Y: T:

日刊オバちゃん白書 --婆ウォッチングのミラーサイトになりました--
* いんふぉめ〜しょん *
2001.3.18〜 走りっぱなし

《DQ9》 ショッピングしまくり 2009年12月31日(木)



繋いでは買い、繋いでは買い・・・の繰り返し。
これはひょっとして、スクエニによる
「レイトンもゼルダもさせないぞスペシャル企画」
だったりするのではあるまいか。

未愛なんぞ、ずーーーーーーーっと買い物中です。

私はすでに飽きたので、部屋の片づけを続けています。
またあとで買い物に行くかも。






《ゼルダ》 4日放置 2009年12月30日(水)



酸欠がイヤで、放置していました。
その間にやりかたを忘れたかも。

えーっと、狙いを定めて「フーッ」ですよね。
ドクロを投げつけてきたら、
そいつに向かってフーッでしたっけ?

一度途中でヤメたから、森の神殿の入り口からやり直しになる。
・・・んだっけ?

これだから、戦闘ものって苦手なのよねー
セーブした場所から再開させられないのか、お前。
システムとしては難しくないと思うのだけれど。

たとえばDQ9はそうでしょ。





これまた好評 2009年12月29日(火)



編みシュシュを、今日は田舎に持って行った。
小中学生ってあまりいなかったような気がして、
シュシュをつけるような髪の長い大人がいるかも不明で、
まあとりあえず10個ぐらい持っていけばいいかな、と
割合シブめのフェザーと、100均の糸で作ったのを持参。

すっかり忘れていたことは、
その日そのときそこにいなくても、
孫にやりたい婆の存在である。

ナマ手渡しは、年中さんに2個、中3生に2個。
あとは孫にムスメに姪っ子にと
結局持っていったのは全部差し上げてきた。
ヨカッタヨカッタ。


本家のお母さん(私よりちょっとおねぃさん)が
『プチベール』という野菜を産直に出しているそうな。
でも、あまりにもおしゃれ〜〜な野菜なので
田舎じゃあ認知度がイマイチ。
盛岡駅の地下食品売り場で高値がついているのを見て
自分の住む地域の田舎さ加減が身にしみたそうだ。

プチベール、かわいくて甘いキャベツの仲間。
芽キャベツと同じ樹形だけれど、結球しないのである。
来年、タネか苗が手に入ったら作ってみたい。
寒さに強くて、長く収穫できるのだそうで。


あとあとあと〜〜
5月ごろに来たら、接木苗あげるから、とも言われた。
こしぇ友誘って行ってくるか。






眠くて〜〜 2009年12月28日(月)



なぜだろう。
夜はちゃんと寝ているんだけどなあ。

車検のできあがりが遅かったために振り替え、
今日が今年最後のレッスンとなった。
その前に病院に行っておこうかと、
若い女性スタッフの多い整形へ。
今が旬の、ふわふわ編みシュシュをたくさん持っていった。
残念ながら、あまりの混みように、
シュシュだけ置いて、午後に出直すことに。

お昼を簡単に済ませて、年賀状の仕上げ。
これが眠くてたまらんのですよ。
でも久しぶりの月曜ワイド(地元ラジオ番組)を聞きたくて
手を動かしたり口を動かしたりして必死に起きてた。
無事に投稿が読まれたのを確認して、再び整形外科へ。

受付に入るなり、見慣れたシュシュが目に入った。
おおっ、さっそくつけてくれてるじゃないの。
リハビリ室のおねーさんたちも、
「お揃いみたい〜〜」と大喜びでつけていた。
スタッフの中には髪の短い方もおられるのだが、
「手首につけたり、バッグチャームにしたり」
あるいは髪が伸びるまで楽しみに取っといてもいい。

作ったものを使っていただくのって、
ほんとうに嬉しい。
売れることよりも嬉しいと思う。



しかし眠いなあ。
明日は1日、母のお供で車の運転。
お歳暮届けに、田舎に行くのだ。
したがって部屋の片付けとか掃除とか、全くできない。
オットは遊び歩いてばかりでさっぱり役に立たないし、
このまま大晦日を迎えることになるんだろうか。

まあなんとかなりますわね。
明日のために、今夜は早寝。






手がふやけた 2009年12月27日(日)



洗面所にネコたちの新コーナーを作り、
台所、流しとガスレンジ周りを磨きました。

が・・・いかんせん握力がないことと
上を見上げる作業ができないことで、
洗うというより「濡らす」
磨くというより「なでる」
結局あまりきれいにはなっていません。

握力がなくても使えるモップみたいなのがあっても、
それを洗うのは手だし、絞るのも手。
力を入れて絞れないから、床ダラダラです。
やんないほうがマシかも。

散らばったネコ砂や毛、ホコリだけ
掃除機でガーッと吸い込んで終わりにしたい。
しかし、家の中にイヌネコがいれば当然、
洗剤つけてガシガシやんないと取れない汚れがあるのです。


私にできる仕事じゃないと思うのですが。

プロを雇う経済力もないし
「汚れてますねー」「そーですねー」と暮らすしかない。






《DQ9》 逃げるな! 2009年12月26日(土)



ゴールデントーテムが
アイテム落としてくれません。

せっかく続々出る場所を見つけても
50%は逃げるし。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

て書いた10分後、めでたくゲット。

う〜ん、リッカってええ子じゃのー





《ゼルダ》 酸欠 2009年12月25日(金)



フ〜〜〜ッと息を吐くやつ、苦手。

フ〜〜゚.+:。クラ(@O@)クラ゚.+:。
っていってる間に反撃のダメージを食らう。

ストローかなんか使って、
息の量を少なく済ませるようにしてみっか。





《ゼルダ》 マイケる 2009年12月24日(木)



主人公の名前です。
悩んだんだよね。

「マイ蹴る」
「ま、イケる」
「舞家る」

漢字が選べなかったから、「マイケる」
「る」はひらがなにしたかったのです。
これといった拘りがあるわけじゃなく、気分の問題。

やっと1枚目の石版をゲットして
森の神殿に着いたところ。
もう寝よっと。






《DQ9》 ケーキ 2009年12月23日(水)



配信クエストのクリアに必要なケーキ、
まだ入手できません。
ロンドンライフそっちのけで遊んでんのに。

今日は新ゼルダが出たのよねえ。
私は明後日にしか買いにいけない・・・
どの店でも、クリスマスプレゼントに
パパサンタが買ったことでしょうねえ。
残ってるだろか。
ア○ゾンで劣り寄席←こんな変換(~_~;)したほうがよいかなー






忘年会その2 2009年12月22日(火)



こしぇ+2、計4人の婆ぁ、
お好み焼き(&もんじゃ)をつつきながら
アルコールなしの忘年会をしてきました。

+2の人々とは1年ぶりぐらいになりますか。
ほとんど変わっていないなーと思いましたが、
60歳過ぎたら、シワが増える以上の大きな変化も
あまりないのかなーと思ったり。

例によって私は「聞き役」の時間が長いです。
「話す」と「聞く」のバランスは難しいですね。
自分のことを言いたい人に囲まれると、
私は話を割ってまで自分のことを話せません。

この年になって、かなり無遠慮になったはずなのに。
(+2の人々はその上ということか)



何人かで集まったときに、
全く入り込めない話題で盛り上がって、
そのことをフォローというか、
ちょっとわかるように解説するとか、
そういう気配りは必要なんじゃないですかね。






二位 2009年12月21日(月)



久々、上位に入りました。
月曜コースのリーグ戦。

そして・・・
先週に続いて今日も、
ノーミス&200越えを達成。
4ゲーム中1ゲームだけでしたけどね。

ストライクとスペア合わせて30以上、
割らない、ヘッドを外さない、
といったところを目標にしていると、
自然にスコアにつながります。
スコアのことばっかり考えていると
荒れたゲームになるようです。





突き返した 2009年12月20日(日)



今日もTB爺は練習に来なかった。
微熱がなかなかおさまらないので、
私も今日はパスしよっかな〜と思ったけれど
そんなときに限って出てきて
「なんだピアノいないのか」
なーんて言われたくないからねっ

中途半端にしたくないから、楽譜はお返し。
「練習にならないし、士気が下がるし」
これはさすがのY倉氏も仕方がないと思ったようだ。


@@@@@@@@@@@


母校(盛岡3高)の校歌・応援歌のCDってのがあって、
友人に借りたのをコピーしたんだけれど、
爺バンドのときにチラとその話をしたら、
前出のY倉氏(彼は2回生)が
「オレ、吹奏楽にアレンジしたんだよね」とのたまう。
「ちゃ〜っちゃらちゃちゃちゃちゃ
 ちゃ〜んちゃーっちゃちゃ〜ぴろりろりろ〜、ってやつ?」
「うん、それそれ」
そこに、ベースM井氏(3回生)が加わる。
「逍遥歌って名曲だよねー」
ちなみに私は11回生(確か・・・)






ムカつくお話 2009年12月19日(土)



爺バンドには、そのときどきにムカつく輩がいる。
某トロンボニスト爺は、いわゆる「口だけ達者」なやつ。

先日のバンド忘年会において、
「ちょっといい風なオジさんの役」を好演した。
定演では、コンボ(小編成)による演奏を
できれば2曲はやりたいよね〜みたいな
調子のいい発言をバンバンかます。
指揮爺や代表兄はすっかりいい気分になったようだ。

騙されるなよ・・・と思いながら、
私は(なにせシラフでして)ウォッチング。
あの人、大人のADHDだと私は確信しているから、
(根拠はあります、書けないけど)
飲み会の雰囲気が前向き〜な感じだったから私も、
やる気のある人は応援しなくちゃね〜」と
《やる気のある人は》の部分を強調して言ってはいた。

本当にヤル気があるなら、楽譜を用意したり練習に参加したり
そういうことは当然でアッタリマエで常識って思うでしょ。

ところが、忘年会以来、今日で3回目にして
今年最後になるはずの練習日に顔を出さない。
今日来ないようなら、私は手伝う(弾く)の、イヤだなあ。
そう思って、
「この話、なかったことにしませんか、ムカつくし
と、不平もあらわに申し出てみたのだが・・・
どうも、なかなかわかってもらえないようだ。

結局楽譜を用意したのは、
コンボのメンバーの一人に指名された方だし、
「何回かやったことあるからダイジョブでしょ」
などと気楽なことをぬかしよる。
本番に来ないかもしれないんだぞ。
まわか忘れたわけじゃあないでしょうね???


マジ、アンタとはもう遊んであげないから!!凸(゚Д゚#)
という気持ち満々なんだけどな〜〜






リサーチの結果 2009年12月18日(金)



23日にゼルダが出ることが判明。
予約しなくても買えるよね???

つーか、21日から車検で、
休日を挟んじゃうから
25日まで車を使えないんだな。

毎回やってる「クリスマス車検」
気づくのが遅いんだよ(つω・`)





《例豚》 瞬殺 2009年12月17日(木)



今週のナゾ通信も簡単すぎて・・・
いつの日か、スライドパズルが出ないかなと
心待ちにしているのだけれど。

そろそろ別の(例豚でもDQ9でもない)ソフト、かな〜〜
DSのサイトをリサーチしてこようっと。





まず食欲 2009年12月16日(水)



ああ戻ってきたのね。

食欲減退のまま
何キロまで落とせるかと
ちょっと期待をしてみたり
体脂肪率にターゲット絞って
スクワットでもしてみようかと
ホンキで思い始めた今日、
なんか食べられそう♪
な気がして
試しに甘い蜜柑など食べてみたら
あらタイヘン。
止まりませんわ。

気がつけばお腹いっぱい。
蜜柑で。
別の意味で危ない気がするけど
まだ手は黄色くなっていない。

蜜柑の袋、食べますか?
今の私は食べる派です。
(数年おきに変わります)
めりめりっと皮をむいて
白い筋は取れるくらい取って
あとはちぎっては投げ(口の中へ)

ビタミンC、まとめ取り。






おっとびっくり 2009年12月15日(火)



体重と体脂肪率について、
まあ長文とは言えないまでも
それほど短くもない文章を書いて
あるところで変換キーを押したら、
なっ、なぜかシャットダウン!

キーボードの手前にはタブレットがあって
そこに両腕を乗っけて
右手は肘を、左手は手首を支点にして、
キーボードを叩いている。
右のほうが大きく動くので、支点が遠いのだ。

あまり多くのキーを叩かない左手が
たまたま数字キーの近くを叩いたときに
(ああそういえば何キログラムってやったなあ)
ちょっと浮いた手首が、
終了に当たるキーを押したらしい。
それも、たぶん1個じゃなく、何かと何か。

実はこれ、2回目である。
のに、どのキーを押しちゃったのかわからない。
そもそも中古のこのパソコンには
取説がついていなかったので・・・

次に気をつけたいと思っても、
具体的にどこをどのように気をつけるべきだろう。

やっぱメモ使いに戻りなさいってことだろか。






たぶん雪がないから 2009年12月14日(月)



年末の気がしないわけですよ。
年賀状も(買ったけど)まだだし
掃除する気分にもなれないし
ああせめて自分の居場所近辺ぐらいは
モノを踏まずに歩けるようにせねば。

カラダが回復してからのお話。
明日は降るらしい。





真面目に〜 2009年12月13日(日)



近近メガネをかけるようになりました。
作って1年ほったらかしだったけど・・・
最近、部屋の中では(いつもの)メガネを外していることが多くなり
そうすると、立ち上がったときに危なくて、
その上どこに置いたんだっけとメガネを探すことになり、
先日など椅子の上に置いたメガネの上に座って、
危うく壊してしまうところだったのです。

それくらいなら
「座っているときには近近」
「立って歩くとき、運転のときは近視乱視用」
と、はっきり決めてしまえば楽。
常にどちらかがメガネケースの中にある状態。
メガネ屋さんのゴツいケースなので、
行方不明になりにくいと思うし。



「メガネをかける」の「かける」って、
「掛ける」? それとも「架ける」?
あるいはそれ以外の漢字?

わからないときはひらがなに限りますねえ。







ぼ〜〜〜 2009年12月12日(土)



確か何かやることがあったような気がするんだけど
頭がぼーっとして考えられん。

例によって微熱があんのよ。
数年前までは「知恵熱〜」とからかわれたものだが
さすがに今となっては、
そんなこと言う人、身近にいなくなったね。





133331は 2009年12月11日(金)



なにしろアクセス数の少ないページですんで
確率的に自爆の可能性が大きいのです。
が、なんとかそればかりは回避。

しかし、アクセスログを見ましたところ、
設定番を踏んだのは
蕁麻疹とかなんとかで検索してきた方。

お馴染みさんではありませんでした。
残念〜〜







《例豚》 仕方なく 2009年12月10日(木)



ロンドンライフもたいして面白味が感じられず、
前作の週刊ナゾ通信を一気にDL、一気にクリアしたので
これはもう、全部最初っからやるしかない! と
なんかそんな気になったのです。

で、改めて『不思議な町』から、
どうせヒマだから丁寧に、また始めました。

すぐ終わるよな、きっと・・・





疲れているようなので 2009年12月09日(水)



ボウリングから帰るなり、食事もせずに昼寝。

目が覚めたら午後4時でした。
3時間も寝ちゃった・・・のね。

毎日ちゃんと眠れているのに、まだ眠れるってのは
カラダがそれを要求しているということか。

で、姪3号のカテキョの帰り、
遅くまで開いているスーパーに寄って
頂くことはあっても、自分ではなかなか買わないチョコ、
それもお徳用大袋を買ってきた。

疲れているときは、甘いもの。

誰が言ったか知らないが、なかなかいいフレーズですねえ。





やっと、ですね 2009年12月08日(火)



設定番まで、あと数日といったところでしょうか。
結局、ご応募いただいた方たちはみなさん不正解で、
訪問者の少ないこういう場所でやるクイズじゃないな〜と
頭かきつつ反省しまくり。
そのときは他に思いつかなかったし。




先日の、爺バンド忘年会で象徴的な二人について。
一人はめっちゃくちゃヤル気があって、アゲアゲ〜な感じ。
もう一人は後ろ向きで、明日にでも辞めたい雰囲気。

それ見て以来考えていることは、
私ってやっぱり(←やっぱり!)冷たいヤツなんだということです。

ヤル気がある前向きな人は応援したいけど、
気持ちが入っていない人は「もういいよ」と突っ放したい。
まあそんなこと言わないで、って心にもないこと、口にできません。
ていうか、私にはそこまで余裕がない。

この件はしばらく後にまた書くかも。
動きがあったらね。






成長著しい 2009年12月07日(月)



○が丸々と太ってきました。
真上から見ると、楕円にアタマの謎の物体です。

私もますます太ってきました。
家にいるときは、縫うか編むかパソるかDS。

腹周りのドーナツ化現象に拍車がかかります。
ラクして落とす方法を、ネットで検索しなくちゃ!






《例豚》 まとめてDL 2009年12月06日(日)



シーズン1の3部作、通信で配信されたナゾを
一気にDLしちゃいました。

前のって、1週間に1個しかなかったんだね〜〜
で、そのうち「スライド系」を真っ先にやっつけました。
だいたいタイトルから推察するんだけど、
もしかしたら残しているのがあるかもね。
あったら嬉しいなあ。

これは、と思って取り組んだヤツが
くだらんシャレ系だとムッカつきません?





《例豚》 残るは・・・ 2009年12月05日(土)



今日、ストーリーの中のナゾをすべて制覇して
あとはレイトンからの挑戦状を残すのみとなりました。

これがめんどくさい。
特に「お魚観察〜」が、アタマから湯気が出るほどめんどくさい。

誰だ、あんなの考えたやつは。





《例豚》 ナゾ通信 2009年12月04日(金)



簡単すぎませんか?

レイトンからの挑戦状には
ヒラメキ指数99なんてのもあるのに〜〜


マップの中のナゾ、あと3つ探さなくちゃ。
めんどくさいな、全部まわるの・・・





軽い捻挫 2009年12月03日(木)



だ、そうです。
このまま様子をみて、
1週間たっても痛みが引かないようなら
改めて検査をしましょうとのこと。

ときどきピキッと痛むんだけどね、
普通に歩けるし、正座もできるし、階段もOK。
立つときだけ、ちょっと気を使います。
足を前に蹴り出すときが一番痛むかな。

100均で買ってきたサポーターで保護しています。
これがなかなか心地よい。
暖かいので、捻挫が治っても手放せない、
いえ「足放せない」かもしれませんなあ。






膝かっくん 2009年12月02日(水)



ボウリングのリーグの日。

3ゲーム目に入ってまもなく、
投げ終わって、戻るためにターンしたら
左膝にピキ〜〜ン!と痛みが走った。

足が床につくたびにギンギン痛い。
とにかくベンチに座ってなでたりさすったりしながらも、
今日のストレッチが足りなかっただろうかとか、
急に振り向いて戻ったのが悪かっただろうかとか、
このまま足を引きずったまま投げられるだろうかとか、
今日は整形、午前診療だから間に合わないだろうとか、
そりゃもうありとあらゆるマイナス思考が頭をよぎる。

時間がたつにつれて、痛みは軽くなったが、
左足ってのは、右投げの場合、フィニッシュで体重が乗る方。
膝が痛いだなんて、そりゃあ致命的である。

左足をかばいつつ、投げ終わるたびに
曲げたり伸ばしたりマッサージしたり・・・
しているうちに、またビビ〜〜ッと痛み!

こりゃアカン。
ストレッチもマッサージも中止、このまま静かに投げましょう。

残念ながら、やはり午前の診療には間に合わず、
診察してもらうのは明日ということになった。
今は、う〜ん・・・座っている状態から動くとき、
「どう?」と、膝に聞きながら立つようにしている。

最も痛いのが、足をまーっすぐに伸ばしたとき。
膝をふわりと曲げているときは全く痛みがない。
そういたことも、診察のときは伝えなくちゃ。

やだな〜、こうしてあちこち「婆化」していくのね。







シワシワ 2009年12月01日(火)




師走。

さあ、大晦日に向かって、走れ〜〜〜!



ちょっと寝不足です。
今日はT松の池で白鳥を見て
ぼーっとしているうち、つい転寝(←うたたね、と読むらしいぞ)
かえって頭がぼーっとしてしまったのでした。









ほーむぺーぢ 一覧 前の日 次の日 続・ウォッチング