月に舞う桜

前日目次


2019年08月14日(水) 衝撃の曲と、一番好きな曲

スカパラの『リボン feat. 桜井和寿』を買う流れでBank Bandの10年くらい前のアルバム『沿志奏逢2』をいまさら買ったんですが、カバー曲の『煙突のある街』に衝撃を受けた。
今年知った曲の中では断トツに素晴らしい!
元ブルーハーツ、現クロマニヨンズの真島昌利がブルーハーツより前に作った曲で、小山卓治という人に提供したそう。
いやー、すごい曲に出会ってしまった

◆小山卓治バージョンの『煙突のある街』
https://www.uta-net.com/movie/225222/

『沿志奏逢2』収録のうち、カバー曲では、他に『遠い叫び』が好き。
RCサクセションの仲井戸麗市の曲で、何かのアニメに使われたらしい。

でも、私はやっぱり何と言ってもBank Bandのオリジナル曲『to U』が好きです。
Bank Bandの中で、と言うよりも、知っているすべての曲の中で一番好きと言っても過言ではないくらい。

穏やかで、透き通った気持ちにさせてくれる曲。
やさしく背中を押し、希望を見せてくれる曲。
強すぎず、押しつけではない愛で包み込んで、弱さを認めて丸ごと肯定してくれる曲。

桜井和寿とSalyuのツインボーカルです。
本当に、みんなにぜひ一度聴いてみてほしい。

◆Bank Band with Salyu『to U』
https://www.youtube.com/watch?v=ZxLuL612XQw&list=RDZxLuL612XQw&start_radio=1


ちなみに、最初に紹介した『煙突のある街』の歌詞は、オリジナルの真島Ver.と小山Ver.で少し違う。

◆真島Ver.の歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=E00963

◆小山Ver.の歌詞
https://www.uta-net.com/song/225222/

例えば

真島Ver.
「組合幹部の奴等はうまいこと立ちまわってる/もう少し我慢をすれば甘い汁が吸えるのかな?」

小山Ver.
「組合幹部の奴等はうまいこと立ちまわってる/下のほうの俺達だけいつでも傷を負わされて」

真島Ver.
「煙突のあるこの街で俺達は訴えられた/責任逃れをしようか?俺は今夜暴発する」

小山Ver.
「煙突のあるこの街で俺達は訴えられた/責任逃れはできない俺達どこへも行けない」

のように、小山Ver.では、自分の置かれた立場をより深く見つめている。
工場で働く“俺”は工場にいろいろなものを奪われているが、同時に紛れもなく工場の一部でもある。
工場に害されながら、工場の一部として自らも街を害している。そこから逃れられない。川の臭いの耐え切れなさは、自分の立場の耐え切れなさでもある。
小山Ver.の歌詞ではそれが明確になっていて、良い。
できれば、Bank Bandも小山Ver.で歌ってほしかったなあ。


桜井弓月 |HomeMail


My追加
エンピツユニオン

Copyright(C)2005-2017 Sakurai Yuzuki all rights reserved.