ささやかな独り言。...琴代 諒

 

 

第41回フリーワンライ企画参加作品 - 2015年03月21日(土)

2015年3月21日Twitterにて開催 第41回フリーワンライ企画参加作品
使用お題 愛してるの数だけ嫌いになるの

「愛してるの数だけ嫌いになるの」

初めて会ったのは秋の頃。着慣れた、でもくたびれていないスーツ姿が新鮮で、密かにどきどきした事を覚えている。
その後一緒に企画を練ったり、書類をチェックしたり、喧嘩したりして、お約束のようにどんどん距離は近づいて、春になる頃、私達は身体を重ねるようになった。身体を重ねるようになって、そうしてまた秋が来る頃私達は一緒に暮らすようになった。

繋いだ手の暖かさにほっとした寒い季節。
愚痴をこぼす私を見つめる、ちょっと呆れたような、でも優しい視線。
笑いのツボが一緒だった、くだらない与太話。
コンビニで傘を買って帰った雨の夕方。
終電を逃して見合わせた苦笑いの顔。
とっておきのワンピースで出かけた喫茶店。
おそろいに変えた携帯電話。
変えてすぐに気づいてもらえたネイルのデザイン。
誕生日にあげたプレゼントと、メッセージカード。

一緒にすごす度、全部全部、好きなところが膨れ上がっていく。彼も、彼と一緒の風景も、もらったものもあげたものも、全部全部。

だけど。
なのに。
今、お気に入りのケーキ屋さんで買ってきたケーキは、箱ごと私の足元で潰れている。雑貨屋さんで一緒に買ったふわふわのスリッパは、箱からあふれたクリームでどろどろだ。おそろいのキーケースに入った家の鍵は、こつんとケーキの箱にぶつかってから、床に落ちた。
私の目の前、彼の趣味を全面的に通して買ったソファの上に、全裸の彼がいる。私の知らない、全裸の女と。

私の大好きな彼と、私の大好きなものや思い出で作られた部屋なのに。
愛してるのに、愛してたのに、どれだけ一緒にすごした日々を思い出しても、愛してるの数だけどんどん嫌いになるの。



...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past