空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2018年07月29日(日) 余韻

地震→豪雨→トイレ故障→そして洗濯機故障しました。
もし占い師が見たら「水難の相が出ておるぞ」と言われそう。

洗濯機、4年前に買ったのに。
引越しとかすると壊れやすいっていうけど
やっぱり地震のせいかなぁ。
一応ヤマダ無料保証期間なので
明日業者がきます。
保証内でなおるのかなぁ。

そんなこんなで半休使いまくりです。
これが災害だよねぇ。
暇な時期でよかった。
っていうか、展示会とか広島岡山なので
いっぱいキャンセルに。



さて、夏ドラマが始まりました。
今のところ見続けてるのは
「義母と娘のブルース」
「グッドバイ」
これって全国で夏ドラマなのかな?
テレビ大阪だけかな?あ、BSジャパンでやってるかな?
「高嶺の花」は録画してる割にどうも見る気にならない。
喋り方が横柄な人ってすきじゃないからかな。
そういう役だから仕方ないけど。

そして一番いいなぁって思ってるのは
「透明なゆりかご」
自分と一番遠い内容だけど見ごたえ感がすごい。
「この世界の片隅に」もね。
ぴったりだよね、キャスティング。
朝ドラメンバー過ぎるのが笑っちゃうけど。

「ゼロ」は好みじゃないかと思ったけど意外と見入っちゃう。
あと関西では今日から始まる
「トーキョー・エイリアン・ブラザーズ」は
鉄コン筋クリート映画のマイケルアリアス監督が半分なので
すごく期待!
「チア・ダン」は土屋太鳳ちゃんがかわいいのでなんか見てる。

新しく買ったHDDレコーダーにおまかせ機能があって
新ドラマは一通り録画してくれる。
あとキーワード予約も。
「パンダ」でおまかせすると
「レッサーパンダ」とかも録画される。
アンパンマンがちょくちょく録画されてる。
「クリームパンダ」ってキャラがいるらしい。
(アンパンマンは絵本でしか知らない世代なので・・・)
パンダと言えば和歌山アドベンチャーワールドの
お母さんパンダが産休に入ったそう。
パンダは妊娠がわかりにくいらしいので
生まれるかどうかはまだわからないけど
うまくいくと8月中旬から下旬に生まれるとか。
わー、和歌山行っちゃうわぁ。


このところ余震も多いし、とにかく災害の余韻で
なにかといそがしくパンダだけが唯一ほっとさせてくれる。
そういうよりどころがあってよかった。



2018年07月15日(日) 断水後の水道

先週気づいたのですがトイレの床が濡れていて
あれ?っと思ったら便座と便器の間から水が漏れてる。
もしやウォシュレット壊れた?

仕方なくTOTOのメンテナンスの業者に観てもらうと
もう古いので部品もないし便器とウォシュレットが一体型で
ウォシュレットの後継品がないので合うウォシュレットがなく
便器も丸ごと替えるしかないと言われました。

たしかにもう20年くらい経ってるし
壊れる時期かな?と納得して新しくする手配をしてた矢先
Twitterで見つけたのですが
断水した後に水が濁ったり空気が入ってる水道管の状態で
最初にトイレの水を流すとトイレが壊れるとのこと!

本当はひねるタイプの蛇口(1本のバーのはダメ)で
給湯器もついてない一番シンプルに水道管から繋がってるような
タイプの水道をゆっくり開いてボコボコと空気が出なくなったら
水が透明になるまで5分ほど流しっぱなしにしないといけないらしい。
空気の圧とか汚れた水で機器が壊れるそう。
それでウォシュレットがやたら壊れる事態が頻発してるとか。

わー、これまんまウチじゃないか。

どおりでTOTOの人「これはもう直りません」って軽く言うはず。

このツイートは結局ものすごく拡散されたらしいけど
機器メーカーとか水道局が発信するべきじゃなかったのか?
寒い日に水道の凍結とかはあんなに発信するのに。
テレビとかでももっとやってほしい。

ウォシュレットだけだったらそんなに高くなかったけど
便器ごとなので我が家は相当なダメージです。
これ火災保険使えるかなぁ・・・。


2018年07月08日(日) 大雨

つい先月地震でワチャワチャしてたのに
今月は大雨です。

私のところも震度5弱だったところに
崖や山やダムや氾濫する川やと
不安要素いっぱいの街なのでドキドキ。

家の5軒先から避難勧告が出てるのですが
(土砂災害警戒区域だけ避難勧告)
5軒の差で安全って言える?
そんなわけで深層崩壊しないことを祈りつつ
でも会社も近所が避難勧告出てるし
「もうどこにいても一緒だな、これ」
と避難勧告エリアでないということを信じて
仕事に行ったり家で寝たり。

6日は朝に奇跡的に運休していない区間に
自宅と職場があったのでとりあえず出勤するも
「これ、雨降り続いたら電車止まるかもな」と
思えるような、線路沿いの崖からの水の流れ出し方だったので
お昼に鉄道会社のHPを見いたら
「13:30から全線運休します」だって!!
それを見たのが12:30。
他の人はみんな出張中で自分一人だったのだけど
これ、ここに泊まるのも無理だしなぁと
「もう帰ります!」と決断。
上司に電話してダッシュで最終電車を目指します。
もう改札も閉鎖されてて
「〇〇駅まで行きますか?」って駅員さんに叫ぶと
「急いで!」と改札を開けてくれました。

どうにかこうにか最終の電車に飛び乗れましたが
川の横を通った時に社内にどよめきが出るほど
氾濫寸前までの水位で、崖のそばを通るときは
徐行してるんだけど、もう川のように水が流れ出てて
生きた心地がしませんでした。

10年この町に住んでますが
雨で電車が止まったのは初めてです。

1週間雨が続いて日曜日の今日
やっとお日様が!!!!
あぁ、お日様ってこんなにまぶしかったっけ?

洗濯するぞ!!


金曜日に
「すいません、今日は高速道路も止まってるし出荷できません。」
とお断りした得意先の岐阜や岡山や広島や高知や愛媛のみなさんが
「そっち、そんなにすごいの?仕方ないね」
と言っていたのに今では立場逆転。
どうか明日電話したらみなさん元気に電話に出てくれますように。


2018年07月01日(日) ピストルズの威力

はい、今週も映画です。
「パンク侍、斬られて候」です。

キャストとクドカン脚本を目的に観に行きました。
石井岳龍監督って石井聰亙監督だったの!?知らんかった。

帰ってから気付いて納得だったわぁ。
あのキャスティングとか。
あの時代のかっこよかった人たちが
そのまま今もかっこよくキャスティングされてる。
渋川清彦をあんなふうにかっこよく
絶妙の息遣いで撮れるのはあの人だよなぁ。

あのお猿があの人だったと予告編で知ってたのに
忘れてみていて最後にあぁ!!と膝を叩きました。
セリフはクドカンらしいやつです。
原作を読んでないので
どこまでが原作の流れなのかわからないけど
とにかく最後の「アナーキー・イン・ザ・UK」を
かけちゃえば「すべてよし」になってしまう。
ピストルズの説得力だよなぁと苦笑い。

美術とか映像とかメイクとか美しいなと思う。
石井監督らしいなぁ。


そのくらいだなぁ。
もうクドカン慣れしすぎて、あまり笑えない自分が残念。
でもキャスティングはすごくよかった。
ピッタリすぎるくらいピッタリ。
若い人もベテランもすべて。豪華だった。
あと衣装の家紋がカメムシとかゲジゲジとか
人が嫌がりそうな虫ばっかりなのが面白かった。


ところで今日の12:15から尼崎で見たのですが
途中で座席がぐらぐら揺れはじめ
「あれ?これ人が揺らす感じじゃないな」と思ったら
地震だった。
あんなもんで済んでよかったけど。


予告で「食べる女」。早く見たい。


安藤みかげ |MAIL

My追加