空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2019年06月30日(日) 梅雨

トランプも去り静かになった大阪です。

G20の夕食会で大阪の里山をテーマにした料理が
振る舞われたそうですがその里山近くに住んでる私です。

乾杯に使われた秋鹿酒造はほぼ家族経営みたいな
小さな小さな酒蔵で酒米作りから自分で行っているので
製造量も少なく近隣のごく少ないお店でしか
店頭販売されていないのですが
まぁ最近あまりお酒を飲まない私ですが
美味しいなぁと思っているのでお正月とか特別な時に飲んで
あとは冬の酒粕を楽しみにしているのですが
こうなるとおそらくなかなか手に入らなくなるでしょうね。

とはいえ、近所なんで酒蔵に直接買いに行けるんですけど。
ま、もうほとんど飲みませんけど。


梅雨入りとともになぜか今頃夏風邪をひいてしまいました。
喉がずっと痛いです。
なので今週はおとなしく家にいます。
家でどんどん溜まっている録画を見ています。

先週から始まった「聖☆おにいさん」のドラマ。
面白過ぎるわー。
二人とも大好きだし二人ともピッタリだわ。
っで、見ていて「あれ?そろそろCMのはずなのにないなぁ」
とついテレ東(こっちではテレビ大阪ですが)の気持ちで
見てしまうのは福田雄一監督だからでしょうな。
NHKがこれするってすごいよね。
先週なんか商品名普通に言ってましたからね。

え?今クレジット見て気付いたけど
制作統括 山田孝之って。
もー、ほんと最近NHKがテレ東化してるよね。


「きのう何食べた?」最終回。
っていうか、テレビ大阪では明日の晩なんですけど
もう我慢できなくてTVerで見ちゃいましたよ。
テレ東系のこういうゆったりしたドラマ好きなんだよなぁ。
週末って感じがする。
(って史郎さん風に言ってみる)
何度も言うがテレビ大阪は月曜から火曜にかけての深夜放送。
録画しといて週末に観るのが楽しみ。
西島さん、エプロン姿の某電機メーカーのCMやってなかったら
たぶんなかっただろうな。
二人ともすごくよかった。ずっと見ていたかった。

私が同性を愛する気持ちがわからないように
彼らは異性を愛をする気持ちがわからないだけなんだ。
それだけのことだ。
違う価値観を共有しようとするのはたぶん不可能だけど
認め合うべきだし、否定するのは絶対間違ってる。
マイノリティだけが苦しむのはおかしいなぁと
素直に理解できるいいドラマだった。
どちらも人を愛する優しい気持ちを持ってることは同じだから。
人を愛せる幸せな気持ちをもった人だから。

動物としての種を維持しようとする原理が
そこはタブーとさせるのだと思うけれど
せめて苦しみは「種を残せない」ということだけに
とどめられる世の中になったらいいな。
異性を愛したって種を残せない苦しみはあるから
劣等感だけは仕方ないけど偏見はなくていいと思う。


ところで「いだてん」第1部が終了しました。
最後2話くらいもう神回だった。
関東大震災をあんなにリアルに表現したのは
やっぱりクドカンの体験だろうなぁ。
関東大震災で余震のこととか取り上げたドラマ、今までないもの。
現場の気持ちとかリアルだった。

阪神淡路大震災のあと災害のドラマを見て
どれも「そうじゃないねんけどなぁ」というものが
多かったけれど、東日本大震災の後から
そこがものすごくしっくりくるものが多くなった。
百聞は一見に如かず。
作り手が体験しただけでこんなに変わるものだな。

チンドン屋さんに浜田真理子さんが紛れていた。
あのシーンも現役ミュージシャンがやってるから良かったと思う。
災害の後、ミュージシャンの人たちは
「音楽なんて腹の足しにならない」と思う人も多いけど
笑い忘れた人たちが口角を上げるきっかけをくれるのは
やっぱり音楽だったり笑いだったり娯楽なんだと思う。

その「きっかけ」が災害後は自分でなかなか作れない。
笑おうとしても笑えない。
むしろふいに笑わせられる、泣かされることで
心の窓がパーッと開いて切り替えられるものだと思う。

人々の間を縫うように楽団が笑顔を生みながら抜けていく様子は
滞った心の密室の窓を開けて一筋の風が抜けるような
そんな景色に見える印象的なシーンでした。
そこには普段音楽で人の心を動かしてきた人が
実際に演じてそれに反応する人が映っていることが
とても重要だったと思います。


さぁ、第二部に阿部サダヲくんの活躍が楽しみです。
小泉さんはまだまだ出てきてくれるのでしょうか。
地方の我々にとってはああやって時々見せてくれる姿が
とてもとても救いです。
舞台で来てくれても本当にチケットが取れないし。
また時々テレビも出ていただきたいです。

あぁ、雨が強くなってきた。


2019年06月28日(金) G20

G20サミットin大阪

商業の街大阪がすっからかんになるくらい
主要道路通行止め。
府立の高校など通行止めエリアから通学する
学校は休みだし、サミット会場近くの会社は
やむなく強制的に有休とらせたりとか。

会場は大阪市内で関西空港からゲストが来るとのことで
北摂地域の私と私の勤める会社は
そんなに影響ないよねと安心していたのですが
近くに伊丹空港がありまして
まぁ今は国際空港でもないし大丈夫だろうと思ってたら
昨日からそれはそれは物々しい雰囲気。
「これはおかしいぞ、なんかあるぞ」と
Twitterで#伊丹空港と検索したら
なんとトランプ大統領が伊丹入りするとの情報!

午前中に安倍首相が伊丹に到着。
引き続きTwitterをチェックしていると
飛行機マニアの人々がとても面白い。

まず日本の政府専用機。
予備機と本機の2機が必ずあるとのことで
確かに2機到着しておりました。
(Twitterに投稿された写真の数々)

そして午後からはエアフォースワン。
レーダーにかからないらしく
「多分この辺が開いてるのでこのあたりっぽい」と
予測する方もいらっしゃる。すごい。
到着予測も。これまたばっちり当たってたりする。
すごいなぁ。
こういうのがわかると楽しいんだろうなぁ。
エアフォースワンとは大統領が乗ってる機のことを言うんだって。
同じ機体がもちろん予備機で到着してるんだけど
それは見た目は同じでもエアフォースワンとは呼ばないんだって。
いろいろ勉強になったわ。

ちょっとマニアの人の気持ちがわかる1日でした。


それにしても近隣は大変ですよ。
私の会社に来てくれる郵便屋さんとか運送屋さんは
みんなもうヘトヘトでしたよ。
空港に近いのでセンターも空港近く。
ものすごい物々しい警戒線を突破してくるわけですよ。
荷物とか郵便とかがセンターに届かない。
検問渋滞で。
郵便配達のおじさんなんか
「今日は郵便が局に届くのが遅くなるからって
出勤1時間遅くなったんですよ。」って。
そのぶん夜まで配達してるんだろうなぁ。
この暑い時期本当に気の毒でした。

プレミアムフライデーに
「無駄に外出するな」な大阪ですからね。
まだあと2日続きますよ。
明日エアフォースワンを観に近くの河原に行ってみよっかな。
あ、車で行けないんだった・・・。

あともう一つ。
通常夜間離発着しないはずの伊丹空港。
この1週間くらい無法地帯でアメリカの軍事輸送機とか
(トランプの車を運んでたらしい)
偵察機とかガンガン飛んでます。
いいのか?これ。
何の予告もなしですよ、当然。
トランプ来るの知らされてないわけですから。

結局政府の都合で極秘に物事を進めるのはOKってことですね。


2019年06月16日(日) 愛知の旅

春から念願だった日本モンキーセンターへ。
猿しかいないが(猿以外もほんの少しふれあいコーナーにいるけど)
日本で一番猿の種類が多いモンキーセンター。

そもそもTwitterでここのヒヒのエサやりの動画を見て
猿好きの私にこんなにもうってつけな場所があったのかと
それから興味をもって見ていたのですが
Twitterの更新力と発信力とアピール力、
そしてとにかくお金がないのにそれを
自分たちでなんとか知恵を出してやってるところが
とても応猿(ここではこう変換する)したくなるセンターなのです。
たぶん頭がいいんだと思う、ここの人たち。
類人猿といえば京大。京大と連携してるし。
考えることがちゃんと建設的で場当たり的でないところがいい。

待ちきれなくてやっぱり開園前についてしまった。
私の目的はシロテテナガザルとチベットモンキーとゴリラ。
当日発表される飼育員さんによる「今日のスポットガイド」は
私の大好きなチベットモンキーのザルバ様がいるアジア館だ!
ついてるぞ!
テナガザルは別途当日申し込みのツアーがあることは
事前にチェック済みだ。
ゴリラはお食事タイムがちゃんと設定されている。
これですべてガイド付きで見学できるじゃないか!

そしてもう1匹アジア館に、アカゲザルのローレライという
怒った顔がものすごく怖いと有名なおばあさん猿がいて
怖い怖いと怖い顔ばかりTwitterで見ていたので
気になっていたのですが飼育員さんがエサをやりながら
説明をしてくれているのを見たらしぐさがとってもかわいい。
おばあさんだからちょっとゆっくりだし小さいし。
会って観ないとわからないなぁと、マーチンと同じく
心をわしづかみされてしまいました。

もちろんチベットモンキーのザルバ様は
どれだけ観ても飽きないくらいふてぶてしいかわいらしさで
飼育員さんが私がザルバー(ザルバファンのこと)だとわかって
ザルバの苦手なゴーヤーにシャー!!と反応するところや
ヤングコーンを食べるところを見せてくれました。
いやー、ほんとにこの日に行ってよかった。
飼育員さんとっても親切だった。

実はこのモンキーセンターは寄付に頼っている部分も大きく
私もグッズを買ったりクラウドファンディングに参加したり
「行けない分」の応援、いや応猿をしてきたのですが
やっぱりこの状況を見るとなるべく継続して応猿したいと思えた。
ちゃんと行ってよかったと思う。

自分に子供がいないので少しは何かしたいと
某マンスリーサポートとかもやってるのだけど
やっぱり子供がいないのに子供に何かするというのが
実感としてちょっとピンと来ていない部分があった。
重ね合わせる部分がちっともないからだと思う。
でもあれはあれで細々と続けようと思うけど
モンキーセンターは好きなお猿さんのためなので
なんかちょっと気持ちの入り方が違うのがわかる。
そのためにもちゃんと自分がどんな所を応猿しているのか
実際に観ることは大切なことだなと思った。
そしてそれをちゃんと発信してもらえているので
こちらにも伝わりやすい。


それにしても本当に猿が好きな人にはあんなに楽しい場所はない。
モンキーセンターのゴリラのタロウさんは40代。
シャバーニと違ってずいぶん大人なのでゆったりと落ち着いていて
とても優しい雰囲気のゴリラ。
お食事タイムも一番最後の一人になるまで30分以上見てしまった。
食べ方がとても美しい。
ほとんどこぼしたりしないしキャベツとか30回くらい噛んでる。
忙しさを理由に早食いの悪い癖がついている自分が恥ずかしい。
ゆったりと食べることの美しさをゴリラに教えてもらった。

今回もまた上野と同じくスマホにすべて助けてもらって
難なく東山、犬山へたどり着くことができた。
そして無事に家に帰ってきた。
愛知は近いなぁ。新幹線で1時間。


っと、楽しいことをしているときは疲れないのだが
翌週のキツかったこと。
土日ばっちり遊んじゃったからなぁ。
おかげでちょっとダウンして今週はおとなしく家で休養。
やっぱりまだ術後1ヶ月では早かったなぁ。

とりあえず目的は達成したししばらくおとなしくしておこうと
思っていた矢先、ローレライの訃報が飛び込んできた。
私の行った1週間後のことだった。
あぁ、ローレライ。
今回の旅、なぜか「今行かなければ何か後悔するかもしれない」
という気持ちが不意にわいてきてせかされる様に前日に決めた
強行スケジュールだったのだけどあれはきっと
ローレライのことだったんだ。

あの時は全然普通に他の猿たちと一緒に
エサを食べていたのに。
アジア館のガイドの日じゃなかったら
あのかわいい子がローレライだったことも確認できなかったろうし
ずっとローレライは怖いばあさんだと思ったままだったろう。

こういうことが、結構よく起こる。
「今これをしないと」と何かすごく焦りが湧いてくるとき。
大抵こういうことが先で待っている。

ちょっと無理したけどがんばって行ってよかったな。
ローレライ、呼んでくれてありがとうね。
安らかにおやすみください。
子供たちのことちゃんと応猿するからね。


2019年06月15日(土) 愛知の旅

もうGWから1ヶ月以上経ってしまった。
いつもなら仕事もちょっと落ち着いてる時期なのだけど
今年は業務用のソフトの大幅刷新があり
その運用をソフト会社に任せる費用を会社がケチったせいで
あれこれ不都合が出てそのすり合わせをする人もおらず
ずっと無駄にたくさん仕事をしている。

おかげで仕事と日常的な家事をするだけで
いっぱいいっぱいで週末にはクタクタという日々。

そんな中、3月ごろからずっと続いていた私の中の
「日本モンキーセンター行きたい」熱が
今月になってなぜか最高潮に達してしまい
「ま、一泊で行けば家事もしないでいいんだし
動物園は5時に閉まるんだからご飯食べてホテルで
ゆっくり寝れるじゃないか」とか楽天的なことを考え
決行してしまいました。月初の週末に。

土曜日に東山動植物園、日曜日に日本モンキーセンターへ。
前日に急遽ホテルをとったので不安だったけど
(いや、すべてを自分で手配する一人旅なんて初めてで)
ホテルも想像以上に快適だったし場所も価格もすごくよかった。

東山は10年以上前に一度行ったことがあるのだけど
その時も広さにびっくりして
「今日は植物園までは回れないから次回ね」と
動物園だけを回ったのだけど今回もやっぱり
植物園にはたどり着けなかった。きっと一生たどり着けない。
だって充実しすぎてるんですもの、動物園が。
動物の種類もものすごく多いし
個性的なキャラクターの動物たちが多すぎて
1つの動物の前で1時間とかあっという間に過ぎてしまう。

マレーグマのマーチンがSNSで見るだけでもかわいかったけど
実物はその何倍もかわいくて
場所的にも園の真ん中あたりだったので
コアラ→マーチン→チンパンジー→マーチン→ミニカバ
→マーチン→ゴリラ→マーチンと言った感じで
常にマーチンを間に挟んで観察してしまった。

それにしてもゴリラ舎とチンパン舎の見ごたえがすごい。
そして愛知県民のシャバーニ愛がすごい。
シャバーニとはゴリラのお父さん。
目力もすごいしかっこいい。
ゴリラ好きじゃなくてもかっこいいとわかると思う。
常にゴリラ舎は大勢のお客さんでいっぱいだった。

コアラの赤ちゃんもチンパンジーの双子の赤ちゃんも
ずーっと見ていても飽きないくらいかわいかった。
開園から閉園までみっちり満喫してホテルに入りました。

ホテルは素泊まり3800円というものすごい価格設定
にもかかわらず清潔で静かでとても快適だった。
たぶん立地が名古屋から離れた住宅街だったからだと思う。
当たりだった。

翌日は念願のモンキーセンターへ。
長くなるので続きは明日に。


安藤みかげ |MAIL

My追加