空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2016年12月29日(木) 仕事納め

仕事納めです。

今年は全然声が出ないわ、首は回んないわからスタートし
よくここまでリカバーしたと思います。
そしてよく休みもせず頑張って出勤した。
恐る恐る暮らした1年だった。

実際やっぱりなんとなく他人の体のように
調子が以前と全然違うので
ものすごくお酒が弱くなってたり
急激に寒くなったりいろいろ調整がまだよくわからない。

だけどどうにかこうにか1年。


この1年に思ったこと。
慎ましく生きるっていいな。
10代20代のころは自己主張が強くて
目立つことばかりやってたので
いいことも悪いこともものすごい衝撃でやってきた。

30代でぶち当たりすぎてちょっと反省し
今度は密やかにしたたかに生きることにしたが
それはそれでいいと思っていたけれど
無理がたたって体にきた。

そして今となっては
体も心もちゃんとコントロールしながら
やれる範囲で生きることにしたら
ものすごい衝撃の「いいこと」もないが
もうそういうのはやりつくしているので
むしろ、小さい幸せを掌で温かく包み込みながら
かみしめるような感じがとても幸せで
それはちょうど今の暮らしに合っていて
それが私の40代の生き方なのだろうなと
最近つくづく感じる。

また50代になったら別の生き方をしているのだろう。
親のこととかいろいろ出てくるだろう。
だけどこれまでの感じで行くと
その時その時、自分が生きたい生き方をやっていれば
先々でそれが肥やしになるなと思う。


お正月には甥や姪に会う。
私が10代の子供たちと接触する唯一の機会。
こんなおばさんを姪は特にとてもすてきだと思ってくれてる。
おばさんは、そんな子たちに何を言ってやればいいのか。
子育てという人間の一番大きな仕事をやってないから
ある意味、とても不自然なこんなおばさんの言葉を
とても真剣に聞いてくれるだけに
酔っぱらった勢いでいい加減なことを言っちゃいけないな。


あぁ、お正月か。
全然何もやってないしやるつもりもない。
お餅を買ってくることさえ忘れてた。
(さっきお花だけはきちんとお正月用を作ったが
そして、お屠蘇用のお酒は買ってきたが)
明日は温泉へ逃避行だ。

そして紅白を見て初詣に行って
体が良くなったお礼参りをしよう。
こんな私を見守ってくれた家族と神様に感謝しよう。
3日には「富士ファミリー」。
楽しみだな。

来年はどんな年になりますやら。


2016年12月26日(月) 逃げ恥

「逃げ恥」3話くらいまでみて
そのあといろいろ仕事が忙しく
中途半端に見たくないくらい
好きな感じだったのでずっと録画して
貯まっていたのをこの連休で一気見!!

やっぱり好きだ。
このみんな優しい感じ。

そもそもあんまり人が死んだり
人を恨んだりするやつが
本でもドラマでも映画でも好きじゃない。
そういういやな気持ちをわざわざ
好き好んで見たくはないし。

自分の周りの人が、みんな
自分に優しいからそう思うのだろうな。
みんな優しいからドラマの中でも
そうでないと悲しくなる。

みんな相手を思いやって話すとことか
ごまかしたりはぐらかしたりしないとことか
そういうのがホッとする。
それもそういう人たちに囲まれてるからだと思う。

何か自分の生活の延長線上のように
あのドラマの中の人々を見てしまった。

相手に対して全く理想像とか期待とか
「こうするはず」みたいな部分がないとこが
とても正直で現実的で好きだった。
相手を「わからない」前提で進んでいくところが。

「わからない」前提だから丁寧に接するし
わからなくてもパニックにならないし
わかったつもりで準備して裏切られたと勝手に思ったりしない。
だけど大切なことは、お互いを大事に思う気持ちだけは
信じあうこと。
それがあったら他のことはよくわからなくても
やっていけるんじゃないかと思う。

っていうようなことをドラマを見ながら
「うん、うん、そうだよね」と消化していた。
何よりみんなかわいかった。
カピパラみたいだった(笑)

ひさしぶりにちょっとキュンとした
心地よいドラマだったな。


2016年12月24日(土) クリスマスイブ

「君の名は。」を見てきました。

私が映画を見るときは2パターンあって
”徂悗埜ても面白いやつや話題のやつを夫婦で見る
完全に私好みなやつを一人でじっくり見る
っで、「君の名は。」は,里曚Α

ジブリ以外でアニメはほとんどみないのですが
さすがにこれだけの話題性ですから
夫婦で「ちょっと気になるよね」と
クリスマス連休初日の昨日、デートがてら見に行きました。

クリスマス連休ってのもあったと思うけど
小さめの劇場になってたのもあるけど
なんと満席です!!!
やっぱりすごいなぁ。

観た感想は、「よく出来た話だなぁ」です。
引き込まれるようによく作られてる。
しかし、年齢でしょうか、高音に弱くなってきてるので
ちょっとおばさんはしんどいです。
もちょっと低音気味がここちよい世代なので。
スピードもちょっと年齢的にしんどいです。
ちなみに70代の叔母が見たそうですが
スピードに全くついていけなかったと言ってました。
そうだと思います。
30代までの人はあのスピードが心地よいのだろうな。

「歳を取ったな」と肉体的に実感させられた映画でしたが
面白かったです。ヒットするのわかるわと思いました。


っで翌日の24日は旦那さんも仕事に行ってしまい
今日は自分へのクリスマスプレゼントだ!と
ファンタビ2回目!!!
今回は普通の2Ⅾ吹き替え。
2Ⅾのほうが色もきれいだし画像もクリア!!
(これが3Ⅾの矛盾してるとこ。凹凸の代わりにぼやける)
脳の刺激も3Ⅾ眼鏡に消費される分を映像に集中できるので
とても満足できる映像でした。
作り手はこれをメインに作ってるんだから
やっぱりこっちのほうがきれいに見えて当然だよね。
3Ⅾはあくまで+αのエンタメと思って観たほうがいいなと思いました。

私やっぱりこれが好きなんだなぁと2日連続で映画見て思う。
やっぱりこの世界が好きなんだな。
キャラクターとか世界観とか。

心が満たされ、帰りに自力整体にいって体も満たされ
家に帰ってからぼたん鍋を作って食べる。
近所にしし肉屋さんがあって、猟が解禁になる
冬の間しか開いていないのだけれど
ここのしし肉を食べたら飲食店のでさえ食べられないくらい
臭みはないし、脂は芳しい甘みで
高級牛肉くらいの値段はするけど冬になったら
これは食べずにはいられない。
クリスマスイブにぼたん鍋。
相変わらずマイペースな我が家。






2016年12月17日(土) 今を暮らす

家から20分ほど車を走らせたところにある
農家さんが週末に自分の畑でできた野菜で
お惣菜や窯焼きピザをバイキングで
食べさせる古民家レストランへ友達と行ってきました。

前から存在は知っていたのですが
うちの旦那さんは
「野菜バイキングなんて毎日食べてる」
とあまり興味を示さず行きそびれていたので
私はこのチャンスにワクワク!

田んぼの中の集落にある古民家を
レストラン向けに程よくきれいにリノベしていて
予約にちょっと苦戦したのもわかるくらい
お客さんが続々と。


確かに野菜は同じ地域なので自分たちが
普段買っているものと変わりないし
味付けも薄味の和食で私にはぴったりの味ですが
肉好きな人には物足りないかもと思ってましたが
小ぶりのピザがなんと8種類!
「3人なら分けながらたぶん全種類いけると思います」
とお店の人の言葉に食いしん坊3人はもちろん胃袋OK!!
順番に全種類出してもらいペロリ。
どれも味付けが和風っぽいのです。
季節じゃないからトマトソースなんかもぜんぜんなくて
味噌とかチーズとかそのものの味を楽しむ全粒粉のピザ。
まさに今の私にぴったり。もちろん野菜は無農薬。



地元なので一応私がナビとして近隣を案内していて
ふと思いました。
こんなにたくさんの人がわざわざこんなところまで
車で来て食べるこのお料理。
そして私の夫が「毎日食べてるから別に外で食べなくても」
という言葉。
あぁ、そうか。
私ってすごく今の自分にとっていい環境に暮らしてるんだなと。

田舎と町のちょうど境目に暮らしているので
どっちのいいところも手に入る。
でもそれは一度どっぷり町暮らししたから言えるわけで
人間は飽きる生き物だからひとつ制覇すると
また別のことを求めていくので町暮らし制覇したからこそ
この都合のいい生活を楽しめるのだと思う。
こうして「食べ方」に目覚めた今には本当にうってつけな場所。

野菜をたっぷり薄味でも素材の味が美味しいものを。


2016年12月15日(木) 果物

病気になって食生活を変えるまで
果物は時々しか買っていませんでした。

それが今では野菜ジュースやスムージーのために
りんご、バナナ、季節の柑橘は常備。
お菓子を食べなくなったので
代わりにフルーツをデザートに食べます。

今年も大好きな奈良・和歌山の平種なし柿を
思う存分食べました。
仕事柄いろんな産地のいろんな農作物を
食べたりする機会が多いのですが
柿に関して言えば、これ以外はもう食べれません。
同じ奈良・和歌山でも利根柿では満足しません。
早生の秋口に出回るやつでないとだめです。


さんざん柿を食べ終わって
実は、今年新たにものすごい美味しい果物を
見つけてしまいました。
それは愛媛の「紅まどんな」というみかん。
大きさはいよかんぐらい。
でも外の皮や中の皮は普通のみかんのように
薄くてやわらか。
おまけに果肉は恐ろしくジューシー。

この紅まどんな、おそらくその柔らかさから
とても傷みやすく、それで市場であまり
見かけないのだと思います。
職場の上司が愛媛でみつけてきて
「これはすごいよ!まるでゼリーみたいな食感だ」と
おすそ分けをくれたのですが
今まで食べたみかん類の中で一番おいしかったので
これはみかん大好き星人の旦那さんに
ぜひ食べさせてやらねば!とすぐにネット注文。

届きました。

ゼリーみたいという言い方はどうかと思っていましたが
やっぱり食べてみるとそれ以外に形容の仕方を
思いつきません。
噛まなくても薄皮が恐ろしく薄いので
歯の悪い人でも食べられます。

ちょっと高級だけど、これは毎年お取り寄せしちゃうわぁ。


2016年12月11日(日) 海賊

「海賊と呼ばれた男」観てきました。

原作がね、長いでしょ。
収まりきらないよね、やっぱり。
2本にしたほうが良かったんじゃないか?
2本にする自信なかったか?
1本に収めようとしてどのストーリーも
なんとなく切れ切れになってしまってたような。

永遠の0のときは原作を後から読んだので
素直に映画に感動できたけど
今回は先に原作読んじゃってるからそう思うのかな。

サラリーマンが見たらちょっと熱くなれると思う。
日曜9時のTBSドラマみたいな。
営業補佐してる私もちょっと熱くなった。

リズム感がちょっとないんだよねぇ。
永遠の0のときはそこがすごくよかったからねぇ。

私は両親が昔、出光に勤めていて
父はその後、販売店をやってたので
アポロマークの似せたやつが出てきた店舗が
ものすごく懐かしくてそこが個人的に感無量でした。
母は原作を読んでいろいろ思うところを述べてたけど
この映画を父が見たら何て言っただろうなと
それがちょっと知りたい。


ひとつすごく違和感を感じたこと。
油屋が店でたばこ吸わないでしょ。
マッチ使うとかありえないでしょ。
時代背景としてたばこを吸う人口が多い=昔って
演出はありだと思うけど
油屋は事務所とか油のない所ではたばこ吸うけど
油がある場所では絶対吸わないと思うぞ。揮発性だからね。
観ていてもうものすごくひやひやした。セットなのに。

子供の時、店で鉛筆で黒く塗った紙を
虫眼鏡で焼いてて父に引きずり回されるぐらい怒られた。
あんなに怒った父を見たのは後にも先にもあの1回だ。

そうそう、クレジットで英語演出補佐かなんかを
マイケル・アリアス(鉄コン筋クリートの監督だった人)が
やってたのが、山崎監督コネクションだなぁと思った。


そういえばこの前、NHKの対談番組に大根さんが出てたな。
大根さんが出るようになるとはなぁ。
映画監督になればああいう仕事もあるのだな。
ドラマの演出じゃ、そういう扱いじゃないのはなんでだ?
っと思った。
大根さんはドラマの時と映画の時と
そんなに仕事のクオリティは変わってないと思うのだけど。
(いや、いい意味でです。ドラマのクオリティ高かったから)
結局お金払って観るものが尺度になるってことなのか?
なんかちょっと納得いかない。


2016年12月10日(土) カバフェス

カバーズフェスを録画してたのを
やっと見た。

田島貴男ってすごいね。
スローバラードを誰かがカバーして
かっこいいと思ったの田島君が初めて。
(個人的には近藤房之助とか歌ってほしいけど
きっとキヨシローよりうまく歌っちゃうだろな(笑))

エレカシのサムライもよかった。
でももうちょっとノッた状態で聞きたかったな。
あの場所では無理だよね、いろんなお客さんで
ちょっとしたアウェイだもんね。
先に別の曲1曲くらいやってから歌ったらよかったかも。

斉藤由貴の「かなしい小鳥」が聞けてうれしかった。
あの曲大好きだったから。銀色夏生感たっぷりで。
あぁ、小泉さんの「この涙の谷間」も好きだなぁ。

「満月の夕べ」もね、1月以外に聞くことあんまりないしね。
でもやっぱり私はこっち側の人なので
中川敬くんのが一番しっくりくる。声も好きだし。
あの歌聞くとほんとにあの日の光景が目に浮かぶ。
よくあんな見事にあの日を表現できるもんだなと。
だから2バージョンあって仕方ない。
こっちからの目線と向こうからの目線と。
それはどうやったって1つにはならない。
それを一緒にやらせたってことが、今となっては重要かも。
お互いの存在をちゃんとわかりあうことがほんとは一番大切。

っで、「明日なき世界」ですよ。
メジャーで発売できなかったあのアルバムの曲を
NHKでやっちゃうんだからね。
時代も変わったよね。
そこに一番びっくりした。

やっぱりあの番組すごいよね。
歌って共同作業だから演奏者と歌い手と楽曲が
奇跡的な場面を作ることがある。
枠組みとっぱらってああいう番組ができるっていいことだと思う。
また来年も楽しみにしています。
リリーさんのトークも含めて。


2016年12月03日(土) 術後1年目

とうとう1年たちました。
なんとかかんとか有休前借りしたりしながら
乗り越えました。
(盆休みとか正月休み、有休使われちゃうんだからしかたないよね)


傷はよく見ないとわからないくらいになりました。
でも甲状腺があったところはいまだに
触れてもあまり感覚がないし温度は感じません。
あと傷の後はやっぱり伸縮しないので
常に首にひもを巻いてる感じはずっと残ってます。
だけどもう、それも慣れました。
これとずっとつきあってくのは、そんなに
大層なことではないくらいの違和感です。
お薬も全摘出したおかげでうまく効いてくれてます。
一度も調整していません。
日常生活には何ら問題ありません。

ガンを告知されたときに先生があまりに
あっさりと「摘出すれば治ります」と言うのに
当時はものすごい違和感を感じて
「ガンなのになんでそんなに軽々しく!!」と
そう思っていましたが今となってはその意味がわかります。
こんなにも普通に生活できるようになるからです。
あの時、中途半端に半分残したりしなくてよかった。
残ってたら転移にいつもおびえていただろうし
薬の調整もきっと難しかっただろうと思う。
全摘出して本当に正解だった。


そして1年目の受診です。
血液検査とエコー検査です。
この血液検査が毎回テストの採点結果をもらうみたいで
ずっと変化を見られて面白い。
今までの野菜生活やいろいろな努力が
結果となって数値で残せる。
(ちなみにこの病院での血液検査結果は
全部保存していてExcelでグラフ化してる私)

だんだん悪くなって、ガンとわかって
手術してだんだん良くなっていくすべての数値。
前回はまだ術後半年で傷跡のこともあり
白血球がよくなかった。
そしてガンになりやすい白血球の成分構成の
好中球:リンパ球の比率がまだ2.5:1とかだった。
術後で傷口で戦っていたからだろう。
目標比率は1.5:1(和田先生の本によると)。
それが、ジャ〜ン!!今回1.6:1でした!!!!
もうこれ合格確定です!!
やっとたどり着きました!ここまで!
しかも食生活1年にして!!
よく頑張った!私!
全然、本に書いてある食事の半分くらいしか実践してないけど。
それでもやっぱり体は正直だ。
今までひどい食生活してたのをちょっと改善して
それを標準にするだけでこんなに変わるもんだ。
もちろん血糖値やコレステロール値や肝臓の数値なども
みんな絶好調!!

先生に「非常にいいです」と褒められました。
もちろんエコーでも転移は見られませんでした。
なのでこのままの生活でまた半年後、お薬もらいに。

これからこの食生活を維持してきます。
外食が塩辛い・・・これとても大切なことです。
塩辛くていいんです。
それくらいの味覚がいいのです。
ケーキは誕生日とクリスマスでいいんです。
コンビニで手軽に買ってちゃだめなんです。

飽食の時代だからといってそれを当たり前に
受け入れてどんどん食べちゃだめなんです。
ピザはトリプルチーズにみみまでチーズとか
そんな過剰なサービスは殺人的なのです。
ちゃんと自分で限度を知って食べないと病気になります、ほんとに。
腹八分目とは自分の体を知ることです。
どれだけのエネルギーで自分の体が動くか。
どれだけ食べたらプラスマイナス0で1日が終わるのか。


こんな時代だからこそ
ちゃんと自分で管理しないとだめなんだと
私も病気になってやっとわかりました。
こんな易しいガンでそれがわかってほんとにラッキーでした。


これで安心して年が越せます。


安藤みかげ |MAIL

My追加