インテリア音痴の「おうち改造計画」

2004年08月11日(水) お盆休みの改造(?)計画

ここ数日、昼間はがんがんに暑く、午後にどしゃぶりの夕立、という天気が続いてます。
その影響でしょうか。日曜日にがんばって草むしりをした裏庭を今朝見たら、
すでに緑の葉っぱがスクスクと。。No〜!!
完全に根っこから抜けていないのでしょうがないんですが、
それにしても早すぎる。
何回かチャレンジした寄せ植えはすぐに枯れてしまうのに、雑草ってすごいです。

さて、お盆休みは明日12日から16日までなのですが、突然13.14日は旅行にいくことになってしまいました。
そんなこんなで、結局今年も何もできない嫌な予感。。を振り切って計画(また)を立ててみました。

12日:家の中の普通の掃除をとにかくする(レベル低っ)
13日:きれいになった家(予定)から気分よく旅行に出発
14日:きれいになった家(予定)に気分よく帰宅
15日:先週むしった雑草を袋に詰め、のこりの草をとにかくむしる
16日:くもの巣が張っているバラと、囲いはあっても雑草しか生えていなかった花壇にちょっと花でも植えてみる

あれ?これでもう休み終わりですか?
っていうか、計画通りにいったとしてもこれしか進まないのか。。
いったいいつ「おうち改造」に入るのか、気が遠くなってきました。
こうなったら、リビング、とかキッチン、とかっていう振り分けをもっと細かくしてガス台掃除、出窓の整理、とか小刻みな目標を立てたほうがいいのかも。。



2004年08月08日(日) 裏庭ジャングル

昨夜の雨で地面はまだ湿っているけど、まあまあいい天気。
やるしかない!
と裏庭の草むしりをしました。すごい暑さの中、正味2時間。

ふだん目につく表側と違って、裏庭(庭といえるスペースではないのですが)はめったに行きません。
自分は見ていないけど、ご近所さんは毎日見ているはず。いったいどうなっているのか、と行ってみると…。
想像以上にすごいことになってました。

なんか変な虫はたくさんいるし。
身長より高く草が茂ってるし。
草というより「木」になりかけたものもあるし。

むしっていても、虫たちが「なんだ?なんだ?」という感じで慌てて出てくるんです。
いままでジャングル並みに茂った草むらで平和に暮らしていただろう虫たち。
草の陰は日陰になって涼しいし湿ってて居心地はよさそうです。
申し訳ない気もするけど、それとこれとは別。がんがんブチブチとむしりました。

で、2時間後。

なんだか草があったときより荒涼感が際立っているのは気のせい?


◆before◆



◆after◆


玄関脇も同じ感じです。枯れかけのバラが一層際立つ感じが。。


※8/5の日記と比較ください。

とりあえず草を全部むしってから、装飾方面(花を植えるとかモノを置くとか)に行こうと思うんですが、まだどうすればいいか悩み中。難しいです。



2004年08月06日(金) ちょっと説明


この一軒家の事情はちょっと複雑ですので、簡単に補足説明をしておきます。

ここは実は私の親の持ち物で、とりあえず私たち夫婦が無期限で
借りている、という感じです。
10年前に建てて1年くらいは、私と弟で住んでいました。
(私が二階6畳間、弟が二階8畳間を使い、一階のスペースは共有)
そのあと私が引っ越してこの家を出たので、弟が3年ほど一人で住んでいました。
(この「男の一人暮らし時代」に家はかなり荒れた模様)
数年前に弟が結婚したため、今度は私が入れ替わるように戻って一人で住み始めたのです。
そして3年前に、結婚して夫がここに引っ越してきました。

住む人が数年単位でコロコロ変わって、しかも「実家」扱いなので、家を出た後も
荷物を全部引き取ることはせず、必要のないものはそのままだったりします。
なんとなく「自分の家」という感覚を持てないまま、今まで来てしまいました。
夫にとっては余計にそう思えるようで、家の中のインテリアなどにはまるで無関心です。

夫は本来きれい好きで、一時単身赴任していたときのアパートの部屋は
はっきりいってうちの20倍くらいきれいでした。
壁に麻の紐をかけて、写真やポストカードを木のピンチで止める、なんてことを
生意気にも(笑)してて、しかもそれがなかなかおしゃれだったりするわけです。
毎日きちんと布団をあげ(当然ですが)、フローリングをクイックルワイパーで
掃除してました。
私も夫も、なんとなく今の住処を「仮住まい」ととらえてるような気がします。

それにしても、私がいまの家を汚いまま放置しておいた言い訳の一つに
「だって私だって働いてるんだもん」というのがあるのですが。
あちこちのサイトをみていると、やはりいるのですね。共稼ぎでしかも子供もいて
なおかつ家はきれい、という人が。
よく見ているサイトもすごいです。
フルタイムで働いていて、しかもお子さんが二人いて、なのに家の中は超きれい。
しかもおしゃれ。しかもセンスいい。ふぅ〜。。(羨)

いまの仕事は年内に辞める予定で、そのあと1年くらいは憧れの専業主婦に
なれる(はず)ので、おうち改造はそれからゆっくりじっくりやろうと思ってました。
が、考えてみれば去年の今頃もそう思っていて、そのときは事情があって辞められず、
結局ずるずるといまに至るわけです。
専業主婦じゃなかったら絶対無理!と思っていたけど、実際に私より忙しい人が
きちんと家を整えているわけで、これはもう先延ばしはできません。
このやる気が例のごとく立ち消えになってしまわないのを祈るばかりです。

長くウダウダ書きましたが、ようやく週末。ひゃっほ〜。
土日はお庭改造に燃えます。裏庭の草むらをなんとかして、
「ガーデニング」とかができる素地をとにかく整える予定。



2004年08月05日(木) まずは庭から

さて、いつどの部分からおうち改造に着手するか。
計画を立ててみました。
(計画を立てるのが好きです。大抵は計画を立てたことで満足して終わります)

作業ができるのは週末の二日間と、お盆やお正月(そこまで引っ張るつもりか?)の長い休みだけ。
一部屋づつ片づけていくしかありません。
まず、5日間のお盆休みをめいっぱい利用して庭を何とかしたいです。
庭といっても、自動車2台がやっと停められる駐車場代わりのスペースと、
幅70センチくらいの裏庭ですが。

放っておくと雑草がものすごい勢いで伸びて大変なことになります。
去年の夏も、ついつい雑草を放置して、「これはいくらなんでもいかんだろう」と思いつつ、そのままにしていました。
「空家?」というような雰囲気を作っていたと思います。

そんなとき、ショックなことがありました。
同じ町に住む友人が、お母さんに私の話をしていると「○○さん(私)の家はどのあたりなの?」と聞いたそうです。
友人がだいたいの場所を説明すると、お母さんは「ああ、あの草がいっぱい生えているおうちね」と言ったそうなのです(ひえ〜!!)
さすがにこれは効きました。
一週間ぐらいで草むしりに励み、なんとかいま程度の状況にこぎつけました。

で、一瞬、また例のごとく「庭をきれいにしたい!」というブームがきて、寄せ植えの鉢を買ったりしたのですが。。
あっけなくそのブームは去り、ことしの春には再び「草のいっぱい生えているおうち」になりました。
「除草剤使えばいいじゃん」と言われるのだけど、そのうち花とか野菜とかを育てたくなったら困るな、とか、余計なことを考えてしまってそれもできず。

理想はあるんです。
庭といえば、知ってる人からも知らない人からも、一番見られる場所。
しかもうちの近所にはまめなお年寄りが多いためか、手をかけた庭がとても多いのです。
お向かいでは、窓いっぱいにきれいなアサガオのアーチをつくってるし、裏のお宅は細い路地の両側に菖蒲やアジサイやシャクヤクなど和風な花壇を整えてるし。
我が家は近所でいったいどう思われてるか怖い。。

現状ですが、表側はこんな感じです。

これでも雑草をむしったあとなのですが、荒涼としてます。



こちらはリビング側からの眺め。「眺め」なんてもんじゃないです。
もらいもののよしず(使っていない)が放置されてます。

玄関に向かうアプローチ(なんて呼んでいいのか。。)です。
草が生えてます(泣)
右側に小さな花壇スペースがあり、バラが2本(鉢植えのミニバラを植えたもの)ありますが、手入れをしてないので近くでみると悲惨です。




車を停めるので全面的に花を植えるとかはできないんですが、それでももうちょっと何とかしたい。
手入れされてきれいな花の咲いた庭をリビングからながめてティータイム。。なんて憧れはあるんですが。




2004年08月04日(水) 現状2(画像つき)

なかなかいい写真がとれません。狭い家なので、広角のレンズでもないと全体像がわかりにくくなってしまいます。
わりといい感じにとれたメモステを会社に置いてきてしまったので、きょうは適当なものを載せておいて、あとで差し替えることにします。

で、現状その2。

◆リビング◆
一番過ごす時間が長く、人が遊びに来たときもここに(ここだけに!)通すので、なるべく片づけるようにはしてます。
それでもな〜、って感じ。
手前にあるソファは10年ほど使っている無印の2シーターですが、カバーまで買うお金がなく、適当な布をかけているのですぐにずれてヨレヨレに。。
テーブルは学生時代から使ってるコタツテーブル(恥)です。ふつうの木目のものに替えたい。。

手前がいちおうくつろぎスペース、その奥がダイニングテーブル、その奥が台所です。ダイニングテーブルの手前にあるのは、猫用のつめとぎ。
もうかなりボロボロで、みすぼらしいイメージをUP中。。




◆台所◆
夕食の支度後(と言い訳してみる)です。
調理代の上には調味料が出しっぱなし、出窓にはいつのまにか食器が積み重なってます。
ガスレンジもそろそろ磨かないと油汚れがすごすぎます。
変な水色の水切り籠は、えーっと、いつから使ってるものだろう???
基本的に料理は好きなので、使い勝手がよく、かつすっきりした空間にしたいのですが。




◆和室◆
リビングの横にありますが、いまは開かずの間1号です。人が来たときに、リビングのものを一時的に避難させてます。
使っていないセミダブルのベッド、古新聞、壊れたソファベッドのマット、壊れたファンヒーターなどなどどうでもいいものばかり。
さらに、友人から事情があって預かっている古い引き出物(鍋、食器、などなど。近くフリマに出すために並べてある)がスペースをとってどうしようもない状況です。(悲しくなってきた)

◆2階の6畳間◆
完全な開かずの間2号。以前は私の部屋だったのですが、いまは使っていないのでこれもどうしようもない状況です。
あまりに悲惨なので画像は極小に。。




◆2階の8畳間◆
先日upした部屋です。愛想もそっけもない寝るだけの部屋。
テーブルと椅子の上に、洋服(いちおう洗濯後)がぐちゃぐちゃに重なってます。窓のカーテンレールがハンガー代わりになっているのも悲しすぎます。




なんだか悲しくなってきたので、きょうはこのへんにしておきます。
ほんとうはこういう悲惨なbefore写真は、「こんなにステキになりました!」というafter写真と一緒に出すのがいいんでしょうが、あえて自らにプレッシャーをかけてみました。
あと、家の中ももちろんですが、「庭」という大問題もあるのです。
これはまた追い追い。。







2004年08月02日(月) 「こんなインテリアは嫌だ」

まずは、自分がどんな家、部屋をめざしたいのかを把握しなきゃいけません。
で、雑誌を2冊買い込み、あとはいろいろなサイトをめぐってみました。
1日が終わるころには、私の頭の中には「フレンチカントリー」「キャトルセゾン」「雅姫さん」「アジアンテイスト」「北欧系」「コンランショップ」「シャビーシック」等々の言葉が飛び交ってました。半分ぐらいはよくわかってません。
(ああ、インテリアに詳しい人がバカにしませんように)

さあ、私はどんな家にしたいのか。
少なくとも、「こんなインテリアは嫌だ」というのはわかってきました。
(「お前が言うなよ!」覚悟で書きます)

とにもかくにも、必死すぎるインテリアが嫌なんだと思うのです。
自分のテーマカラーからはずれた色は、電化製品の一センチ四方のスイッチでさえ
許すまじ!洗剤とか調味料とか、日本語が1文字でも入った製品許すまじ!みたいな。
アメリカのホームドラマとか「赤毛のアン」まんまのお宅とか、それが完璧であればあるだけ、なんとなく恥ずかしい。
あとは、ビールの空き箱にかわいい紙を貼って重ねて棚に、とか、古着を裂いて編んで 玄関マットとか、「気持ちはわかるが、せめて出所がわからないように加工してくれ」と 頼みたくなる工夫とか。

普通にきれいでシンプルで感じがよくてくつろげて掃除もしやすくてさりげない感じにしたいんですが
それって漠然としすぎですかね?

ところで、今朝、会社に行く前に、家の中のあちこちの写真をとってみました。
さんざん偉そうなこといってこれかよ!というのを1枚貼っておきます。
寝室にしている二階の八畳間です。出社時ですが布団がしきっぱなしです。
いかにもUFOキャッチャーの変なぬいぐるみと、雑誌が散乱してます。
布団が一つしかないのは、夫は長距離ドライバーのため家では仮眠をとる程度のため。(なのでLDKで寝ている)




2004年08月01日(日) 現状

とりあえず、インテリアどうこうよりも、まずは「掃除しろ、片づけろ」という状況なわけです。

一ついえるのは、「私には一軒家の管理は荷が重い」ということでしょうか。
もともと一人暮らしのときにも、部屋数には全然こだわりませんでした。
むしろ、何部屋もあると掃除が大変だから、という理由でほとんどがワンルーム。

いまは、夫婦二人で3LDKに住んでいるのですが、うちの2部屋はもう「開かずの間」になっています。
ほとんどの生活はLDKで済んでしまいます。食事をするのもくつろぐのも人をもてなすのも夫が寝るのも(!)全部ここ。
なので、LDKはそこそこ片づけているようにしてますが、これもまあ「きたなくはない」「散らかってはいない」というレベル。
LDKの余計なものは、すべて隣の和室(開かずの間1号)か二階の六畳(開かずの間2号)にやってしまうので、片付いてて当然といえば当然なんですが。

敗因を考えてみると

〇笋ズボラである
共稼ぎとはいえ、ほとんどが9時−6時の規則的な勤務なので、掃除くらいはできそうなもんなんですが、それができない。それでもまだ、人と暮らしていると言うことで最低限の片づけはしてますが、一人だと限りなく落ちていくタイプなのです。

夫が何もしない
家事一切、何もしない。もちろん片付けもしない。でも、家がきれいでいる状態は好きらしいです(むかつく)。本心ではもっと「片づけろ」と言いたいんでしょうが、自分が何もしていないという引け目、言い出したからには自分も何かしなきゃいけないと思うらしく、いまのところ何もいいません。そして家はさらに荒れ。。

Gがいる
短毛種ですが、それでも2匹いると抜け毛はすごいし、フローリングはすぐに綿ぼこりになります。出窓や棚の上におしゃれな雑貨を、なんてこともできません。観葉植物も置けません。

ぅぅ鵐謄螢△離札鵐垢皆無
掃除する、片づける、くらいなら努力でなんとかなるんですが、センスよい家具の配置とか、部屋の一角に雑貨をあしらうとか、そういうことができません。
すてきなHPとか雑誌をみて、まんま真似することしかたぶんできないと思う。
これはけっこう致命的?かも。

そんなこんなで、かなり悲惨な状況になっている我が家。

近々各部分の写真をとって画像を載せてみます。
ひかないでくださいね。お願いします。







2004年07月31日(土) はじめに

築10年の小さな一軒家(3LDK)に夫と二人で住んでいます。兼業主婦です。
メンテ次第では、まだまだきれいなはずな家なのに、生来のズボラさと
センスのなさで、どうにもこうにも垢抜けない「汚屋敷」になってしまいました。

年に一回くらい、発作的に「家をステキにしたい!」と思い立ち、インテリア雑誌
など買い込むこともあるんですが、とりあえずインテリアの前に掃除(それもかなり大掛かりな)が必要だと思うと、なんとなく「適当に片付いていればいいか」と
熱もひいてしまうのです。

でも、そろそろちゃんときれいな家に住みたい。
家に帰るのが楽しみになるような、人が来て誉められるような、そんな部屋を
つくってみたい。
人が遊びに来る前に、泣きながら徹夜で掃除するようなことはもうやめたい。
天気のいい日はきれいな庭にテーブルを出して、「おうちカフェ」とか
してみたい。etc.etc....

素材はそんなに悪くないと思うんです。
このままでは家もかわいそうだと思う。

「亭主改造計画」とか「劇的ビフォーアフター」などの変身モノが好きな私。
だったら今回のおうち改造も、記録を残すようにして自分の励みにしようと
思い立ちました。


   INDEX  


fran [MAIL]

My追加