空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2018年08月29日(水) 地震とお好み焼き

昨日もまた余震があった。
この前の北大阪地震と同じあたり。
ちょうどお好み焼きを焼いているところで
ジュージューいってて
換気扇もブンブンいってて
テレビもワイワイいってたので
地震のガタガタいう音が全然聞こえなくて
揺れで「あぁ、地震だ」とわかった。

音が聞こえないと怖さの7割くらいが軽減されるのだ!
あの遠くから、自分の家から、聞こえてくる
ガタガタという音が一番恐怖を誘うのだとわかる。
耳を塞いでると電車に乗ってるような気分なのだ。

けれどあの音の加減で
「まだもっと続くな」とか
「もっと大きくなるな」とかがわかるので
すぐにガスレンジを消さなきゃ!と思い立たず
揺れ終わってから「あぁ、お好み焼き焼いてたんだった」と
慌ててスイッチを切った。
怖さがないと呑気なもんだ。

怖さを遠ざけたいけれど身を守るためには
耳をすましていないといけない。
つらいところだ。

大抵、この辺で地震があると環太平洋のどこかで
その直近に大きな地震がある。
今日も南太平洋でM7の地震があった。
あっちのひずみがこっちに・・・という感じに。


ところでお好み焼きである。
関西人とは切っても切れない定番料理。
昔はだしと小麦粉で作っていたが
最近はお好み焼粉という便利なものがある。

いろんなメーカーから出ているが
私が近年愛用しているのは
オーマイ(日本製粉)の「本場大阪お好み焼き粉」という商品。
これ私は近くのコープこうべで買うのですが
ダイエーとかイオンとかで見かけない。
もう少しリッチで美味しいのが同じオーマイの
「極ふわりお好み焼き粉」というやつだが
これは私のよく行くコープこうべでも少し前まで
売ってたのだが高くて売れないからか棚から外されてしまった。

何が美味しいのかというと難しいのだけれど
味付けが好きなのだと思う。
大阪らしい厚ぼったい味である。
(広島風の軽い感じとは違う)


ところでお好み焼きの店舗は
大阪も兵庫も京都も同じくらいの比率で
存在するように思うのだけど
たこ焼きに関していえば
圧倒的に大阪に密集していると思う。

兵庫・京都は店舗として構えている店がほとんどだが
大阪はとにかく屋台が多い。
商店街の空き店舗の前とか
ちょっとしたスペースに屋台が立つ。
あっちにもこっちにも狭い間隔に屋台が出ていて
みんな好みのお店で買うようになっている。
この密度は兵庫県ではあまり見かけない。

あの屋台をやってるおばちゃんは
何処から来て何処へ帰るのか。
お祭りなどにいるテキ屋っぽい人ではなく
明らかに近所のおばちゃんがやっている。

そういえば大阪に住んでいたときは
キムチを売る人も多くて
家の軒先で売っているところも多かった。
普通の家に「キムチあります」と張り紙がしてある。
キムチだけではなく時にはナムルとか
チヂミなども売っていた。
どこでも、売れるものさえあれば商売にする大阪らしい。

たこ焼きもその延長だろうか。
場所代とかそういうルールはどうなってるんだろうとか
そういうことは考えないことにしよう。




2018年08月26日(日) 針仕事

ずっとお気に入りで20年近く夏になると着ているシャツがある。
着れば着るほど味が出るみたいなアロハ的なやつ。

ついに襟が擦り切れてきてしまった。

お裁縫が全く苦手なズボラ人間の私。
大抵の服はダメになったら古布としてお掃除に使うくらいしか
能のない使い方をしていますが、時々
「どうしてもこれはまだ着続けたい」くらい
気に入って何十年も着ている服が結構ある。

実は以前はおばあちゃんという強い味方がいた。
おばあちゃんは子供のころから裁縫が大好きで
戦後の大変な時期も針と糸でなんとか食いつないで
老後も趣味としてずっと着物を服にリメイクしていた人。

私が「これなんとかならない?」と持っていくと
「ちょっと預かるね」と言って
何日かすると見事に蘇らせてくれていた。

残念ながらその祖母も他界してしまった。
こうなったら自分で何とかするしかない。
前にシャツがこうなった時に
襟を裏表ひっくり返して付け直してくれたっけ。

丁寧に縫い目をほどく。
我が家にはミシンがないので細かい細かい目で縫っていく。
時間の流れが急にゆっくりになるのを感じる。

そういえば家でこういうことを時間をかけてじっくりしたのって
手術後の自宅療養以来だな。
もう2年以上、バタバタと駆け足で大雑把な生活がまたぶり返してきてる。

反省してこの頃サボっていたお掃除や庭の草取りをする。
暑さにかまけてすっかり散らかった家の中。

秋になって気候が良くなったら良くなったで
また出かけてばかりになるのだ。

おばあちゃんが日当たりのいい部屋で
いつもゆっくりゆっくり針仕事を楽しそうにしていた横で
その時間の流れを楽しむようにゴロゴロとしていた
子供の頃を思い出す。

あれでいいんだ。
何もかもやりすぎようとするなと
夏休みの終わりに教えられたような気持になる。


2018年08月25日(土) 作り置き

去年の11月から通い始めた料理教室も
もうあと2回。
月1回の魚料理の教室。

面白いし勉強になるけれども
こういうのは習った後すぐに復習しないと身につかない。
土曜に習って日曜に作ればいいのだけど
同じ魚があるわけでもない。

魚はそれぞれに骨格が違うからおろし方が違う。
他の魚で代用というわけにいかないのである。

平日の夜にスーパーに行っても当然思う魚は売ってない。
しまったな、これはもうちょっと引退してから
習うべきコースだったか?と思うが
そんな先延ばしにしたらそれまでの10年以上の食生活が
乏しいものになってしまうではないか。

そんな葛藤をかかえつつ次のシーズンの申し込みが始まった。
教室でも別のクラスに通ってほしいので積極的に宣伝する。

通うのも面倒だし大抵の料理は調べながら作れるので
別に続けなくてもいいのだけど
もう何年かすればおそらく親の介護だなんだと
時間が取れなくなるだろうし
こんなことをできるのも今だけだなと思って
次の申し込みをした。
それは「作り置きおかずのコース」
本見たらいっぱいあるじゃんと思うが
結局作らないと覚えないし
私の通うベターホーム料理教室は
いろいろなテクニックを説明で教えてくれるので面白い。
今の自分には一番このテクニックが必要だし
何より料理を教わることはとても楽しい。
思い切って申し込みました。
今度は週末に即実践するぞ。

週末の作り置きと言えば、かぼちゃのスープ。
これを作るのに今までずっと400佞靴入らない
小さなフードプロセッサーをずっと使っていた。
これは22年前に嫁入り道具として買ったもの。
よくまぁ今まで壊れずに頑張ってくれたと思うが
用途として作り置きおかずに使うことが多いので
スープを鍋一杯作るとこの容量では何度も移し替えをして
とても効率が悪かったのです。

そんな時、よく行くお店で大容量の容器もある
ブレンダーがセールに出てました。
ずっと5年くらい買おうか迷っていたブレンダー。
いま、このタイミングが買い時だ!と思い
思い切って買いました!

この秋からのテーマは「作り置きおかずを極める」です。

調子に乗ってさっそくミートソース作り置きしました。


2018年08月19日(日) お盆

お盆休みはお墓参りして
旦那さんはお盆休みがないので
あとは一人であちこちウロウロ。

お墓参りに行くたび
「今年も無事にお墓参りできてよかったね」と話す。
旦那さんのほうのお墓は滋賀なので
ちょっと気合い入れて車を走らせる。
だから健康でないと行けない。
お墓参りに行ける=健康でいられる
というわけです。

アレサ・フランクリンが亡くなった。
私の中のアレサはブルース・ブラザーズのイメージ。
久しぶりに映画を観ようか。

そして和歌山アドベンチャーワールドにパンダの赤ちゃん誕生。
お盆に生まれた子。
ただでさえパンダは未熟児で生まれるのにさらに超未熟児。
1日1日公式HPに報告が載せられる。
1日1日が勝負の24時間体制で保育中。
スタッフの人々の気を抜けない日々を想うと
毎日の報告の度に涙が出そうになる。
今日は5日齢。徐々に体重が増えている。
でもまだまだ他のパンダの出生時体重には足りない。
チビちゃん、どうかどうかスクスクと育ってください。

ここ2〜3日、秋のように爽やかなカラッとした日々。
ちょっと切ないような気持になるけど
また今週は台風で蒸し暑さにノックアウトされるのだろうから
今のうちにとたくさんおかずの作り置き。
かぼちゃのスープの素をたくさん作る。
かぼちゃを電子レンジで柔らかくして
玉ねぎの炒めたのとトマト(これが隠し味でありおだし)と
トロトロになるまで煮てお塩を入れミキサーにかけたのを
小分けにして冷凍保存。
コンソメとか使わなくてもトマトがいい仕事してくれる。
朝食に少し牛乳を入れて(ほんとに少し)レンジでチン。
毎朝のパワーの素


2018年08月04日(土) 保証

今年はよく物が壊れた。

家が壊れるとそのたびに見積もりだ修理だと
家にいなければならない。
普段どれだけ家にいないのかということが
こういうスケジュール調整に苦しむときにわかる。

どうにかこうにか最後のトイレ工事が今日終了しました。

トイレの工事が終わってから
工務店の人が
「ウォシュレットは、メーカー無料保証が1年で
2500円払うと5年保証になりますよ」
と教えてくれた。

この前の洗濯機は結局、
1年メーカー保証+ヤマダ電機無料保証4年=5年保証
のおかげで無償で修理してもらえた。
買うときにお店の人が
洗濯機の耐用年数は7年くらいだけど
5年くらいからだいたい壊れるということを
教えてくれてて、そのありがたみが今回よくわかった。

まだ地震がくるかもしれないからウォシュレットの5年保証も
すぐに申し込んだ。
保証って今まで「使わないだろう」と思ってたけど
思いのほかとても助かる制度。
機械ものは便利な機能がついていればついてるほど
壊れる箇所も多い。

今回の災害でまた物の価値観がちょっと変わった。


安藤みかげ |MAIL

My追加