東京の片隅から
目次きのうあした


2018年10月26日(金) 来年度の話

来年度の学童保育の申請書が配布された。
来年度は今の学童保育室にはまず入れない。
学区にあるもう一つの学童保育室は小学校から家を通り越して向こう側。
どうするかなぁ。
年度途中で退室する可能性も含めて、とりあえず申請してみるか。


2018年10月25日(木) ラストスパート

庭にまだ蚊が出る。


2018年10月24日(水) 年末進行

じわじわと年末進行が始まっている気配。


2018年10月23日(火) スケートアメリカ感想

フィギュアスケートの季節が始まった。
今シーズンからルールなどが大きく変わったのでどういう流れになるのか、たぶんどの選手も今シーズンは試行錯誤。新顔も出てくるし、4年サイクルの中である意味一番楽しいシーズンかもしれない。

男子シングル。
ジャパン・オープンの時はどうなるかと思ったけど、やはりネイサン・チェンは強いわ。そして上手い。動きと動きの間が滑らかですごく簡単そうにふわっと跳ぶ。ステップシークエンスも彼だけ次元が違う。腕の振りが指先まで美しい。元々シニアデビューの時から「バレエ」感が強かったけど、今年はさらに増した。ショートプログラムのコミカルさも今までになかった感じで、今年のプログラムはショートフリーともに好きだなぁ。
ブレジナのショートも良かった。動きの矯めと開放のコントラストがバネのようで、思わず自分の身体が釣られて動いてしまう。
ボロノフは彼自身も見るこちら側も今年は特別なシーズンだろうなぁと・・・。急逝したデニス・テンのプログラム。見るこちら側も彼を思い出して考えてしまうし、それはボロノフも同じだろうと。

女子シングル。
宮原。余談だけど彼女は昨シーズンまでメイクがあまり上手でなくて、衣装と合わせすぎたり濃くなってしまったりしていたんだけど、今年の色をあまり使わないメイク(特に目元)の方が似合うと思う。
坂本も良かった。去年より大人っぽい、でもちょっと背伸びしている感じで微笑ましい。
本田は捻挫のニュースを聞いてからフリーを見ると完走しただけ良かったかなぁと。ショートが良かっただけに勿体ない。いい意味で「媚び」というか愛嬌や華のあるこういうタイプの選手は日本に少ないので、伸びて欲しいなぁと思う。
サモドゥロワ。ロシアの選手だけど、メドベージェワやザギトワとは違う先生なのかな。衣装や振り付けが違う。勢いのある「バーレスク」は彼女にあっていると思う。


2018年10月22日(月) 風邪

このところの気温差などで風邪を引きかけている。
筋肉痛、鼻づまり、喉の痛み。
ビタミン剤で乗り切ろうとしたのだが、やたら眠い。仕事をしていても瞼が下がってくる。
疲れも出ているのだろうと思う。おとなしく風邪薬を飲む。


2018年10月21日(日) 雲海

突然秩父に雲海を見に行くことになり、夜明け前に出かけたが、水蒸気量が足りなかったのか温度差が小さかったのか、ほとんど見えなかった。残念。
山道を走ったので私は車酔い。

昼過ぎに帰宅し、ハロウィンのあれこれを買い出し。

夜、ピニャータを作る。ピニャータとは、要するにくす玉だ。紙吹雪の代わりにお菓子が入っていて、紐を引くのではなくスイカ割りのように叩いて中身を出す。子どもは、去年お友達の家でやって楽しかったらしく、今年は家でもやりたいとのこと。風船やビーチボールを芯にするのが一般的らしいが、ボウルをふたつ合わせてテープで留めたものにし、その上に新聞紙を貼っていく。出来上がったらふたつに割って、切り口をまた留める予定。


2018年10月20日(土) 学校公開

小学校の学校公開週間。
受付当番はPTAプラス一般の保護者からの自主立候補制なのだが、今回当番になったほとんどの人が支援学級の保護者で、普通学級の保護者はほとんどいなかった。そんなものなのかな・・・みんな忙しいんだろうけど、当番の合間に他のお母さんや先生方と雑談できるいい機会だと思うんだけどなぁ。裏話も聞けるぜ?
今日は人手が足りなくて、当番の合間に授業を除くことはできなかった。
高学年になると来るのを嫌がる子も出てくるそうだが、今のところ我が家は拒否されていない。


2018年10月19日(金) 築地と豊洲

市場が築地から豊洲に移転して1週間。
あれこれの騒ぎは聞くが、まぁ引っ越しで予想外の問題が発生するのはどんな引っ越しでも良くある話だ。
それに、水産の方ばかりが記事になり青果の記事が出ないということは、青果部門では問題があまり起きていないのだろうと想像する。

設備が使いづらいとか狭いとかいうけど、それは設計段階からヒアリングの機会があったわけで、そこに移転賛成反対とは別問題として参加しなければならなかったとは思う。完成後にハード面に文句を言っても意味ないんじゃないのかなぁ。駐車スペースだって作業スペースだってなんて誰も守っていなかったわけで、ヒアリングがあった時点で実数を出さなかったほうに責任がある。自分の家の引っ越しをするときだってちゃんと家具が入るか測るよね・・・。

個人的には豊洲に移転してよかったと思う。母の実家は場内で商売をしているので良くない話もいろいろ聞いてる。昔はマグロを引くのに使う鳶口で隅田川の土左衛門も引き上げてたとか(苦笑)実際、場内の路面の悪さ、駅の改札を出るとすぐ判る魚のアラの臭い、路上駐車、積み上げられたトロ箱の山、汚水やタバコのポイ捨てやトイレの衛生問題。古いから仕方ない、ではなく、そもそも市場としては限界だったのではないかと思っている。


2018年10月18日(木) 予約、玉砕

COILのデビュー20周年記念ライヴが急遽決定。場所は渋谷BYG。ゲストは山崎まさよし。チケットは予約開始と同時に送信しても取れなかった。やっぱりなぁという感じ。
ハコが小さいのはいいんだ。山崎がゲストなのも、仲がいいのは知ってるから別にいいんだ。
でも、メインのCOILでのライヴ開催告知と同時にゲスト側でも告知するのは辞めてほしかった。だってファンの数が違うよ?同時告知したら絶対メインよりゲストのファンの方が多くなるだろう。私のように重複しているファンもいるだろうけど、そうじゃない人間もいる、というのは過去のオーガスタキャンプでの苦い思い出。

10年ライブを見ていない、この前の中野サンプラザも行っていない自分は、事務所から見るともうファンじゃないかもしれないけど、それでもデビュー日に20周年なら行ってみようかと思ったわけで、なんだかもやもやする気持ちは晴れなかった。だから愚痴はここだけに書いて終わらせる。
なんだか遺言みたいだな。まだ生きてるし、これからも聴くけど。


2018年10月17日(水) 紅玉

注文していた紅玉りんごが青森から届いた。加工用7kg。数えたら49個。
葉取らずリンゴなので色むらはあるが、食べる分には問題はない。輸送中にぶつかって傷んだものだけとりあえずコンポートにする。残りはぼちぼちジャムなどにする予定。


はる |MAILHomePage