毎天ミーハー哈哈哈日記

2016年12月09日(金) 「KANO 1931海の向こうの甲子園」

ゆっくりゆっくり
熱いものが押し寄せてくる
そして清々しい感覚もあり
途中で「長い…かな!?」と正直思うも
次の展開でまたストーリーにひきこまれていく

主演の曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)くんはじめ
出演者の野球部員の一生懸命な素に近い演技が
より熱さの余韻としてシーンごとにあふれる

それに馬志翔(マー・ジーシアン)が監督というのが
彼を以前より少なからず支持していた私にとっては
もうそれだけで気持ちいっぱいになる
この大作を作り上げた力量は素晴らしい!!

八田與一さんの台湾での功績も盛り込まれていて
また演じてる大沢たかおさんの雰囲気も良くて
日本人として嬉しかった

逆に統治下の甲子園に
中国、台湾、韓国からも参加していたことを
知らずにいた日本人の私

そしてそんな様々な想いの中
ラスト船上シーンの空の焼け方が
昭和30〜40年代の映画ぽくて
よりノスタルジーな感覚になる

エンドロールで流れてくる
主題歌「風になって〜勇者的浪漫〜」
映画と相まって爽やかな感動が
歌に一体化していった
この映画の良さをかみ締めながら終われる


youtubeで見つけた羅美玲(ルオ・メイリン)版「勇者的浪漫」
馬志翔(マー・ジーシアン)監督
魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー
KANO出演者の若者たちで歌ってます〜
私的にはこちらバージョンも好き




 < 過去  INDEX  


美香 [MAIL] [HOMEPAGE]