家族進化論 Can Be REAL
Sawmen

banner

2018年02月28日(水) Here Comes My Love

田端でTOEFLを受けた後
見た激震画像

初の医療機関

いつのまにか収まっていく親知らず

芽生えたばかりのパーラメンタリーディベート

半日で現金払いした指輪

サンロイヤルで書いた書類

国公立前期

冴えないバレンタインの後、気づく愛情

半年に渡る実践発表
その後の祭り

そして始めて見る生命の動画

そして、母子手帳



Here Comes My Love.
弥生の月へ



2018年02月27日(火) 春の嵐

物件を見に行く。
春の嵐が来ているけど、光はある。


君という光が私のシナリオ /光 宇多田ヒカル


 蟻のような毎日を過ごしていた僕が少しだけ地べたから上に飛ぶことが出来た
のは、とにかく前に進もうともがいた日々と、かつて「この野郎!!」って思って
いた生徒のおかげでした。

 若い先生の中には生徒から生意気な事を言われ腹が立っている方もいるのでは
ないでしょうか。教師としての威厳の保ち方に悩んでいる人もいるのではないで
しょうか。また仕事が効率的に出来ない、指導の長期的展望を持てないことで不
安になっている先生もいるのではないでしょうか。でも心配しないでください。
今は生意気言っている生徒も、社会人となり自分が文句を言われる立場になった
時、先生が一所懸命やっていたことに意味があることに気がついてくれます。仕
事はもう一度同じ事をやれば今回の失敗が経験となり次はうまくやれます。今は
苦しいかもしれませんが頑張って這い回ってください。

 這い回った経験はこれからの先生がたの教師としての土台を作ってくれます。
そしていつの日か一生の財産となります。今は苦しくても耐えて蟻のように進ん
でください。そうするといつか地べたから浮き上がる日が来ます。必ずです。

 蟻も飛べるようになるんです。信じて毎日少しずつ進んでいってください。


 今週も最後まで読んでいただき感謝!!

久留米大学附設高校中学校
英語科 大藪 良一



2018年02月26日(月) 本番対策

当日は4月中旬並みの暖かさ。
下関の服装を参照。


お金に挫けそうになるけれど
負けたくない。
結納。式。引っ越し。
大きな壁に突っ込め。



2018年02月25日(日) 半年 実践発表

マラウイから半年。
成果は新しい国際理解。
課題は実践の中途半端さ。

でも、ひとつ、またミッションをクリアした。
次は成績処理と鹿児島マラソン。



2018年02月24日(土) 当日

「1000曲をポケットに。」(iPod)
「MacBookAir。世界で最も薄いノートパソコン。」
「ガレージバンド。新しいプロ用音楽ツール。」
「アップルが電話を再発明する。」(iPhone)
「iMac。インターネットの楽しさ。マッキントッシュの使いやすいさ」
「新しいiTuneストア。音楽はすべてDRMフリーだ。」
「iPhone 3G。速度は2倍、価格は半分。」

プレゼンにユーモアを取り入れましょう。まじめなだけの話しは、おもしろくありません。プレゼンを聞いている聴衆は学んだり情報を得たいと思っていますが、それと同じくらい「楽しみたい」と思っています。笑うと感情が揺さぶられ、生き生きとした体験になるのです。



2018年02月23日(金) 伝説のスピーチ 分析【引用】

ポイント1:期待感の演出(スタート〜3分15秒まで)
ポイント2:間(スタート〜3分15秒まで)
ポイント3:数字を効果的に使う(1分26秒)
ポイント4:サプライズ(2分50秒)
ポイント5:ヘッドライン(3分8秒、4分44秒)
ポイント6:ユーモア(3分16秒)
ポイント7:敵を仕立て上げる(3分35秒〜6分11秒まで)

(間)This is a day (間)I’ve been looking forward to for two-and-a-half years.(間)Every once in a while, a revolutionary product comes along (間)that changes everything.

These are not(間)three separate devices, this is one device,(間) and we are calling it(間) iPhone. (間)Today,(間) Apple is going to reinvent(間) the phone,(間) and here it is.

「間」を作ることは、緊張感や期待を演出したり、「重要なことをこれから言いますよ」という合図になります。聴衆も集中して耳を傾けるポイントがわかるので、プレゼンの効果をより高めることができるのです。

■「間」を上手に使うコツ

大事なポイントで数秒間黙ったり、水を飲んだりする
プレゼンに情報を詰めこみすぎない
「沈黙」を恐れない

■iPod発表のプレゼンからの引用
iPodは、5ギガバイトの容量を持ちながら185グラムという超小型・超軽量のミュージックプレイヤー。この数字をそのまま伝えても一般人にはピンとこない・・・そこでジョブズはこれを「1,000曲をポケットに」と表現しました。この一言でユーザーは、iPodが自分にとってどんなメリットをもたらすのかが一発で理解できたのです。

■サプライズ演出法
奇をてらう必要はありません。顧客の体験談を話したりデモを行ったり、業界や製品についての新しい情報を伝えることでも感情を揺さぶる瞬間を演出できます。聞き手の常識と、プレゼンする内容の落差が大きくなるほど効果的です。



2018年02月22日(木) 発表前夜

Passion
Simple
Slow
Story



2018年02月21日(水) 私の言語が消滅する前に

今は、己の内面を高めなおそう。
精神性は、全世界で通用するものだから。


言葉が貧しくなっていた気がする。


小さい頃、言語をバラバラにしたバベルの塔の話を知った。

30年近く立ち、生徒の国公立前期対策指導をしている。



慶応大の過去問に、逆バベルという概念が出てきた。

言語消滅を憂う現代。バベルの塔は今の世界をどう見ているか。



Biblical narrative[edit]

German Late Medieval (c. 1370s) depiction of the construction of the tower.
1 And the whole earth was of one language, and of one speech.
2 And it came to pass, as they journeyed from the east, that they found a plain in the land of Shinar; and they dwelt there.
3 And they said one to another, Go to, let us make brick, and burn them throughly. And they had brick for stone, and slime had they for morter.
4 And they said, Go to, let us build us a city and a tower, whose top may reach unto heaven; and let us make us a name, lest we be scattered abroad upon the face of the whole earth.
5 And the LORD came down to see the city and the tower, which the children of men builded.
6 And the LORD said, Behold, the people is one, and they have all one language; and this they begin to do: and now nothing will be restrained from them, which they have imagined to do.
7 Go to, let us go down, and there confound their language, that they may not understand one another's speech.
8 So the LORD scattered them abroad from thence upon the face of all the earth: and they left off to build the city.

9 Therefore is the name of it called Babel; because the LORD did there confound the language of all the earth: and from thence did the LORD scatter them abroad upon the face of all the earth.
— Genesis 11:1–9[10]



2018年02月20日(火) すこしづつ

前進ごっこ今も 続けながら旅の途中

♪フラワーカンパニー 深夜高速

平静 equanimity

2012年のスローガン。

6年後の今、このスローガンに救われる。



2018年02月19日(月) 努力

血を吐きながら、勉強しよう。



2018年02月18日(日) 入籍

2018年2月18日、入籍。



2018年02月17日(土) 前夜

イライラしてたら、モテないよ。

与次郎前夜。



2018年02月16日(金) 時差

いまがっくりすることは、過去にやったことのせい。
いまよろこんでいるのは、過去にやったことのおかげ。
努力と収穫の間に、時差があるんですね。
がんばっている最中には、実りは目に見えない。

(ほぼ日手帳)

ひとつのことを考えるとき

1そのことの隣になにがあるか?
2そのことのうしろ(過去)にはなにがあったか?
3そのことの逆になにがあるか?
4そのことの向かい側になにがあるか?
5そのことの周囲になにがあるか?
6そのことの裏になにがあるか?
7それを発表したら、どういう声が聞こえてくるか?
8そのことでなにか冗談が言えるか?
9その敵はなにか?
10要するにそれはなにか?

(ほぼ日刊イトイ新聞 何かを考えるための10カ条)



2018年02月15日(木) 変化

ネズミたちは事態を詳しく分析したりしなかった。
彼らにとっては、問題も答えもはっきりしていた。
チーズ・ステーションの状況が変わったのだ。
だから、自分たちも変わることにした

チーズがないままでいるより
迷路に出て探した方が安全だ

Who moved my cheese?



2018年02月14日(水) フィードバック

先生は授業わかりやすいのに、テストが難しい

生徒からのメッセージに反省の反面、やはり信頼関係だと感じる。

ほろ苦バレンタイン。



2018年02月13日(火) 握る手

上手く行かない時は、下に下に根を張る。
金沢のお客様が教えてくださったこと。



2018年02月12日(月) 生徒に戻る 学習者の目線で

☆ 「正しい英語の学び方を習得した英語が好きな生徒であれば最後に加速度的に
成長する」

☆リーディングはリーディングの指導、
リスニングはリスニングの指導、
ライティングはライティングの指導、
スピーキングはスピーキングの指導・・・

こんなことをやっていては、週の英語の授業コマ数が
しっかり教えようと思ったら25コマぐらい必要です。
6コマや7コマでは到底不可能だと思われます。

そうすると融合型の授業をすることになります。

そこに気付ければ、指導者としては1ステップ上がれるのでは
ないかと思いますし、若い頃の自分を批判しながら僕も
皆さんにお話ししようと思っております。



2018年02月11日(日) 生きる意味とは

TOEFLのスコアが下がる。

終わらない矛盾。

これは人生の危機だ。

これを続けていたら、逆にキャリアを縮める。



2018年02月10日(土) ぶっちぎる

♪CHAMP

ぶっちぎる
ぶっちぎる



2018年02月09日(金) 指輪

はめる指が僕によって決められている
そんな意味の指輪さ

♪TRICERATOP GOTHIC RING



2018年02月08日(木) 明確な不安

明確な不安がある。
ならば、走る。15km。
雨なら、カッパ着て走る。
通勤も歩く。



2018年02月07日(水)

現実は一直線でないと禅は教える。
未来も過去もなく、あるのは現在のみ。

SHOE DOG



2018年02月06日(火) SHOE DOG

ふしぎの国のアリスから、引用されていた言葉。


ここでは、同じ場所にいつづけるために、全力で走らなきゃならないのよ。
もし別の場所に行きたいなら、少なくともその2倍は速く走らなきゃ。




ほんとに本を読む時間がない(しかも、それで寝坊した・・・)
矛盾を抱えながら走る。今は不眠不休でも走る。


**************************

手紙を頂いた。

責任を感じる。苦しいけど、その先には何があるか。

**************************



・・・私は走ることが好きだが、馬鹿げているといえば、
これほど馬鹿げていることもないだろう(中略)
目的地は存在しない。少なくともその努力にきちんと報いるものはない。
走る行為そのものがゴールであり、ゴールラインなどない。
それを決めるのは自分自身だ。
走る行為から得られる喜びや見返りは、すべて自分の中に見出されなければならない。
全ては自分の中でそれらをどう形作り、どう自分に納得させるか、なのだ。

SHOE DOGより引用



2018年02月05日(月) 産婦人科 TOEFL

どうやったらこの壁を越えられるのか。

TOEFL 受検

そして初の産婦人科。



2018年02月04日(日) 愛情

情よりも愛が いつまでも 続きますように

Amika 愛情

逃げない。

不安でいっぱいだけど、人生のここが踏ん張りどころ。



2018年02月03日(土) ピースサイン

♪米津玄師

君と未来を盗み出せ!




どんな状況でも言い訳せず、英語力アップにいどめ。

この時期の東京は、あの日以来か。

日本人学校面接から、四年経ちました。



2018年02月02日(金) 孤独でも忍耐

笑いたがる人にはキスを

♪I’ll be

国公立前期、大詰め。

過去問はとっくの昔にやり尽くした。

難問揃いのポラリスシリーズを、どんどん捌いていく。

アマゾンで追加注文。

本気とは、こういうものだ。

自分はどう?

Mr. Myself



2018年02月01日(木) リスクと向き合う

確定情報ではないが、同級生の話。
メジャーリーグで肉体改造して日本球界復帰したが
アキレス腱を痛めているらしい。

シンガポールから帰ってきて。
無駄に意固地になって、無理無駄ムラがある。

これからも人生は続くんだ。
まずは、日本を凌駕できるスタイルを素直に受け入れ
ぶっ壊れないようにしよう。

まだ、海外に行くチャンスはあるんだ。
その時に、力尽きていたらダメ。

同級生には復活してほしい。
そして、自分も壊れるわけにはいかない。

身体中暴れる血の色 RED

2月はじまる。


 ←潜水  目次  未来→


創 [MAIL] [TWITTER]

My追加