21世紀猫の手日記
DiaryINDEXpast


2020年07月08日(水) バイクであちこち。

バイクって名前だけど実際は原チャリ。


高校1年の頃、夜明けを見に行くのにはまっていた。

逆に言えば、土日にそうでも言わないと家から出て一人になれない。

口実はランニングだった。

走ることなく夜明けを見るんですね。


とにかく家にいるのが苦しい(苦笑)。死んでしまいそうになる。

学校もまた妙な力の入れ方の指導をしていたので、とんでもなく苦しい。

1年生の終わりの頃には友達はできたんですが、それまでが

かなりげんなりする感じだった。


常に肩凝って頭が痛い上に、背中も首も伸びない。

まっすぐ前が見られないくらいのやられっぷりだった。

口に出したり行動に出して死にたいというほどではないものの、

この環境にいたらおかしくなる、つか耐えられない、っていう感じだった。

事件起こすか家出するかのシュミレーションばかりだった。


なんであんなに辛かったのか、…求めるものが全くなかった、

期待しすぎといえばそうなのかもしれない。

でも15、6で人生あきらめるのも良くないしねぇ。

自分で考える前に、ガンガン圧力をかけられて暗い嫌な気持ちで過ごして

いたことは確かだ。考える力は更にこの時期無くなっていったと思う。


で、夜明けを見て心を洗いに行っていた。


…のを思い出して、海に夕日を見に行った。

コロナのおかげか、シーズン前だからか海は空いていた。

ちょっといい感じなので、晴れた日にまた行こうと思う。

1時間くらいで行けるしね。


この、見たいから見に行くという当たり前の行動がとれるように

なるまでが長かった。7、8回は見送った。天候も含めて。


見に行っていいのか?他の人の邪魔になるんじゃないのか?

ガソリン足りるか?自分にその価値はあるのか?時間はあるのか?

調子が悪いときはそれが”存在していていいのか?”から始まるのだ。

買い物一つするのにもそこからだから、信じられないほど消耗するのだ。


厄介だなと思う。






zaza9013

My追加