heute

川村【MAIL

My追加

「エミリーへの手紙」2
2010年10月23日(土)

君も夢を追ってください。最高の選択をしてください。自分の選んだ最高の道を進んでいるのだと気づいたときに、平和は訪れるものだから。君の旅は君だけのものです。ほかの人のにとっての栄養は、君にとっては毒となるかもしれない。いつまでも夢を抱き続けてほしい、でも、自分の選んだ道に満足することも大事です。


「エミリーへの手紙」1
2010年10月22日(金)

自分にとって一番大切なものはなにか、いつも考えてください。簡単そうだけど、これが意外と難しい。生きていくうちにはいろいろな問題にぶつかるだろうけど、大した問題ではないことも多いのです。それに気づくのが早ければ早いほど、人生は楽しくなります。




フィギュアスケートエキシビションツアー/鯉のぼり
2007年03月29日(木)

会社から、なみはやドームへ徒歩で直行。フィギュアスケートエキシビションツアーを観に行って来た。

氷の上に席が設けられており、最初は冷えていたが次第に熱気で寒さも忘れていた。生でなければ伝わらない迫力とスピード感があり、氷上でいかに凄いことをしているのかが分かる。ランビエールのフリーのプログラムを見せてくれた事も嬉しかった。デンコワ&スタビスキーにはアイスから出るときに"You're beautiful!"と声をかけたところ、にっこり、アリガトウと反応してくれた。アンコールでも"We love you!"と送ったところ同じように応えてくれた。

フィナーレでも彼らと握手ができた。世界選手権でも握手はできたが、今回は気のせいか、もっとしっかり握ってくれた。プレゼントはランビエールへ渡してしまったため、シモジマで買った鯉のぼりの飾りを手渡した。デンコワもスタビスキーも、手に鯉のぼりを靡かせて退場して行った。今期で引退とも聞いたが、いずれまたアイスショーで会う事ができればと思う。

NHK杯以来のなみはやでのスケート観戦も、思い出になった。


余裕がない
2006年09月07日(木)

ただ睡眠時間が足りなかった。

疲労と、プレッシャー。
今の時点でもすでに多くを犠牲にしている。それでも自分で望んだ事であり、こういう今の状況を作っているのは誰でもない自分の意思である。つまりは、したいことを自由にしているのだ。何を不満に思うことがあるのだろうか。今は犠牲に見えるかもしれないが、将来的に考え、それがすべて悪いものであるとは限らない。





帽子
2005年12月12日(月)

西に向かって自転車で通勤。しかし朝は西の風がものすごく、橋の上では動きがスローモーションになっていた。ようやく渡り切った時には目も鼻もがびがび。今日一日分のカロリーの半分近くは消費してしまった気がした。

2年前の冬の忘れ物が、まだ手元に残ったまま。今思うのは、自分の愚かさ。忘れさせてはくれないのか。ただ、愚かだと見なすのなら、このまま愚かであるままで、残したくはない。少なくとも、愚かだったが今は違うと言う風に、姿は消さずとも変えられることはできるだろう。何とも都合のいい考えではあるが。そうでもしなければ、振り返るだけの運命に終わってしまうから。

No folly to being in love.



BACK   
目次ページ