21世紀猫の手日記
DiaryINDEXpast


2020年03月27日(金) あまり茶化すわけにもいかず。

深刻なんだよな。

もう、移動できん。



とはいえ、この”どこにもいけず””どこかへ行って何かすることもできない”

…、大多数の方々は苦痛かもしれない。


しかしだな。ぶっちゃけたところ、最低賃金の人間の生活ってほぼずっと

この状態なんだよな。歯医者とか行ったら、食費以外無くなる。


わたしがそういう生活長いからなぁ。ホントになんにもできませんよ。


つまらないでしょ。



今の会社に勤めて思ったのは、一か月勤めて一か月生活できる。


それ以上の何もない会社って、何の希望も持てないってことだ。


たとえば65まで勤めたとしても再雇用も無いし、今のところは


一回昇給したらそれでもう終わりらしい。

全く何の手当もナシ!!すっきりしすぎである。

技術のある人もやめていくが、所帯のある人もやめていくのだった。


いや、ここ家族持ちつらいだろう……。

高校生の子供を学校行かせるのに補助金もらっていた人もいたそうだ。

この会社では、子供を大学は……公立でもどぅかなぁ……。

イヤ、多分ムリかも。

貧乏人の子供で学歴も持てんという、悪い循環の元になるわな。


日雇い…、そこそこ保険はつくけど一か月単位の日雇いという感じだな。


一年働いて2か月分くらい生活できるお金が溜められるかどうか…。


どうなんだろな。これ、老後苦しくないか?病院かかれないよな。


白内障とか。


このままだと、定年の次の月から求職せんとならんのだよ。

65で就職?掃除のパートしかねぇわ!!けっこう掃除もハードだし。


うーん、再雇用制度のあるところか、もうちょっと働く人の

生活考えてる会社じゃないといられねーなぁと思う。


未来が無いのが辛い。

今までは未来なんか全然考えられなかったけど。

今は考えられるんだ。





zaza9013

My追加