21世紀猫の手日記
DiaryINDEXpast


2020年11月30日(月) !ルンペルシュティルツィヘン!?

×イチの友達が電話をくれた。


なんでも某区のお寺で、コロナ退散的なお経を教えてもらったんだそうだ。

お経あるからファックスしようか?唱えてみたら利くかもよ?というお話である。



そんなに長くないそうなんで、タイトルだけ教えてもらってネットで調べた。

すぐヒット。

「仏説却温黄神咒経」ぶっせつきゃくうんおんじんじゅきょう


メインで唱えるところは、般若心経のぎゃてーぎゃーてーからラストまでよりちょっと長い位。

解説を読むと、このお経は不空三蔵訳かもなんですね。

なんか、臨済宗で使われているらしい。

アマビエみたいに流行るかどうかはわからない。

けれど、お寺にお参りにいったときに、おみくじみたいな薄い紙に印刷されたのをもらったら嬉しいかもしれないですね。100円で売ってもいいのかも。


内容は、お釈迦様に

「マジで死ぬ病気はやってますよ、どうしたらイイすかね?」

お釈迦様

「病気を起こしてる鬼神の名前言ったら、あいつら悪さできんから、そいつらの名前教えとくね。7匹いて○○、▽▽、…」

超簡単にするとそんな感じです。


それ読んで、おお!ルンペルシュティルツィヘン!と思いました。

ルンペル…ってのは、グリム童話で”俺の名前を言い当てられたら赤ちゃんとるのやめてやるぜ、当てなきゃ連れてくぜ”という悪い小人です。

童話では名前を当てられてしまって、怒りのあまり自分で死ぬんです。自分で自分を引き裂くという斬新な死に方が、ZAZAの心に残った一作でした。

名前を言ったら災難から免れる、みたいな話がお釈迦様の話にもあるんだなーとちょっと感心しました。読んだことのあるお釈迦様の話は、蜘蛛の糸とブッダだけかもしれないけど。






zaza9013

My追加