月に舞う桜

前日目次


2019年01月26日(土) 2016年7月26日から、2年半

相模原市の「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件から2年半。
今日(1月26日)は、19名の月命日です。

私たちは、死者のために何もできない。
名前を呼ぶことも思い出すことも祈ることも花を手向けることも、天国を想像することも、すべては、結局は生きている私たちのためだ。

死なせてしまったこと、事件を防げなかったことの取り返しのつかなさ。
それを忘れないために、私は、死者のために何かができるなどとは思わないようにしている。
いまさら死者のために何かをだなんて、生きている者の甘えだ。
死者のためにできることなんて、何一つない。
私たちは、いま生きている者のため、これから生まれてくる誰かのためにしか、何かを為すことができない。
いま生きている者とこれから生まれてくる誰かのために、何かを為すこと。それが、死者のために何もできない生き残った私たちの、せめてもの責任だと思う。

私たちは、社会のいたるところに溢れているヘイトと闘わなければならない。
植松聖的な思考と闘わなければならない。
そして、私(たち)は、ヘイトに対する己の中の憎悪とも闘わなければならない。

名も知らぬ、けれどもたしかにそれぞれの人生を生きた19名の、冥福を祈ります。

◆相模原殺傷、2年半で追悼 やまゆり園、施設再建「頑張る」
https://this.kiji.is/461717132381996129


桜井弓月 |HomeMail


My追加
エンピツユニオン

Copyright(C)2005-2017 Sakurai Yuzuki all rights reserved.