空色の明日
DiaryINDEXpastwill


2012年03月21日(水) 小泉ねえさま30周年

小泉今日子ねえさま、
勤続30周年おめでごうございます。

30周年記念CDブックが発売になりまして
本日はめでたく発売日に購入いたしました。

素敵な人たちのセレクトされた30曲。
いや〜、やっぱりみんなそのへん行くんだなぁ。

私の好きな小泉楽曲ベスト3はですね、
「この涙の谷間(Ballad classics Vir.)」
「夏のタイムマシーン」
「赤い金魚」

「この涙の谷間」があんなにたくさんの人に
選ばれるとは思ってなかったけど
私もこの曲が実は一番好き。
銀色夏生さんの詞もいいし。
大根さんが「モテキ」でクレジットを
出さなかったのはそういう理由だったのかとか
いろいろフムフムと読みました。
モテキのサイトに書き込んじゃってごめんなさい。
「わ〜、マニアックなやついたわ」とひやりとされたのでは。

意外と「オトコのコ オンナのコ」の曲が
あまり入ってなくて永瀬君ぐらいか・・・
その頃だもんな。
でも私はあのアルバムすごく好き。
小泉さんがふわふわでかわいくて。

思えば私が小泉さんの本性に気付いたのは88年ごろ。
そう考えるともう24年。
そのころ音楽をやっていてたまたま出会った
岡野晶くんと「最近コイズミさんが面白いんだよね」と
話したのがきっかけでしばらく一緒に
音楽活動して、ちょうどひさびさに
コイズミさんがLIVEで大阪に来るというので
デモテープを会場に持って行ってスタッフさんに預けたら
そのあとしばらくして「KYO→」の企画が告知され
岡野氏の曲が何曲もエントリーしたのだったなぁ。
なんかそれももう10年前なのだぁ。
懐かしい。

そう思うと私もがんばって働いて
小泉さんもずっとがんばって働いて
だから小泉さんは今もお仕事を発表してくれて
私はそれを買い続けられる。
お互いがんばろう、なんか面白い
そんな毎日のために。
そう言われてるみたいな気持ちです。
これからもがんばってきましょう!
とりあえず明日も早起きしてきましょう!

小泉今日子さまへ




2012年03月17日(土) 研究所?

山の中を車を走らせこの時期探し求めるもの。
大吟醸の酒粕。

地元、秋鹿酒造さんの酒粕の中でも
大吟醸がこの時期にだけほんの少し
このあたりに出回るのです。
大吟醸と普通の酒粕の何が違うかというと
絞り加減が違うのですよ。
大吟醸はほんの少し絞っただけなので
お米の粒がいっぱい残ってるのです。
だから甘酒なんかこれで作ると
おもゆのようにつぶつぶがあって
それがもう、美味しいったら。
普通の酒粕の時はお水でふやかしたものを
電子レンジでチンするとアルコールがのこって
酵母で微炭酸なかんじ・・・まさにこれマッコリ。
でも大吟醸はむしろとろとろになるまで
少し煮込むのが美味しいのです♪



そんなお買い物から帰り
買ってきたものをいろいろと手を加えます。

酒粕はお水に浸してふやかし甘酒準備用に。
牛乳でカスピ海ヨーグルト作成(カスピ歴15年)し
先週造った塩麹をまぜて・・・って!
菌栽培研究所か!ここは!
どんだけ菌(酵母)にお世話になってんだ、私と
各種菌の入った瓶を並べ思う。
自慢じゃないけど腸だけは自信ありますわよ、私。


2012年03月16日(金) ハロー、ベイビー

ドラマ「最高の人生の終わり方」
終わっちゃったなぁ。
号泣したなぁ。

全体的なキャストはそんなに
私には魅力的ではなかったけど
山崎努さんが出てたから見てたら
毎回彼の短いセリフがとてもよくて
そのよさが最終回に凝縮されて
ドド〜っときたもんだからやられた〜。
あぁ、お彼岸だな。
そして父の命日ももうすぐだな。
山崎さん観てるとなんとなく父を思い出して
なんか、あの人が喋ってるみたいだった。


それより、山崎さんのポジションから
なんだか「世紀末の詩」を思い出して
あっちを観たくなった感じ。
なんでDVD出ないんだろ。
あれ、今見てもあんまり時代背景関係ないし
全然いいと思うんだけど。


それからちょっとだけ気になってること。
山崎さんがなんとなく体調悪いんじゃないかと
そんな気がする。なんの根拠もないけど。
大好きな役者さんだから
ずっとお仕事してほしいけども
無理はしないでいただきたい。


2012年03月11日(日) 天のことば

ふと目に留まった言葉。

「あなたがたの会った試練はみな
人の知らないようなものではありません」
(聖書より)

苦しい時というのは周りを見る余裕がありません。
自分がこの世にたった一人
その場所で痛みに耐えて震えていると。

もし誰か知らない人でもいいから
隣で同じ苦しみと立ち向かっていたとしたら
たとえ苦しみの大きさは変わらずとも
心の持ちようは違うでしょう。


いま自分を苦しめるこの試練も
きっと自分の知らない誰かは乗り越えていった試練。
そしてふと周りを見回せば
そんな自分を見ていてくれる人がいるかもしれない。
試練に出会ったとき周りを見回せば
自分より幸せに映る人々だけではなく
自分が見ていなかったそんな事柄にも
目を凝らしてみること。


私にはそう聞こえる。


2012年03月05日(月) 5月

毎年5月の忌野清志郎イベント。
今年はなんとコイズミねえさんが参加。
正直、まさかそこと繋がるとは思ってなかったです。
永瀬くんとかは仲良しだったけど。
浜崎くんと一緒に出るとか。
何歌うんだろ、すごく気になる。
浜崎くんと出るってことは二人で歌うってことか。
まさか矢野あっこちゃん出るのに
「ひとつだけ」とかはないよな。

私がコイズミさんの声で聴きたいのは
「約束」だなぁ。
きっといいだろうなぁ。

5月は清志郎の命日で始まり
父の命日で終わる。
うさぎ年命日月間。
晴れ渡って気持ちいい季節なのになぜかさびしい。


2012年03月02日(金) 平安

またジムに通うことにしました。
申込みしてさっそく残業続き。
なんで月初なんかに入会したんだろ。

小泉ねえさんのドラマの今週。
中井貴一にいさんに
「さかのぼって平安時代のにおいがする」
っていったねえさんは、あれは
アドリブですかやっぱり?
両方とも見てるのでまさにそんな
ことを言いたくてしかたなかったのです、私。
ひさびさに爆笑しました。
ありがとう。


安藤みかげ |MAIL

My追加