コミュニケーション。
DiaryINDEXpast


2019年07月12日(金)



日付変わったばかりだけど、今日は飲み会に行った日。
あれから11年が経ったけど、
優ちゃんはちっとも変わらなくてかっこいいよ。
それは本心だ。
普段、ささいなことにイライラはしても、
離婚したほうが楽かなとしょっちゅう考えても、
排卵日が近づくとそう告げに行ってしまう。
だから多分一応、まだ夫を男として見ていると思う。




自信がなくなったのは、
子どもの話を聞いてくれる相手として見ているなと気づいたからだ。
なんせ昭和のひとで、育児などできないしないだから、
ワンオペとまで言わないが、
世の若い夫婦はいいなぁ、ふたりで育児が当たり前の空気があって…と思ってしまうし、
ひとりで育てている気がするから、
ねぇ聞いて、うちの子がこんなにかわいい、と話せる友達感覚だな、と思った。
子どもがかわいい話は意外とママ友ともできない。




前回を忘れてしまったくらいにレスだが、
それについては夫を責める気持ちはかけらもない。
私だってホルモンに支配されているだけで、
普段の理性ガチガチだとこいつと同禽などとんでもない、
バカにすんな、くらいは思っている(←やばくね?

だから今日もそう、
そういう日だから、と説明したし、
明日来ようかな?と思ったけど、明日は別にしたくないかもしれないし、とちゃんと言った。



考えなくてもわかる、今日は、
浮気されたらどうしよう、生きていけない、と思う日だ。
でも、浮気してくれたら離婚できるのにな、と普段思いすぎて、その思考に溺れられない。
てか、ホルモンでこんなに変わるのまじ怖い。
若かったときに知りたかった。



子どもたちから父親を奪うほどではない。
とは思う。
私の努力も足りない。
夫が悪いんじゃなくて、私が嫌なことから逃げたいだけ。
いい年して。




月曜断食はなんとか継続中。
痩せた先には、どんな景色が見えるだろう。




マリア |MAILHOMEBLOG

My追加
エンピツ