中に入ると、いつものように、Toshlがテーブルの向こう側から出てきてくれた(テーブルを挟んでいると手が届かない)。
Toshlと人生で11回目の握手。相変わらず、柔らかくて優しい手。

Toshl「こんにちは! いつも来てくれてありがとね」

私「夜、すごいの楽しみにしてます!」

Toshl「うん、すっごいよ!」

もっと、何か気の利いたことを言えたらいいのにと、いつもほんのちょっぴり後悔する。
『Grace』を歌いながら客席を回ってくれたのが感動した、とか、『Bohemian Rhapsody』が聴けて嬉しかったし痺れた、とか、ライブの感想がいろいろあるでしょ、私!
でも、いいんだ。今回は初めての1日通し。夜も参加するよってことを伝えたかった。
それに、今回はちゃんとToshlの顔を見て話せたから、我ながら頑張ったなと思う。
それにしても、Toshlに話すときはいつも妙にハイテンションで上ずった声になってしまうのは、まだ課題だなあ。もう少し落ち着いて、しっとり話したいのに。

さあ、夜も楽しみだ!


(昼の部・完)


桜井弓月 |HomeMail


My追加
エンピツユニオン

Copyright(C)2005-2017 Sakurai Yuzuki all rights reserved.