空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2016年10月31日(月) お家の灯りとマリメッコ

熊本→イタリア→鳥取→イタリア
この地震の連鎖。
あっちが動いたからこっちも動くという
そういう感じの繋がりだと
この前、お話を聞いた地質学に詳しい方の
意見と合致するなぁと思う。

地球の表面は1枚の布のようなもので
あっちを引っ張ればこっちも動く。
そんなイメージを私はしている。



週末、松方コレクションとマリメッコ展をハシゴした。
いろんなジャンルのいろんな作品が並んでいるのが面白い。
私は人より風景や建物が描かれてるものが好きだ。
一番好きだった画は、秋の夕暮れの1軒家の風景。
薄暗く暮れていく中に家の灯りが温かい。
無性にその絵にひかれたのは私の中の幸せというものが
こういうものだからだと思う。

マリメッコ展は女性で大盛況だった。
私とマリメッコの出会いは2000年頃。
まだマリメッコが自社で日本に進出していなくて
西川産業がライセンス契約して寝具なんかを販売していたころ。
偶然パジャマ売り場でウニッコのホームドレスに出会った。
その時はホームドレスだと思っていたけれど
今回の展覧会を見たらマリメッコの基本的なドレスは
コットンでそれだけを日本で発売したら売れないだろうなと
そういう感じだったけれどホームウェアとしては
とても買いやすいものだったのだなと思う。
まず派手で日本人が外出来るには勇気がいるし。

そんなだったからずいぶん安価で購入したのを覚えている。

それから16年、まさかあのドレスがこんなにも
メジャーなものになるなんて。
でも、展示されているドレスのどれをとってみても
私が今までマリメッコ以外でも買い集めてきた
数々の洋服のエッセンスがみんなそこにあったのだと思った。
ストライプの使い方やAラインのコットンのドレスたち。
出会うべくしてあの日、パジャマ売り場で私はマリメッコと
運命の出会いを果たしたのでした。


それにしてもです。
あんなに大勢女性が来ているのに誰一人
マリメッコを着ていないのです。
やっぱ恥ずかしいのかなぁ。
私も着ていかなかったもんなぁ。(寒かったし)


明日から11月。
今年もまた、年末まで2ヶ月地獄の日々が始まる。
今年は正直終わりまで体がもつかかなり不安。
抜いていこう。思いっきり手抜きしていこう。
それが今年の私の課題だ。



2016年10月23日(日) 地震

鳥取で大きな地震。

大阪でも結構長い時間揺れました。
半年にこんなに大きな地震が何度も。
活動期と言わざるを得ません。
確かに鳥取はこのところ地震が頻発していたし
(会社の同僚の田舎が鳥取なのでよく聞いていたので)
間違いなく南海トラフが相当動いてきてるのがわかります。
鳥取の地震もその引っ張りが影響してるとのこと。
いずれそれがはじける日も遠くないと実感します。

たまたまその翌日、住宅の工場見学に参加することがあって
「今の住宅に不安がある人はとりあえず2階で寝てください」
とメーカーの人が話してたので
1階危険説はやっぱり間違いないようです。
出来る限り家の中の最上階で寝てください。
昼なら揺れたらとにかく外に出てください。
(もちろん外の広い場所へ出る前提です。
建物のそばだとがれきが落ちてきたり
電柱が倒れてきたり、家が横滑りして崩れてくるので。)


備蓄とかそういうのはそこで生き残れた後のことなので
とりあえず地震に対する教訓はまずその2つ。



見学のおまけで地震体感コーナーがあり
いやだなと思いつつ入ったらやっぱり涙が出るくらい怖った。
終わってからもしばらく立っていられなかった。
熊本の地震を再現した動きを体感したのだけど
神戸の自分が体感したのととてもよく似て縦揺れが強かった。
震源地から近いとこうなんだろうなと思う。
ほかの施設で神戸のやつを再現したやつは
横揺れで全然自分が体験したものと違ったから
たぶん神戸の東のほうとか震源からは離れた場所を
再現してたのでは?と思う。
震源から離れるほどに横揺れになると思う。波のように。
いつもイメージするのはマイクロカメラで撮影した
牛乳が1滴落ちた時の王冠のような液体の形状の瞬間映像。
落ちた衝撃の周りの水面は縦に跳ね返り、そこから放射状に横の波にと
広がっていく様子。




術後から違和感とか薬に慣れない感覚の違いで
ちょっと鈍っていたけど、このごろまた勘が冴え始めた。
事件の真相とかこういう地震とかが
なんとなくわかってしまうようなやつ。
直接的ではないけどいつもの生活の中に
ちょっと違う風景にハッとして
「あぁ、近々なんかあるな」
とわかるみたいな。
人間って動物だなと思う瞬間。
理論で説明できない指示が脳から下る瞬間。




お肌のこと。
毎年夏になるとたいして太陽を浴びてもいないのに
ほほのシミが増えて気になる。
それが今年は例年よりもずっと薄くなってる。
化粧品は別段変わってもいないし
おそらく毎日のスムージーやにんじんジュースのおかげ。
内臓は見えないけど見えるところでこの変化なのだから
炎症をおこしていた細胞もよくなるはずだ。
医食同源。
食べ物が体の良い部分も悪い部分も作る。
悪いものを食べればやっぱり悪くなる。
特に体が弱っていれば。
そして弱った体になるのは良いものを食べないから。

食べて出来たとわかれば食べないことで治せる。
食べないで弱ったとわかれば食べて丈夫にできる。
たぶん食べて出来たなと思う部分はこれで治せるとわかった。
医療はお医者さんにしかできないから
私は自分でできることでちゃんと治そう。
今の目標は乳腺の石灰化を減少させること。



天海祐希の給食ドラマ、2週目。
学校給食と企業の給食(社員食堂)は規定が違えど
衛生管理においてはかなり似ているらしい。
予算も決まってるし、設備も勝手に変えられないし
そこが飲食店と給食の違い。
だんなさんと面白く見ている。

うちのだんなさんが毎朝5時に家を出て仕事に向かうのは
天海ちゃん演じるシェフとたぶん同じ理由だ。
残業がつかない管理職でないと
「やりたいから時間をかける」ということができないので
結局自分がやっている。
学校ではもっと不可能に近いだろう。自由が利かないので。
美味しいものを決まった時間で作るのは無理がある。
「仕方がない」とわりきって出せるものをだすか
「できる限りはやりきろう」とするか
それはもう個人のサービス精神とプライドしかない。
いくら評価に関係なくてもやるかどうかの違いだ。

何が正しいとは言い切れない。
とにかく予算が低いのだし人件費もかけられないのだから。

だからもしおいしい給食に出会えた人は
その中に秘められた作り手の目一杯のサービス精神を
味わっているということなのです。きっと。



2016年10月18日(火) 秋ドラマはじまる

「べっぴんさん」の懐かし風景も
先週で焼け落ちてしまい終了。
と思いきや、今度は今住んでる近所の郷土館で
ロケがあったとのこと。
来週の放送あたりに出てくるそうです。
「カーネーション」「マッサン」「繕い裁つ人」に続き
ほんとに使いやすいのだなぁ。

それにしても住んでるところばかり
ロケ地になるってことは
いいところに住んでるってことだよなぁ。
それなりに静かで人通りもそんなに多くなくて
落ち着いた街ってことだな。
ちょっとうれしい。



「勇者ヨシヒコ」がまた始まった。
まさかシーズン3まで行くとは思わなかった。
脳みそを真っ平らにして観れるので
とてもリラックスできる。
そんな風に思いながら見ている人いるのだろうか。
シーズン3までいくということはそういう効果だろうか。
木南晴夏ちゃんとムロツヨシ、私にはゴールデンコンビだ。
二人とも大好き。

あと、「吉祥寺だけが住みたい街ですか」の
初回の主役は山田真歩ちゃんだった。
朝ドラでは濃い役だったけど彼女はなんかいい顔をしてる。
ずっと見ていたい顔だ。椎名林檎とかと同じジャンルの。

そして「夏目漱石の妻」が終わった。
やっぱり見ごたえがあった。
でもほんとは尾野ちゃんには関西弁の役をまたやってほしい。


小泉さんの動きがまったくわからなくなった。
HPもSNSもみんな辞めてしまったからだ。
また引っ込みたいシーズンに入ったのだろうか。
年齢的にもしんどいと思うのでそれもわからなくはない。
っが、せめてお仕事を見逃すという後悔だけはしたくないので
できればお仕事情報だけはどこかでUPしてほしいな。
もし、このお仕事を続ける気でいるのであれば。
しょっちゅうお仕事しなくてもいいからさ。
とりあえず、お正月の「富士ファミリー」ぐらいが
関西の私には接触できる唯一のスケジュールか・・・。

まぁ、元気で時々姿を見せてくださればそれで充分満足です。



健康診断に行った夫が体重も胴回りも減った!と喜んで帰ってきた。
お利口に、文句も言わず私の食事に付き合った結果だと思う。
これで検診結果もよくなってればいいが。



会社の後輩(男)に離婚についての話をしていた中で
「でも変に我慢しなくてよかったと私は思ってる。
でなきゃ、今の旦那さんに会えなかったし。
今の旦那さんはほんとにいい人だから。」
と普通にさらっと言ったらびっくりされた。
子供さんのママ友たちで夫の愚痴を言う人はいっぱいいるのに
そんなセリフを言う人、初めて見た!とびっくりしたとのこと。

まぁ、これでまた今回も愚痴言ってたら2回も失敗した
男を見る目がない女ってことになるわなぁ。

って、え?私より一回り若い人でもそんなこと言うの?
うちの愚妻が・・みたいなこと?
そういうのって私たちより上の年代の人が
照れ隠しに言うもんだと思ってた。


で、私は男たちに言います。
奥さんの自慢話する男のほうがモテるよ〜と。
「うちの奥さんよく出来た人だ」と言える男ってかっこいいなと思うもん。
聞いていて潔くてよいです。
そういうこと言える人のことは信じようって思っちゃう。

ま、私の場合は捨てる神あれば拾う神あり
って感じの出会いだったので
今が幸せならそれでよしです。
お互いを尊重しあうことは大切です。
まぁ、それも私の価値観だけかもしれませんが。




2016年10月10日(月) プレゼント

先週の台風の日の朝。
レインシューズを履いていつもの森の道を
駅へ向かっていたら頭の上の木の枝からガサガサッと
音がしたと思ったらレインシューズの中に
ポトリと何か入ってきました。
靴を脱いでみたらどんぐりがひとつ。
鳥からのプレゼント。



昨日、近江八幡にお墓参りに行った流れで
五箇荘へ足を延ばしました。
それまでにあちこちより道をしてたので
近江商人のお屋敷街についた時にはもう夕方。
観光客も誰もいない静かな町を散策していたら
遠くに汽車の汽笛が聞こえました。
え?私、もしかしてタイムトリップしちゃった?

後から調べてみると昨日はたまたま
北びわこ号というSLの特別運行の日で
お昼の運行が終わったSLが京都の車庫まで
回送の途中だったようです。

写真を撮ってる人とかがいると汽笛を鳴らしてくれたり
とってもサービス精神旺盛な汽車なのだそうです。

残念ながら路地に入ったところだったので
汽車の姿はみられなかったものの
お墓参りしたご褒美に亡くなったご先祖からの
プレゼントみたいなひと時でした。


2016年10月08日(土) べっぴんさん

「べっぴんさん」始まりました。

うわ〜、ほんとに実家のすぐ近所で撮影してる!!
毎日見ていた風景。
毎朝、故郷の風景を見れるなんて。

細い路地さえすすきの配置だけでどこかわかっちゃう。
脳裏に刻まれた風景の記憶ってすごいな。
子供のころ憧れて、生垣の外から見ていた
ジェームス邸もレストランになったおかげで
こんなふうにロケ地に使われるようになって
ドラマなのか現実なのか時々わからなくなる時があります。

祖母が、昔よく「ジェームスさんが杖を突いて
この辺を散歩してた」と言ってたこととか
そんなことが思い出される。
戦後の引き揚げ者用住宅としてあの地に住んだ祖母たち。
ドラマの中のお手伝いさんの娘さんの目線がちょうどかぶるような。。

実際のお話の場所はあの辺ではないと思うのだけど


海を見下ろす高台のシーンがよく出てくる。
異人館はそのまま使ったり加工したり。
高いマンションははずしているものの、
意外と低層マンションはそのまま使っちゃってる。
色さえよければ、昔から石造りの高い建物が多かった神戸だから
4階建てぐらいなら問題なく見えるから不思議。

本来は堂々と姿を見せてる明石海峡大橋が
このドラマではものすごく邪魔モノなのが皮肉ですね。
CGで消し込むのも大変ですね。

なんてかんじに毎日見るところが満載で
これから半年楽しみです。

オープニングタイトルの清川あさみさんの刺繍が
あんまり刺繍っぽく見えないのが少し残念。


2016年10月07日(金) 配偶者控除

初めて主婦になったとき義母に言われたこと。

「毎日ご飯作って食べてはまた作って
作っても作っても終わりがないやろ。
私もはじめはそう思ったわぁ。
でも誰でも生きてる限りご飯を食べて
洗濯して掃除しないと生きていけないから
もうこれは開き直ってやるしかない。
時々手抜きしたり、コツをつかんで
慣れることや。」

仕事で疲れて家事が嫌になったとき
必ずこの言葉を思い出す。
そしたら、がんばらないでも
やるしかないなと開き直れる。



配偶者控除というものを受けたことがない。
正確には私の配偶者が受けたことがないというべきか。

配偶者控除の廃止を先送り。
正直、またか。

フルタイムで働く人にとって
配偶者控除ほど解せない控除制度はないと思う。

そもそも専業主婦の家事や子育てを
現金換算すること自体が間違ってると思う。

所帯があれば、家事は必ず発生する。

それは専業主婦だろうが
働く主婦だろうが
働く夫だろうが
一人暮らしの男子だろうが
一人暮らしの学生だろうが
生きていればご飯は食べるし
洗濯も掃除もしなければならないのは
当たり前のことだ。
万国共通、男女差もなければ年齢差もない。
なぜならばそれは「暮らすこと」だからだ。
それに金銭的価値を見出すこと自体が間違ってる。

しいていえば、やりたくない人、できない人が
お金を払って別の人にやってもらう場合ぐらいだ。


「働けない人」と「働かなくていい人」の両方に
区別なく税控除するのは
あまりに大雑把すぎやしないか。

それならば、控除をやめる代わりに
子育て支援や介護支援、
医療費負担の軽減をもっと手厚くしたほうが
よっぽど理由が明確だ。

控除されたことがないからあえて言う。
納得してるわけじゃないぞと。


2016年10月02日(日) SCOOPとカレー

映画「SCOOP」初日に見に行く。

主演福山雅治だから私くらいの女の人が多いのかと思ったら
意外とおじさんおばさんばっかりだった。
どっかで初日挨拶とかあったかな?

是枝さんの映画でも思ってたけど
福山雅治とリリーフランキーって
顔の構造似てないか?
兄弟に見えて仕方ない。
表情の感じが似てるのか。
目は全然違うけど。

えげつなさが大根さんらしくて面白かった。
恋愛絡める必要あったかなぁ・・と思ったのは私だけか?


スパイシーな映画を見たので
スパイシーなカレーを食べたくなり
最近すっかりハマっている旧ヤムのカレーに。
この前はダイビルに行き、昨日はルクアに。
今、大阪はカレーがきてる。
アジアっぽいカレー。
しかも何種類かを相がけする。
ヤムは4種類から2種類選ぶのが主流。
まさかインディアンカレーじゃないカレーを
梅田で食べる日が来るとはなぁ。

インディアンが男比率高いのに対し、
ヤムは圧倒的に女比率大。
アジア的なやつは苦手な男の人多いな。
女の人はたぶん自分では作れない味を
外食で求めるのよ。
といって、インディアンもコピー不可能だけど。

あー、これから梅田行くとき絶対どっちか悩むわ。


安藤みかげ |MAIL

My追加