空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2016年05月28日(土) お墓参り

お墓参りへ。
祖母の一周忌が27日。
父の七回忌が30日。

同じ墓地に別々に眠っている二人をはしご参り。
「一回で済んでえぇなぁ。」とお父さんが
ニヤリと笑ってる顔が目に浮かぶ。

祖母のお墓(というか教会の納骨堂)は初めて行った。
亡くなってから医大の献体に出ていたので
納骨が私の術後のバタバタ期と重なって
とても仕事を休んでいける状態ではなかったので
結局、亡くなった日に大学が引き取りに来た時に
お別れして以来だった。

初めて行った納骨堂で、しかも鍵がなくて中に入れないのに
入口に行ったときに心の声でおばあちゃんが
「あぁ、みかげさん、まぁまぁ、来てくれたん?」と
いつもの声で話しかけてきたのが聞こえた。

父が亡くなって初めてのお盆に父が夢に出てきて
「ほんまにありがとうな」と言ってきたときと
同じ感じに聞こえてきた。
自分でも、霊感とかないほうだなと思うのだけど
あぁ、これかぁ、心で聞こえるというやつは。というかんじだった。
だから、何もない場所だったのに立った瞬間
涙が止まらなくなった。
お別れ会でも泣かなかったのに。
あぁ、いるなぁ、ここにという感じ。

でもきっとしばらくしたら上のほうに上がっていくのだろう。
父のお墓はもうそういう感じがあまりしない。
たぶんもう上に慣れてきて上がっていったんだと思う。

でも、私のガンがみつかったのは
おそらく父の差し金だと思う。
なかなか上手に見つかるものでもないらしい。
だから、やっぱり上から見守ってくれてるのだなぁと思う。
そこで見ててくれてると思うとちゃんと生きようと思う。
仏教的だけどそういう考えは好き。
好きな人たちと物質的に別れても
その人の生き方や考え方で今も繋がっているから
裏切らない生き方しなきゃな、みたいなこと。

お墓参りってだから好き。


2016年05月26日(木)

夏日が続き、衣替えも完全に夏服へ。

私の夏服は首がガッツリ開いた服が多い。
というのは、自分の体の中で首が一番好きだから。

ところが昔読んだ占いでは首が私の弱点だと。
まだ学生時代に読んだ占いだったけど
そのときすでによく喉を腫らしたりして
扁桃腺を切る手術をしてたので当たってるなと思ってたら
それだけで終わらなかったな。
私、首からいろんな内臓を摘出してるなぁ。
あの占い当たってるな。

今年は傷のところを日焼けすると
跡が残りやすくなるのでずいぶん洋服を買い替えた。
そしてスカーフとかも。
玉木新女さんのスカーフにばったり出会って
どうしても選びきれず3枚買ってしまった。
短めのやつにしたのだけどそれでも、この暑さでは
ちょっと厳しくなってきたので今はハンカチを巻いてる。
そういう理由をつけて新しいハンカチをまた買ってしまった。

必要経費と自分に言い聞かせつつ散財している。
夏のボーナスもないのに。
保険金が出たので安心しているが
今後の人生で必要な薬と検査の分ぐらいなので
これは医療費口座を別に組まないと本当に使ってしまいそう。

ドラマ「奇跡の人」。
何とも言えない。
何とも言えないというのは、ドラマ中で
周りの人たちが海ちゃんや花さんに対してとる態度と
同じという意味。
どんな顔していいかわからないというやつ。
そのもやもやした感じを
岡田さんが見事に脚本にしてるとこがすごい。

この間のおばあちゃんの言葉が
いったいどこの言葉なんだろう・・と思ってたら
イントネーションがちょっとおかしな関西弁だったか。
なんで関西弁??とちょっと考えてわかったぞ!
山内さん(役名忘れた)のお母さんだからか!!
すごいな、山内さん。
ほかのキャストのセリフを自分のキャラに引き寄せてしまったか。
インパクトあるもんな、あの中島らも仕込みの関西弁セリフ使い。

っで、やっぱり主人公の友達は馬場ちゃんなのか。
今回は3億円横領して逃げないのか。


2016年05月08日(日) GWの終わり

GWも今日で終わり。

どこに行っても混んでるし
仕事もときどきあるし、実家も近い私たちは
旅行に行くでもなく、ちょっと美味しいものを食べに
ドライブしたり、家で山菜を料理したり
そんな感じで過ごしました。

一人ふらりと「人と防災未来センター」へ。
ふらりと言えども、ずっと行きたくて
でも週休二日の休みぐらいでは
心の余裕とかが足りなくて
これだけ長い休みで心がたっぷり休んだ時しか
行けないと思っていたのでやっと行けた感じ。

GWみたいな時はさすがに空いてるだろうと思ったら
やっぱり空いてました。

最初の映像体験のコーナーはやっぱりダメだった。
ものすごくしんどかった。
特に音が。
20年経ってもダメだ。
低周波音にものすごく体がこわばる。

一人で行ってよかった。
こういう体験は本当に人それぞれだから
完全に自分のペースで見学しないとつらい。

空いていたおかげで語り部スタッフの方のお話も
一人占めでじっくり聞くことができた。

3時間近くかけて見学して帰る時には
体も心もぐったりだったので
帰ってご飯もそこそこにすぐ寝た。
GWの最初にそれだった。GWでよかった。
たぶん次行くときはもっと何十年か先だと思う。
「もう大丈夫かな?」とその時も思いながら行くのだろう。


意外と旦那さんがお休みで買ったばかりの車で
あちこち連れて行ってくれたので結構外出しました。
空いているところばかり目指したので渋滞のストレスもなく。


さて、先週第一話を見逃した「トットてれび」を
再放送でようやく見れました。
好き!好きすぎる!
横で見ていた旦那さんも「あなた好きそうな番組やね」と。
あんな人やこんな人が豪華すぎるし
音も脚本もあんな人やこんな人。大好きな人尽くし。
映像もかわいいし、お衣裳もめちゃくちゃかわいい。
テレビについて客観的にナレーションするパンダちゃんが
テレビの人、小泉さんっていうのもすごくキマっている。
トットちゃんが「実家に帰ってる」って言われた時の
あのナレーションったら・・・切なすぎる。
小泉さんが言うからなおさら切なすぎる。
っと思ったのは私だけだろうか。
仕事ってそうだよねぇ。
テレビで仕事する人ってそんな中で仕事してるんだよねぇ。

そして、このまえの「Covers」の中納よっちゃんが
「買物ブギ」を歌ってたのは、そういう伏線があったからだったのか!
大友さんとの兼ね合いで森君たちが出なかったんだろうなぁ。
むぅ、難しいとこだなぁ。森君出てほしかったが。
1話のエンディングめっちゃかっこよかった。

それになんといっても満島ひかりちゃんのかわいさったら!!
大好きなので彼女の出てるドラマは必ずみるのだけど
可愛さは今までのドラマの中でもピカイチです。
何をやっても役を自分のものに出来ちゃう彼女。
なぜかトットちゃんに見えちゃうとこがすごい。
そしてひかりちゃんのお衣裳、どれも大好き!

録画しましたが消去できません。
恐れ多くて消去できません。
おせち料理みたいに豪華すぎて消去できません。
またハードディスクの空き容量が減ってしまいます。


最近、サンドイッチにハマっています。
ややブームが始まりかけていますが
パンケーキの次はサンドです。
絶対来ます。具がパンの3倍ぐらいあるやつ。
この前、北野の「3(サンド)」で食べて以来
すっかり虜です。
いろんなパターンを試しています。
7割は野菜なので私の今の食生活に向いています。
マヨネーズの代わりにヨーグルトを使います。
まだ研究途中なのでまたこの話は今度に。

明日からまた夏までお仕事。
さ、「奇跡の人」までにお風呂に入ろう。


安藤みかげ |MAIL

My追加